人気ブログランキング |

<   2007年 08月 ( 36 )   > この月の画像一覧

紺碧を衝く!                  2007年8月14日

八月の青空は、なぜか切ない。
散っていった人があまりにも多すぎるから。

d0083265_22181648.jpg
 私の自宅の玄関から北東に真っ直ぐ行くと、大阪空港(伊丹空港)がある。風向きが違う日は別として、通常伊丹から離陸した飛行機は池田・豊中の上空を急上昇して宝塚市の上空で左に大きく旋回して、南を目指す。丁度我が家(西宮市)の上空あたりで安定硬度を確保する。大阪湾上空でそれぞれ国内各地の空港に向って進路を変えて行く。
d0083265_22592992.jpgd0083265_2313647.jpg






d0083265_2323315.jpgd0083265_2333275.jpg






d0083265_2351373.jpgd0083265_2354540.jpg






d0083265_2381489.jpgd0083265_2385217.jpg






d0083265_23162960.jpg
d0083265_23171439.jpg
d0083265_2329124.jpg
d0083265_23301363.jpg
d0083265_23305135.jpg

 空の安全を心より祈ります。

by mahalotakashi | 2007-08-14 00:09 | mahalo@西宮

イボイノシシの気まぐれシェフ       2007年8月12日

気軽にイタリアン♪♪カルパッチョ造り~ましょ。

d0083265_20283448.gif イマジン・・・イヤ!ひまじんのイボイノシシ、日曜日の午後、余りの暑さに西宮の巣穴に閉じこもり。『お買い物行きましょ!』の、七面鳥夫人の誘いにも首を横に振るのがやっと・・・とにかく暑い!!

 で、なんでイタリア共和国の国旗かというと、夏バテ防止に久しぶりにイタリア料理でも造ってみようかと思ったわけ、全然意味通じんけどね・・・(^^;)

こう見えてイボイノシシ料理の腕には自信あり!
 寒い時期は鍋物、おでん、煮込み料理やカレー料理。それに「たこ焼き」「お好み焼き」「焼そば・焼きうどん」珍しいところでは「ポトフ」や「パエリヤ」・・「ボルシチ」「ケイジャン料理」「串かつ」「鶏肉ソップ」に「ちゃんこ鍋」も造る。ただし気が向けばの話。

 なかでも得意な料理はやっぱり、イタリアン!ローマやミラノ、ナポリやシチリア・・・別に修行に行ったわけではないが、大抵こなせる。
50年近くイタリアンレストランに通ってれば、イヤでも覚えるでしょ(^^)
「好きこそものの上手なれ」「門前の小僧、習わぬ経を読む」だ。少々のイタリア料理は自分でできる。パスタ(スパゲッティ)料理は、ハッキリ言って自信がある。今の会社を首になっても「パスタ・イボイノシシ」で食っていくぐらいの力量はある。(と、思ってマス)

d0083265_218431.jpg 鯛とマグロのカルパッチョ

 能書きはこれくらいにして、今日は簡単料理の「カルパッチョ」をあなたに伝授します(^^;)とても簡単な材料で、イタリアンの味覚が充分堪能できます。一緒に造ってみましょう。

【材 料】・4人前
   鯛の短冊切り(刺身用)        200g
   マグロ赤身(同)・・           200g
   韮(ニラ)・・・・・・・・           1束
   パセリ・・・・・・・・・・           少々
   オリーブオイル・・・           大さじ1杯
   薄口醤油・・・・・・・・          大さじ1杯
   米酢・・・・・・・・・・・・          大さじ1杯
   塩・胡椒・・・・・・・・・          少々

   トマト(大)・・・・・・・・          1個
 材料はこれだけ、簡単でしょう。調理時間、約8分。


d0083265_21381112.jpg調味料がキーポイント
 鯛とマグロの赤身はスーパーで売っている切り身で充分。トマトは良く熟したものを選ぶこと。ニラ、パセリもできるだけ新鮮なもの。
エキストラ・バージンオイル、米酢、薄口醤油の3調味料は、味付けの重要なポイントなので、代用は出来るだけ避けていただきたい。例えば薄口醤油を濃い口に、とか、米酢を普通のお酢で代用すると、この料理の持ち味が台無しになります。


