人気ブログランキング |

<   2007年 07月 ( 39 )   > この月の画像一覧

酒蔵夢街道  西宮郷 -3         2007年7月8日

d0083265_17265353.jpg酒蔵夢街道 西宮郷 
<No.3 梅雨の中休みは浜辺が賑やか>
 朝からカラリと晴れた好い天気、カメラ片手に七面鳥夫人と西宮の浜辺に行ってみました。
御前浜といって、西宮神社(えべっさん)から真南に下がった所だから、「御前浜」というのでしょうか・・よくは分かりません(^^;)


御前浜は辰馬本家酒造(白鹿)工場の南の浜
d0083265_18101727.jpgd0083265_181101.jpg








 御前浜に出る前に通過する場所がここ、辰馬本家酒造の「酒ミュージアム」マカオじゃなかった、オカマが博物館の中庭になんとなく並べられている、酒造りの道具??
写真右側の洋館建ては、辰馬家の歴代当主が住んだ旧邸、現在は資料館みたい。


d0083265_18225612.jpg
 さてこれが西宮御前浜、西側夙川の河口付近、ヨットやサーフボードが満艦飾。

思い思いの過ごし方遊び方
d0083265_1828313.jpgd0083265_182842100.jpg








d0083265_18295386.jpgd0083265_18325588.jpg








 な、なに!これ・・・
d0083265_18383873.jpg

d0083265_18443997.jpg旧西宮砲台
 御前浜の東端の隅に建つ摩訶不思議な建造物、近づいて説明書きを読むと、
「幕末の頃、アメリカやロシアの軍艦に脅威を感じた幕府が、摂津(大阪湾)防衛のため設けた砲台」だそうです。

d0083265_18595694.jpg 散歩するおじさんとワンちゃんと比較しても結構な大きさです。あの四角い窓は大砲や大筒を撃つためのもの。実際には発射はされてないそうです。まあ、歴史は感じますが・・・




d0083265_1912193.jpg
 平和な砂浜に不釣合い。
 (無用の長物)当時これだけのものを建造するには莫大な費用と労力が必要だったと思います。それに付近で暮らす人々の不安感も分かるような気がします。現代においても同じように膨大な費用をかけて「闘う道具や建造物」が、世界各国で造られているけれど、全てがこの「旧西宮砲台」のように、<無用の長物>であってもらいたいものです。

d0083265_19122963.jpg
 平和がなにより。



 *西宮郷、まだまだ続きます。次回は「サマーランチ」[はも]と[ひつまぶし]・・・*

by mahalotakashi | 2007-07-09 09:10 | mahalo@西宮

オーパスワン飲みました            2007年7月6日

レア・ヴィンテージワイン OPUSONE
d0083265_18323189.jpg
エキサイトの山村社長からプレゼントされた、オーパスワンの1988年産(超レア・ワイン)
3月29日に我が家に届いて以来飲む機会を待っていたが、今夜娘が勤め時代の友人と我が家を訪れると連絡があったので、歓迎の意味で栓を開けることにした。ワインというのは飾っていてもしようがない、飲んでこそ価値がわかるのだ。

d0083265_18584526.jpg
芳醇で重厚な味、しかし飲み後は爽やか。
 滅多に口にすることが無い'80年代のレアもの、ジックリと味わった。
控え目だが、他には無い独特の芳香が鼻をくすぐる。思ったほどの渋みも無くむしろ香ばしい味で飲みやすい感じ。飲むほどにまろやかさが増し、簡単なスナックにも抵抗無く合う。肉料理には抜群の相性かもしれない。

d0083265_7102726.jpgd0083265_711823.jpg








d0083265_7131578.jpg 娘とその友人Nさんが訪ねてきたのは午後10時前、どちらも夕食は済ませている。「冷蔵庫の残り物でいいよ」と、七面鳥夫人に頼み、クラッカーにチーズ、オイルサーディン、彼女達が持ってきたかまぼこや天ぷら、雑貨店みたいに並べて、オーパスワンを味わった。



