人気ブログランキング |

ゆっくり急げ!?               2007年3月30日

 のんびりいそがしい?

d0083265_11541752.jpg 今日は年度末最後の週末、カウントダウンや紅白歌合戦はないけれど、大晦日みたいなもの、朝からドタバタが続く。
 ゆっくりブログでも・・なんてとんでもない、出先から一時帰社した合間にデスクでランチを摂りながら、大急ぎでキーボードを叩く。多分まともなのできないだろうなあ・・と思いつつ。
出社するや否や、九茶所長『一緒に行ってもらえませんか?』と声をかけられる、「どこへ」と聞くと『アマの王子製紙』と言いながら歩き出す。

d0083265_12452293.jpg ビル1階の立体パーキングでスタンバイして待つ所長。
「朝のコーヒーくらい飲ましてよ」ブツブツ言いながら助手席に乗り込む。中之島の公会堂の前を抜け梅田経由十三(じゅうそう)回りで、尼崎市の王子製紙㈱神崎工場へ向う。車の中でミーティング、関西各地に10ヶ所ほどある物流子会社王子物流㈱が、近々に集約されて北大阪周辺(丸秘)に総合配車センターを設立するとの情報を入手したらしい。

d0083265_1259429.jpg 「参入条件を有利に運ぶためには、今日を除いて日が無いんですよ」と所長。大阪営業所で王子製紙と一番古い付き合いの私に援護射撃(営業の)を頼んできたわけだ。車は30分くらいで工場に到着。工場奥の会議室へ通される、いきなりなので何の準備も出来ていない、まる1年ぶりの訪問だ。


d0083265_13194682.jpg まさにグッドタイミング!絶妙の訪問となったようだ。当初担当係長等2名だった相手側、時間がたつにつれ人数が増え、課長、部長が席に着く。例の「運輸安全マニュアル」の取り組みを全面に出し安全重視の姿勢を売り込んだ、最後には神崎事業所長まで会議室へ入室された。2時間近く説明とお願いをして終了、王子製紙側からも貴重な情報をいただけた。帰りの車の中『いやあー助かりました、バッチリですよ』チョーご機嫌の九茶所長。

 助手席でブログ用にと携帯で写真を撮り続ける私、午前中はあっと言う間に過ぎた。


 ところで、このブログ最初のころから訪問いただいてるみなさん、何か変だと思いませんか?去年の社長との話し合い、定年を迎えて再就職の際後進の指導教育に頑張り後は無理せずのんびり・・て、話じゃなかったっけ?
 怒っているわけではありません、逆に嬉しい気持ちです。
こうして人に頼られ、第一線で仕事が継続させてもらえる、忙しいけど、今の私は幸せです。充実感もあります、もう暫らくは 「ゆっくり急いで見ましょう・・か」

by mahalotakashi | 2007-03-30 13:49 | mahalo@仕事

オーパスワン届きました。          2007年3月29日

 エキサイト株式会社 御中
 
 まず最初にお礼と報告です。
エキサイトブログ3周年記念プレゼント、「山村幸広社長のビンテージワイン・オーパスワン」
本日自宅に届きました、まさか当たるとは思わなかったので本当に感激しました。ブログ歴半年の私が頂くのは申し訳ないような気持ちですが、しっかり味わって飲ませていただきます。まずは、御礼まで。

 PS, 山村社長さん痛風で大変ですなあ、お見舞い申し上げます。私も10年ほど前に患いました。医者の勧めで日本酒とビールを控えワインとスコッチで通しています、それからどんなときもご飯(白米)は小ぶりの茶碗一杯を徹底しています。おかげで再発もせず元気にやってます。余り神経質にならない方が良いですよ、どうぞお大事に。




----(ここからブログです)------------------------

d0083265_23341045.jpg 感激の対面「作品番号1」

 年度末で結構忙しい1日だった、気温も高く4月中旬か下旬の陽気だとか、道理で汗ばむ感じがした。「早く風呂に入りてえ!」午後6時過ぎに会社を出る。日が長くなり空はまだ薄明るい。

 市営地下鉄の堺筋本町駅から南森町駅まで、谷町線に乗り換えて東梅田駅へ、人ごみに押される感じでホワイティ地下街から阪急三番街を抜けて、阪急電鉄梅田駅に到着、あいにく特急電車は超満員、とっぷり暮れた大阪の街を窓越しに見ながら西宮北口駅にたどり着く。

                                   
                           (私の勤務先が入居しているビルです)


d0083265_0131029.jpgd0083265_0133744.jpg 「タダイマァ~!熱い熱い、風呂風呂!」と玄関のドアを開けた、奥から『小荷物届いてるわよ!』と女房の声、下駄箱の上を見ると<割れ物注意!>のラベルを貼った小包が置いてある。差出人の名前を見ると、エキサイト㈱とある。 


