人気ブログランキング |

タグ:ワイン・ワールド ( 59 ) タグの人気記事

トラットリア アンシャンテ (イタリア料理とデザート)

本格的イタリアンに和のテイストをプラス 地元に美味しさを提供して23年

d0083265_21284742.jpgEncbante .アンシャンテ.

伊丹市野間1-7-7     072-777-2741
ランチ・11:30~14:00  ディナー・18:00~21:00

★★★☆☆☆☆☆   (76P)

キャッチコピー     旬の食材に京野菜や地元産の有機野菜を
              モダンな和食器とお箸でお気軽にどうぞ。


d0083265_22162226.jpg
ある意味で、レストラン道(?)に徹しているトラットリアだ。

d0083265_2221421.jpg南ヨーロッパ郊外のプチホテルをイメージした店の造り、従業員の立ち振る舞いにもそつがない、ワインもそれなりに好いものを揃えている。
例えば、グラスワインを頼んだとしよう、普通のレストランならグラスに注いだワインをテーブルに置いてくれる、しかしこの店はまずグラスを置き、それから徐(おもむろ)にワインボトルを持ってきて静々と注いでくれる。(銘柄を説明しながら)

d0083265_22352433.jpg
このカテゴリ(直径20キロの食卓)の第一回目で紹介したフレンチレストラン・ぼるどー亭の姉妹店である。
先月このメインダイニングで70年代フオークソングの集いがあり、メールでお誘いを受けたが行けなかった。
ピアノとギターが置いてあるメインダイニングだ。
カンツォーネかイタリアンポップスをやるなら、絶対参加する。



d0083265_22584574.jpg全てにおいて、お客様第一の店の姿勢が感じられる、その意味では申し分のない店だ。ぼるどー亭もこの店も共通して和にこだわる、和食器を使い、仕上げにお茶漬けや炊き込みご飯を出す。今回もランチの締めくくりに、おにぎりお茶漬けが出た(写真)
同伴した女房は大喜びしたが、私的には(?)だ。


店のこだわりはよく解る、しかし客のこだわりもあるのだ・・・そこが難しい。
決してこの店を批判しているのではない、そこのところは誤解のないように。

d0083265_23115422.jpg
奥にあるテラスルームは人気のコーナーだ、予約しないと座れない。
とにかく店の雰囲気は抜群だ、だから五つ星をつけた、入り口からピッツァの焼き釜を横目に見ながら、カウンター席を進むとメインダイニング、その先にピアノとギター、そしてテラス席。
一人で訪れても10人で押しかけても雰囲気では満足できるだろう。



d0083265_23221547.jpg
アンシャンテの一押しは,新作コース料理「伊丹郷町物語」(いたみごうちょうものがたり)と言うフルコースだそうだ、今回はランチタイムでお目にかかれなかったが、私と女房と娘の3人でそれぞれ全く違う素材をオーダーした。

d0083265_2336939.jpgd0083265_23363531.jpg私が寒ぶり女房は鹿肉娘が牡蠣。
それぞれの料理法で味わった。
我が家のルール、回し食いで。
娘と眼が会う、ホッペに人差し指の「ボーノ!ボーノ!」がでない。
まずくはない、ワインもいける。
しかし”切れ”が無い。

d0083265_23454547.jpg
サービスは抜群、インテリア、雰囲気も申し分無い、しかし料理にこくと切れがない、これが私の素直な感想だ。
パスタはよかった、娘も誉めた、しかしそれは日本人の味覚に合った生麺の味、讃岐うどんや信州蕎麦に共通する喉越しのよさ、に他ならない。
娘は幼い時からイタリアンレストランによく連れて行ってる、味覚も私とよく合う、ただ彼女は性格的に優しいところがあるから、争い事を好まない、対面した(出会った)相手の良い所を必死で探そうとする、だから今回「パスタはいけるね」と言ったが、私は不満が残った。
こくと切れが無いんだなあ・・・


d0083265_033998.jpg設備と雰囲気、インテリアとサービスを求めるなら、最高級のトラットリアだ,ぜひお薦めする。
ディナーやお薦め料理、それにピッツアも頂いてないから、軽軽に味の批評をするのは、お店に対して大変失礼だが、なにか物足りないのだ、ソースのこく、トマトの頼りなさ、特に好物のミネストローネは落胆した、あのトマトの酸味と口中の切れがない、病院食か学校給食の無難な味。もう一度ディナータイムに伺って再挑戦したい心境である。
何事もこだわり出すとキリが無い、いい店であることは間違い無い、だからこそ少々厳しい評価をしてしまう、だけど本当に雰囲気はいい店ですよ。





