人気ブログランキング |

タグ:電線と電柱を無くそう会 ( 18 ) タグの人気記事

「DDNK」関西支部報告書(Vol.5)    2007年11月30日

 電柱と電線を無くそう会(D.D.N.K)関西支部
d0083265_17503033.jpg
d0083265_175143.jpg 先日六甲(再度山)から西宮の自宅に帰る途中の路沿い風景です。
 醜い電線と電柱を紅く色づいた街路樹が包み込むように立っています。これはこれで風情のある景色だなあ、と思いつつ同じ道路を100メートルも行かない間に、大変ショッキングな光景を目にしました。
 あまりの惨さに怒りすら覚えました、なんという電線(人間)の傲慢さ・・・


   そこのけそこのけ、電線様のお通りだ!!
d0083265_175157100.jpg
    邪魔者は斬る!
d0083265_17523394.jpg
 寒気のする残酷さ・・・
 新しい電線(ケーブル)を通すために、その高さのところで街路樹の枝葉がバッサリと切り落とされています。
 まるで処刑されたイエス・キリストのように、追加配線された電線の下に力なく立っています。


   沿道の木々たちは殆んど斬首刑執行済み
d0083265_1753935.jpg

d0083265_17534275.jpg 念のために車をUターンさせて、引き返してみると六甲山の麓から麻耶山の辺りまで、数キロの範囲で街路樹の上部が切り落とされていました。
 その数は半端じゃありませんでした。
道路の両脇の街路樹のほとんど全部の樹が無残な姿を晒していました。

d0083265_1754118.jpg









d0083265_17544725.jpg









d0083265_17554410.jpg
 芦屋市に近い場所で撮影した最初の写真、葉を茂らせた街路樹たちもいずれ斬首されるのでしょうか。
 この野蛮な行為をどこの誰が決定したのでしょう・・誰が命令を下したのでしょう。
その人に子供がいたとしたら、この光景をどのように説明するのでしょう・・・
切る前に何か別の方法が考えられなかったのですか?
 例えば、電柱に横木(アーム)を取り付けて、街路樹を交わして配線することも出来たのじゃないですか?

 『枝払いくらいで樹は死なない、素人が感傷的なことを言うな』と、関係者の方に叱られるかも知れません。
では、テレビで毎日のように『我々は地球環境に貢献しています。エコのために努力しています』と繰り返し流しつづける電力会社や電話会社のコマーシャルは、どう言う意味にとればいいのですか??

 息も絶え絶えの命ある樹を、冷ややかに見下ろす、コンクリート製の電柱と電線、
 君たちには生命と心が宿っていない。
 これ以上、自然と人間(日本人)を虐めるのはやめてくれないか・・・

d0083265_1756269.jpg

 電柱と電線を地下の共同構に埋設して、美しい爽やかな景観を取り戻してほしい、との単純な発想で立ち上げた「DDNK」の会。
なにをどうすれば良いかのアイデアも今のところ思い浮かばないが、今日、この残酷な光景を目の当たりにして、ブログを続けている限りは必ずUPしようと、改めて自分に約束しました。

しかし、いつから日本人(行政と関係者)の心はこんなに荒んでしまったのでしょう。





d0083265_11222919.jpg 【イボイノシシからのお知らせと、お願い】
 いつも「なんとかなるさ」blogにご訪問いただいて、ありがとうございます。
現在、毎日更新を目標に頑張っていますが、12月1日からの更新時間を変更させていただきます。
0時~1時の更新タイムを、09時~10時といたします。

 深夜から未明にかけてご覧頂いている皆様には申し訳ないのですが、最近目覚めが遅くなり(朝寝坊・・)、遅刻寸前の危機的日々が続いております(^^;)
 そこで、前日夜(20:00~21:00頃)作成の記事を翌朝出勤前か、出社後にUPさせていただくことにしました。
 ワガママ・イボイノシシのお願い聞いて下さいね、よろしくお願いします。m(__)m

by mahalotakashi | 2007-11-30 00:05 | mahalo@雑記

「DDNK」関西支部報告書(Vol.4)   2007年11月20日

電柱と電線を無くそう会(D.D.N.K)関西支部


d0083265_17194893.jpg ギネスブックから外される斜塔・・
 右の写真、イタリアはピサのドゥオモ広場(世界遺産)に建つ有名な「ピサの斜塔」です。
 世界中で最も傾斜している建物として、ギネスブックに認定されています。しかしピサの斜塔より更に傾いている建造物として、ドイツ・エムデンの教会が名乗りを上げ、2009年のギネスブックから「ピサの斜塔」が外されることになったそうです。
 これには陽気なイタリア人もかんかんで、絶対に認めない!と息巻いているとか・・
 ドイツにはもう一ヶ所に傾斜した教会が存在するらしく、こちらでも論争が始まっている、という話をつい最近聞きました。