久しぶりの会話とワインに、少しほろ酔い~
 Nさんは大阪の南部に住まわれている娘の友人、お会いするのは今夜が始めてだが、挨拶もそこそこに会話が始まる。
 実は彼女は私がブログを立ち上げた時から優しく見守っていてくれるブログの先輩なのである。早い時期からリンクしてもらって、コメント(私の方から一方的に)もよく交わす仲だ、だからお互い初対面と言う気がしない。『オーパスワインなんて私たちにはもったいないです』と遠慮していたが、一口飲んで目を細めて喜んでくれたので、それをきっかけに真夜中まで会話が途切れず続いた。
 家族の話、結婚、仕事、生き方・・・止め処なくお喋りがはじけた。勿論、七面鳥夫人や娘も喋る喋る・・(^^;)
我が家がこんなに賑やかな夜を迎えたのは、娘の結婚以来久方ぶりだ。
 ほろ酔い気分で、久しぶりにゆっくり眠れた。

by mahalotakashi | 2007-07-08 07:45 | mahalo@食卓

酒蔵夢街道   西宮郷 -2

酒蔵夢街道 西宮郷     <No.2 さりげなさが魅力の郷>


 アッ!忘れてました、デザートのことを・・・

 選べるディナーコース「宮水・miyamizu」デザートも4種類から選べました。
<甘味>
・昔ながらのカスタードプリン
・アイスクリームのプリュレ
・ガトークラシックショコラ
・家族のおまかせデザート
   
d0083265_2138235.jpgd0083265_21402928.jpg










 七面鳥夫人は、ガトークラシックショコラを、イボイノシシはアイスクリームのプリュレです。
 表面をパリパリと焦がしたバニラアイスクリーム、美味しかったですよ(^^;)


 本物の酒蔵は風格充分
d0083265_21415913.jpg
 辰馬本家酒造直営のレストラン「白鹿・クラシックス」は、明治時代に建てられた酒蔵を改造したもので本物の風格が感じられます。
 右端に見える屋根付きの桶のようなものが、江戸時代から使われていた宮水の井戸跡、さりげなく保存されていました。


d0083265_21431422.jpgd0083265_21434889.jpg 






 内部はまさに明治の趣(おもむき)
分厚い扉を左右に広げ、内壁は煉瓦造り、天井には極太の梁がガッシリ組まれている。
これだけでも一見の価値ありです。
 写真は掲載しませんが、店内のあちらこちらに珍しい形の酒樽や升などがインテリアされてました。イボイノシシたちがディナーを頂いた西側の酒蔵の隣は、パーティーなどが開ける間取りで辰馬家の先達のコレクション(絵画・置物etc)がさりげなく飾られています。



 実は、これが食べたかったのであります!
d0083265_21451040.jpg
 蔵元直送銘酒「白鹿」の純粋酒粕を使った、「粕汁鍋」これが絶品の味と聞いていたのですが、さすがに梅雨時、次回にすることにしました。


     *西宮郷・・まだまだ続きます。奥が深いところです。*

by mahalotakashi | 2007-07-06 09:46 | mahalo@西宮

酒蔵夢街道  西宮郷 -1 白鹿クラシックス  2007年7月4日

ゆっくり、のんびり、じっくり、ブログを投稿します。ゆっくりのんびりじっくり見てください
 
 酒蔵夢街道 西宮郷   <No.1 歴史の息吹とモダニズム>

「西宮のえべっさん」で有名な、西宮えびす神社の南側一帯が、灘五郷の一つ「西宮郷」である。前回紹介した今津郷とは、南北に伸びる道路札場筋で区切られている、西は夙川で線引きされる。                      西宮えびす神社(国道43号線側から撮影)
d0083265_23501327.jpg

 正式な呼び名は、西宮神社(えびす宮総本社)である。
毎年1月10日の朝テレビで紹介されているから、ご存知の方も多いと思われるが、この神社で「開門神事福男選び」が催されている。開門と同時に本殿目指して男たちが一斉に駆け出す。途中で転倒する人もあったり、勢いがつきすぎてコースを外れたり、結構面白い。
 また、灘五郷の中心らしく日本酒や宮水にまつわる神事(宮水まつり等)も数多く実施されていて、年中楽しめる。