 下ごしらえは丁寧に・・・
d0083265_22131335.jpgd0083265_22135498.jpg










d0083265_2214564.jpg ニラはザク切り、薬味的な感じですから適当な寸法(?)で・・パセリ、これも出来るだけ細かくみじん切りに、(これが結構疲れる)それが終われば調味料の混ぜ合わせ。1対1対1でよく混ぜ合わせる。とろみが出てくるまで根気良くまぜて下さい。

完熟トマトは二つに切って、へたを取り除き薄切にりします。鯛の切り身と一緒に食べるので極力薄くカットしてください。

d0083265_2235047.jpg カルパッチョ・・名前の由来。
 ここで一息、カルパッチョとはルネサンス期のイタリアの画家、「ヴィットーレ・カルパッチョ」から採られた名前だそうです。カルパッチョ自体の料理の歴史は浅く、まだ50年くらいのいわば新米料理であるが、生魚の好きな日本人に大好評の料理です。

 一段落したら、ドレッシングの中にニラを漬け込む(鯛用は同じ要領で造っておく)そしてお皿に塩を振りまいておくこと。
d0083265_2246835.jpgd0083265_22581654.jpg











 調理は簡単、ルンルン♪で終わる。
d0083265_2391815.jpg*鯛







 鯛は薄切り、さしみより薄く削ぎ切る、(握り寿司のネタほどのイメージ)
特に大きさを揃えることも不必要、適当で結構。

d0083265_2395587.jpg*マグロ
 マグロ(赤身)は、筋の部分を避けながらスプーンでこそぎ取る。
スーパーで売ってる「中落ち」とか、マグロ丼用でも代用できます。


さあ~!盛り付けましょう!!
d0083265_23334689.jpgd0083265_23343815.jpg








d0083265_2335586.jpg(なるべく平らに)
山のように盛り上げず、お皿に張り付ける感じで切り身を並べてください。
鯛は並べ終わったらトマトの薄切りを上にまんべんなく盛り付け、ドレッシングをかけておきます。薄切りトマトの半分は横に添えておくといいでしょう。最後にパセリのみじん切りを振りかけて完成。


 鯛のカルパッチョ
d0083265_23382355.jpg


 地中海の宝石風マグロのカルパッチョ
d0083265_2339656.jpg


 Buon Appetito! ヴォナペティート!
<さあ!どうぞ、沢山召し上がれ♪♪ (^^) >
d0083265_23394782.jpg
 ワインにもピッタリ、醤油の量を少し増やせば「ご飯」のおかずにもなりますよ。
お客様やパーティーに出す時は、お皿に「サラダ菜」や「クレソン」など緑の野菜を敷き詰めます。マグロの方は「モッツァレラチーズ」等をトッピングすれば、見た目がいっそう引き立ちます。味で勝負なら、イボイノシシ的には「鯛」がお薦め。
 夏バテ予防とスタミナをつけるなら「マグロ」かな。(^^;)


d0083265_10162010.jpg みなさんも一度挑戦してみてください、簡単ですよ。
それと、七面鳥夫人の感想は『ニラ・パセリ・米酢・マグロ・・・どれをとっても、ビタミンや栄養素が多いから、評価できるわね』でした。

 しかし、食後のお片づけと洗い物しなかったイボイノシシに、フォークとナイフが飛んできたことも、お知らせしておきます。(><;)

by mahalotakashi | 2007-08-13 10:20 | mahalo@食卓

おひまぶろぐ・西梅田            2007年8月11日

??西梅田の不思議ゾーン??
d0083265_20115186.jpgd0083265_20123634.jpg







 お盆休みの前の土曜日、西宮北口駅のホームはガラガラ、いつも通勤客で大混雑、アルバイトまで出して乗客の整理をする、同じ駅の光景とはとても見えない。梅田行きの特急電車も乗客はまばら、いつもなら鼻の頭もかけないくらいの、すし詰め電車であるのだが。

d0083265_20165765.jpg梅田、御堂筋の出発点も車は閑散。
 毎日毎朝、FI-GPのスタートポジションのように車がひしめいている梅田駅前ロータリーも、ウソのように静かだ。
余り早くに会社へ着いても仕様がないから、今朝は地下鉄西梅田駅から乗ることにする。JR大阪駅の方へ回り、大丸の付近から地下にもぐる。

