人気ブログランキング |

タグ:イタリア旅行 ( 54 ) タグの人気記事

イタリア旅行・ローマの裏町ブラブラ・・パンテオン~ナヴォーナ広場 ①-3・4月16日  

 第二日目 「ローマ・半日ウォーキング観光」(後半)

 ローマは二日にしても成らず(^^;)路地裏彷徨
d0083265_22412522.jpgd0083265_2242112.jpg







 路地から路地へ、広場から広場へ、ウォーキング観光は延々と続きます。

d0083265_22431984.jpg かなり前からこの日に備えてコナミのプールエクササイズで足腰を鍛えてきた七面鳥夫人ですが、朝の地下鉄エスカレーターの故障がこたえたようで、さすがにへばり気味です。
ガイドのN君に『私、足が弱いのよ・・・ゆっくり歩いてね・・』と注文。





d0083265_2244992.jpgこれにはおとなしそうなN君もさすがに憮然とした表情で、
 『半日十分かかりますからね!』
*それなら、最初から参加するな!*て、ことでしょうね。

それでも根が優しそうなN君、スポットごと七面鳥夫人のために、予定に無い休憩時間を挟んでくれました。グラッチェ♪




         サン・ルイジ・デイ・フランチェージ協会
d0083265_22451025.jpg

d0083265_22455669.jpg
 16世紀に十字軍を指揮したフランスのルイ9世(サン・ルイ)のために建立された教会です。
天井や壁面に施された彫刻や装飾は優雅で威厳のあるものでした。





d0083265_22465312.jpg
 この教会には、カラヴァッジョの絵画の3部作があることで有名、多くの観光客が訪れていました。
その他のバロック絵画も見ごたえのある作品ばかりでした。







 パンテオン (天使の設計と呼ばれる建築物)

d0083265_2311172.jpg 太い円柱、見上げるような大ドーム。
 有名なパンテオンに到着しました。

 初代パンテオンの消失後、西暦118年に皇帝ハドリアヌスが再建。以来、その原形を留め、現存する古代ローマ建築で最も保存状態がよい建築物だそうです。




d0083265_2315831.jpg パンテオンの周りにはずらりと土産物屋がならび、大そうな人出でした。
パンテオン前の広場には噴水があり広場の周囲はカフェやリストランテが華やかにオープンしています。
 ここで七面鳥夫人がイタリアへ到着後初めて自分の言葉でジェラートを買いました。





d0083265_2323411.jpg

d0083265_2331755.jpg
d0083265_2334785.jpg
                       大ドームの中心の明り取りは素通しで、
                       雨水が落ちてくるそうです。
                       それにしてもドームは圧巻でした。


d0083265_23403475.jpg

 パンテオン前の広場は休憩する人や、食事をする人が集まり賑やかでした。

d0083265_2327586.jpg

 ところで、疲れましたか??訪問者のあなた。イボイノシシも連日のレポート作成でかなり疲れました(笑)そろそろフィニッシュにしましょうか・・・
 後一箇所で「ウオーキング観光」の終了です。頑張ってお付合いください(^^)



         ナヴォーナ広場・四大河の噴水

d0083265_235263.jpg

 1世紀に競技場として造られ現在は市民や観光客の憩いの広場となったそうです。

d0083265_2313035.jpg

 広場には3つの噴水が設置されていますが、特に「四大河の噴水」が有名で、天に向って立つ17mのオベリスクは見事なものでした。

d0083265_23204190.jpg

 大勢の似顔絵書きや大道芸人が、観光客を楽しませています。広場の周囲は少し高級なリストランテがオープンカフェを用意して客を呼び込んでいます。青空の下、なんとなくホッとする空間が展開していました。

d0083265_23213988.jpg

 ここで「ローマ・ウォーキング観光」は無事終了、解散となります。
親切で真面目なガイドのN君、お気遣いどうもありがとう、とても楽しかったです。

by mahalotakashi | 2008-04-26 13:18 | mahalo@夢旅

イタリア旅行・ローマの朝食、ジェラート、トラットリア ③-2 食べまくり 

 第二日目 ③-2 食べまくり(ROMA)

時差ぼけにも負けず2人の胃袋は元気一杯!


d0083265_0145095.jpg 4月16日午前6時起床!
日本時間では午後1時です、今朝は朝早くからウォーキング観光があるため朝食も早めに頂くことにしました。
 食堂は地下一階、エレベーターで「-0」の表示ボタンを押します(^^)





 ホテル・アンブラ・パラスの地下食堂は朝7時オープン、ビュッフェ方式の朝食です。
 もちろん、イボイノシシ夫婦がトップで入室。スタッフに「ヴォンジョルノ!」と挨拶します。

d0083265_0153949.jpgd0083265_0163933.jpg








           地階なので窓が無く少し薄暗いですが、フラッシュ撮影はヒンシュクもの・・・
           通常撮影にしました。

d0083265_0172788.jpg

 実は旅行前にイタリア経験のある息子や娘に『イタリアの朝食は粗末だよ、コーヒーとクラッカーくらいしか出ないよ』と言われていたのですが、「何を仰るお二人さん!」です。
 パンの種類も多いし、生ハム、サラミ、ポルチーニ、スクランブルエッグ・・・
 ジュースもフレッシュ。チーズだけでも4~5種類あります。ヨーグルトや各種ジャム・・

d0083265_0182876.jpg
 ローマの朝は十分満足な朝食となりました。

                        難を言えば生野菜が少ない感じですが、
                       その分新鮮なフルーツが山のように用意され
                       ていました。

