人気ブログランキング |

<   2006年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧

さて、なにから手をつけようか。      2006年10月4日


 進路は決定した、気持ちの整理もついた。

家族も歓迎してくれた、長いようで短い三年半だがもう少し燃えてみよう。

漂流しかけていた船のエンジンが再びよみがえり、軽快な振動音が

聞え始めた。

「ヨー・ソロー」 「前進!舵をとれ!」

目的地の港(今だ何所にあるのかハッキリとは判らぬが、)へ、舳先を

向けねばならない。

現在のところ波も穏やか、天候も晴れ順風満帆だが、何がおきるか

知る由も無い。

暴風雨が襲ってくるかも知れない、それが人生だ。


3通の手紙を出した。

オファーをしてくれていた三つの会社へだ。

いずれも遠方、札幌と仙台それに東京の企業である。

まず、お誘いを頂いたお礼、返答がここまで長引いた経緯と自分の

気持ちの説明、そして今回社長との話し合いの結果、引き続き今の

形で、会社に残ること、それに業務展開の計画等正直に書いた。

ワープロで打ち最後に自筆でそれぞれ別のコメントを加え、署名して

会社の帰り道投函した。

在阪の会社二社には電話で連絡、今週金曜日(6日)と来週(13日頃)

お会いして説明することにした。

今後の仕事を円滑に進めるためにも、人脈・コネクションは大切に

しておきたい。

狡(ずる)さと取るか、用意周到と思うかは、人それぞれだろう。

私は、この道を選んだ。 悔いは無い。

by mahalotakashi | 2006-10-04 21:32 | mahalo@仕事

TULLY’S & JAZZ          October 3 ’06

昨夜社長と一緒に、しこたま飲んだ。
久しぶりによく喋った、笑い、感動した。
焼酎の水割りフルボトル(一升)完全に空にした。
二日酔いで身体は重かったが、頭は爽やかだった。
決まることが決まり、今までのもやもやが吹き飛んだ感じだ。

パソコンで社長のスケジュールをウオッチングしていた感の良い連中
朝から電話攻勢を仕掛けてきた、苫小牧・札幌から・・水戸・新潟・・
春日井・静岡・・大阪営業所に勤務経験のある後輩や同僚達だ。
『先輩、どうなりました?会社に残られるのですか?』
『社長とどんなお話を・・』
いやはや、賑やかなことだ。
一応問い合わせてきた連中には全員に再雇用決定を伝えた。
現大阪勤務の所員には、昨日社長自ら発表してもらった。


<ここから先はジョークのワールド><事実の話し>

今日は仕事を早い目に切り上げた、いつもより1時間くらい早い。
昨夜の焼酎まだ残っている、早く帰って一風呂浴びたい。

エレベーター下りて正面ホールから通りへ出る、風が爽やか・・
ビルの1階表通りに面して、TULLY’S(タリーズ)のコーヒーショップが
ある。
いつも適度なボリュウムでジャズのBGMを流している。
軽やかなトランペットとピアノが耳に心地よい。

少し背筋を伸ばして空を見上げた、ビルとビルの間の茜(あかね)色
日が短くなってきたんだなあ・・
チョット前まではこの時間だとまだ明るく熱かった。

大通り渡ればすぐに地下鉄の駅に通じる階段、渡ろうとしたら赤信号。
立ち止まり斜め前にそびえるイチョウの大木眺めた、結構大きいなあ
都会のど真ん中で頑張ってるんだなこの老木、俺も頑張らなくては・・

その時背後で大きな声・・さっき一緒にビルから出てきた2人連れの
女性だ、まだ若いOLだ。( )内は私の心のつぶやき。

『そやろ!ゆうたとおりやんか!』(大きな声やなビックリするがな)

『そやねん、そのとおりやったわ、それどころかもっとひどかったわ!』

『エーッ!うそ!うそお!!ホンマ!ほんまにほんま!!』
(嘘だ、と断定して、本当か、と聞き直す。訳分からんわ)

『ほんまにほんまよ、あんたきがつかんかった?きゃはははは!』

『うそお!うそ!うそ・うそ!しんじられへんわ』 (同じ言葉繰り返すな)