【耳より情報】  8名以上で利用すると、幹事1名の食事代無料!
          又はワイン(フルボトル)1本付き。

          駐車場は店の真裏に15~20台収容の広さあり。

          総席数 42席(パーティーには打ってつけ)

          月曜日と祝祭日の翌日が定休日。


アンシャンテ

by mahalotakashi | 2006-12-16 04:30 | mahalo@食卓

忘年会第1弾、親父の自慢話でチョン! 2006年12月12日

 忘年会の第1回目は親父(私)の超我侭ペースで幕を開いた。

仕事が以外と速く終わったので、N君を連れて早めに会社を出た。
地下鉄四ツ橋線に乗って西梅田に向かう、今日の幹事役のN君、なんとなく沈んだ表情だ。
「どうしたんだ?」と聞くと『茨城のカッペ女にため口たたかれました、頭きます!」と言う、Nの出身地は千葉県だ、下請け業者の中で茨城県土浦市の業者さんと取引がある、そこの運行管理者は20歳代のチャキチャキしたギャルだ、言葉遣いも丁寧でそれなりにできるキャリアウーマンだ、私のお気に入りの一人だ、その彼女に『チャントやりなよ!わかってんの!』てなことを電話で言われたらしい、『俺より年下のくせして生意気なため口たたくんですよ』とN君。
犬の世界と一緒だよ、君が下位にランク付けされたってことさ」と笑いながら言うと、『茨城の女に言われたくないです』ときた、ド千葉とカッペ茨城の戦いか・・・所変ればなんとかで・・と思っているうちに、西梅田に着いた。

d0083265_23231145.jpg
今日の会場は西梅田のハービスビルの地下にある、Encbante(アンシャンテ)イタリアンリストランテだ、日曜日に家内と娘と行った伊丹のレストランと同名だ。

d0083265_23473820.jpg


d0083265_2327326.jpg今日のメンバー構成は男5名、Sフェリーの若手3人、M君26歳・K主任33歳・Y課長代理38歳、そして我が社のホープ(?)N君28歳、平均年齢31歳・・・私の約半分の年齢だ。
最初は皆緊張していたが、私がなぜワインを好むかに始まって、仕事の話し、趣味の話しと次第に打ち解けていった。

d0083265_23374027.jpg
注いで注がれて、毎日電話トークの仲間内だから以外と話しが弾む、N君の茨城ムスメとのエピソードも盛り上がった、そしてやはり北海道の話になる、両社とも北海道を基点とした業務の会社だからだ、現に本日の参加者のうち2名は北海道出身だ。




 平穏無事に終了、第一回戦は紳士的な雰囲気で落着。

(女房からのメール、10時門限よ!鍵閉めるよ!が早く終わった理由)

by mahalotakashi | 2006-12-12 23:55 | mahalo@仕事

センバでサンバ! (探訪シリーズ・Part-Ⅱ)

d0083265_19253197.jpg アミーゴ! チョッピリ慌ただしくなってきました。

♪まりこのへ~やで~♪ おとこがあわてるう~♪♪
人間って、相も変わらず、くだらんことばかり、繰り返しておりますなあ。



 (1~3号館、ポイントは”大阪舶来マート”のウオッチング・Vol-2)



d0083265_2015223.jpg
お昼休みになりました、サラリーロックの中腹から下を見ます、3号館がすぐ眼の前です。

それでは階段を歩いて下までおりてみましょう。



d0083265_2092379.jpg
3号館に入って行く前に、サラリーロックを振り返って見ました。

結構、威風堂々とそびえております、自慢はこれくらいにして、お昼休みの穴倉探検とまいりましょうか・・



d0083265_2015867.jpg穴倉に一歩踏み込むと案内表示があります。
1号館から3号館までは全く同じ造りになっています、今日は地下1階の舶来マートに絞りましょう、昼休みの時間は限られていますからね。