d0083265_0193717.jpg



 七面鳥夫人、自力でジェラート第一号を買う。

 早朝からスタートした「ローマ・ウォーキング観光」の中盤、パンテオン前の広場で15分ほどの休憩がありました。

d0083265_034103.jpg

 パンテオンから見て右手の路地の入り口付近に「ジェラートの店」を目ざとく見つけた七面鳥夫人。『ジェラート買ってきて』と小学生みたいな声を出します。
用心のためお金は全額「スワット隊員=イボイノシシ」が持っています。
「自分でチャレンジしてみなさい」と、ポケットから10ユーロ(約1650円)紙幣を取り出して渡しました。

d0083265_0354191.jpg

 「初めてのお買い物」 お店の外からヒヤヒヤしながら見守っていると、意外にスムーズに進行しているようです(^^)

d0083265_0374168.jpg カラフルなジェラートが何種類も並んでいます。
スイーツ好きの七面鳥夫人にはたまらない光景でしょうね。
どうぞ思う存分お召し上がりください、ただしお腹を壊さないように・・・





d0083265_038263.jpg

 「グラッツィェ スィニョーラ!」 『ゴラッチェ、グラッチェ!!』 パーフェクトです(^^;)♪
 GELATERIA NICE ICE のGelateriaは、1個 2ユーロ(約330円)でした。


d0083265_039188.jpg

 遂に憧れのジェラートを自らゲット!幸せ一杯の七面鳥夫人です。



             スペイン広場の路地裏でランチタイム。

d0083265_647446.jpg

 ウォーキング観光が終了、ガイドのN君に教えられた近道を通って七面鳥夫人憧れのスペイン広場まで足を伸ばしました。観光客で溢れ返った広場は特にどうという感じはしませんでした(^^;)

d0083265_6482310.jpg
 お昼を少し過ぎたので昼食を摂ることにします、グッチやセリーヌなど高級ブティックの並ぶ通りからヴァチカン方面に向って石畳の路地をゆっくり歩きながら、食事の出来そうなお店を探しました。





d0083265_649382.jpg
 スペイン広場から4筋目くらいの角にピンク色の壁のトラットリアを見つけました。
表のオープンテラスにもお客さんが溢れています、テーブルの上の料理を見ると結構美味しそう、「ここに入ろう」と七面鳥夫人を促して店内に入りました。 


d0083265_6504615.jpgd0083265_6522879.jpg







d0083265_6555814.jpg 店内は思った以上に広く、天井も高くてゆったりした感じです。
コーナーにはBAR(バール)もありました。
歩きつかれてクタクタだったので、冷えたVINO(ワイン)と、ACQUA(ミネラルウオーター)をとりあえずオーダーします。
この良く冷えたヴィーノ(ワイン)の美味しかったこと!感動です。

 笑顔で迎えてくれたホールスタッフに、アンティパストとプリモピアットを各一皿、それにパンを2人分頼みました。


           アンティパスト ・ ITALINA 

d0083265_2020618.jpg

 アンティパストはスタッフの薦めで、ハムの盛り合わせとオリーブ温野菜のセット。

           スパゲッティ BOLOGNESE
d0083265_20254047.jpg

 少し荒っぽく盛り付けされたスパゲッティでしたが、味は抜群!ミートソースでした。

 スタッフから『チーズは好きか?』と聞かれたので、「大好きだ!」と応えると、

d0083265_20271565.jpg
丼ほどの器に粉チーズがタップリ入ったのを置いてくれました。
『チーズを沢山スパゲッティにかけて食べると美味しいよ♪』身振り手振りで教えてくれます。
アドバイスに従って大量のチーズをぶっ掛けて食べてみると、これが深みのある素晴らしい味、思わず「ボーノ!」と叫びました。







d0083265_20282152.jpg これだけ頂いて、ノンビリ時間を過ごさせてもらって、料金は下記の通りでした。

ANTI/ITALINA  7,00Eu 
SPAG/BOLOG  8,00Eu
PANE2 1,00   2,00Eu
VINO/BICC    6,00Eu
ACQUA-1/2L   3,00Eu

TOTALE   Eu26,00
         (¥4,290)




                   店内のバールで簡単に食事を済ます人も多かったです。

d0083265_21562191.jpg


           旅行者以外に地元の人たちも大勢出入りする人気のお店でした(^^)
           旅先でこういうお店に巡り会えると、大変うれしくなりますよね♪♪


d0083265_203058.jpg

 ローマ2日目のディナーは、改めてUPします。美味しくて、楽しかったですよ!



ファイブ ブログランキング

by mahalotakashi | 2008-04-25 21:19 | mahalo@夢旅

イタリア旅行・ローマで地下鉄に乗りましたドキドキ(^^;) ②-2・ 4月16日

 第二日目 ②エピソード・・2

 ローマを乗りこなすぞ!!Metropolitana

d0083265_21345019.jpg 今日はローマ・ウォーキングツアーの日。
集合場所のバルベリーニ広場まで地下鉄(Metropolitano)を利用することにします。
ホテルのあるヴィットリオエマヌエーレ駅からは三つ目の駅です。
大胆というか無謀というか、底抜けのアホというべきか・・


d0083265_21432533.jpg スリや窃盗、置き引き、引ったくり、
強盗・・世界でも名だたる物騒なローマの地下鉄。スリル満点(^^;)
「朝のラッシュでスリどころやないやろ!」
イボイノシシ流の「なんとかなるさ的発想」
朝7時50分、ホテルを出発しました。



d0083265_21564253.jpg    いきなりトラブル発生!
エマヌエーレの地下鉄駅の入り口を見つけて喜び勇んだのも束の間、下りのエスカレーターが故障で停止。イタリアでは日常的とか・・・しかも大阪の地下鉄の3~4倍ほど深いプラットホーム、七面鳥婦人を押しのけながら乗客が駆け下りて行きます。

