人気ブログランキング |

イタリア旅行・フィレンツェの~んびり散歩 ①-11 観光       4月19日   

   ぶらあ~り、ぶらぶら、フィレンツェ散歩。

d0083265_2071131.jpg
 フィレンツェに行かれた方や、地図を見ながらこのブログを楽しまれている方はもうお気づきだと思いますが、イボイノシシたちが朝から散策や見学をしているコースは、フィレンツェ市内を時計回りに進む経路を取っています。

d0083265_208233.jpg
 今2人が立っているヴェッキオ橋の辺りは、「6」の位置です。ドゥオモ広場付近が「12」となります。ホテル・ローマの「9」まで、ぶらぶら散歩をしようと思います。

d0083265_209963.jpg
 旅行出発前に日本で計画していたレンタカーによるドライブは、イボイノシシのワイン三昧(ほろ酔い状態)のため取りやめにしました。イタリアまで来て酔っ払い運転事故は起こしたくありませんからね。

d0083265_2094876.jpg
 従ってピサの斜塔や地中海(リグリア海)、それにトスカーナの丘陵地帯のワイナリーや、ウンブリアのスパゲッティ店を訪れる予定は全てキャンセルとしました。もちろんキャンセル料を支払う必要はありません、あくまでも個人旅行、イボイノシシが勝手に考えていたスケジュールですから、どこにも迷惑はかけていません(^^;) でも、残念!

d0083265_2018137.jpg
 そこで余った時間をタップリ使ってフィレンツェの隅々まで探索することにしました、あまり無理せず七面鳥夫人の歩くペースに合わせて・・・

d0083265_20281318.jpg
 ヴェッキオ橋から河岸沿いに西のほうに進むとサンタ・トリニタ橋です。
コルシーニ河岸通りにはバイクがズラリ、道路が曲がりくねって狭いせいかローマでもバイクが目に付きました。イメージ的に言うと日本の7~8倍の多さに思えます。
 ただアホな暴走族は1台も見かけませんでした。

d0083265_20393100.jpgd0083265_222191.jpg







 ポンテ・ヴェッキオから西へ一つ目の橋が、サンタ・トリニタ橋、それを右に折れると直ぐ右手にフェローニ宮があって、その前にオベリスクというか、先端に剣と何かをぶらさげた像のある円柱が立っています。
 そこから北へ約200mの直線道路が、トルナヴォーニ通りといって世界的にも有名なブランドゾーンになっています。
d0083265_23491384.jpg ゲス・カルティエ・グッチ・プラダ・ブルガリ
 ジョルジオアルマーニ・ セルジオロッシ
 ヴェルサーチ・ サルヴァトーレフェラガモ
 ティファニー・ ディオール・ フェンディ
 フルラ・ ミラショーン・ トラサルディ
 バーバリー・ エミリオブッチ・ ザラ
 タニノクリスチー・ ダミアーニ・ フェレ
 エルメス・ アンティーカバッカーニ
 ルイヴィトン・ ベネトン・ ブリオーニ

 セリーヌ・・その他、数え切れないブランドショップが軒を並べています。「ふう~・・」  
 d0083265_2225416.jpgd0083265_2234053.jpg






d0083265_227061.jpg





d0083265_22371898.jpg





d0083265_22391854.jpg





d0083265_22414614.jpg





d0083265_22482612.jpg








d0083265_22504066.jpgd0083265_22553776.jpg





d0083265_22563012.jpg





d0083265_2257784.jpg





d0083265_22585722.jpg





 世界広しといえども、これだけのブランドショップが集まっているエリアは、フィレンツェだけじゃないでしょうか、(間違ってたらゴメンナサイ^^;)
d0083265_2392247.jpgd0083265_2310332.jpg





d0083265_23105633.jpgd0083265_23115037.jpg





d0083265_23141415.jpgディズニーストアーまで進出してました(笑)

さて、ウフィッツィ美術館では半分眠っていた、七面鳥夫人。このエリアに入った途端、目は爛々と輝き、鼻の穴を大きく膨らませ足早に歩き始めました。「ウソ!ちゃう・・」と思うほど足早でゴンス(^^;)

d0083265_2316747.jpg
 七面鳥が最初に飛び込んだお店は、バーバリー。
 息子の嫁さんが大のバーバリーフアンらしい、彼女へのお土産調達かな・・


d0083265_23292087.jpg
 早速交渉を始めております。
「おかあちゃん、イタリア語話せるの?大丈夫かいな?」
こういうシチュエーションになると、最低でも1時間かかります。
「チョット散歩してくるよ」と、言い残してバーバリーを後にしました。


  写真がパンパン(満載)になりました。続きは明日にしましよう。

by mahalotakashi | 2008-05-10 00:55 | mahalo@夢旅