 ギネスブックに申請してみたらどうでっか・・・
 日本国にも傾斜物件ならギネス級のものがあります、この際申請してみたらどうですか。
 「世界中で最も傾斜している電柱の数の多い国」としてね・・絶対認定されると思いますよ。
 方や世界遺産の笑える話題、こちら(日本)は負の遺産、難儀でおますなあ~
d0083265_17204060.jpg

 先日電力会社に詳しい人に伺った話ですが、各電力会社でも共同構の推進には力を入れているらしいのですが、自治体の協力体制がバラバラでいいかげんなんだそうです。
 もし事実としたら嘆かわしい話ですわなあ~・・高くなる一方の税金を何に使ってまんねん。まあ、どちらでもよいけど、傾いた電柱は危険と違いますか?
 今すぐにくもの巣電線を取り除け!なんて無理は言いませんが、せめて「ピサの斜塔」みたいな電柱の修復くらいは何とかしてよ。
d0083265_17214936.jpg


 この国の嘆かわしいところは、なにかことが起きないと組織も役人も動かないこと。

by mahalotakashi | 2007-11-20 00:01 | mahalo@雑記

「D.D.N.K」関西支部報告書 (Vol.2)  2007年11月10日

電柱と電線を無くそう会(D.D.N.K)関西支部


 死亡事故も発生!無秩序に張られた電線の恐怖。
d0083265_21344730.jpg 「電柱と電線を無くして美しい景観を取り戻したい」の趣旨で立ち上げたコーナーですが、今日は少し深刻な事例を紹介してみようと思います。
 くもの巣みたいでうっとうしい・・だけでは済まない悲惨な事故が起きています。
 貴方の直ぐ近くでも起こりうる「恐ろしい現実」を見つめてください。


なぎ倒された街路灯が1歳女児の頭部を直撃、女児は死亡、抱いていた父親は骨折などの重症。原因は基準より低い場所に張られた電線。

 今月初めNHKで判決のニュースが流れていましたが、昨年11月に横浜市旭区で起きた悲惨な事故について考えてみたいと思います。

 exciteでもYahooでも結構です、WEB検索欄に、
 「電線事故横浜」と入力してクリックしてみてください。
 事件の詳しい内容や原因、背景が理解できると思います。

 簡単に事故の内容を説明します。
 2006年11月2日午後9時頃、神奈川県横浜市旭区二俣川付近の市道で、走行中のトラックの荷台に積まれていた小型パワーショベルのアーム部分が、地上から4.2mの高さに設置されていた電線に接触。トラックの運転手はこれに気づかないまま走り続けた結果、電線につながる街路灯を引き倒した。

 偶然近くを歩いていた親子連れのうち、街路灯が倒れる方向にいた父親と1歳の女児が直撃され、女児は頭部強打で死亡。42歳の父親が骨折などの重症を負った。反対方向にいた母親は無事だったが、目の前で起きた惨劇に放心状態であった。
 警察はトラックを運転していた43歳の男を業務上過失傷害(後に業務上過失致死傷罪)の現行犯で逮捕した。

d0083265_21352156.jpg 恐ろしい話です。
 亡くなった女の子が生きていれば2歳の可愛い盛り、つい最近逢いましたが私の二人目の孫娘も同い年です。
 小さな指を2本突き出して『2歳になったよ』と喋り始めました。
 何の落ち度も罪も無い幸せな家族を襲った突然の惨劇、こんな事があって良いのでしょうか。