d0083265_22165926.jpg やっとのことでホームにたどり着いた七面鳥夫人、イボイノシシの心配をよそに行きかうイタリア人を捉まえては、『バルベニ?』『バルバニ?』『バルバラ?』・・と質問しますが、みんな首をすくめて通り過ぎます。
「バルベリーニや!チェックしてるから心配するな!」と、たしなめます。


d0083265_22275413.jpg やっと電車が到着。
ローマの地下鉄はBIT(1回チケット)1ユーロで75分間有効。4ユーロで24時間有効チケットが買えます。
イボイノシシ達が乗車したのは赤いマークのA線、青いB線の2種類で比較的わかりやすいです。


d0083265_22441596.jpg
 みなさんキツイ表情してはりますなあ~・・もっとも日本人の通勤客も「能面」みたいと言われますけどね。しかし満員電車の中で写真を撮りまくる「ジャポネのおっさん」にはみんな呆れ顔してはりました(^^;)
d0083265_2258497.jpgd0083265_22594640.jpg







一つ目の駅テルミニ(Termini)で七面鳥夫人を座らせ、二つ目のレプッブリカ
(Repubblica)も無事通過。濃紺のキャップを被ったイボイノシシが窓ガラスに映ってます。

d0083265_23205581.jpg
 早朝にもかかわらず各ステーションには、Poliziotto(ポリツィオット)=警察官が配備され
 ています。
 やはり治安は不安定なのでしょうか・・・日本ではチョット考えられませんよね。


d0083265_23394352.jpg とにもかくにも、無事にバルベリーニ駅に到着しました。
イボイノシシが事前に、時間や区間をジックリ検討した上の地下鉄乗車。
これからローマに行かれる方は、やはり夜間や危険な地区での地下鉄利用は慎重にされたほうが賢明と思います。


 ローマの女神像ではありません、地下鉄バルベリーニ駅の出口でチラシを配る女の子達です。生の関西弁で「おっちゃんはイタリア語がわからんのや」というと、目を丸くしていました。
d0083265_23472610.jpg

 ワオウ!♪やっと地上に出られた!!
d0083265_23533347.jpg
 バルベリーニ広場は抜けるような青空でした。

 明日は、世界一気の短いローマのバスとタクシーのレポートです。

by mahalotakashi | 2008-04-24 21:17 | mahalo@夢旅

イタリア旅行・ローマ半日観光、教会で感動! ①-2 ・4月16日 

  第二日目 「ローマ・半日ウォーキング観光」

  Meraviglioso Roma!   Wonderful Roma!
d0083265_11295679.jpg
                      サンタニェーゼ・イン・アゴーネ教会(ナヴォーナ広場) 
さていよいよ観光の開始。
日本で予約しておいた「ローマ・ウォーキング観光」に参加しました。
参加者はイボイノシシ達以外に3組のカップルで総勢8名、新婚さんが2組、年配が2組。
ローマの中心部の二つの教会とパンテオン、三ヶ所の広場を徒歩で巡るコースです。


d0083265_12434488.jpg 集合は早朝8時20分、バルベリーニ広場。
ホテル近くの地下鉄(ヴィットリオ・エマヌエーレ駅)から三つ目のバルベリーニで下車、階段を登れば、「海の神トリトーネの噴水」があるバルベリーニ広場です。

 この広場はローマの交通の要所で地下鉄、バスの停留所、幹線道路が集中していて朝から騒音が凄い場所でした。
d0083265_1384367.jpg
d0083265_13145151.jpg 日本人ガイドのN君、最初に到着したイボイノシシの格好を見て少し引いていました。
まるでアメリカのスワット隊員のような濃紺の上下にサングラスとキャップ、『す・・すごいですね・・』
「スリや引ったくりに遭わない様にね」というと、『絶対大丈夫ですよ』と感心してくれました(笑)


d0083265_13243385.jpgローマの治安についてレクチャーを受ける。
 全員が集合するまで20分ほどかかりました。その間にN君からスリや置き引きなど日本人が特に狙われる場所や乗り物などを教えてもらいました。後日彼のアドバイスが非常に役立ちました。
『とにかく隙を見せないことです』が結論


バスでコロンナまで移動。
d0083265_13561165.jpg 全員揃ったところでバスを利用して教会の集中するコロンナ広場へ向います。

チャーターした観光バスではなくて、一般人が利用する路線バスです(^^;)
 朝のラッシュと重なりバスは満員。
大阪の通勤ラッシュよりはましでした。


d0083265_145689.jpg コロンナ広場に近づくと、マシンガンを装備した警察官が角々に立っています。
N君の説明によるとこの辺りは、首相官邸や内閣府の建物があるので厳重な警備をしているそうです。
 バスは終着のコロンナ・中央郵便局の前で降りました。
 

                                       首相官邸(キージ宮)
d0083265_1427555.jpgd0083265_14285278.jpg








    サンティニャツィオ・ディ・ロヨーラ教会
d0083265_18145467.jpg
d0083265_1515419.jpg
d0083265_1523523.jpg
  荘厳で重厚な雰囲気に圧倒されました。
    天井画や大理石の彫像が素晴らしい教会でした。



サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会
d0083265_15252294.jpg
知恵の女神、ミネルヴァの神殿跡に建てられた、ローマで唯一ゴシック様式のドミニコ派の教会。N君はなぜか教会の裏口から入って行きます。
この教会には、ロマーノ作「受胎告知」が展示されていました。


d0083265_15315895.jpg
天井や壁に取り付けられたステンドグラスの明り取りの窓から差し込む光が印象的でした。

d0083265_1821462.jpg
       ところで祭壇横の彫刻、N君の説明によると、あのミケランジェロの
       作品だといいます。
       それもミケランジェロが途中で止めてしまった駄作で、それを弟子達
       がなんとか完成させたというのです。本当でしょうか(^^;)

d0083265_18411238.jpg
 ステンドグラスから差し込む陽光が幻想的な教会の中は、心が洗われる感じがしました。
d0083265_18484513.jpg
 こちらがミネルヴァ教会の正面、象の台座のオベリスクは有名らしいです。
d0083265_1851284.jpg
 そのオベリスクの下でイタリアのテレビ局が撮影中でした。
どこを撮っても絵になるローマ、テレビのディレクターも楽でしょうね。
教会の中と外ではまったく雰囲気が変わります。



         ローマは一日にして成らず。
 まさにその通り! ローマを1回のブログUPで紹介しようという行為こそ無謀(^^;)
 これで「半日ウォーキング」のやっと三分の一。かなりカットしたつもりでもこの調子。
 パンテオンやスペイン広場、コロッセオなどなど、まだまだ盛り沢山ありますが、
 続きは明日にします。
 あ、そうそう、ローマの教会は全て無料で拝観できますよ♪

d0083265_19541224.jpg
  (おまけ)コロンナ広場の真ん中に立つ円柱には、ローマの戦争(戦闘)場面が
   年代順に絵巻物のように彫刻されています。

by mahalotakashi | 2008-04-24 11:44 | mahalo@夢旅

イタリア旅行 ③-1 機内とローマで食べまくり♪ 初日

 第一日目 ③-1 食べまくり  イボイノシシのイタリア食べ歩き(初日編)

 天空のリストランテ & ローマのピッツェリア

d0083265_20475295.jpgd0083265_204840100.jpg






  さあ~♪ お待ちかねの食べブログの始まりです。
 イボイノシシが以前から食べてみたいと思っていた本場イタリアの料理の数々。
 もうワクワク・ドキドキで舞い上がっています。
 今回は出発から帰国までの全日程中の、朝食・昼食・夕食を全部余すことなくUP
 してみます。
 出発の朝は、七面鳥夫人の希望を入れて関空の食堂で和風朝定食にしました。

ランチはロシア上空、11150mで。
d0083265_21175729.jpg 飛行機が安定高度に達した12時過ぎ、ロシアのナホトカ上空でランチタイムとなりました。
ジャパニーズ(日本食)とイタリアンの二種類からチョイスできます、もちろんイボイノシシはイタリアン。
 七面鳥夫人は『ブログ用に協力してあげるよ』と、ジャパニーズを選んでくれました。

d0083265_212977.jpg
 簡単な機内食ですが、一応コースメニュー仕立です。
 アンティパストは、ハムとポルチーニ茸。プリモピアットはペンネアマトリチャーナ。
 セコンドピアット(メイン)は、鶏肉のトマトソース煮込み。

d0083265_21373163.jpg ワインはトスカーナのビアンコ♪
食事前からドリンクサービスでいただいていた白ワイン。どこの産かと聞いたら「トスカーナ」といいます、不味かろうはずがありません。この旅の間中毎日ワインを飲みましたが、全部最高の味でした。
 『後部のコーナーに行けば飲み放題だよ』と教えてもらってフルボトル分タップリ飲ませてもらいました。

d0083265_21511475.jpg
        じゃぱにーずはこげんな内容でありもうしたでござる。

 ワルシャワ上空で再び食事であります。
d0083265_226405.jpg 離陸から10時間、飛行機は既にヨーロッパエリアに達していました。
ポーランドの上空辺りです。
チーフらしき女性が『軽食が出るけど、食べますか?』と聞いてきました。
ワインをチビリチビリといただいていたイボイノシシ、「もちろんOKです」

d0083265_22231370.jpgd0083265_22242848.jpg








『ビールもよく冷えてますよ』と言われたのでワインを止めて冷たいビールをグイ!

d0083265_2238875.jpg 確かに仰るとおりの軽食でした。
 さて、ここで問題。この食事は何食になるのでしょう?
関空を離陸して10時間だから、日本時間では午後8時。ということは夕食。
時差7時間のイタリアでは午後1時。ということは昼食ですがな(^^;)
ハワイで朝昼兼用のブランチと言うのを食べたことがありますが、これはランディナーとでも言うのでしょうか(笑)

ローマのピッツェリアでナポレターナを喰らう。
d0083265_23101929.jpg
 イボイノシシたちの胃袋は素早くイタリア時間に順応したようです。
チェックインの後街へ飛び出しました。ホテルでディナーを摂ってもよかったのですがせっかくのローマ、やはり「旨かもん」が食べたいですけんね、スィニョーラ(^^)

d0083265_23213049.jpg テルミニ駅の近くまで歩いてくると、
TAVOLA CALDA というピッツェリアを発見!
客の出入りも頻繁で美味しそうな匂いもしてきます。「タッボーラカルダと読むのかな?とりあえず入ろうか・・」と七面鳥夫人の腰を押します。

d0083265_2328279.jpg 店内に入って飛行機のクルーに教えられた通り元気な声で、
「Buonasera!」 ボナセーラ!
 店内のあちらこちらから、ブオナセーラ♪と、返事と笑顔が返ってきました。
 好い雰囲気のお店です。


d0083265_23364148.jpg
d0083265_23391012.jpg 陳列ケースにはローマの惣菜が並んでいます。どれもこれも美味しそう・・とりあえずピッツアコーナーへ・・・可愛いスィニョリーナが、ヴオナセーラ、スィニョール♪と迎えてくれました。
「Quale Pizza mi consiglia?」
クアーレ ピッツァ ミ コンスィッリア?
何かおすすめのピッツアはあるかい?

