人気ブログランキング |

阪神タイガース、リーグ3位で終了    2007年10月4日

d0083265_9301475.jpg
’07阪神タイガース総括反省ブログ

『今年も山有り、谷有りやったねえ~』


 よく闘いました岡田監督、お疲れさん

 昨日(3日)神宮球場で試合前に、岡田監督が記者団にもらした感想が、『山あり、谷あり・・』発言だった。
 確かに山あり谷ありのリーグ戦であった、イボイノシシ流に言えば「ジェットコースターリーグ」てなところか・・・

 オールスター後、グイグイ登り始め、アレヨアレヨと言う間に驚異的10連勝!頂点に登りつめたところで今度は8連敗の急降下!「ほんに、オシッコちびりそうな」上り下り、よく愉しませていただきました。

 去年に比べると、今年は(特に後半戦)岡田監督の采配が冴え捲くったという印象が強い。只ここ一番の最終局面で、先発・中継ぎ・抑えの各投手、それに野手(打者)コーチ陣に疲れとプレッシャーが襲い掛かり、総崩れ現象になったのも事実だ。来年の課題であろう。
 ともかく、岡田監督以下、コーチ、選手諸君、裏方さんに「お疲れ様でした」と労いたい。

d0083265_1004954.jpg**2007年・阪神タイガース・リーグ戦・成績表**
144試合・74勝66敗4引分け・勝率.529
得点・518(692) 失点・561(556) 本塁打・111(191)
打率・.255(.276) 防御率・3.56(3.58)   
  (  )内は、リーグ優勝した巨人の成績。

 最後の最後に、フアーム落ちしていた今岡選手が復活、ホームラン、適時打で大活躍したが、遅きに失した感は否めない。今岡選手にはクライマックスシリーズで力を発揮してもらいたい。

 来年の課題は「先発投手の安定と、繋がるバッティング」につきるだろう。
今シーズンの先発陣は5回を持たず撃沈されるケースが多すぎた。投手の踏ん張りが無かったのも事実だが、ベンチが後ろ(JFK)に頼りすぎて早めの交代が定着してしまったことも、ヤクルト・横浜戦の無様な連敗の要因の一つと考えられる。
 90試合に登板した久保田投手や渡辺投手、それに桜井選手を筆頭に若手の活躍がなければ、間違いなくBクラス(或いは最下位)であったことだろう。



d0083265_10383665.jpgなんとかなるさブログの反省点

 調子にのりすぎました。ハシャギ過ぎました。
 下位チームを馬鹿にしすぎました。
           ゴメンナサイ・・m(__)m


  ・オリックス・バファローズ呪い卍卍


 イボイノシシ(人間)の性(さが)というか、自分の贔屓チームが勝ってくるとついつい舞い上がってしまって後先が見えなくなるものだ。
 なにも自分が戦ってるわけでもないし、フアンだといっても、阪神タイガースが菓子箱を持って頼みに来たわけでもない。勝手に虎フアンだと思い込んでいるだけなのだが、まるで自分の家族か分身のように錯覚してしまう。

 マイブログに得意げに「俺は阪神タイガースの影のオーナーだ」なんて「お馬鹿コラム」を掲載して悦に入っている。
それくらいならまだ許せるが、連勝して余裕がでてくると「慢心と驕り(おごり)」の気持ちが高ぶり、なんの関係も無い他所さまのリーグにまで口出しをしてしまう。

 通勤途中の地下鉄の駅で見かけた「オリックス・バファローズの宣伝ポスター」を嘲い、冷やかし、馬鹿にしたりした。ブログでさらし者にして得意満面、有頂天になっていた。
 (9月19日)「オリックスはん!どないしはりましたん?」

天網恢々、疎にしてもらさずてんもうかいかい、そにしてもらさず

 有名な「老子」の言葉だ。
「天網」とは天の裁き、「恢々」とは大きいという意味で、天の網はこの上なく大きく、網目こそ荒いが、何一つ取り損ねることはない。
「悪は一時栄えることがあっても、いつかは必ず報いを受ける」というたとえである。

 まあ自分のブログコメントが「悪」とまでは思わないが、オリックスのフアンから見れば「悪意に満ちた嘲り(あざけり)」と受け取られてもしょうがないだろう。
 この冷やかしブログをUPした直後から、阪神タイガース悪夢の8連敗が始まったのである。阪神が優勝を逸したのは、なんとかなるさブログの責任が重いのではないだろうか・・・と独り悩む秋の宵である(反省・・・)

 熱心な阪神フアンへ一言
 最終戦の前日の試合をテレビで観戦している時に、解説者の元阪神のエース「江夏豊氏」が、『タイガースフアンの熱心さは分かるが、相手方のピッチャーが途中降板する時にトランペットや手拍子で「蛍の光」を大合唱するが、如何なものか・・真に野球を愛する人なら、絶対にやってはならない行為だ、野球人というより一人の人間を傷つけている』と言っておられた。同感である。

 熱心なあまり、我を忘れて人を傷つけるような行為や言動は慎まなければならない。「たかが野球風情に」と言われるかも知れないが、子供たちまで巻き込んだ「品の無い応援」は、ぜひとも慎んでいただきたい。

 最後に、オリックス・バファローズさんに敬意と尊敬をこめて、今年最後のポスターを掲載させていただきます。
d0083265_19475378.jpg

by mahalotakashi | 2007-10-04 21:50 | mahalo@野球