ここに果物屋あったかなあ~?、アッ!危ない!
d0083265_2054681.jpg
 誰かがマンホールに逆さまに転落しているのに、みんな知らん顔をして通り過ぎる。
近づいて良く見ると精密に描かれた「壁画」だった。以前はこのJR大阪駅から地下鉄西大阪駅に向う通路、タイル張りの何の変哲もない、と言うより薄暗い地下道であったが、誰のアイデアか知らないが、両サイドの壁にユーモァータップリの壁画が書き込まれている。
d0083265_2115595.jpgd0083265_21165714.jpg








 壁面アートギャラリー
 モデルは殆ど白人(欧米か!)だが、いずれも等身大に描かれ、なんとなく通行人に溶け込んで見えるから不思議だ。中にはしっかり広告宣伝しているのもあって、チグハグさにクスッ!と笑わせてくれる。ともかく沢山あるので全部の紹介は無理だが、一部壁面ギャラリーの作品を並べてみよう、笑えるかどうかは見る人の感性次第。

d0083265_2154826.jpg

d0083265_2155065.jpg

d0083265_21555474.jpg

d0083265_21565083.jpg

d0083265_21592489.jpg

d0083265_2202990.jpg

d0083265_2223183.jpg

d0083265_2241577.jpg

d0083265_2239419.jpg

d0083265_225188.jpg
 壁画の中で唯一「日本人」と思しき男性。

 もっと見たい人は、西梅田までどうぞ。(^^)

by mahalotakashi | 2007-08-12 06:00 | mahalo@雑記

ひまじんのぼやきぶろぐ           2007年8月11日

   我が辞書にお盆休みという言葉は無い!

 特に制定されているわけではないが、毎年8月の13~15日は世間一般では、いわゆる
「お盆休み」とやらで、大多数の企業や商店が夏期休暇に突入する。
d0083265_21453677.jpg

 長いところでは、11日から19日まで完全休業(休暇)もあるようだ。
この期間世界の果てまで日本人で溢れ返る。およそジャパニーズを見かけない国なんてありえない。あの「北の将軍さまの国」へさえ、赤ちゃんプレイの大好きな政治家が、訪問をするとかしないとか・・

d0083265_21481964.jpg

 国内では例に寄って「民族大移動」各地の高速道路に大渋滞の帯が伸びる。
まさに平成の長征、バターン半島死の行軍にも匹敵する光景が展開するのであろう。
まだ誰も実施していないが、渋滞の車列は宇宙からも確認されるのではないだろうか、中国の「万里の長城」のように。

 なんとなく覚めたような嫌味な捉え方をするが、これは我輩のぼやき
職業柄(輸送業=海・フェリー、陸・トレーラー、空・航空貨物)お盆も正月も関係なく業務が進む。新幹線や飛行機、バス、電車・・・輸送に関係する企業は、この時期が繁忙期、ホテルや旅館その他観光業も同じだ。
d0083265_21501315.jpg

 無人島か山奥で暮らしていれば別だが、休暇を取って移動するには手段が必要。
「遊ぶあなたを、運ぶ私」人々の楽しみの裏には大勢の人々の努力が存在する。
新聞原紙やトイレットペーパー、鋼材・石材・建材、イベントの設備資材まで、この時期運送屋も結構多忙、おまけに幹線道路はマヒ状態・・やめとこう・・愚痴を言っても始まらない。
d0083265_215149.jpg


というわけで、11日も13日14日15日・・・・も、
通常どおりの出勤でござりまする。


 まあ通勤電車もガラ空きだし、緊急事態以外はほとんど電話も鳴らないし、気楽と言えば気楽だ。それに、我輩の勤める会社、「鬼」でも「蛇」でもない。
8月中もしくは9月中旬までに、好きな時にお盆休みの振り替え休日がとれるようになっている。社員同士調整をして休暇を取るわけで、その点有り難い。
d0083265_21514235.jpg

