人気ブログランキング |

本物の秋はどこに来てますか?      2007年11月8日

 イボイノシシの優柔不断的心

d0083265_21432299.jpg
 今日は立冬、空は明るく澄み渡り誠に爽やかである。
 毎月あたふたさせられるコンピューターロックも昨日つつがなく終了、10月予算をパーフェクトクリアできたので気分も爽やかだ。
 今日から1週間くらいの間が「♪サラリーマンは・・気楽な稼業ときたもんだ♪あっソレ!」となるのだが、今月はそうもいきそうにない。

d0083265_2146857.jpg 来週の火曜日~水曜日に社長が重役を引き連れて来阪、2日間ビッシリ会議の予定が入っている。夜のお供もしなければいけない、この歳になっても重役と飲むのは億劫だ。
 その前にまたまた夜のお誘い、得意先の課長さんから「明日(金曜日)一杯やりましょう・♪」の電話、北新地のアルコールがやっと抜けて、風邪引きの症状もなんとか回復したところである。
 酒が入れば我を忘れるオッチョコチョイ・イノシシ・・下手をすれば命にかかわる。
ここはグッと我慢して、部下の中丸君に接待役を指示する。彼も先日29歳の誕生日を迎えたばかり、ソロソロ一人でお付合いくらいはできるであろう・・・

 ただ心配なのは、彼の酒癖、「突然眠り上戸」なのである。
ある一定量以上のアルコールが体内に入ると、そこがどのようにフオーマルな場所であろうと、相手が超重要人物(VIP)であろうと、突然眠ってしまうのである。

 今までにも宴席に何回か同席させているが、度々冷や汗もののパフオーマンスを演じてくれた。お客様が喋っている最中、椅子に腰掛けたまま白目を剥いて熟睡、時にはいびきまで・・そんな時は思い切り足を踏みつけるか、背中にパンチをぶち込むのだが、一旦眠りの世界に旅立つと中々戻ってこない。

 ところが、新地やミナミの「オネエチャン」がいるような店では絶対眠らない。それどころか徹夜でも喋ったり歌ったりする(前回の北新地ブログ参照)

 まあ、そんなことはどうでも良い。今回は彼に任せよう、時にはギャンブルも必要だ。
私の健康のためにも、中丸君の将来のためにも・・・(^^;)

d0083265_214656100.jpg それより今のイボイノシシの悩みは、今週末にどこへ出かけるかということ。
「秋風景と秋味覚を探しに出かけてみます」
 なんて気障なことを昨日のブログで発表したものの、行き先のあては全く無い。
 ビルの下の銀杏の樹をぼんやり眺めながら、頭はカラッポ・・
「さて、どこへ行けば本物の秋に会えるんかいな・・・」

d0083265_21473491.jpg
 御堂筋から会社の在る堺筋まで、中央大通り沿いに植えられた銀杏並木。
 少し葉先が黄ばんできたようだが、まだまだ本物じゃない。

d0083265_2148146.jpg 昼休みに会社のPCで検索開始、近畿地方の紅葉はもう少し先のようだ。
 とは言え東北や北海道まで飛ぶ余裕もないし・・やはり近場でお茶を濁すか・・
 ちなみに、イボイノシシは毎日1本天然水の
「お~いお茶」を飲んでいる。



d0083265_22323164.jpg ネットで調べると大体決まりきったコースの紹介、「これ!」といったのは無い。
 やはり最も多く掲載されているのが「京都」
嵯峨野・嵐山・三千院・南禅寺・・・・いずれも芋のこを洗うような賑わい場所、観光客で溢れ、駐車場は満車、落ち葉は踏みつけられてどす黒く変色。客を呼び込む嬌声とスピーカーから流れる意味の無い音楽。

 観光客は、紅葉を楽しむと言うより、そこに行った、存在したというメモリアルを創るためにひたすら行進する。
自分に対して、友人知人に対しての証明書代わりに、安っぽく加工された高価なお土産を買う、自宅に持ち帰り1年を待たずして忘却の塵屑になるにも拘わらず、である。

・・・このように書くと、随分なへそ曲がりとか、嫌味なおっさんに思われるが、イボイノシシの言いたいことは、安易な商売主義への皮肉であって、嵯峨野や嵐山の美しい紅葉を否定しているものではない。

 せめて秋らしい美味しいものでも・・と思いグルメ案内のクチコミをクリックしてみると、これまたやるせない、怒りのコメントが結構多い。
「失望した」「二度と行かない」「金返せ!」等々、多数の人たちが傷ついているのがわかる。

 名前は伏せるが、嵐山渡月橋の近くの某有名料理店、湯豆腐専門の老舗らしいが客を客と思っていないらしい。
 予約をして訪れているにも拘わらず30~1時間待たされた、挙句の果てに厨房に近い薄暗い席に座らされ、肝心の湯豆腐も少しも美味しくなかった・・・
 松竹梅とランク分けされて、一番安い「梅」でも一人前3600円、上は6000~8000円、
大声で「梅!二つ!」・・「安物を注文したよ!この客は!!」と言われているみたい・・・
 従業員の質も最低、土日専門のパートのおばちゃんらしき数名が、私語に夢中それも聞くに堪えない人の中傷・・湯のみが空いていても、お茶すら持ってこない・・・
 お昼のピーク時は1~2時間待ちで長蛇の列、「スミマセン」の掛け声もなく仏頂面・・・

 イボイノシシなら、絶対に暴れるね!

 というわけで、今週の土日(お天気も崩れるらしい・・)未だにどこへ出かけるか決断しかねている。もう少し時間を掛けて本物の秋が来ている場所を探してみたい。


d0083265_23372242.jpg

by mahalotakashi | 2007-11-08 11:29 | mahalo@仕事