人気ブログランキング |

<   2008年 02月 ( 37 )   > この月の画像一覧

生誕記念日の贈り物                  2008年2月13日

d0083265_2020643.jpg 今日、2月13日はイボイノシシがこの世に生れ落ちた日であります。
世間では誕生日とか、
バースデイとかいうそうです。





『幾つになったのか?』ってか、「そんなの関係ねえ~!オッパピー!」て、叫びたいけど
(^^)星野仙一監督や北野たけし、ジョージ・ブッシュ大統領たちと、同級生です。

 ただ、2月13日というのは、バレンタインデーの前日だから少しややこしいです。

d0083265_2038657.jpg ところでイボイノシシには、
奥さん以外に親しくお付き合いしている女性が2名います。
昨夜自宅に帰ると、その2名の若い女性たちから連名で贈り物が届いていました。
 誕生日兼バースデープレゼントのようです。


  Casellino CHIANTI CLASSICO Italia

d0083265_20535068.jpg
 箱を開けてみると、ボトルが2本、小さい方はサントリーの10年ものウイスキー「山崎」
 毎晩サントリー・オールドを飲んでいるイボイノシシ憧れの銘柄です。


 そして、もう1本のワインは、な・・なんと!垂涎のイタリアワイン・・2003年産・・・・
d0083265_2135521.jpg

d0083265_21112330.jpg 箱についたハートマークには、バレンタインデーの文字・・・
とりあえず、彼女達が一緒に暮らしている部屋に、
お礼の電話をかけました。
「やあ♪プレゼント、どうもありがとう!!」

最初電話口に出てきたのは、年上の彼女でした。

『チョット、早いけどバレンタインの贈り物・・・』
『それと・・・お誕生日・・・オ・メ・デ・ト・ウ・・・・』


 キャア~♪代わって代わって!という声がして、電話は年下の彼女に代わりました。

 『ジ・ジイジ!おたんじょうび、おめでとう♪』

d0083265_2139597.jpg
          可愛い♪可愛い♪5歳と3歳の孫娘たちでした・・・


 ところで、嬉しい話がもう一つあります♪
本人も自分のブログで発表しているので、UPしますけど・・・
イボイノシシに3人目の孫が生まれます!

 娘のUCOで、予定日は7月。
去年のクリスマスのブログで「秘密は秘密のままで・・・」と、意味深な記事を掲載してましたけど、実はその時に婿殿とucoから報告がありました。

 どうやら、安定期に入ったようで一安心しています。(^^)

後は母子とも無事で、一日も早く赤ん坊と対面できることを祈るのみです。

 家族が増えるということは、とてもハッピーで感動です。

孫娘2人が、これだけイボイノシシの心を癒してくれるのですから・・・

 3人目のオチビちゃんが現れたら、イボイノシシは舞い上がってしまうかも・・・

ママのお腹のなかで、おじいちゃんのプレゼント考えてくれてるかな・・(^^;)

by mahalotakashi | 2008-02-13 00:01 | mahalo@雑記

大人のRistorante/bar (2)         2008年2月12日

 Giancaldo ristorante/bar

 ジャンカルドの「軽いランチコースメニューB」
d0083265_22101160.jpg
 ゆっくり、のんびり、まったり・・時間が過ぎていきます。
ファーストフーズもそれなりに・ですが、時にはスローフーズも好いものですよ(^^)


d0083265_2231316.jpg ランチメニューのBは、2,000円。
軽いランチコースで、アンティパストからプリモピアット、セコンドピアットにドルチェまで一通りのコースメニューが揃っています。
アンティパストのモッツァレラチーズと自家製ピクルス(オリーブ・胡瓜)が、メインの期待感を高めてくれます。
 色違いの2種類の人参とオリーブの実が、とても
アーティスチックで、食が進みます。


 ここで少しジャンカルドさんのコンセプトを紹介しましょうか・・ゆっくりしましょう

d0083265_22565355.jpg ジャンカルドさんのConcept
  GiancaldoのHPから) 
 由来 【origin】
 二つの要素を1つに融合した店
映画ニュー・シネマ・パラダイスの舞台、
ジャンカルド村。
その村は実際には存在しない仮想の村。
作者であるジュゼッペ・トルナトーレ監督は、異なる2つの町をロケ地として1つの村 を作り上げた。


d0083265_2362663.jpg どうしてそのようなことをしたのか、その理由はいたってシンプル。
より良い映画を撮りたかったから。
そのコンセプトが
当店のレストランとバーという2つの要素を1つの店として完成させたいという気持ちとと合致していたため
 レストラン/バー ジャンカルドは命名された。