d0083265_23574199.jpg これはイボイノシシが旅行前のイタリア語特訓で覚えたフレーズ。
こういえば、『ピッツァ・マリゲリータかロマーナ、カプリチョーザとかカルツォーネがございますが・・・』と応えてくれるはず。
そしておもむろに「ピッツァと言えばマルゲリータだろう・・フフフ」という予定でしたが・・・

d0083265_091226.jpg Vuole mangiare dentro?
「はあ~・・・わからん、ア・アイ、スピーク、ノット、イタリアーノ!」「ア・アイ、ウオント、ピッツア!」生兵法は怪我の元、なまじイタリア語で話しかけたものだから、相手は当然イタリア語が分かっていると思う、当たり前の話です。

d0083265_0211825.jpg 先ほどのイタリア語は、
『店内で食べますか?』という単純な言葉でした(^^;)
結局このマリアかロザンナか・・名前は知らないが気持ちの優しいスィニョリーナがシンプルな、ピッツァ・ナポリターナを薦めてくれました。

d0083265_0324159.jpg
 ローマ第一日目の夕食は、嬉し恥ずかしの、ピッツァ・ナポリターナになりました。
二人前で、9.5ユーロ(約1500円)関空の朝食代とほぼ同じでした。



グルメ ブログランキング

by mahalotakashi | 2008-04-24 00:44 | mahalo@夢旅

イタリア旅行・アテンダに教えてもらいました!ローマ事情 ②-1・ 4月15日

 第一日目 ②エピソード・・1

イタリアーノに囲まれて、お勉強できました(^^;)

d0083265_23312832.jpg

 『Buongiorno Signore』 ボンジョルノ スィニョーレ


d0083265_15113832.jpg


「関空からローマまでJAL(日航)のお嬢様たちにお世話になりながら、ゆっくり旅ができるわい」と思っていたら、飛行機はアリタリア、男女8名のアテンダは全てイタリア人。1人だけ日本人乗員(女性)がいましたが・・・


d0083265_15292956.jpg
d0083265_15311954.jpg

 逆にこれが怪我の功名、12時間のフライトの間ゆっくりと生のイタリア語が勉強できました。
 イボイノシシや七面鳥の実に単純でくだらない質問にも明るい笑顔で応対、ゆっくり解り易く答えてくれました。
 彼らに教えられたのは
 『どんな場所でも必ず挨拶をすること』



d0083265_15421735.jpg
 「おはよう」「こんにちは」は、 Buongiorno ボンジョルノ 夕方以降、「こんばんは」は、
 Buonasera ブオナセーラ
 ありがとうは、Grazie グラツィエ
 そして、さようならが
 Arrivederci アッリヴェデールチ


 「これだけシッカリ覚えて自然に出れば大丈夫ですよ、それと、笑顔を忘れずにね。
 スィニョーレ イボイノシシは、中々アクセントが良いですよ」
 褒めていただきました。
 男性には、Signore スィニヨーレ 女性はSignora スィニョーラ
 未婚の女性(お嬢ちゃん)には、Signorina スィニョリーナ
 これを挨拶言葉の後ろに付ければ、より一層親しみを感じてくれますよ(^^)

 Grazie della Sua cortesia. Thankyou for your help
 グラッツィエ デッラ スア コルテズィアー いろいろお世話になりました。



d0083265_16152969.jpg
 出発前に12時間ものロングフライトで間が持つだろうか・・・と心配していましたが、
 ワイワイ、ガヤガヤ、お喋りしたり、ワインや食事(2回)を楽しんでいるうちにローマに到着しました。
 ほとんど眠らなかったので少しシンドイ感じ、ハイテンションです。



 空港からホテルへの道すがら・・d0083265_170643.jpgd0083265_1714678.jpg











d0083265_1731564.jpg

        歴史の重みとイタリア人気質がなんとなく分かりかけてきたよう
        な気もします。
        でも旅は始まったばかり、この先2人の身になにが起こるか
        予想もつきません。当たって砕けろ! なんとかなるさ。



  アンブラ パラスは落着ける宿泊先でした。


d0083265_16304345.jpg
 アンブラ パラス AMBRA PALACE



イタリア >> ローマ (Roma)
 テルミニ駅周辺

VIA PRINCIPE AMEDEO,
257 - 00185 ROMA ITALY
Tel: +39 06-492-330
Fax: +39 06-492-33100





d0083265_16422474.jpg

 テルミニ駅から徒歩約5分の4つ星ホテル
上品な内装、整った設備、安定したサ-ビスで、質の高い滞在を楽しむことが出来る。
駅から市内中心部とは逆方面の為、ホテル周辺が幾分寂しい感じも受けるが、その分、満足度の高い充実した滞在を割安な価格で受けらるのが利点。
リピ-タ-の多い通好みのホテルである。