ちなみに1階はラントレせんば
インテリアグッズや生活雑貨品を中心にした商店が並ぶフロアー古本屋とか時計店もあって結構楽しめます。
すれ違う人の言葉もインターナショナル、中国語、韓国語、タイ語(多分そう思う)・・外国からのバイヤーが結構多いのも、ここの特徴。
本来は卸商の集合体なのです。


d0083265_20592086.jpg
さあ地下1階です。
1号館のフロアカラーはブルー
2号館はレッドライン。
3号館はグリーンのラインで
区別されています。

殆どのお店は小売もOK
たまに「小売お断り」とか
「卸売り専門」の看板も見かける
でも交渉次第では??

各フロアともに、北通りと
南通りに分かれ両側にお店が
連なる。

特に舶来崇拝主義ではないが
他で見られない面白いグッズが
揃っているのが愉しい。
経営者もインド人やアラビア系
と、国際色ゆたか。


d0083265_21214247.jpg
イボイノシシが最も頻繁に通うのがこのお店、輸入食品雑貨のショップだ。

d0083265_21264049.jpg
売り場のおねえちゃんの愛想がいいから、だけではない(それもチョットあるけど)

関心するのは品数の多さと、地域性選びのセンスの良さだ。
イタリア・ドイツ・スイス・スウェーデン・スペイン・・etc.etc.etc

デパートや専門店でもあまり見かけない数々の食品、もちろんイングランドの紅茶やポルトガルのジャム、フランスのチョコレートも揃えている。

友人や恋人へのプレゼントには一押しの品揃えのショップだ。



イボイノシシがこの店に惹かれる一番の魅力は、なんと言っても、ワインだ。
d0083265_21435220.jpg

とにかく、滅多にお目にかからないワインが所狭しと並んでいる。

d0083265_2147273.jpg
一本ずつ手にとって眺めていると、時の経つのを忘れてしまう。
短いお昼休みはアッという間に終わる。

いつだったか、シチリア産のワイン(ビアンコ)を見つけたときは、大感動した。

アレレ・・イボイノシシ、いつのまにやら人間の語り口調になっていました、我を忘れてゴメンナサイ!
自分の存在を一瞬忘れてしまうほどステキな品物が揃っているお店なんです。





お菓子好きの七面鳥夫人を一度は連れてきてやりたいコーナーもあります。
d0083265_2214993.jpg



只今、お店はクリスマスセール、イブにちなんだ美味しいもの沢山ありますよ。
d0083265_2214338.jpg


 アララララ、もう昼休み終了の時間です、1軒のショップでこれだけ時間をかけていてはだめですね、次回からはもう少し手短にまとめます。
とりあえず、気になるお店2~3軒軽く回ってみましょう。


d0083265_22261139.jpg
2号館のイタリアン雑貨の店です、我が家のインテリアグッズは結構このお店から仕入れてます。
d0083265_22301530.jpg

   店に一歩入ればそこはイタリア、イタリアンおたくは時を忘れる。


d0083265_22322045.jpg
   インド人が経営するインド雑貨のお店、香辛料か?匂いにむせる。



d0083265_2234331.jpg
         フランス雑貨はさすがに小粋、トレビアーン!



d0083265_2236351.jpg
          アメリカン雑貨はご陽気だけどワンパターン?


d0083265_22381683.jpg
            とりあえず、本日はこれまで!