 部下の中丸君は9月の1日~10日まで彼女と「バリ島」へ出かける、優雅なものだ。
『結婚しようと思ってます・・』だって、「お前は、ダルビッシュか!」
我輩は、8月18~21日まで、こじんまりと休む予定だ。(予定は未定^^;)


『それがどうかしたの・・・』てか、だから・・

 その間、暇な都会(大阪)とか、人気のない面白エリアとかを、腕によりをかけてパパラッチしまくろう!ということで、ごんす。。。
d0083265_21525441.jpg

 題して、「おひまぶろぐ」の開始でおます!

d0083265_226213.jpg

by mahalotakashi | 2007-08-11 09:00 | mahalo@雑記

そうめんの里 (小旅行のおまけ)

『ちょっとお~!夢旅ブログはこれでラストって、
昨日言ってたんじゃない~よ~!!』


「夢旅は岡山県境を越えた瞬間に終了でおます!兵庫県に戻れば夢が覚めて現実生活のスタート!夢旅ムードもええけど、食欲には勝てまへんがな!おまけ、おまけ・・・おまけぶろぐ♪」



岡山小旅行の帰り道、白い入道雲を見てたら、急にそうめんが食べたくなりました。
d0083265_0314238.jpg

d0083265_032319.jpg 3台の乗用車の先頭を走るイボイノシシと七面鳥夫人、中国自動車道の山崎インターを降りて一路南下、兵庫県龍野市に向いました。40分ほど走って到着したところは、揖保の糸・そうめんの里
http://www.ibonoito.or.jp/soumennosato/


d0083265_0331173.jpg 大駐車場の一部に青と白のテントが張られ、流しそうめんが食べられるようになってます。
d0083265_0334620.jpg
 イボイノシシ家族は暑さを避けて、素麺資料館の中のお店へ向いました。とにかくうちの家族は麺好きばかり、誰からも反対意見は出ません(ひょっとしたら、反対かも・・^^;)面食い?家族がぞろぞろ館内に入ります。

d0083265_0342619.jpg ♪夕焼け小焼けの赤とんぼ
 負われて見たのはいつの日か~♪

童謡「赤とんぼ」で有名な龍野市。
「播磨の小京都」とも呼ばれ、揖保川沿いの風情のある街です。時々七面鳥夫人と息抜きに訪れます。龍野(たつの)市は
「醤油」「素麺」でも全国的に有名。
 館内の入り口付近に山のように積み上げられた銘柄品「揖保の糸」を見上げる下の孫娘、「ジイちゃんと、そうめん食べようか・・」と言うと、大きな声で「うん!食べる!」と、返事してくれました。

 麺のふるさと龍野
d0083265_0353167.jpg

 子供連れの8人家族ということで、少し待たされましたが、座敷席の一番奥にゆったりスペースを作ってくれました。これで心置きなく「そうめん」を堪能することができました。

d0083265_0362075.jpg
 誰が言うでもなしに頼んだのが「素麺巻き寿司」きゅうり・卵焼き・かまぼこ・を素麺と海苔で巻いてる、あっさり味の巻き寿司というところです。

                                   そうめんの里「庵」HPより
d0083265_11223339.jpgd0083265_1124675.jpg








 シーフード(写真左)や、中華とんこつ風(右)の変わり種メニューや温かいそうめんもありましたが、昨日のバーベキューの余韻が残るイボイノシシ一家は・・・

     全員一致、冷やしそうめんにしました。
d0083265_037989.jpg
      売れ筋ナンバーワンの冷やしそうめん定食
d0083265_0493233.jpg
 ザルに入った冷たいそうめんに、いかそうめん・味噌田楽・卵焼き・さわら・その他盛りだくさんの具とご飯がついてきます。七面鳥夫人のオーダーです。
 様々な「冷やしメニュー」がありますが、そうめん自体は全部同じ、竹ザルに氷とそうめん、甘辛く煮た椎茸が添えられて出されます。
d0083265_0381415.jpg


            娘が選んだ  梅そうめん
d0083265_0394618.jpg
    『ええ~!具はこれだけ・・・・』 梅そうめん、名前のとおり、具は梅干一個
    と卵焼き・ブロッコリー少し不満顔の娘に「ダイエット!」誰かの声がしました。

