人気ブログランキング |

イタリア旅行・ローマで地下鉄に乗りましたドキドキ(^^;) ②-2・ 4月16日

 第二日目 ②エピソード・・2

 ローマを乗りこなすぞ!!Metropolitana

d0083265_21345019.jpg 今日はローマ・ウォーキングツアーの日。
集合場所のバルベリーニ広場まで地下鉄(Metropolitano)を利用することにします。
ホテルのあるヴィットリオエマヌエーレ駅からは三つ目の駅です。
大胆というか無謀というか、底抜けのアホというべきか・・


d0083265_21432533.jpg スリや窃盗、置き引き、引ったくり、
強盗・・世界でも名だたる物騒なローマの地下鉄。スリル満点(^^;)
「朝のラッシュでスリどころやないやろ!」
イボイノシシ流の「なんとかなるさ的発想」
朝7時50分、ホテルを出発しました。



d0083265_21564253.jpg    いきなりトラブル発生!
エマヌエーレの地下鉄駅の入り口を見つけて喜び勇んだのも束の間、下りのエスカレーターが故障で停止。イタリアでは日常的とか・・・しかも大阪の地下鉄の3~4倍ほど深いプラットホーム、七面鳥婦人を押しのけながら乗客が駆け下りて行きます。

d0083265_22165926.jpg やっとのことでホームにたどり着いた七面鳥夫人、イボイノシシの心配をよそに行きかうイタリア人を捉まえては、『バルベニ?』『バルバニ?』『バルバラ?』・・と質問しますが、みんな首をすくめて通り過ぎます。
「バルベリーニや!チェックしてるから心配するな!」と、たしなめます。


d0083265_22275413.jpg やっと電車が到着。
ローマの地下鉄はBIT(1回チケット)1ユーロで75分間有効。4ユーロで24時間有効チケットが買えます。
イボイノシシ達が乗車したのは赤いマークのA線、青いB線の2種類で比較的わかりやすいです。


d0083265_22441596.jpg
 みなさんキツイ表情してはりますなあ~・・もっとも日本人の通勤客も「能面」みたいと言われますけどね。しかし満員電車の中で写真を撮りまくる「ジャポネのおっさん」にはみんな呆れ顔してはりました(^^;)
d0083265_2258497.jpgd0083265_22594640.jpg







一つ目の駅テルミニ(Termini)で七面鳥夫人を座らせ、二つ目のレプッブリカ
(Repubblica)も無事通過。濃紺のキャップを被ったイボイノシシが窓ガラスに映ってます。

d0083265_23205581.jpg
 早朝にもかかわらず各ステーションには、Poliziotto(ポリツィオット)=警察官が配備され
 ています。
 やはり治安は不安定なのでしょうか・・・日本ではチョット考えられませんよね。


d0083265_23394352.jpg とにもかくにも、無事にバルベリーニ駅に到着しました。
イボイノシシが事前に、時間や区間をジックリ検討した上の地下鉄乗車。
これからローマに行かれる方は、やはり夜間や危険な地区での地下鉄利用は慎重にされたほうが賢明と思います。


 ローマの女神像ではありません、地下鉄バルベリーニ駅の出口でチラシを配る女の子達です。生の関西弁で「おっちゃんはイタリア語がわからんのや」というと、目を丸くしていました。
d0083265_23472610.jpg

 ワオウ!♪やっと地上に出られた!!
d0083265_23533347.jpg
 バルベリーニ広場は抜けるような青空でした。

 明日は、世界一気の短いローマのバスとタクシーのレポートです。

by mahalotakashi | 2008-04-24 21:17 | mahalo@夢旅

イタリア旅行・ローマ半日観光、教会で感動! ①-2 ・4月16日 

  第二日目 「ローマ・半日ウォーキング観光」

  Meraviglioso Roma!   Wonderful Roma!
d0083265_11295679.jpg
                      サンタニェーゼ・イン・アゴーネ教会(ナヴォーナ広場) 
さていよいよ観光の開始。
日本で予約しておいた「ローマ・ウォーキング観光」に参加しました。
参加者はイボイノシシ達以外に3組のカップルで総勢8名、新婚さんが2組、年配が2組。
ローマの中心部の二つの教会とパンテオン、三ヶ所の広場を徒歩で巡るコースです。


d0083265_12434488.jpg 集合は早朝8時20分、バルベリーニ広場。
ホテル近くの地下鉄(ヴィットリオ・エマヌエーレ駅)から三つ目のバルベリーニで下車、階段を登れば、「海の神トリトーネの噴水」があるバルベリーニ広場です。