 この事故を引き起こした第一の原因は、トラックの運転手にあるのは間違いありません。私も輸送業に拘わっているので周知していますが、道路運送車両法の第二章で自動車の保安基準(長さ・幅及び高さ)が厳しく定められています。
 同第二条に、*高さ三・八メートルを超えてはならない*との項目があります。
 貨物自動車(トラック等)が荷物を積載したときに、その最高部が地上から、3.8m以上になっては駄目という定めなのです。
 事故を起こしたトラックに積載されていたパワーショベルはアームが伸びたままで、地上からの高さが4.25mありました。
 運転手は判決公判で禁固2年10月(執行猶予5年)の有罪判決を受けました。

 初公判で検察側は「被告は現場付近の電線が低いことは把握していたが、何度も通るうちに事故を起こさないと過信するようになった」と指摘。これが事故の要因だとしました。

 検事が述べた問題の「低い電線」は、地上から4.2mの高さに張られていました。横浜市の基準では電線は地上4.5mより上に設置することが義務付けられています。

 問題の電線が基準を守っていれば、この痛ましい事故は起きなかったのです。検察側は「電線が誤って低く設置されていたこと」には一言も触れていません。
 
 道路横断の電線は高さ最低4.5mが常識(基本)
d0083265_21355947.jpg 道路法では電線などの高さを、道路を管理する自治体などが定めるとしており、横浜市は道路占用許可基準で、電線の高さを
「4メートル50以上」
と規定しています。
 全国の自治体の殆んどはこの基準です。運送法の高さ制限が3.8m道路法で電線の高さが4.5mと定められています。70センチの安全空間を設けているわけです。

 基準を守っていない電線が、全国には何万箇所もある。
 今日は書きませんが、横浜の事故以外にも電線の低さが原因で引き起こされる事故が多発しています。あまりの数の多さに各電力会社や関連会社も手の打ちようが無く、事実上放置されているという恐ろしい現状です。
 大型車輌や工事の振動、地震、などで電柱が傾き電線が垂れてくる場合も想定されるのですが、手直しや補修をしている現場を見かけたことがありません。
d0083265_21434792.jpg
 恐怖のデーター
 別に驚かす事が目的ではありませんが、事故の直後関連する自治体と企業が緊急に調査して発表した「基準を満たしていない横断電線の数」(神奈川県)を掲載します。

 横浜市調査結果  17,400ヶ所
 東電調査発表分   8,733ヶ所
 NTT東日本調査   5,400ヶ所


d0083265_2148046.jpg
 
  貴方の頭上、本当に大丈夫ですか!?

by mahalotakashi | 2007-11-10 06:45 | mahalo@雑記

「D.D.N.K.」関西支部報告書      2007年10月30日

電柱と電線を無くそう会(D.D.N.K)

 関西(電力)支部会長から一言。

d0083265_21373591.jpg 毎月「0」の付く日を・・・
D.D.N.T. 啓蒙の日とします。


 今日は10月30日、0が2個付く年に3日の内の最終日です。
 日本の街や村から、「電柱と電線を無くして美しい景観を取り戻したい」という、我侭克素朴な願いを込めて、この主張を続けて行きたいと思ってます。ご協力よろしくお願いします。


 下の写真、昨日アップした「さかな家」の写真。この角度からお店を写せば良いショットになるのですが、電柱と電線が邪魔します。「悔しいなあ!」
d0083265_21462963.jpg


 ブログで写真(風景)をUPされてる方の共通の悩みが、「電柱と電線」と思いますが、どうでしょう。
d0083265_21483488.jpg
 イボイノシシが今シリーズでアップしている「魚崎郷」 
 六甲山の山麓に暮らす人たちの風景を撮って、マイブログ上で紹介しているのですが、いつもどこでも無粋な電柱と電線に泣かされています。

 『これが真実の姿だから、変に格好つけるなよ!』と、言われる方もいらっしゃると思いますが、報道写真家でもないので、できれば「スッキリした六甲山をバックにした風景」を紹介したいのが人情。
 毎週、西宮市の自宅から車で遠征しては、あちらこちらと移動するのですが、よほどのテクニック(編集やカット)を使うか、ベストの撮影ポジションを見つけるしかありません。
d0083265_21491413.jpg
 甲南女子大学や住吉神社の辺りに「密かな期待を抱いて」臨んでみても、やはり「傍若無人な電柱・電線」・・・・最近はほぼ「あきらめの境地」
 いつの日になれば、どこから撮っても爽やかな六甲山の風景が皆さんに提供できるのでしょうかねえ・・(^ ^;)
d0083265_21495039.jpg



