人気ブログランキング |

六甲の穴場教えます(2)           2007年12月5日

 神戸外国人墓地・・・風のささやきだけ
 Kobe Municipal Foreign Cemetery

d0083265_11171823.jpg
 本日は少し厳かな気持ちで六甲山地の穴場をご案内します。

 「神戸市立外国人墓地」元々は神戸港の近く「小野浜」と中央区の「春日野」に設置されていましたが、敷地が狭く一杯になったため、1960年に現在の場所へ移転されました。

d0083265_11193892.jpg
 先日ご案内した再度山頂の修法ヶ原池から、北に向って300mほど歩くと墓地の正門に突き当たります。
 約14ヘクタールという広大な敷地に、世界60カ国2600柱が埋葬されています。
洋菓子で有名な「モロゾフ」さんや、関西学院創立者の「ウォルター・R・ランバス」さん、
神戸女学院創立者「イライザ・タルカット」さんに、珍しい人ではラムネの発明者の
「アレキサンダー・キャメロン・シム」さんなどが、永久(とわ)の眠りにつかれています。


d0083265_2152449.jpg 一部の心無い人のために、日本人は小学生扱い。
 このことはあまり書きたくないのですが、現在外国人墓地は一般に公開されていません。
 40年前に誰でもが見学できるようにしたところ、落書きやいたずらが頻発したため、一般公開を取りやめ、遺族ら以外の墓地内への立ち入りは禁止されました。


d0083265_21531647.jpg 「電柱・電線・たて看板やのぼり・・そして世界中で有名な落書き、言いたくは無いですけど、日本人(一部)の品位と感性の無さは、恥ずかしいかぎりです」
 昨年の4月から、月に二回の限定で、前もって申し込みをした人(定員30名)が、ガイド(監視役)の案内で墓地内を見学できるようになったそうです。小学生の遠足のように・・・

d0083265_11214364.jpg 滅入る話はこれくらいにして、先に進みましょう。
 正門のところから左手の小さな高台が、展望台として開放されています。墓地を遠くに見下ろす場所ですが、ここにフランス水兵11名が埋葬された廟があります。
フランス艦船が神戸港へ入港する度に、乗組員一同が祈りを捧げに訪れるそうです。

d0083265_11222449.jpg 
 廟の前に「慰霊塔」が建っています。
 台座のところにはいつも新しい花輪が捧げられています。
勇士の慰霊塔と呼ばれ、第一次世界大戦で戦死した阪神間在住のイギリス人・フランス人19名の慰霊のために、大正10年に建設された塔です。



    勇士の塔・天使の指先は墓標を指す。
d0083265_21551244.jpg
d0083265_20583721.jpg 風が気ままにささやくだけ・・
 他に何の物音も聞こえない・・
 望郷の想いと悲しみは消え去り・・
 ただ、永遠に眠るだけの日々・・
 やがて肉体は滅び、土に帰る・・
 魂は空を翔る、あの日のように・・
 千の風に乗って飛べるのも・・
 瞬時の迷い、やがて落ち着く。


 名誉と尊厳を保ちつつ異国の地で安らかに眠る
d0083265_1123293.jpg
 墓石の一つ一つに様々なヒストリー(歴史)が刻まれています。祖国を離れ、或いは追われて極東の島国「日本」に人生をゆだねた人々が、志を果たし、或いは半ばにして神に召され、笑い、喜び、怒り、泣き、愛し、この神戸の地で経験した様々な想いを胸に秘めて、安らかな眠りについている聖地です。
 我々日本人も、彼らの安住の地を乱すことなく、静かに見守ってあげようじゃないですか、
墓石に落書きをするなんて破廉恥な行為は絶対にやめてください。
 貴方がもし日本以外の地で人生を終えたとき、貴方の小さな墓石に落書きされたらどうですか?日本人であることも人間であったことも無視されて、現地語で「記念!楽しい旅行だったよ~~う・・♪」なんて落書きされたら・・・嬉しいですか?

d0083265_11244840.jpg
 ゴメンなさいね、グダグダ説教がましいことを書いちゃって。
 歳をとると頑固になって物事の見方が一方的になってしまって・・・困ったものです。(^^;)
 でもね、日本に暮らす外国人の人たちは、ちょうど六甲山地の大部分を占める松の木の間に生えてる楓や蔦みたいな存在じゃないでしょうか?
 同じ大地に根を張り、同じように光合成をしながら生きている、だけどチョット見た目が違う、常緑樹の松と違って秋には紅葉、周りの色とは変わってきます。
 様々な木々が共存して、自然が溢れる美しいお山を形成してるんですよね、人間も見習わなくちゃ・・

 
d0083265_1125475.jpg 黄色や赤、それに常緑の木々たちが腕を組み合い、肩を抱き合って、お山を下る私たちを見送ってくれました。
 その光景はまるで人間のような錯覚を感じます。松(日本人)の間に溶け込んだ世界各国の人々のように・・ 
 次回神戸外国人墓地を訪れる頃はピンクの桜が満開でしょう・・・


下山の途中に眺めた神戸の海は初冬色でした。
d0083265_11263243.jpg



 神戸市立外国人墓地  国指定名勝
 兵庫県神戸市北区山田町下谷上
 ・慰霊塔碑-5基  ・宗教数-20余  ・埋葬国数-60ヶ国  ・面積-約14ha

 一般公開(無料)申し込みは、神戸市森林整備事務所まで 078-371-5937

by mahalotakashi | 2007-12-05 09:03 | mahalo@夢旅