 プリモピアットは牛タンとルッコラのパスタ
d0083265_2329076.jpg
 これは昨日紹介しました「牛タントルッコラのパスタ」 チーズの使い方がプロの技。
まろやかなトマトソースと、麺の絡みが秀逸、口当たりは抜群でした。


さて、引き続きジャンカルドのコンセプト。
d0083265_8594087.jpg 目標 【aim】

お客様が感動を紡ぐ舞台として
ジャンカルド村は1本の映画が上映されている
ほんのわずかな時間の中でしか出合う ことのできない村でありながら
確かな感動を与える舞台として完成されている

d0083265_9225096.jpg
レストラン/バー ジャンカルドも
1つのお店として来店されたお客様
一人一人に
確かな感動を与える舞台として
完成されることをを目標としている





     ホウボウの軽い煮込み・サフラン風味
d0083265_943944.jpg
 セコンドピアット(メインディッシュ)は、お魚料理にしました。
アクアパッツアとも少し違う、サフランを使ったアッサリした煮込み料理でした。
大根・ヤングコーン・キャベツ・ビーンズ・アスパラなどの野菜が添えられています。

d0083265_9594235.jpg
 ホウボウという魚は滅多に口にしませんが、スズキに似た淡白なお味で、添えられた野菜とマッチして、食べやすい一品でした。 (大根が特に美味しかったです(^^;)


 ドルチェは、カシスシャーベット &
 バナナとさつま芋の焼き菓子でした。

d0083265_1795090.jpg
d0083265_17173028.jpg 満足のランチが終了、
ドルチェ(デザート)も小粋な一皿でした。
 いつものイタリアンとは、一味違うランチメニューという感じがしたので、ホールスタッフに感想を述べると、
『イタリア料理にこだわらず、お客様がご満足されるよう幅広く良いものを取り入れております』とのことでした。
 なるほど、納得です。



    サービスについては、言うことなしです。
d0083265_1735825.jpg
 押し付けがましくも無く、マニュアル的でも無く、自然でさりげない扱いをしてくれました。
もちろん、目配り、気配りは、さすが一流ホテル出身のオーナーのお店らしく完璧でした。
1時間半も店内に座っていた気がしないくらいに、リラックスした時を過ごしました。
イケメンのスタッフに「顔写真掲載して良いかい?」と尋ねると、
『いえいえ!恥ずかしいですから、勘弁してください!!』と、手を振りながら大笑い。
今日始めて見せてくれた青年らしい、はじける笑顔でした。



 少し長々ブログになりましたが、ジャンカルドの最後のコンセプトで終わりましょう。
d0083265_17575293.jpg

理念 【ideology】

それぞれのクオリティを高める

ニュー・シネマ・パラダイスは一本の映画としてだけでなく
物語・映像・音楽とそれぞれのクオリティが高く評価されている

レストラン/バー ジャンカルドでも
ただそれぞれの要素を結合するだけでなく
料理・お酒・インテリア・すべてにおいて
妥協をゆるさないことで
一つの店としてのクオリティを高めている



d0083265_2038396.jpg ジャンカルド Giancaldo
尼崎市南武庫之荘1-19-26サ-クルF4階  
TEL/FAX 06-6435-0880
ランチタイム 11:30~15:00
(ラストオーダー 14:30)
ディナー 18:00~23:00 
FOOD LO 22:30
日曜のディナーは22:00まで(ラストオーダー 22:00) 不定休 月曜日BAR営業のみ



グルメ ブログランキング



ジャンカルド

by mahalotakashi | 2008-02-12 00:15 | mahalo@食卓

大人のリストランテ・bar・ジャンカルド (1) 2008年2月11日

   Ristorante/bar Giancaldo   ジャンカルド

d0083265_16143147.jpg イタリアンの密集地、
阪急武庫之荘駅周辺探訪も今回で4店目。
ランチを頂きましたが、お店のコンセプトをお聞きすると、やはりディナーが主体のようです。某一流ホテル出身のシェフとバーテンダーの方がお2人で始められたお店で、落ち着いた大人の時間を提供してもらえる、
 ゆったりとした雰囲気の
リストランテです。


d0083265_16443689.jpg さて今回訪問した「ジャンカルド」さんは、ホールスタッフ(男性2名)の対応が大変快くて、食後も色々話し込んでしまいました。
 お店の方向性など、スタッフ全員がシッカリしたポリシーを持たれており、感心させらます。
1回の掲載では総てを紹介できませんので、2~3回に別けてUPする予定です。
  できるだけ簡素にね・・(^^;)


