人気ブログランキング |

タグ:馬物語人類と馬 ( 28 ) タグの人気記事

馬に乗る人類(仕事・競技・遊び) No.2

 今日は、馬と協力するスポーツと遊び(観光)の話。
d0083265_22475860.jpg
 馬ほど人間に従順な動物はいないのではないだろうか、大抵の動物はエサを貰うか、ほめてもらう(ご褒美)かの喜びで人間に一見尽くす。しかし馬は違うみたいだ、結構意思を持って人間と付き合うらしい。競馬の話で恐縮だが競走馬、それも一流になればなるほど個性が強い。勝負にこだわったり、物見をしたり、神経質だったり臆病だったり・・その性格と血統を真剣に推理し分析予想してサンデーギャンブラー達は、一攫千金を夢見て馬券を購入する、そして負ける。
 それは馬だけ(血統とか成績)を見ているからだ。馬が一頭単独で自由気ままに走っているわけではない、必ず「乗り役」すなわち騎手が馬をコントロールしている、競馬で勝つコツはここだ。

d0083265_2384934.jpg 
















鞍上の人間の微妙な気持ちを馬は敏感に感じ取る。まるでへその緒で繋がっている母親と新生児のように・・
d0083265_23182339.jpg
 少し話が逸れたが、馬と人間の信頼関係の深さを言いたかった分けだ。

d0083265_23142385.jpg


 テレビで芸達者な動物をよく見る、「反省する猿」「鼻の先で何でも受けるアシカ」「ジャンプするイルカ」「二本足で走る犬」「火の輪をくぐるライオンや虎」「寝転んだ人間を踏まずに通過する像」・・警察犬に至るまで、その代償は大体がエサ付け、手なずける人間は彼らの習性と本能をたくみに利用しているだけ。腰につけたエサ袋から演技が終了するたびに与えられるご褒美。
 あれを見て見ぬふりの観客と調教師、私から言わせれば悲しく切ない。人間以外の生命体に「尊厳」などない!地球上の動物は人間の支配下で幸せになれば良い!」という人間のおごりが感じられる。

d0083265_23252495.jpg
 馬が他の動物と違って私を引き付けるのは、彼らのプライドを感じるからだ。競馬の騎手が優勝した時にポケットから人参を出して馬に食わせるなんてことがあったら、死ぬまで競馬はしない。疲労困憊の馬の首筋を軽くポンポンと2~3度叩いてやる、それで充分なのである。彼等は人間と共に戦い勝利を意識するのだ。
d0083265_23552871.jpg
 サラブレッドの血」と本能を利用しているだけに過ぎない、と言われる方もいるかも知れない、事実かも・・とも思う、しかしそれが馬の魅力なのである。
 近代オリンピックにおいて動物が参加する唯一の競技、それが馬術であることはどなたもご存知だろう。


 現在日本国中大抵の市町村に馬術教室や乗馬クラブがある。大学などでも活発に取り入れているが、馬と一帯になる人たちに共通するものは心の優しさと忍耐力、それに姿勢のよさスマートということだ。(良いダイエットになると思うヨ!)


-------------------------------------

 馬と遊ぼう

 遊園地や動物園に行くとポニーや小型の馬に子供が乗っかり、ゆっくり場内を歩くコーナーをよく見受ける。子供たちの嬉しそうな顔必ず手を振る、たまらない笑顔だ。大人になっても爽快さと癒し感を求めて馬にまたがる人が大勢いる。

d0083265_2223779.jpg 世界のリゾート地には必ずと言って良いほど乗馬のオプションやツアーがある。
アメリカ(ハワイを含む)が昔から有名だが、最近力を入れているのがオーストラリア、ケアンズ近郊での半日コースが人気だ。アジアの各地でも盛んになりつつある。
男女老若を問わず気楽に参加できるようそれぞれ工夫がされている。