 この広場はローマの交通の要所で地下鉄、バスの停留所、幹線道路が集中していて朝から騒音が凄い場所でした。
d0083265_1384367.jpg
d0083265_13145151.jpg 日本人ガイドのN君、最初に到着したイボイノシシの格好を見て少し引いていました。
まるでアメリカのスワット隊員のような濃紺の上下にサングラスとキャップ、『す・・すごいですね・・』
「スリや引ったくりに遭わない様にね」というと、『絶対大丈夫ですよ』と感心してくれました(笑)


d0083265_13243385.jpgローマの治安についてレクチャーを受ける。
 全員が集合するまで20分ほどかかりました。その間にN君からスリや置き引きなど日本人が特に狙われる場所や乗り物などを教えてもらいました。後日彼のアドバイスが非常に役立ちました。
『とにかく隙を見せないことです』が結論


バスでコロンナまで移動。
d0083265_13561165.jpg 全員揃ったところでバスを利用して教会の集中するコロンナ広場へ向います。

チャーターした観光バスではなくて、一般人が利用する路線バスです(^^;)
 朝のラッシュと重なりバスは満員。
大阪の通勤ラッシュよりはましでした。


d0083265_145689.jpg コロンナ広場に近づくと、マシンガンを装備した警察官が角々に立っています。
N君の説明によるとこの辺りは、首相官邸や内閣府の建物があるので厳重な警備をしているそうです。
 バスは終着のコロンナ・中央郵便局の前で降りました。
 

                                       首相官邸(キージ宮)
d0083265_1427555.jpgd0083265_14285278.jpg








    サンティニャツィオ・ディ・ロヨーラ教会
d0083265_18145467.jpg
d0083265_1515419.jpg
d0083265_1523523.jpg
  荘厳で重厚な雰囲気に圧倒されました。
    天井画や大理石の彫像が素晴らしい教会でした。



サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会
d0083265_15252294.jpg
知恵の女神、ミネルヴァの神殿跡に建てられた、ローマで唯一ゴシック様式のドミニコ派の教会。N君はなぜか教会の裏口から入って行きます。
この教会には、ロマーノ作「受胎告知」が展示されていました。


d0083265_15315895.jpg
天井や壁に取り付けられたステンドグラスの明り取りの窓から差し込む光が印象的でした。

d0083265_1821462.jpg
       ところで祭壇横の彫刻、N君の説明によると、あのミケランジェロの
       作品だといいます。
       それもミケランジェロが途中で止めてしまった駄作で、それを弟子達
       がなんとか完成させたというのです。本当でしょうか(^^;)

d0083265_18411238.jpg
 ステンドグラスから差し込む陽光が幻想的な教会の中は、心が洗われる感じがしました。
d0083265_18484513.jpg
 こちらがミネルヴァ教会の正面、象の台座のオベリスクは有名らしいです。
d0083265_1851284.jpg
 そのオベリスクの下でイタリアのテレビ局が撮影中でした。
どこを撮っても絵になるローマ、テレビのディレクターも楽でしょうね。
教会の中と外ではまったく雰囲気が変わります。



         ローマは一日にして成らず。
 まさにその通り! ローマを1回のブログUPで紹介しようという行為こそ無謀(^^;)
 これで「半日ウォーキング」のやっと三分の一。かなりカットしたつもりでもこの調子。
 パンテオンやスペイン広場、コロッセオなどなど、まだまだ盛り沢山ありますが、
 続きは明日にします。
 あ、そうそう、ローマの教会は全て無料で拝観できますよ♪

d0083265_19541224.jpg
  (おまけ)コロンナ広場の真ん中に立つ円柱には、ローマの戦争(戦闘)場面が
   年代順に絵巻物のように彫刻されています。

by mahalotakashi | 2008-04-24 11:44 | mahalo@夢旅

イタリア旅行 ③-1 機内とローマで食べまくり♪ 初日

 第一日目 ③-1 食べまくり  イボイノシシのイタリア食べ歩き(初日編)

 天空のリストランテ & ローマのピッツェリア

d0083265_20475295.jpgd0083265_204840100.jpg






  さあ~♪ お待ちかねの食べブログの始まりです。
 イボイノシシが以前から食べてみたいと思っていた本場イタリアの料理の数々。
 もうワクワク・ドキドキで舞い上がっています。
 今回は出発から帰国までの全日程中の、朝食・昼食・夕食を全部余すことなくUP
 してみます。
 出発の朝は、七面鳥夫人の希望を入れて関空の食堂で和風朝定食にしました。