というホテル側の説明ですが、イボイノシシたちのゲストルームはまずまずでした。
ただ、ホテル前の道路が狭いのが難点、大型バスなどは横付けできません。
まあ、その分ローマの中心とは思えないほど静かで、ゆっくり眠れました。


d0083265_1655147.jpg












d0083265_17152745.jpg

 電圧とプラグ
イタリアの電圧は220Vで周波数は50Hz。ごくまれに125Vもあるそうです。プラグはC2タイプ。日本国内用の電化製品はそのままでは使えないので、変圧器が必要とのこと。近所のミドリ電化で買って行きました。今回持参したSONYのビデオ・デジカメ、補助用のバッテリー(120分)を用意しましたが、とにかく写真とビデオを撮り捲るので かなり消費してしまいます。一日に最低一回、2個のバッテリーを充電しなくてはなりません。




d0083265_173749.jpg

 エレベーター表示の違い
 どうでもいいような話ですが、イタリアのエレベーターの階表示は日本と違います。
ホテルにチェックインしたときは、ベルボーイが案内してくれたので全く気が付かなかったのですが、夕方テルミニ駅のショッピングモールへ散歩に出かけたとき、悲喜劇が起きました。
 1階から3階まではエスカレーターで上れます、3階の売り場からはガラス張りのエレベーターで降りる仕掛け、




d0083265_1748837.jpg

 エレベーターに乗り、①のボタンを押します。
静かに下がったエレベーターが突然2階で停止!
「ななんやこれ!故障か!」
天井を見たり、ガラス越しに1階を覗いたりバタバタしていると、箒を持った掃除のおばちゃんが

箒の柄でコツコツとドアを叩いて『Terra? テッラ?』と聞きます。テッラとは地面のこと。
「Si !Signore スィ!スィニョーラ」「テッラ!テッラ!」と叫びました。
『Zero!ゼーロ!』と少し笑いながら、0の表示を指差しました。

 イタリアでは、1階が0階、2階が1階なのです。地階はー0階。ややこしか(><)

 

by mahalotakashi | 2008-04-23 18:21 | mahalo@夢旅

イタリア旅行・関空からローマまで12時間のフライト ①-1 ・4月15日

  第一日目 
 関西空港からローマ・フィウミチーノ空港へ。


d0083265_1751710.jpg 楽しみにしていたイタリア旅行の出発日
4月15日(火)午前5時半に起床、朝食は空港で食べることにして、阪急西宮北口駅の空港バスの乗り場へ、バスは6時30分出発です。
荷物が重たいのでまず七面鳥夫人とスーツケースを自家用車でバス乗り場まで、すぐ自宅へ引き返し徒歩で再び乗り場まで、結構バタバタです。
d0083265_17111429.jpg JR西宮駅、阪神電車西宮駅を経由して定刻(7:45)に関西空港へ到着。
 登場手続きにJALのカウンターへ行くと、飛行機はアリタリアと言われました。JALが運営して航空機材と乗員はアリタリアが受け持ついわゆる共同運航のパターン。
マイレージ(JAL)はしっかり片道6500マイルをゲット!

d0083265_17212286.jpg 「アリタリアだったら機内でイタリア語の勉強できるよな・・ハハハハハ」と、笑いでごまかすイボイノシシを七面鳥夫人が少し怒りの目で睨みます。
ここで早速イタリア語
「Non fa niente」 ノン ファ ニエンテ.
気にしないで下さい。



 時間通り午前10時5分、JL5067(アリタリア)は関空を離陸しました。

d0083265_17452031.jpgd0083265_17463890.jpg







 大阪からローマまでは、9750Km.直行で12時間かかります。
淡路島から徳島県、瀬戸内海の上を西に飛び広島県上空から右へ旋回、日本海を北上、ハバロフスク辺りで左旋回西に機首を向けます。
ロシアの東海岸からモスクワ上空をかすめ西の端まで、まさにロシアを縦断するフライトです。
 シベリアやオーストリアの景色が印象的でした。

12時丁度にイボイノシシの時計をイタリア時間に七面鳥夫人のを日本時間に合わせます。
日本時間4月15日12:00はイタリア時間で、15日05:00.
7時間の時差があります。ローマ着は午後4時5分、日本時間では午後10時5分.
                                   ややこしい!!

 撮影枚数3000枚のラッキー!
d0083265_1855757.jpg
 飛行機がローマの上空から着陸態勢に入った時、バシャバシャと連写。
先ほど写真を整理していたら、なんと!第一日目の宿泊先、ホテル・アンブラパラスと
テルミニ駅やコロッセオほかローマの中心部がバッチリ写っていました(^^)

d0083265_18181853.jpg アドリア海からイタリア半島へ侵入したアリタリアはローマ上空をかすめて一度地中海へ出て、右旋回してフィウミチーノ空港に着陸します。
たった一日で、太平洋・瀬戸内海・日本海、アドリア海・地中海を眺められるなんて滅多にありませんよね。


レオナルド・ダ・ヴィンチ・フィウミチーノ空港到着d0083265_183478.jpgd0083265_18345844.jpg







 夕方の4時だと言うのに真昼のように明るい表情で、ローマが出迎えてくれました。

 (ここで第一発目の失敗)
 飛行機を降りて人の流れにくっついて入国審査を受けてゲートを出た途端、血相を変えた空港警察官が追いかけてきて、早口のイタリア語でまくし立てます。
 腰にピストルをぶら下げているので緊張します。興奮して発砲しないかヒヤヒヤ・・
 「スピークイングリッシュ!」と言ってよく聞くと、どうやらイボイノシシたちは団体専用のゲートに間違って並んだようです。

 入国OKのスタンプを押した係官は横を向いて知らん顔。
「ハンコを押した係官の責任やろ!あいつを逮捕せい!」と日本語で言いましたが通じませんでした。
 その後2人の大男に挟まれて個人用のゲートまで連れていかれました、やれやれ(笑)