 男性達が迷わず選んだ「鯛めん」これは絶品!
d0083265_041997.jpg
 以前、春先に来た時は温かい「鯛めん」でしたが今日は冷やしでいただきます。瀬戸内産の真鯛のかぶと煮とごぼう、まさに豪快な具です。鯛の旨みとそうめんの喉越し、ごぼうのしゃきしゃき感。昔からある献立だそうですが、なるほどと、うなずけます。
d0083265_0415064.jpg



 【関東方面にお住まいの、訪問者の皆様】
 東京でも食べられますよ!
 イボイノシシ一家が美味しくいただいた、そうめん料理のお店。
 レストラン・揖保乃糸  は、東京にも3店ありますよ。ぜひどうぞ!

銀座店 東京都中央区銀座8-8-5 太陽ビルディング9F
             (地下鉄銀座線銀座駅)TEL:03-3289-0200

赤坂店 東京都港区赤坂3-1-6 ベルビー赤坂7F
             (地下鉄赤坂見附駅) TEL:03-3588-5076

品川店 東京都港区港南2-16-5 三菱重工ビル グランパサージュB1
             (JR品川駅)       TEL:03-6718-2833


*「神ちゃん洋ちゃん」の、KOMさんと一緒で、あんまり広告する気はないけど・・・
                                美味しいですよ♪


揖保乃糸 庵 (いぼのいと・いおり)

by mahalotakashi | 2007-08-10 05:05 | mahalo@食卓

夢旅・岡山・エピソード -Ⅳ

たかが一泊二日のミニ旅行で、よく引っ張るなあ
と、呆れ顔のあなた、夢旅ブログもこれがラスト辛抱して見てね(^^;)

          岡山2日目の朝は快晴でした。
d0083265_21433113.jpg
d0083265_21512139.jpg
 テニスコートの奥のコテージで、息子家族と七面鳥夫人はまだ夢の中。
少し二日酔い気味でしたが、イボイノシシはいつものように朝5時起床。洗顔をして歯を磨き、カメラ片手に森の散策に出かけました。薄く朝もやがかかってましたが良い天気です。
 ホテルのフロントへ立ち寄ってみましたが、誰もいません。


d0083265_2242292.jpg 
カブトムシ捕れた?
 駐車場の方で話し声が聞こえたので行って見ると、昨日大浴場でブログ写真の撮影に協力してくれた親子連れ。お父さんはライトを持ち息子さんが網を握り、カブトムシやクワガタを求めて木々の間を探索中でした。

     森の沼で、さかなを釣り上げました!
d0083265_22194293.jpg
d0083265_22275090.jpg
 ホテルで用意してもらった釣竿とエサを持って、ロシュフォールの敷地内にある沼池へ、
さかな釣りに出かけました。息子と娘婿はテニスコートで対戦中。
 写真左から、七面鳥夫人・娘と孫(長女)・・息子の嫁と孫(次女)です。静かな森の中、女性達の嬌声が響き渡ります。


d0083265_22482458.jpgd0083265_2249218.jpg













 ホテルで用意してくれた「だんごエサ」では水中に入れた途端にバラけて、とても使える代物じゃない、そこで「昔の腕白坊主」のイボイノシシが沼に流れ込む小川の泥の下からミミズを確保、『キャア~!イヤア~!』と逃げ回る女性方の釣り針に引っ掛けてやりました。


きゃあ~!!釣れたあ~♪嬉しい~♪
d0083265_23121580.jpg
d0083265_2316574.jpg
 ミミズ餌をつけて5分もしないうちに、鮒が2匹立て続けに釣れました。釣ったのは七面鳥夫人(よかったあ~・・)釣れた魚を針から外すのも、勿論イボイノシシの役目。
 ミミズと魚で生臭くなった手を、沼の冷たい水で洗いながら、「このまま時間が止まってくれればいいのに・・」と、ふと思ったイボイノシシでした。



d0083265_2330296.jpg さて、長々とお付き合い頂きまして、ありがとうございます。他人の旅行記録なんて面白くもなんともないものですが、アクセスやコメントを沢山いただきました。これから夏休みのバカンスに出かけられる方も多いと思います。このブログが少しでもヒントになってお役にたてばと、UPしてみました。