(PS) アッ!そうそう、車で来る人は必ず駐車場に止めてね、ここ堺筋本町は日本でもベストファイブに入る駐車違反取締の厳しいところですからね。
d0083265_2313733.jpg

by mahalotakashi | 2006-12-08 19:28 | mahalo@夢旅

庭先小旅行(癒しの旅)早く牡蠣が食べたい     第二話

車の中、ハバス・ベイの話で盛り上がる、久しぶりに女房の笑顔を見た。


 (雨の中、赤穂を歩く。)

ハバス・ベイを出たころから雨が降り始めた、相生を過ぎて赤穂に到着、チェックインまではまだ1時間以上早い。

「赤穂城でも見に行くか?」と女房に聞く、『おまかせ、でしょ、』と女房。
d0083265_238035.jpg

車の中に一本だけあった傘を二人で差して歩き始める。女房、少し足が悪いので彼女のペースに合わせてゆっくり歩を進める。

d0083265_231422.jpg特に話すでも無く黙って砂利道を歩く、ゆっくり、のんびり。
赤穂城址の大手門を出ると、有名な川北本舗がある、塩味饅頭で有名だ、買い物好きの彼女は嬉々として店の中へ、私は入り口で一服する。
隣でやはり一服していたオジさんに聞く、「どちらから・・」
『横浜からです』  大石さん関東人に人気有り??



 (リゾートホテルにチェックイン)

d0083265_19575485.jpg11月18日(土)午後3時35分、ホテルに到着。
選べる浴衣に散歩用の下駄。
定番リゾートホテルのロビー、建物が新しいのが救いだ。
 夕食は6時からとオーダーして、二人揃って温泉へ。
海岸に近いせいか、やけにしょっぱい、それにぬるい。
露天風呂に赤穂の塩サウナ、1時間ほどゆっくり楽しむ。
それでも、身体の火照りは寝るまで続いた。



 (思いがけない出会い)

d0083265_202811.jpg夕食は前もって予約しておいた
フレンチ(Feuillesrouges)フィュルージュとかいうコースだ。

ところが問題発生!
ドリンクオーダーを取りにきた若いウエイトレスさん、「ワインリストある?」と聞くと『ハァー?』と怪訝な顔をする、手に持っているビニールのメニューには生ビール・ビンビール・チューハイ・日本酒・コーラ・ウーロン茶・・・一番下に、グラスワイン600円とある。

「まいったなあ、これは・・」と
女房と顔を見合す。
只ならぬ気配を感じたのか
黒服のマネージャーが足早に
近づいてきた。



 「ワインを楽しみにきたので、フルボトルで用意できないかい」と頼む。
しばらく考えたマネージャー『少々お待ち下さい』と言って厨房の方へ消えた。

 2~3分後、なんと胸の前にボトルを3本抱えて、私達のテーブルの前にやって来た、その若いマネージャーがである。
女房の目は完全に笑っている、私も噴出すのをこらえるのが精一杯だ。

 笑いながら彼の両手で抱えたワインを見たら、妙に派手なピンクのラベルのボトルが目についた。
 「それヒョットして、今年の・・」
女房が後を引き取り、『ボジョレー・ヌーヴォー???』

 『ハ・ハイそうです・・・』 とマネージャー。

意外なところで予期せぬ出会い、嬉しくなった、乾杯だ!


今月16日解禁の、2006年のボジョレー・ヌーヴォー(空輸品)が上の写真。

          そして赤穂の夜は静かに愉しく更けてゆきました・・・・


********************************


 (時間て何だろう・・寂しい人間にとって・・)

d0083265_2142387.jpg

11月19日 AM10:00

相生港からタンカーが出てきた。

相生湾の東の端っこに

万葉の岬がある。

あいにくの雨空、天気が良いと

家島群島が見渡せて

素晴らしい眺望だと言われたが・・







d0083265_21432783.jpg


d0083265_21555524.jpg

女房が船を目で追いながら、

少女のような声と喋り方で

『おかあちゃん、連れてきたら

喜んだやろねえ・・』と

つぶやいた。


船は、

霧雨の播磨灘に消えていった。








d0083265_2234058.jpg

朝食後、相生湾周辺を散策した、ヨットハーバーや魚市場、造船所の見学。

海岸線をたどって車を進める。

チェックアウトが終了して一息ついた岬のホテルのラウンジで結構長い時間過ごした・・


 私のストレスは、東来春とボジョレー・ヌーヴォーで完全に解消したが、女房の心はまだ癒えていないようだ。


                 続きは今晩、会社から帰ってからにします。

 

by mahalotakashi | 2006-11-21 12:00 | mahalo@夢旅

ワイのワイのワイン            2006年11月19日

(現在小旅行続行中です)