 前もって契約していた迎えの車でホテルまで直行
d0083265_2133934.jpg
 移民の方でしょうか、迎えに来てくれた運転手さんはインド系の顔立ちで片言の日本語が話せる人でした。
 結構なスピードでローマ市内に向います。
 『シニョール・イボイノシシ、あれが新しく建てられている礼拝堂、こちらが古代の城壁・・』

  「説明はありがたいけど、一緒に顔を向けんといて!アブナイ!ぶつかるがな!!!」

d0083265_21234544.jpg ローマ市内に近づくに連れて歴史の匂いがプンプン匂ってきます。
恐らく由緒のある遺跡でしょう・・・
只、今回はイボイノシシのイタリア紀行、
あまり難しい説明や解説はできません。
気になる人はイボイノシシの写真を参考にネットで調べてみてください(^^;)


ROMAはどこを写しても絵になる街でんなあ~
d0083265_21344187.jpg
d0083265_21364626.jpg車が止まるたびにシャッターを押しますが、
特にアングルを考える必要はありません。
 よそ見しながら適当に押してもしっかり絵になってます。

 街全体が世界遺産ということですかね。


 イタリア人のおっちゃんも格好よろしいなあ~
d0083265_21454626.jpg
 車の中から「ハイッ!ポーズ」と言ったわけでもないけど、しっかり決まってる。
 イボイノシシより年配やで、白衣のおじさん・・・・・♪
 

 とりあえず今宵のねぐらに到着。
d0083265_2153037.jpg
 テルミニ駅から歩いて5分のホテル・アンブラパラス、四つ星のホテルですけど、周りはインド系中国系の住民が暮らすエリアで少しヤバい雰囲気が漂います、女性の方はチョット馴染めないかな。
d0083265_22303327.jpgd0083265_2231240.jpg








 後ほど紹介しますが、ホテル・アンブラパラスのフロントマンは全員スキンヘッドのマフィアタイプ、といってもイボイノシシに「サー」の称号で呼びかけるジェントルマン。
なにかあれば守ってくれるでしょう・・・・(^^;)

 そろそろ日が沈みはじめました。
今日はグッスリ眠ります、明日は早朝から世界一危険(?)なローマの地下鉄に乗ります。
d0083265_22385530.jpg
 フロントのスキンヘッドに電話をします。
 「A che ora e’la colazione?」
 「アケ オーラエラ コラツィオーネ?」
 「明日の朝食、何時からでっか?」

            7時からだそうです。おやすみなさい・・・・
d0083265_22505268.jpg

by mahalotakashi | 2008-04-22 17:07 | mahalo@夢旅

なんとかなるさイタリア旅行(プロローグ)

Buongiorno!
La ringrazio per avermi aspettato

ヴオンジョルノ! (こんにちは!)
お待ちいただいてありがとうございます



d0083265_1519324.jpg 4月22日(火)午前7時30分
(イタリア時間・同日午前0時30分)
無事に関西国際空港へ帰ってまいりました。

旅行中は天候にも恵まれ(ミラノが雨でした)病気や事故にも遭わず快適な旅行が堪能できました。
皆様のご声援のお陰と心より感謝しています。
 
まだ時差ぼけでボンヤリしていますが、早速旅ブログの編集にとりかかります。

15日の西宮出発からローマ・ミラノ・フィレンツェ、そして再びローマから西宮まで、まだ整理はしていませんが、恐らく3000枚くらいの写真を撮ったと思います。(笑)





d0083265_15311857.jpg 3000枚を一挙に紹介できるとは思いませんが、旅行ガイドブックには載っていないような面白いスポットや風景写真を中心に、
①観光 ②エピソード ③食べまくり(全食事) を1日3編に編集して旅のスケジュール通りにUPしてみます。

 カンツオーネやイタリアンポップを合唱したり、ウフィッツ美術館で「名作」を撮影して怒られたり、
 ローマでスリ集団と遭遇!
見事に追っ払った武勇伝(^^;)など盛りだくさんに紹介したいと思っています。

 イタリアにお住まいの方や、旅行経験のある方には笑われるかも知れませんが・・・これから計画されていらっしゃる方には必ず参考になると思いますよ(笑)


 イボイノシシと七面鳥夫人のドタバタ旅行記、大いに笑ってやってください。

d0083265_168085.jpg

by mahalotakashi | 2008-04-22 14:44 | mahalo@夢旅

只今留守にしております。

Io vado via un piccolo tra il Giappone
e va in Italia.

少しの間ですが日本を離れてイタリアにいます。

                                  MILANO Duomo  (ミラノ  ドゥオモ)
d0083265_22185725.jpg
 「なんとかなるさ」へ、ご訪問いただきありがとうございます。
 阪神タイガース、勝ってますか? オリンピック聖火どうなってます?(^^;)

 現在わたしども夫婦(イボイノシシ&七面鳥)は、イタリア旅行中です。
 この時間(時差8時間)ローマの裏町で切り売りのピッツァを食べているか・・
 フィレンツェのオステリアでトスカーナ料理に舌鼓を打っているか・・・
 ミラノのエノテカでカツレツを食べながらワインを飲んでいるか・・・
    (注)イタリアは夏時間なので、時差は7時間となります。 
 ホテルで眠っているかの、いずれかだと思います。

 
 無事に帰ってこられたら、4月24日くらいから更新再開を予定しています。

 その間、退屈でしょうからイボイノシシ取って置きの秘蔵写真(?)を掲載しておきます。
 できれば、1日1枚ずつご覧になってください、見終わった頃に帰ってきますから(笑)




 Il pericolo nel mondo è pieno!

 世界中、危険が一杯だよ~ん!