因みに、ホテルロシュフォールの費用は、バーベキューと朝食(バイキング)つきで、大人一人当たり、13,000円でした。(交通費=自家用車・高速代・昼食代は別途支払い)

by mahalotakashi | 2007-08-09 00:07 | mahalo@夢旅

夢旅・岡山・エピソード-Ⅲ

 森のホテル(コテージ)に泊まりました

d0083265_23595262.jpg湯原温泉の近く
山の奥深く、森の中に今宵の宿泊先があります。七面鳥夫人が去年亡くなった義母さんと、よく訪れた想い出の深いホテルです。
d0083265_0203878.jpg









d0083265_0212580.jpg










  森のホテル・ロシュフォール (岡山県真庭市)
d0083265_0245898.jpg
d0083265_0434075.jpg カナ・カナ・カナ・カナ・カナ・・・・・・
聞こえてくるのは、ひぐらしのなきごえだけ・・・それ以外になんの物音もしない静寂の中に、ひっそりとたたずむ、リゾートホテルでした。空気がヒンヤリしてまるで別世界に迷い込んだようです。 

d0083265_0442786.jpg 少し遅れて到着した娘夫婦がホテルの部屋に、長男家族とイボイノシシたちは森の中のコテージに泊りました。





d0083265_0565365.jpg白い花は何の花?
 コテージの横に植えられた白い花の咲く樹、なんて名前なんでしょう・・イボイノシシは花の種類や名前が全くわかりません。




d0083265_0573143.jpg
What is the name of a wahite flower
d0083265_20294911.jpg
 こちらはホテルの駐車場入り口の樹、やはり手のひらぐらいの大きさだけど、花の芯に鮮やかな紅色がついています。
上の写真の花とは多分同種・・親戚だと思うのですがねえ~(^^;)






d0083265_20375156.jpg

d0083265_20453977.jpg 赤やオレンジの鮮やかな色をした花はほとんど見かけませんが、清廉な白と薄いピンクとイエローの花があちらこちらに咲いていました。
d0083265_2114445.jpg







☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 森の中で露天風呂に浸かりました。
d0083265_21231170.jpg
 少しミニサイズですけど、本物の温泉です。湯原温泉郷が目と鼻の先ですから泉質は同じ。ひぐらしの鳴き声を聞きながら、思い切り手足を伸ばして浸かった露天風呂は最高♪でしたよ。

d0083265_21341097.jpgd0083265_21362498.jpg







 ホテルの大浴場は広々として明るいたたずまい、周囲を緑に囲まれて、それはそれは清々しい温泉でした。
今回の「浴場パパラッチ」は、意外とスムーズに進行しました。先客の2人の坊やを連れて入浴中のお父さんが、イボイノシシのカメラとビデオを見て「ブログかホームページでしょう、どうぞどうぞ♪」と浴室を空けてくれたのです。
 窓際の細長い浴槽に木の風呂桶がプカリと浮いているでしょう、坊や達の大暴れの証拠です。2人の坊やは洗い場と浴場を仕切る壁の向こうで「キャッキャッ!」と笑っています。


d0083265_22183454.jpg  息子 VS 息子
 温泉から出てくると、ロビーで長男と娘婿が卓球の真っ最中。2人とも大学時代に球技(アメフト・・テニス)をやってたから、動きは機敏。この2人、翌朝もホテルのテニスコートを貸し切って対決をしていました。