     オーストラリア・ケアンズ

d0083265_22315362.jpg
               カナダ・ホテルのホースパックに参加

                             カリブ海のホースオプション
d0083265_224019.jpg      トルコ・カッパドキア
d0083265_2241650.jpg





        バリ島乗馬ツアー
d0083265_22481151.jpg






 経験上から一番のお奨めは、やはりハワイ島になる。オアフ・ヒロ・マウイも良い。
d0083265_23164020.jpg
d0083265_23213072.jpgd0083265_233289.jpgd0083265_2332366.jpg






d0083265_2334978.jpg
 ガイド付ホースライディングが充実している。日本語でネット予約もできるし相談にも乗ってくれる。初めての人もおとなしい訓練された馬で安心して楽しめる。

d0083265_23392939.jpgd0083265_23434152.jpg チャンスがあればぜひ体験してほしい、必ず馬の魅力が見えてくるから・・・
 あなたにも馬との接点を持っていただきたいので、このブログを作ってみた。
まだまだ続くのでよろしく!
(^◇^)


 次回は、戦う馬と西洋の騎士道・日本の武士道。

by mahalotakashi | 2007-03-23 00:01 | mahalo@動物

馬に乗る人類(仕事・競技・遊び) No.1


d0083265_16113513.jpg
 そろそろ桜花賞の時期になった。我が家から車で15分の阪神競馬場で毎春開催される。写真は昨年(4月13日)の桜花賞、4コーナー。優勝はキストゥヘヴン、2位はアドマイヤキッス、キスとキッスで、私も少し儲けさせてもらった。


d0083265_1622259.jpg 私は子供の頃から大の馬好きだ。
競馬なんてまったく知らないときから馬が大好きだ。他の動物には感じないある種の憧れのようなものがある。黒目とたてがみ腰の線、毛艶、なにをとっても感動の対象になる不思議な動物だ。
 本格的ではないが、幾度かその背中にまたがったこともある。馬上から見る世界は日常の目線とまったく変わる、ただ位置が高くなるからだけではない。体の下に馬がいる、この感覚がなんとも言えな
い、人馬一帯という連帯感と信頼感が生まれる。

-------------------------------------

 そこで、今日からしばらく、馬と人の関係を様々な角度から探る「馬ブログ」を続けてみる、例によってあちこちからの拝借写真ではあるが・・・
もちろんいつもどおりのブログも平行して投稿する。馬と自然と人間に興味のある人に楽しんでもらえれば嬉しい。



 (職業としての乗馬)
 さて、今この時間、あなたがブログを見ているジャストタイムに、世界中で何人の人が馬に乗っていると思われるだろうか?
d0083265_1712250.jpg 膨大な数である、古代から今日まで馬と人間は世界中で関わってきている、戦争に狩猟に農耕に、近代になってからはスポーツにショウに癒しに人間社会と交わっている。
 馬に乗ることを職業にしている人間も多い、冒頭の競馬の騎手、調教師、これが最たる者だが、北米のカウボーイ南米のガウチョ、オートバイや自動車に変わって数こそ激減しているが、依然として生活の糧として乗馬を生業とする人々も多数いる。
 ロデオのように人々を楽しませるエンターテーメントで活躍する人もいる、闘牛場でも馬が登場する。
モンゴルの草原では、馬なしの生活は考えられない。
 後日紹介するが、乗馬教室の指導員や騎馬警官も馬に乗ることが職業だ。


d0083265_17262280.jpg
    南米大陸チリのガウチョ


d0083265_17284484.jpg
 北米大陸米国モンタナのカウボーイ
d0083265_17292114.jpg

















d0083265_17384365.jpg
世界中のおじさん達を熱くさせ、財布の中を冷たくさせるジョッキー。これも立派な職業だ。

d0083265_186143.jpg
 女性のホースライダーも活躍している(米国テキサス州ヒューストン乗馬ショウ)