イタリアワイン最強ガイド | Excite エキサイト ブックス > 書籍情報


d0083265_5344063.jpg

 只今大いに悩んでいる、瀬戸内海に面したオイスター・バーで生きの好い
生牡蠣を見つめながら、食堂の親父と自分の食道に相談中である。


d0083265_685183.jpg

生は充分堪能した、次に「焼き牡蠣」にするか「蒸し牡蠣」にするか・・
悩んでいるのだ。




d0083265_61524100.jpg
       そして、もう一つの悩み。 イタリアワインにするか・・・


d0083265_6175372.jpg
               フランスワインを選ぶか・・・

by mahalotakashi | 2006-11-19 16:10 | mahalo@夢旅

ワインコーナー               2006年11月18日

 只今小旅行で温泉に入浴中、ワインコーナーのお話 楽しんでください。

d0083265_14533375.jpg
     

 会社からの帰り道、毎日通る阪急3番街のワインコーナーです。
仕事帰りの一杯!たまりませんなあ・・

男も女も、外人さんも爺さんも婆さんも、悩みある人も無い人も、毎晩集まってきます。

少し早めに通りかかると、赤いエプロンの店員さんが開店準備と打ち合わせ。

PM6:00~8:00くらいがピーク。16日のボージョレ解禁日はさすがに多かったなあ。

d0083265_20432667.jpgd0083265_2044140.jpgd0083265_20443532.jpgd0083265_2045943.jpg






d0083265_2046316.jpgd0083265_20472100.jpgd0083265_20472834.jpgd0083265_2052265.jpg







愉しそうに話しながら飲んでる人々を毎晩横目で見ながら、通りかかるんだけど、まだ一回も立ち寄った事が無い。

 なぜか?というと、ワインの嗜みに「こだわり」があるから。

食事、それも特別に旨い料理と一緒に楽しんでこそワインの魅力が際立つ、と考える。

レストランにいけば、必ずお店の人に「この料理に合うワインをお願いします」と頼む。

スズキのムニエルを食べながら少し「硬目」の白を含む、子牛のステーキには赤の年代物が好い。
だから、雰囲気は別としてワインだけを飲むにはチョット抵抗感が生じる。

 酸味と渋さだけが先行してワインの本来の味を誤解するような気がするからだ、このワインコーナーでせめてカマンベールかカルパッチョでも提供してくれれば間違い無くカウンターに肩肘つくけどね。


 今晩のホテルの晩ご飯は、プチ・フレンチのコース料理を予約している。
好いワインあるかな??

                  来週、ゆっくりご報告申し上げます。

by mahalotakashi | 2006-11-18 06:33 | mahalo@食卓

ボージョレ・ヌーヴォー2006年

d0083265_2074720.jpg
我が家に残る2005年産ボージョレ・ヌーヴォーの最後の一本だ。ALBERT・BICHOT(フランスのアルベール・ビショー社)のBEAUJOLAIS NOUVEAU である。

ヴィエィユ・ヴィーニュ(樹齢15年以上のぶどう)のみを使用し、「レッド・ワイン・メーカー・オブ・ザ・イヤー2004」を受賞したアラン・セルヴォーによるこだわりの作品だ。

ラベルはあの「ジミー大西」画伯(?)が描いた。

 我が家では毎年この時期近所のストアーの店長に女房が予約をして1ダース取り寄せる(但し、船便だ)

 裏のラベルには「購入後はお早めにお飲み下さい」とかいてあるが、大体月一本のペースで飲むから、この時期かならず1本か2本ワイン保管室(?)に残っている。

 今まで飲んだ中では、2004年産が一番美味しかった、フランスが異常に熱い夏を経験した年の産だ。

 さて、今年のボージョレ・ヌーヴォーはどんな味がするだろうか、楽しみだ。

by mahalotakashi | 2006-11-10 20:13 | mahalo@食卓

Paperino (イタリア料理)