     ホテルの窓に明かりが灯り・・・・
d0083265_22264936.jpg


      コテージへの路に照明がついて・・・
d0083265_22314124.jpg
 楽しかった小旅行の第一日目が暮れました。


             *明日は、森で遊ぶ・・・を、UPしてみます。

by mahalotakashi | 2007-08-07 23:58 | mahalo@夢旅

夢旅・岡山・エピソード-Ⅱ

岡山・蒜山高原で心が緑色に染まりました。
d0083265_1164546.jpg
 上、中、下の三つのお山が連なる「蒜山三座」
 その南麓に雄大に広がるのが、蒜山(ひるぜん)高原です。緑の草原で草を食むジャージー牛、今日はかなり高原の奥のほうへ移動して、3本の樹の付近に集まって休憩中。
 ここは「ひるぜんジャージーランド」
 かわいいジャージー牛を観に訪れた観光客は少し当て外れ。牧場の手前で、ジャージー牛のようにひとかたまりになって、係員の人が連れてきた白馬を取り囲みます。

d0083265_1191890.jpg
d0083265_21384535.jpg
 ゆっくり・・・
 のんびり・・
 しずかに・・
 時が流れる・・



 なにか面白いことないかしら・・・
と、考えるのは観光客の自然な心・・ジャージー牛に振られた御一行様は、ジャージーランドの隣の「蒜山ライディングパーク」へ、ゾロゾロ移動。
ここは本格的な乗馬から、観光客用のお遊び乗馬まで楽しめる、お馬のパーク。

d0083265_1292048.jpg
d0083265_1301621.jpgいらっしゃい!
ようこそ蒜山へ

 柵越しにイボイノシシと目が合ったポニーが、歓迎の挨拶をしてくれました。『嘘つけ~』ですって。。。イボイノシシは動物と会話できるのですよ♪、イヤ、ホント!(^^;)
 因みにポニー君は岡山弁でした(><;)

d0083265_2145880.jpgd0083265_21473846.jpg








 イヤア~ン!こわい~!けど・かわゆい~♪
 パパ(長男)も、孫娘達も、身近に馬と接しておおはしゃぎ!ニンジンをやったり、鼻筋をさすったり、キャア~キャア~ワア~ワア~♪と、大いに楽しんでくれました。


d0083265_2203350.jpg 夕立とソフトクリーム
 馬達と遊んでいたら、急に夕立がやってきた。大急ぎでジャージーランドへ駆け戻る!勿論、約束どおり、新鮮なミルクとソフトクリームは家族全員にプレゼント。
『ジイジ、アリガト♪いただきまあ~す!』



d0083265_22121618.jpgd0083265_22142924.jpg







 ジャジー牛のバーベキューや!!
 さて、いつまでも緑に浸ってばかりもいられません、おなかが空けば気持ちも尖がる!

d0083265_2226750.jpg今宵の晩餐は、
ジャージー牛の
バーベキュー!

ホテル(明日じっくり掲載します)
のガーデンに篝火が焚かれ、
今晩の夕食のスタート!!
勿論、主役はジャージー牛。



ジャジー牛は、柔らかくて、ジューシィーでした♪
d0083265_2247107.jpg
d0083265_22494982.jpg
d0083265_22503486.jpg
 久しぶりに集まった家族で美味しいお肉をいただく。イボイノシシも七面鳥夫人も、いつもの倍以上食べました。最後は焼きおにぎりで締めて、みんなの顔は大満足の表情でした
d0083265_2256469.jpg

 ごちそうさまでした!美味しかったです♪

 明日は、「森のホテル」と「花々」をUPします。

森のホテル ロシュフォール (ロシュフォール)

by mahalotakashi | 2007-08-06 23:50 | mahalo@夢旅

夢旅・岡山・・エピソード-Ⅰ         2007年8月5日

d0083265_20445944.jpg  岡山県
  ヒルゼンは、
 ゴキゲンで、
 迎えてくれました



d0083265_20525420.jpg
d0083265_2184862.jpg ももっち情報
 岡山県在住のブログ友達で、ももっち・・・
ことKOMさん。リンクしている「神ちゃん洋ちゃん」の管理人さんです。
彼が先週、偶然ですが「蒜山高原」のブログをUPされたので、とても好い参考になりました。今回の家族旅行は、そのももっち(笑)のブログをお手本に製作しました。
d0083265_21245396.jpg 風の家で集合
 8月4日(土)AM10:30、米子道「蒜山インターチェンジ」降りて直ぐの「道の駅・風の家」を、集合場所にしました。長男家族は10分前に到着。落雷事件以来久しぶりの対面となる「孫ドンミサイル・2発」も相変わらず元気一杯!ばあちゃんとじいちゃんに飛びついてきました。
娘夫婦は、今宵の宿泊場所で合流です。朝方ドンヨリしていた空も到着したと同時に晴れ上がってきました。
蒜山高原に歓迎されたようです