 うん! 『街を美しく』 だって・・・
 電柱君!! 君に言われたくないよ!!
d0083265_14383866.jpg

by mahalotakashi | 2007-10-30 20:21 | mahalo@雑記

酒蔵夢街道 魚崎郷 -20       2007年10月24日

魚崎郷  (No.20 白い子猫「ぴの」との再会、そして未知との遭遇へ・・・)
           [この作品は、「D.D.N.K」の啓蒙を兼ねています]


d0083265_20363039.jpg
 カナディアンフレンチのレストラン「ブルーミンメドー」から、北に向って進むと六甲山の中腹に甲南女子大学と神戸薬科大学があります。阪急電車岡本駅から急勾配で山の上まで住宅が密集しています。「電柱・電線も一緒に山を登っています」岡本駅の南にJR攝津本山駅、その間を山手幹線道路が東西に延びています。

 白猫「ぴの」が言い残した『デルタ公園・・パームツリー・・トランペッター』を探して、駅から少し西に進むと山手幹線沿いに、三角形の公園がありました。
 それと、アメリカ西海岸などに生えてる背の高いパームツリーもあります。
トランペットを演奏する銅像もありました、どうやらここがその場所みたいです。
d0083265_0283412.jpg
d0083265_0293492.jpg 澄み切った青空の下、陽光を受けてパームツリーが一本天に向って背伸びするように立ってます。
 その足元にこれまた「青空に届け!」とばかりにトランペットを吹く男性の銅像。
一点の曇りも無くスカッ!とした素晴らしい秋の風景ですよね、ところがカメラで全体像を撮ると、

やっぱり「電柱と電線」・・・悲しくなってきますね・・秋空が泣いてます・・
 気分を変えて、ぴのを探しましょう・・・

『みゃお~・・おっちゃん!』
 いました!白猫の、ぴの!!
d0083265_030913.jpg









 赤いコーンと塵ボックスの間からヒョイ!と顔を出したのは、白い子猫の「ぴの」でした。
d0083265_0534740.jpg
 「やあ!ぴの、ありがとう!紹介してくれたブルーメンミドー、素晴らしかったよ!緑の中で美味しい食事堪能しました。七面鳥夫人も大喜びや、握手しよう♪」

 『エサでもくれるのかと思ったら、握手?・・そんなゴッツイ手と握手するのイヤだ!』

d0083265_054366.jpg 「ところでぴの君、ネキストはどんなユニークなところに案内してくれるの・・・」
『う~む、ユニークな所か・・・』
「そうや、誰もが未経験の所!」

『おっちゃん、ナサて知ってる?』
「なさ??食べた事ないわ」



d0083265_0553693.jpg 『アホ!NASAや!NASA!』
  ationai eronautics
  pace Administration

『アメリカ航空宇宙局のことや!』
 「はあ、はあ~・・あのロケットを月まで飛ばした・・あのNASAかいな・・」
 『レベル低いなあ~、それに古いわ!
アポロ計画で月へ行ったのは1969年、今から38年も前の話や!』

「偉そうに言うなあ~(^^;)そのNASAが魚崎郷とどんな関係があるの?」
 『話せば長いけど、NASAやロシア航空局、それに中国の人民解放軍宇宙総局及び日本の科学技術庁など、世界の宇宙関連機関が注目している「食べ物屋」があるんにゃ、この魚崎郷には・・』


【管理者から一言】 : 真剣な顔して読まれているあなた、この話はフィクションです。ジョーク&シャレの世界、リラックスして読んでくださいね(^^) では続きをどうぞ!