d0083265_1895368.jpg
d0083265_18113766.jpg
上は中国の新春馬上舞踊


左はハンガリーのコミックなホースショウ
人と馬が信頼し合ってこそできるパフォーマンス。







 次回は(馬に乗る人類)競技と遊びです。

by mahalotakashi | 2007-03-22 00:05 | mahalo@動物

ディープな突撃。我、有馬記念に完勝せり!06年12月24日

--------------------------------
【お詫びします,空白の48時間】
23日午後6時~24日深夜まで、自宅のポンコツパソコンがへたってしまい、
二進も三進も(ニッチモサッチモ)も行かなくなりました。
只今、会社の昼休みを利用して投稿しております。しばらくご迷惑おかけしますが、ご勘弁ねがいます。

--------------------------------

  亀田興毅じゃないが 「どんなもんじゃい!」 と叫びたい。

   そして・・「おとん・・じゃなかった、おかんのおかげです」と泣きたい。


d0083265_12394236.jpg(最高の気分)
 12月23日AM10:00 自宅を出発
篠山市内をブラブラして、篭坊温泉へ。
温泉にゆっくり浸かり、ぼたん鍋を腹いっぱい食べる。
おかんは2回も入浴、帰りの車で熟睡、『サイコーやったわ」とお褒めの言葉を頂く。
出費額は2人で15,200円。


(最悪の状況) 
23日PM6:00、助手席で爆睡するおかんを乗せて、無事我が家へ到着。
頭の中は完全に「有馬記念モード」
投資額は、14,800円と予定より少なくなったが、ともかく明日のレースの予想開始、部屋に入りパソコンのスイッチをウキウキしながら押す。
「なんじゃ!!こりゃあ!!」・・壁紙の孫たちの顔が、青鬼と赤鬼に変わっている、背景は墨絵の世界、マウスの矢印も表示されない!「なんで?なんで??」とあちこち触るが反応なし。
大阪で友達とドンチャン騒ぎの娘(パソコンの師匠)に電話をいれるが『わしゃわからん!』と言われる。娘は今晩帰ってこない。
ブログでの予想発表は断念、ともかく明日の有馬記念の推理を開始。

(最低の半日)
24日AM9:00 朝になっても師匠(娘)は帰らない、「今晩イブで彼氏とデートやろ、着替えに帰ってこんのかな?」おかんとそんな会話しながら午前中は刻々と過ぎて行く。
パソコンへたってるから、PAT投票できないブログで予想発表したいけどそれもままならぬ。
1着は④ディープインパクト(武豊)で決めている、2着候補は①ポップロック(ペリエ)だ、去年の有馬記念はフランス人騎手のルメールがディープを抑えて勝っている。
フランスの凱旋門賞で失格となったディープ、過去の2着と失格はすべてフランス絡みだ。
ペリエもフランス人騎手、一発逆転があっても不思議はない。
大穴狙いで②デルタブルース(岩田)
この3頭を軸に、馬連・ワイド・3連複・3連単は組みあがっている、投入金額は14,800円だ。


(栄光への午後)
昼ご飯が終わっても師匠は帰ってこない、ついに来るべき時がきてしまった。
パソコンはダウンしたままだ、ノロウイルスにでもかかったのか。
「お母さん、梅田のウィンズへ馬券買いに行くわ、電車で・・」
昨日の温泉効果で非常に機嫌の良いおかん、『行ってらっしゃい、気をつけてね』