ランチはロシア上空、11150mで。
d0083265_21175729.jpg 飛行機が安定高度に達した12時過ぎ、ロシアのナホトカ上空でランチタイムとなりました。
ジャパニーズ(日本食)とイタリアンの二種類からチョイスできます、もちろんイボイノシシはイタリアン。
 七面鳥夫人は『ブログ用に協力してあげるよ』と、ジャパニーズを選んでくれました。

d0083265_212977.jpg
 簡単な機内食ですが、一応コースメニュー仕立です。
 アンティパストは、ハムとポルチーニ茸。プリモピアットはペンネアマトリチャーナ。
 セコンドピアット(メイン)は、鶏肉のトマトソース煮込み。

d0083265_21373163.jpg ワインはトスカーナのビアンコ♪
食事前からドリンクサービスでいただいていた白ワイン。どこの産かと聞いたら「トスカーナ」といいます、不味かろうはずがありません。この旅の間中毎日ワインを飲みましたが、全部最高の味でした。
 『後部のコーナーに行けば飲み放題だよ』と教えてもらってフルボトル分タップリ飲ませてもらいました。

d0083265_21511475.jpg
        じゃぱにーずはこげんな内容でありもうしたでござる。

 ワルシャワ上空で再び食事であります。
d0083265_226405.jpg 離陸から10時間、飛行機は既にヨーロッパエリアに達していました。
ポーランドの上空辺りです。
チーフらしき女性が『軽食が出るけど、食べますか?』と聞いてきました。
ワインをチビリチビリといただいていたイボイノシシ、「もちろんOKです」

d0083265_22231370.jpgd0083265_22242848.jpg








『ビールもよく冷えてますよ』と言われたのでワインを止めて冷たいビールをグイ!

d0083265_2238875.jpg 確かに仰るとおりの軽食でした。
 さて、ここで問題。この食事は何食になるのでしょう?
関空を離陸して10時間だから、日本時間では午後8時。ということは夕食。
時差7時間のイタリアでは午後1時。ということは昼食ですがな(^^;)
ハワイで朝昼兼用のブランチと言うのを食べたことがありますが、これはランディナーとでも言うのでしょうか(笑)

ローマのピッツェリアでナポレターナを喰らう。
d0083265_23101929.jpg
 イボイノシシたちの胃袋は素早くイタリア時間に順応したようです。
チェックインの後街へ飛び出しました。ホテルでディナーを摂ってもよかったのですがせっかくのローマ、やはり「旨かもん」が食べたいですけんね、スィニョーラ(^^)

d0083265_23213049.jpg テルミニ駅の近くまで歩いてくると、
TAVOLA CALDA というピッツェリアを発見!
客の出入りも頻繁で美味しそうな匂いもしてきます。「タッボーラカルダと読むのかな?とりあえず入ろうか・・」と七面鳥夫人の腰を押します。

d0083265_2328279.jpg 店内に入って飛行機のクルーに教えられた通り元気な声で、
「Buonasera!」 ボナセーラ!
 店内のあちらこちらから、ブオナセーラ♪と、返事と笑顔が返ってきました。
 好い雰囲気のお店です。


d0083265_23364148.jpg
d0083265_23391012.jpg 陳列ケースにはローマの惣菜が並んでいます。どれもこれも美味しそう・・とりあえずピッツアコーナーへ・・・可愛いスィニョリーナが、ヴオナセーラ、スィニョール♪と迎えてくれました。
「Quale Pizza mi consiglia?」
クアーレ ピッツァ ミ コンスィッリア?
何かおすすめのピッツアはあるかい?

d0083265_23574199.jpg これはイボイノシシが旅行前のイタリア語特訓で覚えたフレーズ。
こういえば、『ピッツァ・マリゲリータかロマーナ、カプリチョーザとかカルツォーネがございますが・・・』と応えてくれるはず。
そしておもむろに「ピッツァと言えばマルゲリータだろう・・フフフ」という予定でしたが・・・

d0083265_091226.jpg Vuole mangiare dentro?
「はあ~・・・わからん、ア・アイ、スピーク、ノット、イタリアーノ!」「ア・アイ、ウオント、ピッツア!」生兵法は怪我の元、なまじイタリア語で話しかけたものだから、相手は当然イタリア語が分かっていると思う、当たり前の話です。

d0083265_0211825.jpg 先ほどのイタリア語は、
『店内で食べますか?』という単純な言葉でした(^^;)
結局このマリアかロザンナか・・名前は知らないが気持ちの優しいスィニョリーナがシンプルな、ピッツァ・ナポリターナを薦めてくれました。

d0083265_0324159.jpg
 ローマ第一日目の夕食は、嬉し恥ずかしの、ピッツァ・ナポリターナになりました。
二人前で、9.5ユーロ(約1500円)関空の朝食代とほぼ同じでした。



グルメ ブログランキング

by mahalotakashi | 2008-04-24 00:44 | mahalo@夢旅