d0083265_0571818.jpg 『そのお店は南の国道2号線の海側にあって、猫には危険やから絶対行くな!と、ボクのママから言われてるんやけど、近くまで案内してあげるよ、付いておいで、レッツゴウ!』


d0083265_2125276.jpg JR攝津本山駅から真直ぐ南に向かい国道2号線を渡った所に問題の食べ物屋さんがありました。
 電柱が乱立、電線が重なってあまり心地よい場所ではありません。
六甲山も電線越しに寂しそうです。こんな店で「宇宙食」なんて想像もできません。



d0083265_2128487.jpg 東大阪の中小企業の社長さんたちが人工衛星を打ち上げようと準備したり(現実に東大阪から世界各国へ、ハイレベルのテクニカル製品が開発、輸出されています)ロボットを製作する時代だし、
 スペースシャトルに「日清のチキンラーメン」かなにかが、宇宙食として携行されたのですから、魚崎郷に「パーフェクト・宇宙食」があっても、なんら不思議なことではありません。

d0083265_21291690.jpg 今や日本の食事「ジャパニーズ・フーズ」は世界中でもてもて状態(中国の食の問題が影響かな?)この不思議な食べ物を徹底的にリサーチしてみようと思います。
 お店の前に立つと、肉を焼く香ばしい匂いが鼻をくすぐります。


d0083265_213168.jpg チラリと見えたフーズはなんでしょう・・?牛肉?豚肉?それとも・・・・
いやあ~・・胸がドキドキ、ワクワクしてきました。
 カメラを構えてお店に入ろうとしたとき、案内してくれた白猫「ぴの」が制止しました。


d0083265_21402929.jpg 『チョットチョット!イボイノシシのおっちゃん!・・相変わらず猪突猛進やなあ~、この店のご主人は頑固な人で、アポ無し取材は受け付けてくれないよ!取材拒否!』
 『チョット前にも、東京からきたブロガーの兄ちゃんが、水をぶっかけられて散々な目にあったとこやで・・キッチリとアポを取らんとアカンよ』

 「急にアポ取れといわれてもなあ~・・・」
『しようがないなあ~・・そしたら、ヒント教えてあげるわ、店に出ている奥さんからアプローチしてごらん。奥さんはとても好い人、ご主人は奥さんに頭が上が
                        らんから・・・』

 『それと、もうひとつ!材料に注目してみて、40年ここで繁昌しているお店だから、凄い秘密があるんだよ、絶対に教えてくれないけどよーく観察すれば解るよ』

 『アッ!やばい!ボクのママが来た・・(絶対に国道を渡っちゃ駄目!)といつも注意されてるんだけど、なんでわかったのかなあ~弟の「きお」がチンコロしたな・・あのバカ猫!』
『じゃあ~そういうわけで、ママと一緒に帰るけど、イボイノシシのおっちゃん、検討を祈るよ、バイバイ・・あっ!!ママ、ゴメンナサ~イ・・・』

d0083265_105442.jpg
 「ぴの」のママも真っ白でした、ぴのに寄り添って国道を渡って引き返して行きました。

 後に取り残されたイボイノシシと七面鳥夫人。
カメラを持ったイボイノシシと財布を握り締めた七面鳥夫人、どちらの目も「点」(・・*)になっていました。
 「どうする~・・」とイボイノシシ、『とりあえず入りましょう!!』と七面鳥夫人。
やはりイザとなるとご婦人の方が強おまんなあ~


 お店の名前は「えっちゃん」蜘蛛の巣電線に囲まれて建つ、少し派手目のお店、意を決して突撃取材開始!結末は明日になります。

by mahalotakashi | 2007-10-24 19:59 | mahalo@夢旅

美しい国、ニッポン!(^^;)No.3    2007年10月21日

「電線と電柱を無くす会」[D.D.N.K]

 頭上の憂鬱
 特に選んで撮影したわけではありません。いつもの通勤路、我が家から駅までのごく普通の日本(西宮市)の住宅街の光景です。
d0083265_1352779.jpgd0083265_13525265.jpg











 どう思われます?電線と電柱がなければスカッとした青空や、スッキリした景観が眺められると思うのですけど、鬱陶(うっとう)しいですよね。
d0083265_140275.jpgd0083265_1405712.jpg











 イボイノシシが子供の頃(昭和30~40年代)にも電柱は立っていました。
その頃の電柱は殆どが木製で電線も単線が2~4本くらい、シンプルで温かみがあって町の風景に溶け込んでいました。
 現在はコンクリート製の頑丈な柱で、電線や電話線、光ファイバーその他様々な用途のケーブルが複雑に延びています。
d0083265_14131194.jpg
 阪神淡路大震災の時はこのコンクリート柱が倒れ救急車や消防車の通行を妨げました。景観や美観だけの問題ではなく、災害時の複合事故が心配です。