梅田ウィンズは今年最後のレースで一儲け・・の連中で大変な混雑、人ごみを掻き分けかきわけ6階の投票場までたどり着く。

購入した馬券14,800円分、名刺入れに押し込み家に向って一目散だ。
d0083265_1584776.jpg


d0083265_1511441.jpg
まず3連複、④ディープインパクトを軸に5頭流しで、5,000円

d0083265_15151620.jpg
3連単、①④を軸に2着に②を絡ませてフォーメーション28点張り、5,600円

d0083265_1520259.jpg
残った軍資金は、4,400円。馬連3頭ボックスで400円x3=1,200円

d0083265_15204924.jpg
もしもの時も考えて、ワイドを5頭ボックス300円x10通り=3,000円
今年最後の投資額 14,800円。


d0083265_15313795.jpg結果はご存知のように、ディープインパクトの圧勝。


(馬 連) ①-④  1,070円
       4,280円ゲット

(ワイド)①-④-⑤ 2,740円
       8,220円ゲット

(3連複)①-④-⑤2,890円
      14,450円ゲット

(3連単)④-①-⑤9,680円
      19,360円ゲット


  合計 46,310円ゲット




大本命のディープインパクトが、1着のため配当額は少なめだったが、2着にペリエ騎乗のポップロックを持ってきたのは、自画自賛したい。
もしペリエが1着にきていたら・・それはやめよう。
とにかく、てんやわんやの年内最終競馬は勝利で幕を閉じました。

予想をブログで事前発表できなかったのが、返す返すも残念だが、次の機会を楽しみにしていてください。

by mahalotakashi | 2006-12-25 12:24 | mahalo@西宮

ディープな戦闘。 おかんの名誉回復 2006年12月23日

 さあ、いよいよ明日ディープインパクトが走ります。

今現在、予想紙やスポーツ新聞の競馬欄は一切見ておりません。

いずれの予想もディープインパクトに、信頼の◎でしょう。

私自身の推理と予想は、今晩遅くから明日の朝にかけてジックリ考えようと思

っています。

なんども言ってますが、競馬は推理することが楽しいのですから・・


 その前にやっておかなければならないことが、ひとつあります。

それは、おかん(私の妻)についてです、このディープシリーズではまるで悪魔

のような表現でおかんの怖さを強調していますが、全然そんな女性ではないの

で誤解のないようにお願いします。普段は働き者で気のいい素晴らしい奥さん

です、悪いのは全部この私です、競馬に負けたら喋らなくなったり、落ち込んだ

りする私を、見るのが嫌だから、やんわりたしなめたり『いいかげんにしといた

方がいいんじゃない』と、アドバイスしてくれるわけです。


 それが、猪突猛進型の私には、カチン!とくるわけです、特に推理に熱中し

ているときはなおさらです。


 彼女は今助手席で楽しそうに景色を眺めています。温泉につかり美味しい

ものを食べていただいて、今夜は早めにお眠り頂く。

d0083265_4352589.jpg



そのあと私のオールナイトの研究が開始されるわけです、なお今日の温泉紀

行は後ほど「庭先小旅行」で報告します。



今宵いざ出撃!脳みそのすべてを使って、勝利の美酒を手に入れるぞ!

・・・・・・・・・・・・の、つもりです・・・・

by mahalotakashi | 2006-12-23 10:08 | mahalo@西宮

ディープな戦略。イブまでは良い子でいましょう’06.12.21

 『22日の金曜日に、ミナミのサウナで忘年会やりましょか・・』業界の大
物、T社長から電話がはいった。
「社長、悪いけど来週の26~27日くらいにしましょうよ、時間がとれない
から、」と先延ばしにしてもらう。

 続いて、下請け業者の部長から『21~23日あたりで、忘年会はいかが
でしょう?』と携帯にメールが入る。
返信 : 新年会にしましょう、年内は超多忙です。あしからず。