信号が青に変った。
2人笑いながらお互いの肩を叩きながら、私の横をすり抜けて行った。

『あははははあ・・』  『いやあ!もう!ギャハハハハハ!!』


(この国は不幸なのか幸せなのか?滅ぶのか繁栄するのか、ようわからん・)

by mahalotakashi | 2006-10-03 21:27 | mahalo@仕事

社長来阪、最終決定、再雇用に応じます。2006年10月2日

予定通り社長が来られた、午後4時常務を伴い事務所に到着。
(さすがに、生写真撮影はできなかった,一部マニアの方ごめんなさい)

早速応接室に呼ばれ社長と差しの話し合いとなった。
細かい話しは出なかった、既に総務部から説明済みだ。

社長の考え方を拝聴。

要旨としてあくまでも再雇用であり、同じ業務を継続する定年延長ではない、
負担を軽くしながら私の持てるノウハウ、技量を後輩に浸透させてもらいたい
いままでのように、一人で全てをこなすのではなく、分散し克、枝葉を広げて
貰いたい。
との要望であった。

3年半の間にどれだけお役に立てるか分からないが、既にその流れで日々の
業務に従事している、部下に小型トラック等の配車業務の権限委譲を1ケ月
前から実施している。
下請け業者にも指示系統のチェンジは事あるごとに伝えている。

社長の経営戦略と私の意識がピッタリ一致した。

ビジネスマンとしてライフワークの完成に会社が後押しをしてくれるのだから
こんなに、ハッピーなことは無い。
短い期間だが多いに頑張ってみよう。
新しく何かの縁がスタートする予感も感じた。

d0083265_024475.jpg


その後、会社近くのさかな料理の店へ繰り出した、今夜のビールと大トロ
良い味してたなあ。

酔っ払った勢いで、禁句が出てしまった・・

「社長・・私、今、ブログにはまってるんですよ・・」

『うそでしょ!へー!驚いた、本当に???』

「シマッタッ!」と思った、うちの若社長、無類のインターネットプレジデント。

今の会社社員全員に端末あてがい、ICで基本業務遂行を実施、業界でも

トップクラスのインターネット利用企業。

今日も私と真剣トークしながら、傍らにノートパソコン。

『興味あるなあ・・覗いてみたいな、あなたのブログ・・!写真も入れてるの?
 ホウ・・面白そう、』

やばいな、2~3日くらいでアクセスされそう・・

その日に備えて、社長に一言。




「やあ、社長、良く見つけてくれましたネ!私のブログ」

「歓迎します、ゴユックリおくつろぎください。」

「嘘・デタラメはありませんが、多少デフォルメしてます」

できれば、マイジョブレポートと直径20キロの食卓あたりで

カンベンして欲しいな・・とにかく今日は有難うございました。

by mahalotakashi | 2006-10-02 23:29 | mahalo@仕事

輸送安全対策会議(秋)          2006年10月1日

d0083265_20573324.jpg我が社では年に2回安全会議を開催する。

春(4月)と秋(10月)だ。
この日全ての業務を停止して各会場に分散して会議を
実施する。
主役はドライバー(乗務員)、大阪営業所に所属する
ドライバーは約150名、名古屋港と敦賀港(福井県)
でも、航送(フェリー・RORO船)部門の連中が
同時に参加する。

d0083265_1254184.jpg昼間市街地や高速道路で見かける最も大きな乗り物はトレーラーである。
全長16~18メートル、貨物を積載した時総重量は実に50~60トンになる。
通常街中を走行しているタクシーやマイカーはせいぜい
1~2トン程度、その差は赤ちゃんと相撲取りくらいだ。

ハイハイしている赤ん坊に力士が全力でぶつかったらどうなるか?
大変な惨事となる。

トレーラーが事故を起こすと90%の確率で死者がでる。

コストダウンのために各メーカーは大量輸送に着眼している。
今まで、4トントラック5台で運んでいた荷物を20トン積みの
トレーラーで運べば、約三分の一程度まで圧縮される。
大阪から横浜まで、4トン車の運賃で6万円程度。
同じコースを20トントレーラーなら約10万円で済む。
今後ともトレーラーの需要は伸びつづけると自負している。
であればこそ、安全を重視しなければならない、社会に嫌われては
この仕事は長続きしない、それが私のポリシーだ。