     Piatto Unico (ピアット・ウニコ)
d0083265_17334131.jpg
d0083265_17371834.jpg
 ランチメニューは、A・B・C・Dの4種類。
写真は、Aランチのピアット・ウニコランチ。ワンプレートランチのことです。
お値段はなんともリーズナブルな、1,000円ポッキリ!
d0083265_17501875.jpg
 ワンプレートランチといっても、給食のように同じ種類ではなく、ピザ・パスタ・肉料理・魚料理から、好きなものが選べます。
 今回は、お肉料理「乳のみ仔牛のフィレ肉のグリル・本山葵のソース」を選びました。

 有機野菜サラダ・オリーブのピクルス・玉子とごぼうのキッシュ・ビーンズ・ブロッコリー・
人参スープが添えられています。サラダの上に乗っているのは、イタリア・トリノ地方で有名なグリッシーニ。(細長くて硬いパンです)


d0083265_18233970.jpg
 店内はゆったりした造りで、BARを備えたメインダイニングと、5テーブルほどの部屋に別けられています。
アンティークなインテリアは、若い人には少し重厚すぎると感じられるかも知れませんが、
逆に料理に深みを感じさせてくれる演出と思えば、意外に馴染めます。


d0083265_20123330.jpg
 牛タンとルッコラのトマトソース・スパゲティーニ

 ジャンカルドの本日のパスタです。LUNCH MENU-Bのプリモ・ピアットに出されました。
もちろん、Aランチでチョイスすることもできます。
このパスタは、お気に入りメニューのひとつになりました、こくのある味つけで牛タンの
舌ざわりも中々結構なものでした。


d0083265_20382628.gif MenuBの紹介と、このお店ジャンカルド
についての詳しい内容は、明日UPします。

d0083265_2041145.gif 





こんなにリーズナブルな料金で大丈夫???
心配するほど、素晴らしい素材と味付け、
それには、お店のこだわりがありました。


 午前11時30分にお店に入り、ゆったりとランチをいただきながら、ホールスタッフと楽しく美味しい会話。
食事が終わってお店を出たら、時計は午後1時を回っていました、なんだかイタリア人になったような気持ちでした。



ファイブ ブログランキング


グルメ ブログランキング
 ←皆さんのおかげで、ランクアップしています♪クリックよろしくね。

by mahalotakashi | 2008-02-11 00:01 | mahalo@食卓

いちご大福なら食べられそう~       2008年2月10日


d0083265_19211370.jpg
   珍しく大雪が降った阪神地区、近所の女の子が雪道を嬉しそうに歩いています。
  彼女の後姿に、いちご大福を連想しちゃいました、スイーツ修行中のイボイノシシ、
  最近なにを見てもスイーツに結び付けてしまうという、変な癖がつきました。

d0083265_1946321.jpg
    通勤で使っている阪急西宮北口駅にある、香楽味庵という和菓子屋さん。
   女性客専用みたいな感じでしたが、勇気を持ってショップの前に立ちました。

d0083265_19533927.jpg 恥ずかしさで、顔がいちごみたいになりましたが・・(^^;)
「い、いちご大福ください・・・」というと
『白あんと、つぶあんがありますが・・』
「じゃあ、白と黒2個ずつください」と注文。

「女房へのお土産でね」と、別にどうでもよい言い訳をしながら、4個入り1,040円の大福を購入しました。

d0083265_2031532.jpg 前もってメールで、
・・いちごだいふく・・買って帰ります・・
と送信していたので、七面鳥夫人が満面の笑みで迎えてくれました。テーブルの上には輪島塗りの漆器が用意されていました。

 実は、なにを隠そう
イボイノシシは、
いちご大福を食べるのが
初体験なんです・・・
 コワア~イ・・・・


d0083265_20245592.jpg
 こちらが白あん。
d0083265_20273662.jpg
 これはつぶあんですね。

 ううむ・・むむむにゅ♪意外に美味しいじゃん
d0083265_20313729.jpg


 「喰わず嫌い」というのは、人生にとって大いなるマイナス要因である。
 
 今夜イボイノシシが体験して、作った教訓であります。(家訓にしよう)