 忘年会帰りの午前様で、赤い顔して帰ろうものなら、何を言われるか想
像するだけで身の毛がよだつ。

有馬記念が終われば、なにを言われようと、怒鳴られようと、へのカッパだ。

 とにかくしばらくは、忍の一文字、耐えてこらえて、幸せをゲットしたい。
クリスマスイブ(有馬記念)が終わるまでは、良い子でいなくちゃ。

 <そんなにまでして、バクチがやりたいの?こまったおとこやねー>

 どこか、遠いところから声がする・・・亡くなったお袋か・・ご先祖様か・・

許してください、有馬記念だけは、なにがなんでもやりたいのです。


 このブログ、会社で作成中だ。昨夜悪魔のような顔で怒っていたおかん
の機嫌をこれ以上悪くさせないためである。

又お誘いの電話、M運送のM所長だ、『22日の夜、一杯どうですか?』
「27日以降だなあ・・」返事するのも疲れてきた。

誘っていただいた皆さん、本当にゴメンネ。


d0083265_21492696.jpg
さて、ブログを作成するためにだけ、出かけて行ったような会社の帰り道、阪急梅田駅の9番線ホームに立って、ボンヤリ電車の到着を待っていた。

ふと向かいを見ると、同じ図柄のポスターがベタベタと横並びに張ってある。

「なんじゃろ、なんか見覚えあるなあ・・」

ホームの下を潜って向かいのホームまで行ってみた。





d0083265_2264723.jpg
階段を上ったホームの壁に、あの中井君が10人並んで微笑んでいた。
                    「オー!マイゴッド!!」だ、


【戦 略】 なにがなんでも、有馬記念を買わせよう、という中央競馬会の陰謀
      しようがないから、買ってやる。

      その前に、おかん対策だ。
      先日、テレビで温泉特集を羨ましそうに見入ってたなあ~

      そうだ!温泉だ!23日に日帰りで温泉に連れて行こう!
      それも私のおごりで・・・
      そうすれば、身体はポカポカ、気持ちもゆったり・・

      有馬記念には、年末ジャンボと同額の予算だが、その中から
      捻出しよう、多分、10000円くらいでOKだろう。

      残った20000円が、有馬記念の軍資金だ!! 
 

by mahalotakashi | 2006-12-21 11:44 | mahalo@西宮

ディープな作戦、将を射る前に馬を射よ。2006年12月20日

相変わらず、おかんの機嫌は悪い。

12月24日(日)クリスマスイブにスタートする、有馬記念。
12月の8日から開門を待つ熱烈なフアンが徹夜で並んでいると言う。
その数、今日現在3000人を越すと聞く、「君達奥さんいるの?」と聞きたい。

阪急電車梅田駅のコーナーで、中居君がささやく、有馬記念始まるよ・・
d0083265_2384156.jpg
なにが有終のビッグタイムや!君のギャラの一部は俺のサイフから出てるんやで。
あのなあ、同じポスター作るんやったら、世の奥さま方にもアピールするようなポスター作ったらどうや、コラッ!中央競馬会。

 例えばやなあ、『有馬記念で500円以上馬券を購入した男性の奥さまや恋人に、お肌スベスベになる馬油(本当にあります)をもれなくプレゼントします!』とか、気の利いた宣伝できんか?

 俺は、気分よく有馬記念を買いたい!全神経を集中したい!!!!!

 なぜこんな駄々をこねるかというと、今までのギャンブル経験の中で、回りに白い眼で見られて勝負をした時に勝ったためしがないからだ。

回り(家族)のために、よい事をした時は間違い無く勝利している。

おかんをレディとして扱った韓国旅行で、40万ウオンをゲットした時、おかんは多分セレブなマダムの気持を満喫していた筈だ。

 熱帯魚の水替えをして、買い物におとなしくついていき、夕食を作ってやったときなど、必ず翌日の競馬で、大穴を当てている、間違い無い事実である。


ともかく、将(有馬記念)を射る前に、馬(おかん)を射よ!である。


*背後から、低い不気味な声が聞えた、只今12月19日午後11時45分。*

 『チョット!いつまでブログやってんの!!早よ寝な血圧上がるで、明日起き られへんくせに!早よ寝~よ!』

目の前が、クラックラッ・・とした、多分血圧下の方で100は超えたと思う、なにが気に入らんのか、このオバハン、道のりは遠い。

 ため息が出る。

by mahalotakashi | 2006-12-20 00:05 | mahalo@西宮

ディープなバトル開始!          2006年12月19日

 自分の小遣いを自分の好きなことに使ってなにが悪い!!