長々と前置きしたが、今日の大阪地区での「安全対策会議」の模様を
レポートしてみよう。

d0083265_2253061.jpg
9月30日(土)PM3:00
先遣隊乗り込み。
安全対策室の室長と担当部長が大阪入り。
明日の会議の打ち合わせが
スタート。
(マイデスクから写す)
明日、会議に参加するOP
(OP=オペレーター
乗務員の意味、以後乗務員
を表す。)
の人数、個人データーすなわち
事故歴、性格、技術力等を分析
インプットして行く。
彼ら、八代営業所からスタート
して、各営業所を回り本州最後
の会議がこの大阪、毎年恒例だ。


d0083265_23124293.jpg10月1日AM9:00
会議場の配置換え、ネームカードのチェック、
駐車場の確保、お茶やドリンクの買出し、
書類の整理、その他諸々大変だ。
会議開始はAM9:30、若い社員ウロウロ・・
「なにやってんだよ!」怒号が飛ぶ、今日は大阪営業所
女子社員を除き全員日曜出勤だ。


d0083265_23212013.jpg本日大阪会議の参加者は43名、協力業者6社から5名のOP,それに管理者1名。我が社からは、安全対策室の2名を加えて8名が参加している。6名を1チームとして5席をつくる、各OPバラバラに組み合わせて行く。同じ会社のOP同士だとどうしても、なあなあ・・になってしまう、
緊張感をもたせるためにあえてライバル会社のOPを組み合わせる。

d0083265_23375672.jpg
             10月1日AM9:30、全員集合。


d0083265_2343312.jpg2年前から会議内容が変っている、それまでは講師(安全対策室)が演壇に立ち、長々と原稿を読むありきたりの会議、居眠りするOPもかなりいた。
今のやり方は、OPを主人公にする。
我々(会社側)から小難しい話しはしない。過去の事故事例を説明、資料や事故内容を開示する、衝撃的な写真やビデオもあえて見せる。


今年の春の安全会議では、仙台営業所の事例がテーマになった。
福島県の国道4号線でスピードを出しすぎたトレーラーがカーブを回りきれず
横転を避けるため急ブレーキをかけた、その結果遠心力により積荷の巻き取り紙(約1.5t)がシートを突き破り対向車線に落下、走っていた軽自動車を直撃、運転していた35歳の主婦を即死させた、運転していた当社専属のOPは業務上過失致死罪で逮捕された。
これを、全部OPに情報開示して考えてもらう、OP同士お互い話し合わせて、「なぜ、この事故はおきたか?防ぐ手段は無かったのか?自分ならどうした?亡くなった主婦のご家族の心情をどうとらえるか?逮捕されたOPの家族のその後?一つの事故によって損なわれる会社の信頼感、社会に与えるイメージ・・等々、徹底的に議論させる。
そして、意見をまとめて発表させる。
この方式でかなり効果をあげている、それまで年間6000万円程度かかっていた保険金処理額が一挙に2000万円代まで下がったのである。
 ちなみに、我が大阪営業所の17年度保険処理額は「0」である。

d0083265_019580.jpg秋のテーマは積荷の雨濡れ事故をいかに防ぐか・・との専門的かつオーソドックスな事例であった。
トレーラーと一般的に呼ばれているが、専門家(?)から説明致しますと、貨物を積載した荷台を牽引するのが、トラクター(ヘッドとも呼ぶ),荷台がトレーラー(シャーシと呼ぶ)である。そのシャーシ(トレーラー)を単独企業で日本で一番多く所有しているのが我が社である。

AM10:30 真剣な話し合い始まる。
そして発表。

d0083265_0334557.jpgd0083265_037184.jpgd0083265_0375187.jpgd0083265_0394741.jpg






地味なテーマにも関わらず、結構議論は白熱した。

d0083265_0442040.jpgd0083265_0503480.jpgいつも深夜にモクモクと運転を続ける長距離ドライバーの本音が次々飛び出す、会社に対する批判、要望もハッキリ出してくる、これが良いのだ、これが目的なのだ、主張し考えるOP、走るモンスター人間の心を忘れたロボットにはなって欲しくない、これが我々の目的だ。


          AM12:00 会議終了
d0083265_182926.jpg

最後に今回の議事内容を総括して、会議を終了、この後彼らは本来の業務に戻り、東京へ茨城へ新潟へ仙台へ・・・夜を徹して走り始める。

息子達よ、命の尊さを考えろ、殺すな、死ぬな、私の唯一お願いだ。



3日に来阪予定の社長、1日繰り上げて明日月曜日に訪問、とのメールが
はいる。なにをおっしゃるか?若社長。

       なんとかなるかい、なんとかなるさ、どうぞ、イラッシャアイ!

by mahalotakashi | 2006-10-01 21:06 | mahalo@仕事