 「旅行中は気をつけてね・・・」とみなさんからご心配いただきましたが、
 どこにいても、なにをしていても、世界は危険が一杯!
 どちらさまも、くれぐれもご用心なさってくださいね。

d0083265_22195843.jpg
   ドテッ! 痛ッ! 「アイスって滑りまんねんなあ~・・」

d0083265_22203320.jpg
    ポテッ! 「こけたんじゃないもんね、ダンスの練習よ!グスン・・」

d0083265_22213594.jpg
    ガツン! ア~ハッハッハッハ♪ キャハハハハハ♪

d0083265_22223280.jpg
    ジョ ジョ ジョ ・・ ジョーズ

d0083265_2223411.jpg
    ウワア~ン!!おかあ~ちゃ~ん!たすけてえ~!ワニ怖あ~い!

d0083265_22233592.jpg
      (無題 1)

d0083265_22242597.jpg
     (無題 2)

d0083265_22251537.jpg
     (無題 3)

d0083265_2226297.jpg
      アッ!ワワワワワワワ・・・・~・・

d0083265_22263540.jpg
      ズコッ! ててててて!!!

d0083265_22273586.jpg
  ドスン! グワシャッ!

  こんなことにならないよう、おたがい注意しましょうね・・・・(^^;)


                        FIRENZE Duomo (フィレンツェ ドゥオモ 「花の聖母教会」)
d0083265_2228164.jpg
 食べ捲くりのイタリア旅行・・・なんて言ってますが、華麗なるイタリア・ルネサンスとの出会いや、風光明媚な街や遺跡を巡って感動したいとも思っています。
勿論、陽気なイタリア人ともぜひ友達になろうと考えています。




     【お断り】  悪質スパム防止のため、留守中はトラックバック禁止。
            コメント権限はエキサイトユーザーに限定。
            エキサイト意外は拒否設定といたしますのであしからず。
            帰国後解除いたします。



 *イタリア旅行中は出発時の機内食から、朝昼晩の食事、オヤツも含めて全部記録してきます。*  


     

by mahalotakashi | 2008-04-15 00:01 | mahalo@夢旅

食堂たけふくで最後の晩餐         2008年4月14日

 カウントダウン最終

 Domani cena è mangiata a Roma.♪
 明日の夕食はローマで食べます♪(^^;)

    ★★なんとかなるさイタリア旅行★★
             [イボイノシシのイタリア食べ歩き]


d0083265_050349.jpg さて出発を明日早朝に控えて、まだまだやることが沢山あります。新聞の配達をストップしてもらい、熱帯魚や花の世話(期間中の処置)荷物の最終チェック・etc・etc・
d0083265_1074820.jpg






 一段落したので、我がポンコツ車をフォルクスワーゲン西宮でメンテナンスチェック。
途中に綺麗な花が咲いてたので、パチリ!

d0083265_10351310.jpg









   個人ツアーの限界を感じています(^^;)

d0083265_18193316.jpg 短期間で、しかも昼間の列車移動(夜行は治安上問題ありと聞きます)のため各都市での滞在時間が細切れで、半日や一日のオプショナルツアーが取り難い状況です、青の洞窟やピサの斜塔などの見学は現地ツアーでは時間的に無理のようです。




d0083265_18225149.jpg どうしてもスケジュールを組みたいのが、トスカーナ地方のワイナリー訪問と地中海を眺めること、それにブログ友達の
「絵本の王国」ayumiさんのお奨め、
ウンブリアの散策とそこでのスパゲッティ&ピッツァとの対面・・・・。





d0083265_182619.jpg 色々やりくりしてみますがどうも「帯に短しタスキに長し」です。
 後は自分で車を運転して動くしかないようなので、急遽「国際運転免許証」を取ることにしました。伊丹の「阪神更新センター」へいけば即日交付してもらえるはず。






 妻と自分の身は自分で守ります!

d0083265_20422590.jpg 添乗員もガイドもつけない全くのプライベートな個人旅行。日本の観光地巡りのようなわけにいかないことはよく解っています。
 南イタリアに比べればましらしいけど、スリや置き引き、ひったくりとかボンヤリしていたら犯罪に巻き込まれる可能性が高い国と聞いています。
 まず狙われないようにすることが肝心、服装は地味に黒のブルゾンと黒のコットンパンツ、表情を隠すサングラス。後は普段着。
 ディナー用にブレザー一着だけ用意して、荷物は空港の手荷物受け取り場で目立つように白のアルミ合金スーツケースに全部収納、なるべく手荷物を持たないようにしました。








   日本で最後の晩餐は、どんぶりにしました。
d0083265_2130147.jpg
d0083265_21304063.jpg







 冷蔵庫を空にするため食料品の購入は控えています。
今日のランチは人気の大衆食堂「たけふく」の丼物。テレビや雑誌で有名なお店ですが、
すぐご近所で顔なじみ。大将が腕によりをかけて飛び切りのどんぶりを作ってくれました。


 七面鳥夫人は名物の・・・ カツ丼 ・・・お肉も玉子もこだわりの材料

d0083265_21463130.jpg


 イボイノシシは隠れ名物、 他人どんぶり  牛肉と玉子(他人)です。

d0083265_225817.jpg

 いつ食べても美味しい「たけふじ」の丼物、うどんもそばも最高の味。
 イタリアンを封印して長い時間が過ぎました、無理やりイタリアン以外のメニューを食べてきましたが、たけふじの味はイタリアでも忘れられないでしょうね・・(^^)
 



 さあ~!?
 それでは!食の王国!イタリアに・・・・♪♪
 行ってきまあ~す!


Ciao fino al giorno che incontra di nuovo



ファイブ ブログランキング

by mahalotakashi | 2008-04-14 00:01 | mahalo@食卓