と、大声で叫びたい!・・・けど、これが言えないんだなあ~
うちのおかんには。

年末ジャンボ宝くじを3万円買ったのが、気に入らないようで、視線が冷たい。

これで、ディープインパクトの引退レースの有馬記念を買おうものなら、多分包丁か、アイスピックが首筋めがけて飛んでくるだろう。

 去年の有馬記念は、おかんの『やめといたら・・』の忠告を無視して、
ディープインパクトを頭に馬単と3連単を購入、見事に外れた。元旦まで無視された。

 しかし、やっぱり今年も有馬記念はやってくる、見て見ぬ振りは男としてできない。

 有馬記念を買わずして、年は明けない!。

 そこで今年は12月24日の開催日に備えて、まずおかんの気持ちを柔らかくして、心置きなく馬券が買えるよう作戦を立てた。

 まず、第1弾はおかんの大好きおでんからスタート。

d0083265_23124872.jpg

腕によりをかけて、女性好みのおでんを作った、いつもは入れないはんぺんや糸コンニャク、それに巾着もちのレディーバージョンだ。
たこの足や椎茸まで入れた。

 これで少しは、気がやさしくなるかな、「さあ~、召し上がれ・・」と出した最高級おでん。

『ウマイッ!これはいける!最高よっ!』 と、3分の2ほどペロリと平らげたのは、今回全然お呼びでない、娘であった。

 「おまえは、お父さんのデリカシィーな気持ちが解らんのか・・・」


      なんとかなるか、なんとかしてやる!

by mahalotakashi | 2006-12-19 22:50 | mahalo@西宮

管理職最後のボーナス          2006年12月15日

 管理職として在籍するのも、残り二ヶ月と少しになった。

今日、今年の冬の賞与がでた、前日にメールで女房には連絡済み。

女房の機嫌のよいこと、頬はバラ色に染まり眼も潤む、言葉使いも変わる。

観音菩薩かマリア様か・・・夏と冬、年に2回だけ見られる怪奇現象。

しかし、この幸せで穏やかな至福の瞬間も、一夜にして大きく変化する。


 翌朝小遣いの要求をする私、首をすくめ後ずさりをしながら・・・

「今回はいくら、くれるの?・・・」ライオンに怯えるイボイノシシだ。


観音菩薩が見る見るうちに般若に変わる、マリア様がエイリアンに変貌する。
d0083265_20212052.jpg

 思えば、この戦いを何年間続けてきたのだろう・・・時には独身時代の

息子に仲裁を頼んだり、一週間ほど夫婦の会話が途絶えたり、色々あっ

たなあ・・・

 切なくも有り、情けなくもあり、お金というものは、よきに付け悪しきに付け

人生を彩るものですなあ・・・



 ところで、多分例年の妥結額、!万円で落ち着くと思うのだが、今年は

できれば有意義な使い方をしてみたい。

去年は年末ジャンボと有馬記念で大負けして、しばらく我を失う放心状態

を経験した、鬱病の一歩手前まで行きかけた。

 今年はあんな馬鹿な使い方はやめよう、・・・でも少しは買う。


 新しいパソコンを買うには、チョット足りない(ローンで買うのは嫌い)

本皮のジャケットも欲しいが、これは家計費から出してもらえる・・・

「う~ん・・悩むなあ・・」

女房の ビンタ と、娘の まわし蹴り を、覚悟の上なら・・

北新地の超豪華クラブで、思い切り、

「あ!こりゃ、こりゃ、こりゃ!こりゃ!こりゃあ~!こりゃああああ!!」

とやりたいけど、そんな勇気はありません。


 日曜日にゆっくり考えて、発表します。

by mahalotakashi | 2006-12-15 00:22 | mahalo@仕事