<ホームページ、http://www.decca-japan.com/nishinomiya_ebisu/>で、詳しく紹介されているから、興味のある方はどうぞ。

d0083265_002376.jpg 西宮神社の南側一帯に「宮水井戸」が集中、住宅街の中あちこちに各酒造メーカーの井戸が点在している。いわゆる宮水の原点にあたる地域だ。
 この宮水のおかげで、西宮市が全国に誇る銘酒の生産地として“胸が張れる”わけだ。



d0083265_025775.jpg 先日カメラ片手にブラブラ歩いてみたら、狭い地域に10社近くの酒造メーカーの井戸を見つけた。有名な名前もあれば、初めて聞くような名前のメーカーもある、看板も様々だ、沢の鶴さんのように見上げるようなものもあれば、手書きに近い看板もある。あまり多いので写真は省いた。



 「伝統にあぐらはかかない」
 西宮神社から真直ぐ南へ進むと、清酒関連の博物館や資料館が集中している場所がある。清酒「白鹿」で有名な、辰馬本家酒造㈱が展開するエリアだ。
今津郷は大関酒造が中心をなしていたが、ここ西宮郷は、辰馬本家酒造の独壇場である。後に紹介する、「白鷹」や「松竹梅」も頑張っているが、やはり「白鹿」が圧倒している。
「伝統にあぐらはかかない」は、その辰馬本家酒造のキャッチコピーである。因みに、同社の創立は寛文2年(1662年)というから、345年の伝統があるわけだ。


d0083265_23405278.jpg 酒ミュージアム
 「黒松白鹿」醸造元の辰馬本家酒造が昭和57年に開設。平成7年の阪神・淡路大震災で全壊した「酒蔵館」を、明治2年の上棟と伝えられる酒蔵を利用して新たに「明治の酒蔵・酒ミュージアム」を開館した。
 明治の雰囲気が漂う酒蔵館の中には大桶の干し場や釜場、槽場などが再現され、酒造りの道具コーナーでは自由に道具類に触れられるそうだ。手前の看板「白鹿クラシックス」とあるのは、やはり酒蔵2棟を改造して作られた辰馬本家酒造直営のレストランである。



 イボイノシシの大いなるミスチョイス!
 ここまでは真面目にレポートをしてみた、資料を確認したり隅々まで調査をして写真もかなりの枚数を撮った。「西宮郷」を語るには1回2回ではとても無理!結構時間がかかりそう。
そこでまずは腹ごしらえ、月曜日(7月2日)の夜七面鳥夫人を誘って「白鹿クラシックス」へ出かけた。
 (丁度、ブログゆっくり宣言をした日の夜だ)
d0083265_0333574.jpg
 第一番目のミスは、月曜日を選んだこと。
 前日が日曜日で近郊の漁港は漁がおやすみ・・・とれとれ新鮮な魚介類が無い!
席に着いて選んだのが、その名も「宮水・Miyamizu」というディナーコース。前菜・中菜・主菜・デザート・・で、中菜と主菜はそれぞれ3~4種類(和食・イタリアン・フレンチ)の料理がチョイスできる仕組みだ。さすがに本日は新鮮な魚のメニューはなかった、残念!


d0083265_23454796.jpg 第二のミスチョイス
 メニューとニラメッコしてたら、係りのお嬢さんがニコヤカ笑顔で『お飲み物はなにがよろしいですか?』と、お酒リストを持ってきた。吟醸蔵出しとか少し珍しくもある日本酒とリキュール類、それにビールやワインも一通り揃っている。「じゃあ、この赤のグラスワイン」と指差したら、七面鳥夫人が怖い顔で・・・・・
『馬鹿ねえ~・・日本酒の蔵元のお店よ!何がワインなの!清酒にしなさい!!』ときた。自分は飲めもしないくせにうるさい(BBBB・・・)と思いつつも、白鹿(辛口)の冷酒を頼んだ。