ファイブ ブログランキング

   ↑お気にいられた方、クリックしてね♪

by mahalotakashi | 2008-02-10 01:01 | mahalo@食卓

DDNK定時報告(Vol.12)                2008年2月10日

電柱と電線を無くそう会(D.D.N.K)関西支部

d0083265_23465173.jpg (内 憂 外 患)

 いきなりグロテスクな画像をUPして
ゴメンナサイ。
もっと不気味な写真もあるのですが、
「なんとかなるさブログ」では、これが限度。

 でこの写真と、DDNKにどんな関係がと
お思いでしょうが、大いに関係あるのです。

 人間にしろ動物にしろ、生物は進化の過程で様々な改良をおこないながら、環境に適したシステム機能を生み出してきました。いわゆる進化論です。

 頭の先から足の先まで合理的に形成されています。骨格が脳や内臓を保護し、血管や神経が生命を維持しています。筋肉や脂肪、それらを表皮が被い、完璧な状態で生命体は完成されているのです。


d0083265_2352252.jpg その外観も様々な理由で発達し形作られたもので、すべてに理由が存在します。
我々人間はその外観を見て、可愛さや美しさ、力強さや尊厳を感じるわけです。

 もし、そのシステムや外観が異常に変化したものを見た場合、違和感を感じたりあるいは嫌悪感、恐怖まで覚えてしまいます。





 ここからが本題。例えば、日本列島を人間の身体に例えてみれば、電線は血管
電話ケーブルは神経と考えられます。
d0083265_2352080.jpg
 日本の血管や神経は殆んどが皮膚の外に張り巡らせている状態、であると言えます。

子供の頃、理科室に置いてあった「人体標本」とか「解剖模型」を見たことがあるでしょう。
人間の体内の仕組みを分かりやすく勉強するため、表面の皮膚を剥いだ不気味な人形。

 あまり気持ちのいいものじゃないですよね。

日本へ来た外国人の目には、ひょっとしたら、そんな感じに映っているかもしれません。

血管(電線)や神経(電信線)は、本来皮膚(地面)の下にあるのが正常でしょう・・・・

それに血管が皮膚の表面にあったら、危険きわまりないでしょうよ。


 一刻も早く体質改善をしてください!

by mahalotakashi | 2008-02-10 00:59 | mahalo@雑記

雪見で牛丼!                  2008年2月9日

 お昼前から雪が激しく降り出しました。
d0083265_1723335.jpg
 大阪市内でこんなに激しく雪が降るのは珍しい現象です。

 今日は土曜出勤の日。私服OKの日なので、フード付きのコートにコールテンのパンツ、足元は軽めのスニーカー、階段対策用(笑)

d0083265_17101625.jpg お昼ごはんは、吉野家の牛丼にしました。
土曜日でいつも利用している「千日亭」の
お昼弁当はお休み。
実は、今日2月9日に引っ掛けて、2・9の日、肉の日で牛丼にでもするか・・・と考えていたわけです。

d0083265_17183812.jpg いつも昼ごはんを食べている応接室の窓も全面曇っていました、少し拭いて下を見たら雪は益々激しく降っています。

 雪を見ながら昼ごはんをいただくのは滅多にないことです。



 では、ゆるりと牛丼をいただきまする。
d0083265_17234037.jpg
 テイクアウトの並 380円、紅しょうがと一味付きです。
久しぶりです(^^) 輸入牛肉の問題が発生して以来だから、もうかなり長い間食べていませんでした。
d0083265_17295742.jpg
 おお~う~♪・・・久しぶりだなあ~ギュウドン君!元気にしてたかい・・

 いただきまあ~す!!