 電気事業連合会 http://www.fepc.or.jp/ のホームページを覗くと、
「環境への取り組み」でCO2を大幅に削減しています。とか停電の少なさでは世界のトップクラスですよ、原子力発電は安全・・・とか自画自賛ばかりです。安全とエコが重要なことは当然ですが、人々の心を癒す景観美などに付いてはほとんど触れていません。
 少し悲しくなりますよね、この醜さは世界のワースト何位です・・てなことは、発表も認めもしないでしょうね(笑)

 「生きてる間は無理」
d0083265_14395170.jpgd0083265_14403042.jpg イボイノシシや四国支部会長の
kappaさんが生きている間は絶対不可能と思いますが(笑)
50年後、100年後に私たちの子孫が博物館へ電柱と電線を見学に行く光景を夢に、この会を立ち上げたのです。

 今、日本にある電柱が総てポプラの樹や銀杏の樹に代わったらどんなに素晴らしいでしょう!それこそ地球環境の保全、温暖化問題の解決に繋がるかも知れません(^^)
 緑に囲まれて暮らせば心が穏やかになり、子供たちにも良い影響を与えるでしょうし犯罪の減少にも関連してくるかもしれませんよね、最近の犯罪は心の問題が大きいと思うからです。

 新しくご賛同いただいたメンバーを紹介します。

d0083265_1513599.jpg 「clea mode*」(リンク中)のcleaさん。 千葉県にお住まいで、フラワーアレンジ(ブリザードフラワー)のプロです、美に関する意識はとても鋭敏で彼女のブログ写真には、時々見惚れてしまうくらいです。
 今回は、関東・南部支部会長をお願いしました(笑)



d0083265_15273164.jpg そしてスペシャル・オブザーバーとして
「絵本の王国 -IL PAESE DELLA FAVOLA-」のayumiさん!

 イボイノシシのリンク先で、ご存知の方も多いと思いますが、イタリア在住のイラストレーターのayumiさんですが、最近乗りに乗ってる感じ、展覧会でも大活躍。詳しくはブログを訪問してください。「百聞は一見にしかず」(笑)
 彼女には、イタリア支部会長としてアドバイスを頂きます。



d0083265_2246912.jpg 九州(電力)支部会長は、皆さんよくご存知の、
「薔薇の木の下で」(リンク)の
いばら姐さんです。
 アトリエショップを経営されて、アレンジメントのレッスンもされています。
薔薇の花をこよなく愛され、植物や動物に限りない愛情を持たれている「九州のマドンナ」です。コメントが凄く和ませていただけるのでぜひ交流してください(笑)

 飄々としてほのぼの系だけど、好い意味で芯が強そう(笑)
ヤングの悩みの相談乗ってくれるかもね・・・(^^;)




d0083265_16162952.jpg
 1970年10月21日(日)
 今朝の日の出です。朝焼けの空の下に大阪方面が見えます、いったい何本の電柱と電線がはびこっているのでしょう・・
 電気が無い生活なんて考えられない時代に生きて、その代償として美しさを奪われる。
複雑な心境になりますよね。「電柱・電線を無くす会」というより「・・無くしてほしい会」といったほうが良いかもわかりません。圧力団体でもないし、政治的意図があるわけでもないですから。

 でも、一人でも多くの人にこの思いが伝わればいずれ奇跡が起きるかも知れません。
あなたの子供さんや孫、子孫がこの国の環境大臣か総理大臣にならないとは断言できないから・・・(笑)



  語りつづけましょう!なんとかなるさ!!



 さて、それではイボイノシシはまた「なんとかなるさブログ」にもどって、魚崎郷へ取材に行って来まあ~す(^^;)

by mahalotakashi | 2007-10-21 20:16 | mahalo@雑記

美しい国、ニッポン!(^^;)No.2    2007年10月20日

d0083265_436237.jpg おはようございます!
昨日UPした
「日本国中の町と村から電柱と電線を無くそう会」

 早速みなさまから賛同のコメントを頂きました。
同じ思いの方がいらっしゃって、とても嬉しく思います。


d0083265_5473664.jpg 真っ先にご賛同いただいた「つれづれなるままに」のkappaさんに、四国(電力)支部会長の就任をお願いしました。(笑)
 美しい空、花、城などをモチーフに癒し系のブログをUPされています。ご自宅で飼われている真っ白なワンチャンとニャンコがとても可愛いですよ、時々難しい問題も取り上げられてます(笑)