d0083265_23464458.jpg 選べるディナーコース
「宮水・miyamizu」

<前菜>
スライスされた蛸と烏賊のカルパッチョ、蒸し海老に鴨のローストにクリームチーズ添えの三種盛り合わせ。これは1種類限定。

<中菜>
・本日のシェフ一押しパスタ料理
・海の恵と彩り野菜の蔵六寿司
・ピッツァ本日のスタイルにて・・・ この3種類から好きなものが一つ選べる。


d0083265_23481679.jpg海の恵と
彩り野菜の蔵六寿司

 七面鳥夫人がチョイス。
寿司飯の上にトマトで挟まれたサーモン、それに赤と黄色のピーマンが添えられて、見た目は美しい。
お味は?一口した夫人、片目をつぶり親指と人差し指で「OK!」マーク。


d0083265_23494683.jpg本日のシェフ一押し
パスタ料理

 イボイノシシのチョイス。
蝶ネクタイのような形の、ラビオニの挽肉入りトマトソースあえ。
茹でかげんも丁度良く、ピリッとしたソースも食欲を増してくれる。
「やっぱり・・ワインにすべきだった・・・」


<主菜> メインディッシュ

・海の幸のミラノ風カツレツ菜園風トマトソースに、レモンを添えて~舌平目、甲イカ、帆立~

・飴色に煮込んだトロトロねぎ豚~薩摩豚にて~

・本日の魚料理~シェフズスペシャル~ (漁が休みのためご用意できません)

・本日の肉料理~シェフズスペシャル~



第三の、ビッグミスチョイス!
d0083265_2351328.jpg
「ミラノ風」という文字に迷わず注文した海の幸カツレツ。大いなる誤選択であった。
 白鹿クラシックスのシェフに失礼だが、いつも会社で食べてる昼弁当のおかずとほとんど変わらん!それにトマトソースも先ほどのラビオニと「同じ味やないかい!」こめかみに青筋が立つのがよくわかった。

七面鳥夫人は賢者の選択
d0083265_2352061.jpg
肉好きの七面鳥夫人は迷わず、トロトロ薩摩豚の煮込みをオーダー。一口食べるなり目が細まり、まるで西宮えびす神社の「えべっさん」みたいなニコヤカな恵比須顔になった。

d0083265_23524544.jpg
えべっさん夫人が、鬼瓦顔のイボイノシシに聞いた『どう~美味しい~カツレツは♪』・・・・
口の中の甲イカが中々噛み切れないイボイノシシ「・・・・・」無言だった。


d0083265_23534851.jpgお店の選択は成功。
 食事の後、支配人がお店の外まで送ってくれて、隣棟の酒蔵の窓越しに色々説明してくれた。次回に店内とか周辺の詳しい紹介をするが、「白鹿・クラシックス」はとてもジェントルでフレンドリーなお店であった。


d0083265_23543538.jpg
 帰り道、夜空に輝く白鹿の広告塔が、イボイノシシを笑っているようだった。


 *長あ~~~いブログに付き合っていただいて有難う。次回はいつになるか分かりませんが、灘五郷(西宮郷)まだまだ続きます。よろしくおねがいします*


白鹿クラシックス (はくしかくらしっくす)

by mahalotakashi | 2007-07-04 09:10 | mahalo@西宮

加害事故と被害事故              2007年7月2日

 酒気帯び運転の大型トラックに追突される。
 先週末フェリー部所属の13mトレーラーが、大津市内の国道で仮眠休憩中に追突されるという、被害事故が発生した。

More  記事全文

by mahalotakashi | 2007-07-03 13:00 | mahalo@仕事

スローダウンします。              2007年7月1日

自然体が大事・・かな。

 いつも訪問していただいてありがとうございます。
 支離滅裂、思いつき、付和雷同、行き当たりばったりの、イボイノシシ・ブログ。
最近特に中身が無い記事が増えてきたように自分自身で思い始めました。当初、娘から「大いなる遺言」として、自分自身や家族、特に孫たちが後々「ジイチャンの生き様」を伝えるために始めたら・・と薦められてキーボードを叩き始めたのだけれど、日に日に増える訪問者の数に舞い上がってしまい、ブログ本来の目的(私自信の)を忘れてしまい、人の目を余りにも意識し過ぎて、安物の小説家のように、ただただ締め切りに間に合わせるためがごとく、おざなりの写真貼り付けブログになってしまったような、薄っぺらさを感じ始めるようになりました。