 「オウッ!届いたか、それにしても早いなあ!私書箱に入ってたエキサイトさんのメールでは4月上旬頃発送します、とあったんだけど・・」独り言を言いながら、上着を脱いでネクタイを外し(入浴のことも忘れ)リビングに直行。

柄にもなくワクワクドキドキしながら、包みを開く。
d0083265_036243.jpgd0083265_0365761.jpgd0083265_0372262.jpgd0083265_0375851.jpg
 間違いない!あのビンテージワイン、OPUS ONE が「ハロー!」と言いながら登場した。 

d0083265_0535494.jpg
       早速オーパスワンに裸(?)になってもらい、シャッターを押し続ける。                

          
d0083265_058999.jpg 
シンプルだが何か引き付けられる。

d0083265_0595241.jpg







OPUSONE-オーパスワン
クラッシック音楽で言う
「作品番号1」の意味。
日本ではほとんど入手できない知る人ぞ知る希少レア・ヴィンテージワインだ。



 たまに東京で限定販売されることがあるらしいが、西宮市に住む身としては手の打ちようがない。どうしてもほしければカリフオルニアの“オーパスワイナリー”まで直接買いにいくしかない、試飲だけでも$25ほどするらしい。

 思いがけない出会いに興奮と感謝をしつつ「さて、いつ飲もうか?」と悩み始めた。
串カツ事件の反省もあり、うかつな飲み方はできない。ローストビーフあたりが最適と聞いたこともあるが・・・エキサイト山村社長も禁酒宣言中、プレゼンターを差し置いて飲むのも気が引ける、近いところでいえば5月1日が結婚記念日「けど、カミさん飲めないしなあ~」


 勇気を出して<OPUS ONE>を頂くときは、念入りに報告します。

by mahalotakashi | 2007-03-30 12:03 | mahalo@食卓

馬に乗る人類(仕事・競技・遊び) No.9

騎 兵 隊

 戦いの中から生まれた騎兵隊、十字軍・ローマ軍・オスマントルコ・モンゴル・・日本にも存在していた、近代史に暗い影をおとしたが歴史は古い。
現在は、歴史・伝統・名誉の継承として儀礼を目的とした乗馬部隊で、各国の軍隊に常設されている。

                 フランス共和国衛兵騎兵隊
d0083265_16493779.jpg

d0083265_16531971.jpg
 世界的に有名なのは英国の近衛騎兵(ホース・ガーズ)だが、フランスも力を入れている。
                 フランス衛兵騎馬軍楽隊(下)
d0083265_16572182.jpg

d0083265_177186.jpg
 衛兵騎馬隊長、フランスの騎兵は集団行動の上で卓越していると言われる。軍服もナポレオン時代の雰囲気を残しつつもスマートだ。馬達も良く訓練されている。

             共和国衛兵騎兵連帯・槍のメリーゴーランド
d0083265_171331100.jpg
d0083265_17143960.jpg




d0083265_17213077.jpg
----英国近衛騎兵連帯(ホース・ガーズ)-----------

d0083265_17341634.jpg

















            バッキンガム宮殿近くを行進する近衛騎兵連帯

           英国騎兵連隊司令部(ホースガーズ)正門警護兵
d0083265_1741029.jpg














d0083265_17521394.jpg
 ホースガーズ警護兵

イギリス(ロンドン)に行かれた方なら必ず遭遇するのが、バッキンガム宮殿を警護する英国近衛騎馬兵だ。
威厳に満ちた物腰で背筋を伸ばすその姿に観光客は魅せられる、馬もまた選りすぐられた名馬でこれまた威厳を保つ。大英帝国の歴史と名誉の象徴である。


 写真はバッキンガムではなく
 司令部(ホースガーズ)前。





            ホースガーズの近衛騎馬連隊交代式の模様               
d0083265_1864338.jpg


                英国騎兵軍楽隊(ホースガーズ)
d0083265_18163552.jpg

d0083265_18224942.jpg
バッキンガム宮殿 
中央の軍楽隊員の騎乗している白馬は体重800kgを越すシャイアー種。

d0083265_1274652.jpg
        女王陛下の近衛騎馬連隊、王室の警護が最大の任務である。

d0083265_12305842.jpg
         ロンドンハイドパーク付近を行進する近衛騎兵連隊

d0083265_1237192.jpg
           交代式に向う近衛騎兵連隊、馬は同種同型整然と進む。


d0083265_12452665.jpg
        国賓などを護衛する近衛騎馬連隊、雨風にも隊列は乱れない。




 ヨーロッパが騎士道なら、日本は武士道。次回は再び日本に帰ってみよう、日本にも素晴らしい馬と武士たちがいる。





                

by mahalotakashi | 2007-03-30 00:10 | mahalo@動物