 会の名前が少し長ったらしいので、kappaさんのご提案で正式名称を


 「電柱と電線を無くそう会」 略称「D.D.N.K」
 に、変更いたしました。

d0083265_5571736.jpg それから半ば強引に「神ちゃん洋ちゃん」のKOMさんに、中国(電力)支部会長になっていただきました。(笑)
 愛息神也君(4歳)と奥様、ご家族友人と旅行・温泉・グルメ・巨人軍をこよなく愛される、素晴らしい男性です。
 それと、写真のようにももっち「桃太郎さん」の着ぐるみで地元岡山のアピールに活躍中!NHKにも取り上げられるほど有名ですよ(笑)  *ほのぼの度、10000点ブログ*


d0083265_171735100.jpg 女性第1号の会長さんは「自己浄化作用」jadorさん。
イボイノシシが高野山にお参り中、留守番して頂いた心優しい方です。いつも人生をしっかり見つめて生きていらっしゃいます。それに結構ユーモアーがあって「クスッ」と笑わせてくれるオチャメな人です。東京にお住まいなので、東京(電力)支部会長をお願いします。写真は愛猫・桃之助君。

    ☆ http://jador2007.exblog.jp


d0083265_5584797.jpg 今回の企画の発端となった、美観保全に真剣に取り組む国、ドイツにお住まいの、
「The song remains the same」
(むぎはしむぎおさん)に
これを機会にリンクさせていただいて、オブザーバー(ドイツ支部会長兼任)として海外から見守って頂く事にしました。これもイボイノシシの独断です。(笑)



 まだ北海道・東北・中部~九州まで沢山の支部の会長席が空いておりますので、趣旨にご賛同される方はぜひお申し込みください(同地区重複の場合は、東西南北及び市町村・・と、広げていきます)

【活動方針】
 とか、会則、規約なんてのは特にありません。自由気ままにやりましょう(笑)
 それぞれの支部でそれぞれ思い思いに活動なさってください、手段・方法はすべてお任せします。「日本中が落ち着いた景観になってもらう」ために、何か役立つアドバイスでもできれば好いのじゃないでしょうか・・あまり深く追求すると疲れてきますからね(笑)


 関西(電力)支部会長、イボイノシシの役目は、各支部の活動の様子や、写真・コメント等をリンク(関連事項に限り)させてもらって、このコーナーで広く紹介させていただこうと思っています。(ちなみに、「なんとかなるさブログ」へのアクセスは1日平均200hit前後です)


電線と電柱を無くす会・関西支部 10月20日 キャンペーン作品

          神様も苦笑されてますよ・・・
d0083265_685866.jpg

 西宮市の「夙川カトリック教会」 心爽やかにお祈りをしたい人も、教会の周りに蔓延(はびこる)蜘蛛の巣電線にため息が出ます。

       『神よ、許したまえ・・アーメン・・』
d0083265_692356.jpg

by mahalotakashi | 2007-10-20 19:01 | mahalo@雑記

美しい国、ニッポン!(^^;)No 1    2007年10月19日

 【イボイノシシからのお知らせ】

 このたび会長職に就任いたしました。

 会長職を拝命したのは、民間非営利団体です。名称は、
「日本国中の町と村から電柱と電線を無くそう会」

d0083265_23211820.jpg キッカケは、西宮広田神社の「野良猫大明神」から推薦といいますか、後押しがあったからです。
 現在「無くそう会」の会員は、ノラ軍団のボス猫の
「黒流」と自転車カゴ猫の「一平」の二匹だけ、人間は一人もいません。
 なんでも前日本国内閣総理大臣のアベカワモチさんにもお願いはしたらしいのですが、体力に自信が無いと断られたそうです。


 戦後ラジウムかレジウムかよくわかりませんが、そこから脱却して「美しい国・ニッポン」を構築するとかなんとか仰っていたけど、参院選で惨敗してしまいましたよね。
 難しいことを言っても中々国民の理解は得られません、いっそうの事マニフェストで、