 今日、娘夫婦に誘われて芦屋のベルポート(ヨットハーバー)で昼食を共にしました。美味しいフランス料理、ワインを飲みながら久しぶりの会話が弾みました。夏休みと秋に旅行でもしようか・・新家庭の様子はどう・・
 誰が言うともなしに、『今日はブログ用の写真は撮らないの?』
別に皮肉でも嫌味でもないのだろうけど、結構グサリときた。そういえば会社でも昼休みはパソコンの前に座りっぱなし、若い連中や同僚と話をすることもめっきり少なくなりました。


d0083265_22141085.jpg 初心に戻ろう。
 ブログ自体をを編集したり、写真を撮り、文章を考え、投稿することは特に苦にならない。というより、楽しいし愉快、完全に趣味の一角を占めています。
 これからも脳と指先が健全に動く限りは続けて行くつもり。ただあまりにも偏る或いは熱中し過ぎにならぬよう、この辺で一度速度を緩めようと思った次第です。


 イノシシ年でA型の宿命
 団塊の世代を代表する亥年生まれの宿命か、それともA型の血液のなせる業か、どうも猪突猛進型、走り出したら止まらない、熱中し過ぎて我を忘れるタイプなので、いつか誰かに迷惑をかけないとは言い切れない。

 そんなわけで、今月のブログから少し抑え目(控え目)に進めて行くことにしました。できるだけ毎日更新はしたいと思いますが「無理やりにでも・・・」というようなことはやめます。それより自分の日々の生き方や感想、感動したことや楽しい出来事を中心に、ゆっくり・のんびりブログを継続したいと思います。
 記事の中身自体に特に大きな変化はありません「灘五郷やノラ猫、イボイノシシの道草」等、今後も継続して行きます。
  これからもヨロシクお願いします。


d0083265_22443334.jpg

by mahalotakashi | 2007-07-02 00:02 | mahalo@哲学

イボイノシシの道草・北新地(Ⅰ)      2007年6月29日

大阪北新地
d0083265_2228729.jpg素ッピンから厚化粧へ

 JR大阪駅の南、国道2号線と、御堂筋、四ツ橋筋と堂島川で四方を囲まれた一角が、北新地である。正確には大阪市北区曽根崎新地1丁目と堂島1丁目一帯のことをさす。
 この街との付き合いは随分長い、神戸時代から数えるとかれこれ40年近くになる。
数々のエピソードがあったが「いずれ又」にしよう。

 さて、左の写真は昼間の新地本通り(御堂筋側から撮影)である。殆どのお店は閉まっている、この街を女性に例えるなら、
お化粧前の"素ッピン"状態というところか・

 そして、念入りに化粧をしてイブニングドレスに着替えて今宵の宴を待つ。


d0083265_23134789.jpg
      そして魅力一杯に着飾った北新地嬢が、お父さん達の訪問を待つ。
d0083265_23282330.jpgd0083265_23291378.jpg







 POCO A POCO
d0083265_2341745.jpg イボイノシシたちが立ち寄った今宵のお店「ポコアポコ」という、先日開店16周年のパーティーを済ませたばかりだ、招待状も届いていたが混雑がキライなイボイノシシなので、丁度1週間後の今夜訪れたわけ。
 開店以来の長い付き合いだ、主に接待など社用で通っているが、ママの人柄の良さが気に入って個人的に飲みに行くこともチョクチョクある。好い友達関係だ。

イボイノシシさん、いらっしゃ~い
d0083265_23562652.jpgd0083265_2357016.jpg








d0083265_2359498.jpg
 ママとマスターに前もって「ブログ」撮影の了解をもらっていたので、遠慮なく店内の様子や、女の子(1人ずつに確認)の表情を撮らせてもらった。
  (あらためて、お礼をいいます。ありがとうございました)
 しかし、とてもじゃないが1回のUPで紹介できそうもない。2~3回に別けてゆっくりアップして行くつもりだ。

d0083265_0143365.jpg
 

(イボイノシシの伝言板) あまりベタベタ写真を貼り付けても暑苦しいだけ、次回からはできるだけシンプルにまとめてみたいと思っています。飛び飛びのUPになると思いますが、ヨロシクお願いします。

by mahalotakashi | 2007-07-01 00:28 | mahalo@夢旅