 当たり前ですが、味は全然変わっていませんでした、吉野家の味でした(^^)

                                       (2008年2月9日午後3時頃)
d0083265_17433811.jpg
 午後になっても雪は降り止みません、予定を早めて帰路につきました。
阪急梅田駅から、神戸や京都、宝塚に延びるレールも雪で真っ白、ポイントのところで炎が燃やされてるのを始めて見ました。保線作業員の方も緊急出動。ご苦労様です。
d0083265_17485727.jpg
 神戸(新開地)行きの特急電車の中で、フッと思いました。

「牛丼の牛肉とタレを、生パスタかニョッキにかけて食べたらどんなだろう・・・」

by mahalotakashi | 2008-02-09 17:38 | mahalo@食卓

トイレ難民のお話(Ⅲ)             2008年2月9日

d0083265_21171576.jpg
 オフイスのある6階のトイレが、修復作業のために閉鎖されて今日で3週間。
今やビルの階段室はトイレを求めて歩き回る人々で、日曜日の表参道状態・・・

 誰がこの白いオフイスビルの中で広がりつつある惨状を知っているというのでしょうか、
そして、イボイノシシが最も恐れていたトラブルがついに起きてしまいました。
犠牲者が出たのです!
その犠牲者第一号は、あろうことか、この私、イボイノシシでした。
d0083265_21355261.jpg
d0083265_2246284.jpg
         『ワイルドボア・イボイノシシ軍曹、しっかりしろ!』
        「イ・イ・痛いよう~!!おかあちゃ~あ~ん!!!」

d0083265_14204935.jpg

d0083265_2042551.jpg 悪条件の積み重ね・・

イボイノシシのぼやき、聞いてくれます?
お時間は取らせませんから・・・

 今回の左ひざ急性関節痛は、起きるべくして起きた症状で、情けないけど「歳」を感じました。

 通常でも毎日の通勤に驚くほど階段の上り下りをしています。

 阪急西宮北口駅、3階にある改札口まで登り1階のプラットホームへ下ります。梅田駅はホームが3階、そこから地下鉄谷町線へ乗り換え、これが地下3階、次に堺筋線が・・・・
 止めましょう、きりが無いから・・

 とにかく毎日8階建て相当の駅ホーム間を階段で上り下り、それを日に2回続けているわけで、かなりの運動量です。これはこれで、イボイノシシの健康維持の基本になっている運動なので苦にはなりません、転勤以来15年近く続けていますから・・・

 ところが今回のトイレ騒ぎで、1日の運動量が大幅に増えました。

d0083265_21115752.jpg 1日に数回、下の5階フロアーまで、階段を上り下りしてトイレに出かけるのです。

 そしてここからが問題なのですが、ここ半月ほど冷え込みが厳しくなってますよね、東京で雪が降ったり、朝夕震え上がります。そのため今まで着ていたコートから厚手のオーバーにしました、これが結構重たい。
 今まで赤ん坊を背負っていたのが、小学生に代わったくらいに重い、それでも防寒のためにはやむを得ません。
 そしてもうひとつ、去年だったか心斎橋の大丸デパートで買ってもらった通勤用の軽量革靴がくたびれてしまったので、底の硬い、しかも重たい、リーガルのウイングチップで通勤し始めました。
 釘でも打ち込めるくらい硬い靴底のリーガルは、歩くとカッツ!コッツ!と音がします、ブログネタにしようと、毎日リーガルで階段に響く靴音を楽しんでいたわけ
お馬鹿オヤジですよね

d0083265_22563297.jpg 小学生を背負って、下駄を履いて、雪の降る中、鎮守様の石段を毎日2~3往復したら、誰でも膝を壊すか、腰を痛めるかは、わかりますよね。
 そしてイボイノシシはトイレ戦争の、初犠牲者になってしまったわけです。
 現在は柔らか底のシューズで、ビル側の警告を無視して、貨物用エレベーターを使って用足しに出かけています。背に腹は代えられませんもの。

衝撃の事実が又ひとつ、明らかになった!!
d0083265_231661.jpg
  本日突然5階の男子トイレの入り口に張られた、冷酷なお知らせに愕然としました。   

   どこへオシッコしに行けばいいの?・・・カンベンしてつかあさいよ (><”)

by mahalotakashi | 2008-02-09 00:01 | mahalo@仕事

ドルチェモスカート武庫之荘店・始末記      2008年2月8日

西宮市にお住まいの主婦Sさんから、「なんとかなるさブログ」に抗議がありました。

大変にお怒りの様子です。お話を伺ってみましょう。    (全部フィクションです)028.gif
d0083265_2221156.jpgd0083265_22213347.jpgd0083265_2222063.jpg








「こんにちは、七面鳥・・あっ!いや、Sさん、なにか言いたいことがあるとか・・・」
『大ありよ!昨日のブログ、なによアレ!偏見の塊(かたまり)ブログじゃない!』

「ドルチェモスカートのことですか・・・?」
『そうよ!チェーン店でどうのこうのとか、それにあのパスタの扱いは許せないわ!』
d0083265_2239051.jpg
 「はあ~・・・・・・別にけなしたわけじゃないのですがねえ~・・・」
『明らかに見下ろした感じよ!自分は特別・・・みたいな冷めたレポート・・・』
『それに甘いものばかり食べる、アホな女でわるかったわね!!』


