人気ブログランキング |

「DDNK」関西支部報告書(Vol.5)    2007年11月30日

 電柱と電線を無くそう会(D.D.N.K)関西支部
d0083265_17503033.jpg
d0083265_175143.jpg 先日六甲(再度山)から西宮の自宅に帰る途中の路沿い風景です。
 醜い電線と電柱を紅く色づいた街路樹が包み込むように立っています。これはこれで風情のある景色だなあ、と思いつつ同じ道路を100メートルも行かない間に、大変ショッキングな光景を目にしました。
 あまりの惨さに怒りすら覚えました、なんという電線(人間)の傲慢さ・・・


   そこのけそこのけ、電線様のお通りだ!!
d0083265_175157100.jpg
    邪魔者は斬る!
d0083265_17523394.jpg
 寒気のする残酷さ・・・
 新しい電線(ケーブル)を通すために、その高さのところで街路樹の枝葉がバッサリと切り落とされています。
 まるで処刑されたイエス・キリストのように、追加配線された電線の下に力なく立っています。


   沿道の木々たちは殆んど斬首刑執行済み
d0083265_1753935.jpg

d0083265_17534275.jpg 念のために車をUターンさせて、引き返してみると六甲山の麓から麻耶山の辺りまで、数キロの範囲で街路樹の上部が切り落とされていました。
 その数は半端じゃありませんでした。
道路の両脇の街路樹のほとんど全部の樹が無残な姿を晒していました。

d0083265_1754118.jpg









d0083265_17544725.jpg









d0083265_17554410.jpg
 芦屋市に近い場所で撮影した最初の写真、葉を茂らせた街路樹たちもいずれ斬首されるのでしょうか。
 この野蛮な行為をどこの誰が決定したのでしょう・・誰が命令を下したのでしょう。
その人に子供がいたとしたら、この光景をどのように説明するのでしょう・・・
切る前に何か別の方法が考えられなかったのですか?
 例えば、電柱に横木(アーム)を取り付けて、街路樹を交わして配線することも出来たのじゃないですか?

 『枝払いくらいで樹は死なない、素人が感傷的なことを言うな』と、関係者の方に叱られるかも知れません。
では、テレビで毎日のように『我々は地球環境に貢献しています。エコのために努力しています』と繰り返し流しつづける電力会社や電話会社のコマーシャルは、どう言う意味にとればいいのですか??

 息も絶え絶えの命ある樹を、冷ややかに見下ろす、コンクリート製の電柱と電線、
 君たちには生命と心が宿っていない。
 これ以上、自然と人間(日本人)を虐めるのはやめてくれないか・・・

d0083265_1756269.jpg

 電柱と電線を地下の共同構に埋設して、美しい爽やかな景観を取り戻してほしい、との単純な発想で立ち上げた「DDNK」の会。
なにをどうすれば良いかのアイデアも今のところ思い浮かばないが、今日、この残酷な光景を目の当たりにして、ブログを続けている限りは必ずUPしようと、改めて自分に約束しました。

しかし、いつから日本人(行政と関係者)の心はこんなに荒んでしまったのでしょう。





d0083265_11222919.jpg 【イボイノシシからのお知らせと、お願い】
 いつも「なんとかなるさ」blogにご訪問いただいて、ありがとうございます。
現在、毎日更新を目標に頑張っていますが、12月1日からの更新時間を変更させていただきます。
0時~1時の更新タイムを、09時~10時といたします。

 深夜から未明にかけてご覧頂いている皆様には申し訳ないのですが、最近目覚めが遅くなり(朝寝坊・・)、遅刻寸前の危機的日々が続いております(^^;)
 そこで、前日夜(20:00~21:00頃)作成の記事を翌朝出勤前か、出社後にUPさせていただくことにしました。
 ワガママ・イボイノシシのお願い聞いて下さいね、よろしくお願いします。m(__)m

by mahalotakashi | 2007-11-30 00:05 | mahalo@雑記