 「日本国中から、蜘蛛の巣みたいな電線と、ワンコのトイレ用の電柱を取り払い、全て地下ケーブルにして、青空がスッキリと見える美しいニッポンにします!」

 こう言う「公約」を掲げておれば、少なくとも全国のブロガー(写真BLOG)の半数くらいは賛同票を投じたと思うのですけどねえ~


 関西電力さんには何の恨みもありませんが、日本の空は汚な過ぎると思いません?
d0083265_2048072.jpg
 無秩序(と、イボイノシシには見えるのですけど・・)に張り巡らされた電線、生活にとって重要な電力を運んでいるのは良く分かっていますが、あまりにも汚らしい。
 上の写真、なんでもない街角の風景だけれど、電線と電柱が台無しにしています。少しイメージしながら写真をよーく見つめてください「電柱と電線」が全く無いとしたら・・・
 結構スッキリした明るい街角の風景になるでしょう。。。

d0083265_20484217.jpg
 最近ドイツ在住のブロガーの方と知合いました。
彼の写真を覗くたびにため息が出ます、羨ましくて、 興味のある方はぜひ今すぐドイツを訪問してみてください。  クリック⇒http://mumunomu.exblog.jp/

 被写体が良いのと、彼の写真に対する感性が優れているのは勿論なんだけど、どの写真(風景)を見ても「野暮な電線」が写っていないこと、非常にスッキリした「見ていて心地よい写真」ばかりです。

 逆にご自宅の近くのミュンスターで、日没直後の風景を撮影されているのだけれど、題材は山の尾根を走る送電線と鉄塔(9/25UP)、これがまた実に美しく撮れているのです。
 「所変われば品変わる」といいますが、秩序が保たれていればこそ逆に絵になる風景というのも存在するわけですよね。

d0083265_20493162.jpg
 日本には昔から「見てみぬふり」文化というか、曖昧さを良しとする風潮が根付いているように思えます。歌舞伎の黒子などがその典型でしょう。
 そこに事実存在するにもかかわらず、存在しないのです(約束事)
伝統芸術として多くの人々に認められているのだから、別にイチャモンをつける気はもうとうありません、「黒子」自体が一つの芸術だとすれば、それはそれで価値があるものだと思います、黒子を目障りだと思う歌舞伎フアンは一人もいないでしょう。


 でもね、現在の日本の町や村の上空に「くもの巣」のように張り巡らされた電線を見て美しいと思います?存在していると思うな!と言われてもねえ~・・こういう黒子は、出来れば地下に潜っていただきたいのです。
d0083265_20495752.jpg
 イボイノシシが今までに撮影した数多くの風景写真の殆んどが、電線や電柱の影などでオジャンになりました。実際少しさかのぼってイボイノシシの写真(イタリア料理店とか・・)を見てください、なんとか工夫してカットしたり処理してるのですが、やはり色濃く影響が出ています。

 『無理な事を言わずに、在るがままを撮ればいいじゃないか』と言うご意見の方も多数いらっしゃると思います。
 『自分の腕の悪さを電線のせいにするなよ!』とかね・・・


 よーく、ようく、分かっております。全国で埋設工事を実施したら莫大な費用がかかることも、現実問題として過密都市や寒村地では、手の打ちようがないこともね・・
たんなるエゴイスティックな思いつきワガママ思考でもありますが、それでもあえて、日本の空から「蜘蛛の巣」を無くしたいんです。



「日本国中の町と村から電柱と電線を無くそう会」

 初代会長に就任したイボイノシシとしましては、まず手始めに「電柱・電線」がいかに都市の美観を損ねているかを世間に訴える為、今後毎月20日に通常のブログUPとは別に「蔓延る電線シリーズ(仮称)」として実態写真掲載アピールをしていこうと思っています。

 ご賛同される方は、同じ日に御自身のブログコーナーで訴えていただきたい!
これが、「日本国中の町と村から電柱と電線を無くそう会」の趣旨であります。



 北海道・東北・関東・中部・北陸・関西・中国・四国・九州の各電力会社の皆様。
 並びに、各市町村、自治体の首長及び環境対策担当者様。
 ご協力をお願い申し上げます。m(__)m

by mahalotakashi | 2007-10-19 22:33 | mahalo@雑記