ボナ・ペティートの関係者が開いた小粋なレストラン。

d0083265_10421889.jpgPaperino(パペリノ)

芦屋市茶屋之町2-23(2階) JR芦屋駅南口徒歩3分
営業時間 11:30~15:00 18:00~23:00月曜休
                  電話 0797-21-6101
★★★★☆☆☆☆☆ (88点)

 キャッチフレーズ  大人のイタリアンとワインのお店
d0083265_1033949.gif


ボナ・ペティートが無くなってから、最もよく通ってるイタリアンの店。
オーナーシェフとウェイターの対応が心地よい、洗練されている。
 ワイン好きのオーナーが集めた150種類以上のワインが楽しめる。
グラスワインは、スプマンテの赤・白 650円~
フルボトル 3000円~
ワイン選びはいつもオーナーにお任せしている。

素材にこだわり、深く温かみのある味わい・・・
必ずオーダーするのは、

イカスミ入り2色の手打ちパスタ・小海老のトマトクリームソース 1600円

ランチ・ディナーのコースも楽しめる、2400~6500円

d0083265_1034622.jpg


店内はシックな雰囲気でゆったりくつろげる、いつも利用する席は奥の
個室風テーブル席、息子夫婦や家族5~6人で丁度よい感じ。
中央のテーブルの配置は、懐かしいボナ・ペティート風、落ち着く。
国道2号線に面して少しうるさいが、板張りのテラス席もあり、ペットもOK
とのこと。
夜は、ワインバーとしても楽しめる。

 駐車場は店の裏の営業パーキング、始めての時はわかりにくいから
前もって電話した方がよいだろう。


大人のカップル、家族向き。

by mahalotakashi | 2006-08-27 11:28 | mahalo@食卓

ぼるどー亭(フランス料理)

自宅(西宮市)を中心に、イタリア・フランスその他のレストランの食べ歩き
レポートをしてみます。

主な地域=西宮市・尼崎市・宝塚市・伊丹市・神戸市・明石市(大阪市一部)

 採点方法 100点満点(独断と偏見で判定)

素材・味・調理法・・・        ★★★★★   ★=12点  60点
雰囲気、サービス・・        ☆☆☆☆☆   ☆= 8点  40点

(100点の基準は、常連だったイタリアンレストラン <ボナ・ペティート>
 惜しまれつつ閉店してしまった、 味・雰囲気とも抜群の店、)


第一回目は、30年来通っているフレンチレストラン。

d0083265_16312358.jpg  ぼるどー亭
 
尼崎市南武庫之荘1-3-21 阪急武庫之荘駅下車南
営業時間11:00~14:00 18:00~21:00 月曜休
                  電話 06-6437-2981

★★★★☆☆☆☆   (80P)
               
キャッチフレーズ     「気軽にお箸で楽しめる、創作フランス料理」

d0083265_10403629.jpg 10年くらい前は結構本格派のフランス料理を提供していたが、最近は和を取り入れ、食器(丹波焼き等)や、オードブルに凝っている。
 味は変わりなくフレンチの伝統を守っている感じはする。ラストに出される 炊き込みご飯は、個人的には好みではない(妻は喜ぶ)店の雰囲気は、落ち着いたアンティーク調インテリアで統一、合格。昔は、オーナーシェフが自ら料理の解説をしてくれて楽しみであった。
現在は、若いウェイトレスで笑顔も良いし料理の説明もまずまずだが、
重みがなくなったかなー、・・
 女性、カップルにはお奨めの店。

(ランチ)
口当て+スープ+メイン+炊き込みご飯+デザート+コーヒー 1890円

(コース)
オードブル+スープ+魚or肉料理+炊き込みご飯+デザート+コーヒー
                                    3990円

(その他) ワインはそこそこに揃えている、フルボトル2600円位から~






                         

by mahalotakashi | 2006-08-17 17:16 | mahalo@食卓