 ひらめのオジサンと漫才しちゃいました!
d0083265_21425932.jpg
 風の家で一番最初に行ったのが、KOMさんのブログにも出ていた「ひらめ」の販売コーナー、楽しそうなオジサンが川魚を焼いていました。オジサンの背中の後ろ、風の家の野菜販売所越しに「黄色い色」がチラリと写っているでしょう・・アレが冒頭に紹介した、ひまわりのお花畑、著名な養蜂所がミツバチのために植えつけた「ひまわり」だそうです。

d0083265_21583152.jpg ニオイを嗅ぐのは無料
 さて、まず七面鳥夫人が軽いジャブ・・
『おいしそう~♪好いニオイねえ~・・ニオイ嗅ぐだけだけど、好い!オジサン』
『そう言わずに買ってくださいよ!奥さん!イヤ!おねえさま・・ハッハッハ!』
うむ・・なかなかやるな、おぬし。。。。

d0083265_2274457.jpg 写真は有料ですよ!
 イボイノシシが熱心に写真を撮っていたら、オジサン『写真に撮られた分は、お買い上げ願いまあ~す!』これには、隣で見学してた若い男性が思わず『ガクッ!』とボケてくれた。


d0083265_2223207.jpg 七回ビックリでどう?
 ここで引き下がったら、イボイノシシの名前がすたる!すかさずお返し「じゃあ!7匹分驚くよ!ギョッ!x7=魚x7回・・ギョギョギョギョギョギョギョ!!・・・・」
『ワアッハッハッハッハア~!!お客さん!面白いねえ~!気に入った!』
「一匹タダでくれる?」『ダメ!』

人間って、おばかさんだねえ~・・てな顔で、コリー君に笑われました。
 とにかく最初に遭遇した「岡山人」が、愉快なオジサン♪・・どうやら、岡山のファンになりそうだ・・・
d0083265_2254667.jpgd0083265_22544178.jpg








 ワクワク・ドキドキ♪の、遊園地遊びは、「神ちゃん洋ちゃん」ブログを見てくださあ~い。

 お昼ごはんは、蒜山そば
d0083265_23174014.jpg
蒜山名物、石挽き手打ちそば
 KOMさんのブログ情報に従ってお昼ごはんは、蒜山名物の手打ちそば。これは美味しかった!土曜日のお昼、お客さんが押しかけて、3基ある石臼もフル回転。



d0083265_23352789.jpg
 お蕎麦の原点
d0083265_2338473.jpg 『ジイジ・・お蕎麦って言うのはね、蕎麦が持ってる個性と、打ち手の個性・・この二つのコラボレーションが合致して初めてその本来の持てるべき特徴が発揮されるのよ。。。まず、お出汁につけずに1~2本でいいわ、ツルリとすすって喉越しを味わう。そして次に1本じっくり噛みしめて香りを楽しむ、それから初めてだし汁に「三分の一」だけつけて一気にすする!そこで初めてその土地のその人柄、自然が見えてくるのよ・・・蕎麦って言うのは「哲学的」な食物なのよ・・分かった、ジイジ。歳をとって少し余裕ができたからって、すき放題な食べ方はダメよ!自然の恵みの味を頂くことが人間の務めなのよ・・・分かった、ジイジ・・・』(言うわけないか・・)

ハイ!わかりました、天ザルにします!
d0083265_23532615.jpg いやあ~時間は迫るは、2歳の孫には説教されるは、ハチャメチャになってきました。残り時間、あと4分・・・あせる・・・とりあえず、コメント抜きで、蒜山そばを、UPして今晩は終了します。
 蒜山はもっともっと凄い出会いがありました!引き続きUPします!お楽しみに!!


d0083265_23594624.jpg
d0083265_002668.jpg


 ふう~・・間に合った・・明日からゆっくり岡山と蒜山をUPします!。。。。


味覚工房 そばの館 (あじこうぼう そばのやかた)

by mahalotakashi | 2007-08-05 23:45 | mahalo@夢旅