『お店のインテリアだって、適当に表現してるけど、其々の店舗で工夫してお客様がホッとするように、気遣いしてるのよ、武庫之荘店だって結構シックで落ち着いた雰囲気。嘘記事を掲載したらダメよ!見ている方に失礼だわ、それにお店にも。』
d0083265_2240213.jpg
 「まあ~奥さん、そう興奮されずに・・落ち着いてください。
ブログというのはね、個人の日記みたいなものだから、自分が感じたことや興味があったものを皆さんにも一緒に考えたり、楽しんでもらう、そのように考えて(なんとかなるさブログ)を運営しているのだから、ある程度好みの差はでてきますよ。別に誹謗中傷をしているわけじゃありません」


『解ったような解らないような・・・いつもこれね・・・とにかくパスタも美味しかったから、再度UPしてください!以上です!!』
d0083265_22413095.jpg
 「難儀なオバハン・・いや、奥様ですなあ~・・よほどお気に入られたんでしょうなあ~
ドルチェモスカートのスパゲッチ(こういうのがバカにしてると、とられるのでしょうね)^^;) わかりました!では、フイルムを巻きもどして「美味しいパスタ」を改めてご紹介いたしやしょう」


 茸のクリームパスタ
d0083265_2242999.jpg


 ボンゴレ(あさり)ビアンコ・パスタ
d0083265_22424335.jpg

d0083265_2244319.jpg
 今の会話、全部作り話です、ゴメンナサイ m(__)m (写真は本物)
でもね、ブログを続けているとついつい偏ってしまうのも事実なんですよね。
もちろん自由気ままにやってれば良いし、そんなに人の目を気にすることもないのだけれど、ふと気が付くと、間接的にあるいは結果的に、誰かを傷つけてしまうということも「無きにしも非ず」なんですよね、だからたまにこういう感じで、自分のブログを客観的に見つめなおすことも必要じゃないかなと思うのです。

d0083265_22535769.jpg

 それでは最後に、チョッピリご迷惑をおかけしたドルチェモスカートさんに、お詫びの意味を込めて、6店舗のご紹介をしておきます。

d0083265_23273914.gif
                    Dolce Moscato

d0083265_2328854.gifd0083265_23291213.gifd0083265_23312054.gif





d0083265_23315026.gifd0083265_23321714.gifd0083265_23324560.gif









グルメ ブログランキング

     ↑クリックおねがいね♪

by mahalotakashi | 2008-02-08 00:01 | mahalo@食卓

ドルチェモスカート武庫之荘店       2008年2月7日

  ドルチェモスカートの焼きたてバケッ塔

d0083265_19434562.jpg日曜午後、イタリアン激戦地の武庫之荘を再び訪れました。去年秋に開店したイタリアのごはん・CUOREというお店が評判という情報を聞いて、ランチでも・・と出かけたのですが、 
午後1時過ぎにもかかわらず、お店は超満員。予約なしではとても無理、これはこれで関心がわいてきました。とりあえず改めて探訪することにして、お店を後にしました。


 今夜の食事は、節分ディナー太巻き寿司と焼きイワシに決定されているので、マイ胃袋と喉と舌はイタリアンを取り入れることを強く要求しています。
「ともかく・・どこかイタリア料理のお店に入ろう」車を武庫之荘駅方面に向けて走り出したら、七面鳥夫人が『ドルチェ・モスカートはどう?』と切り出しました。
d0083265_19445123.jpg
「ドルチェモスカート」というのは、ナポリの薪窯ピッツァとイタリア料理を出すチェーン店。
チェーン店といっても、サイゼリヤとかジョリーパスタのように全国展開してるのではなく、
西宮・宝塚・箕面・茨木・大阪心斎橋と、ここ武庫之荘の6店舗に限定された,前記2店に比べると少しレベルが上のお店と言われています。
d0083265_20112335.jpg
 お客様の大半は女性とカップルそれに家族連れで、インテリアも明るめのフアミリー的な造りになっています。自宅の近くの西宮北口店には何回か行ってますが、イボイノシシには少々苦手なタイプのお店です。(^^;)

d0083265_2013362.jpg
 七面鳥夫人のお目当ては、写真の「バケッ塔・Baguetto」
人の腕ほど、30cmくらいの焼きたてのフランスパンを、ビヤジョッキに立てて、ドン!と、
テーブルに置いてくれる、このお店の開店当時からの名物メニューです。
 ビヤジョッキの中で微かに傾くパンが、ピサの斜塔みたい・・・とお店の自慢(^^)
そのピサの斜塔・・いや、バケッ塔にさまざまな種類のバターソースをつけていただきます。

d0083265_2017622.jpgd0083265_201849.jpg






 バケツ・・じゃなかった、バケッ塔だけ単品で頼むのもなんだから、ピッツアをそれぞれオーダー、七面鳥夫人は茸のクリームソース、イボイノシシはボンゴレ・ビアンコ。
まずまず無難なお味でござりました(^^;)

d0083265_20184882.jpg
 バアバとジイジが昼間からフランスパンを立てて、キャアキャア喜ぶ姿は想像するだけで目眩がするので、フロアースタッフに頼んで食べやすい大きさにカットしてもらいました。
d0083265_20192632.jpg
 七面鳥夫人のオーダーしたソースは、練乳ミルクバター・・(カンベンしてよ~!(><;)
「まるで菓子パンじゃねえか!お昼にこんな甘いもの食べてたら、アホになるぞ!」
とは、言えませんでした。
涙目でミルクバターのついていないところをちぎって食べました。
ホントは、ガーリックバターかオマール海老バターがいただきたかったのですが・・・

 デザートはため息の出る、パンナコッタ
d0083265_2020445.jpg
 フウ~・・・だめだわこれは・・さすがにイボイノシシもお断りもうしあげました。
 しかし七面鳥夫人の好みは・・・ワカラン??
まあ、いつもイボイノシシの好みに合わせてくれているのだから、たまにはいいか(^^)
d0083265_20212591.jpg
 ドルチェはお断りして、いつもの「アメリカーノ・アイスコーヒー」
 節分の夜、七面鳥夫人がハイテンションになったわけが、今ごろわかりました(-。^)


d0083265_20392660.jpg
        人にはそれぞれ好みがあり、同じものを食べても美味しく感じる人と
        そうでない人がいます。それで良いのだと思います。変に偏った考え
        方を持ったり人の目を気にしながら食事を選ぶなんて寂しい人生、
        自分が今一番食べたいものを食べたい時に食べる・・・それが人生を
        楽しむひとつのキーワードじゃありませんか?。


        店名   ドルチェモスカート武庫之荘店
        住所   兵庫県尼崎市南武庫之荘1丁目17-26
        電話   06-6431-8884
        雰囲気  デート向き、ファミリー向き、少人数向き



グルメ ブログランキング

     ↑クリックおねがいね♪   

ドルチェモスカート 武庫之荘店 (Dolce Mocscato)

by mahalotakashi | 2008-02-07 00:02 | mahalo@食卓

カレー専門店・くらしき             2008年2月6日

   カレー愛好家のメッカを訪問しました。
 
 阪神間の・・いや、全国のカレーフアンで知らない人は少ないと言われるカレー専門店が、神戸の御影にあります。
 カレー元年を宣言したイボイノシシとしては、知らない顔はできません。
 七面鳥夫人を伴って、その「カレー専門店くらしき」さんに出かけました。
d0083265_16381967.jpg
 以前このブログで紹介した「オムライスの御影公会堂食堂」から、石屋川沿いに南へ下がり阪神電車石屋川駅のガードを抜けて東へ行った住宅街の中にくらしきさんはあります。

d0083265_16385422.jpg
 なんの変哲も無い普通の住宅街、黄色と黒の看板がなければ、ここがカレー屋さんと気付く人はいないでしょう。

d0083265_16562587.jpg
 先々週の日曜日にお店を訪ねましたが、時間が早過ぎて(開店12:00)まだ仕込み中でした。
場所と時間が確認できたので、2日土曜日の夜、再度伺いました。

 意外なほど小さくて可愛らしいお店でした。
 先客が4人いらっしゃいましたが、カウンター席はほぼ一杯。
『片付けますから、少しお待ちくださいね』 お店のオーナーは私たちと同年輩の女性、とても明るい暖かい感じの方です。
d0083265_16431793.jpg
 いつものとおりに「ブログに掲載したいので、写真いいですか?」と尋ねると、
『まあ~!ブロガーさんね、今まで何十人ものブロガーの方がお見えになったけど、自分から名乗って写真を撮らせてと言われたのは、貴方が始めてよ♪どうぞどうぞ!遠慮せずに撮影してくださいね。今までは撮られぱなっしでどんな内容で掲載されてるのか、なんとなく気になってたの・・・』

 初対面だったけど、親しみを込めて「オカアサン」と呼ばせてもらいました。
「なんとかなるさブログ」の趣旨と、イボイノシシの心を誤解の無いように説明しました。
で、そのオカアサンとお店に来ていらっしゃった方を交えて、しばしブログ談義に花が咲きました。黙って写真を撮って、なにも言わずに帰る人も結構いるらしく、その辺のマナーについて、ブロガーの代表として、やんわり厳しく突かれました。(^^;)

 牛すじ肉入り・みいちゃんカレー
 柔らかく煮込まれた牛すじ肉がたくさん入って、ボリューム満点。
d0083265_16441232.jpg
d0083265_1781032.jpg
 ワイワイガヤガヤ言ってる間に、イボイノシシがオーダーした「みいちゃんカレー」の登場。最初に辛さの倍率を聞かれます。このお店はなんと!1,000倍まで辛くできるのです。
前の写真の、赤と黄色のボードに激辛カレー・チャレンジャー・ベストのお名前が掲載されています。現在は「辛さ505倍」がトップ、イボイノシシなら即死だね(^^;)
イボイノシシたちはつつましく、辛さをお願いしました、ここでは甘口というそうです(笑)

d0083265_16452087.jpgd0083265_1646340.jpg









 とにかくおかあさんがとても楽しい雰囲気をつくってくれて、カレー以外にも癒しをご馳走になった気がします。お客さんが感想などを書き込む「くらしき・らくがき帳」と題されたノートも70冊以上と、このお店の人気を物語っています。

 やわらか牛肉のビーフカレー
d0083265_16471083.jpg
 七面鳥夫人は、オーソドックスな「ビーフカレー」このお店の基本の味です。
牛肉と野菜をベースに16種類のスパイスを使用、それに鰹出汁・味醂・山口県の甘露醤油・灘の清酒白鹿を加えるという、大変コクのあるカレーソースになっています。
 一般では絶対真似が出来ない味でしょう。

d0083265_16481088.jpg
 4人の先客が帰られた後も、オカアサンのカレーに対する愛着やこだわりを聞かせてもらえました。ここまで人気のお店を経営されているにもかかわらず、いまだに他のカレー店へ味の研究に出かけていると仰るから大したものです。

 最後に、イボイノシシたちが西宮に暮らしていると聞いて、オカアサンが『阪神電車西宮駅の南口を出た処に、とても美味しくてこだわりのあるお店があるよ』と教えてくれました。近いうちに訪ねてみるつもりです。

d0083265_16485223.jpg
 お店の外へ出るとすっかり夜が更けていました。イボイノシシたちと入れ替わりに若いカップルがニコニコしながら入店していきます。
 店の中からオカアサンの明るい声が響きます。
       
          『イラッシャア~イ!!』


  【くらしきのカレーメニュー】

 カレー   ビーフカレー      やわらかい牛肉煮込み
  〃    Sビーフカレー      牛肉の多いカレー
  〃    コロッケカレー      カレー味のポテトコロッケ
  〃    みいちゃんカレー    牛すじ肉煮込み
  〃    とんかつカレー     ロース肉使用
  〃    えびフライカレー    大えび2尾
  〃    五色野菜カレー     かぼちゃ・しめじ・きくらげ・ブロッコリ・なす
  〃    にんにく畑カレー    五色野菜+素揚げにんにく粒入り
  〃    しらゆきひめカレー   みりん粕と生クリーム
  〃    ほろよいセット      カレーライス+灘の酒1合+甲南漬
  〃    ミニカレー        
                     その他組み合わせ、色々カレー


 カレー専門店 くらしき
 神戸市東灘区御影石町2-19-2   TEL:078-811-6948
 昼12:00~14:00   晩17:30~20:00  定休日 月・火曜日
 席数 8席   駐車場 1台      予約・カード・クーポンは不可



グルメ ブログランキング
←挑戦してます、クリックしてね♪


くらしき

by mahalotakashi | 2008-02-06 14:10 | mahalo@食卓