人気ブログランキング |

みなさまゴメンナサイ!           2007年3月27日    

 わがままオヤジのミステーク

 イタリア語で「ごめんなさい・許してください」てどう言うのだろう。

d0083265_10403156.jpg 日曜日の夜我が家で開いた串カツパーティ、メニューを決めたのは私だがこれにワインティーストをやれば一石二鳥とたくらみ、取って置きのイタリアワイン<チェスコン ソービニョン ヴェネト>を出した
“お馬鹿なオヤジ”
 ベネチアからぶどうの小枝を粋に結びはるばる日本へ来てくれたのに、寄りによって脂っこい牛・豚・鶏に鰯・鯵・キス・海老などの魚貝類・・合う筈ないよな。昨夜夢の中にヴェネトが現れてイタリア語で説経された(夢だから意味は分かった)『オヤージ!クシカーツには、ビールじゃろうが!このマヌーケセニョールめ!ビアンコ!バカンコ?』
『チョベリーニ・ムカツーク!』とも言われた。

 イタリアの醸造元 チェスコン家の皆様に心よりお詫びもうしあげます。



d0083265_10555612.jpg そして、娘婿殿よ許せ!油鍋の前に座らせ「テンプラ屋の親父」みたいなことさせて、本当に申し訳ない。油は飛び散るは、熱いは(汗かきタイプ)次々にネタを放り込まれ揚げるのが精一杯、自分の分は後回しにしてみんなの皿に選り分ける・・
 さぞかし辛かっただろう、「油地獄」か「火炎地獄」か『俺って何をしているのだろうか?』てな表情してたなあ、本当にゴメン。

 婿殿そして実家のご両親様、決して虐待したのではありません、お許しください。

d0083265_1111482.jpg それから4歳と2歳の孫娘「悪いジイジでごめんね、ブログで大暴れして帰ったなんて書いて」油の煙がモウモウ、大体幼児に串カツが合うわけないよ!タミフルよりたちが悪い。つまんないから暴れて当然、悪いのは全部爺ちゃんです。
 おまけにしらけた空気を治そうとまたまた取り出してきた’06ボジョレーヌーボー、『車だから』とパパもママも飲まない・・悪ジィ一人でガブ飲み、堪忍ね。

 息子夫婦と孫達よ、許してチョウダイ!これに懲りずに又きてねホントニゴメン。

d0083265_11272235.jpg 最後に奥方と娘にごめんなさい!油負けして箸が進まず結局大量の材料が残ってしまった『キンキンに冷えたビールの方が食欲進むのに・・・』の忠告を無視して我ペースの独断親父・・ほとほとあきれた、と言う表情で後片付けと洗い物されていましたなあ・・お許しください。


 毎度毎度の我侭放題、新しい家族が増えても変わらんアホ親父、見捨てないでネ。



    エブリボディ、ベリィーソーリィー!!

by mahalotakashi | 2007-03-27 12:03 | mahalo@西宮

馬に乗る人類(仕事・競技・遊び) No.6

 世界のホースポリス・P-3・オセアニア&極東編

 アジア編で馬に乗り遅れた(?)日本と、オーストラリアの騎馬警官。

d0083265_20375755.gifd0083265_20382468.jpg










 オーストラリア騎馬警察隊はイングランドの流れを明るくバージョンアップした感じ。

d0083265_2051338.jpgd0083265_2059328.jpg











 日本からの観光客が年々増加するオーストラリア。麻薬犯罪なども増えて騎馬警察隊も大忙しだ。でも馬達の表情はどことなくのんびりして見えるのは気のせいか・・


-------------------------------------

 さて日本のMounted Police(騎馬警官)の登場。
d0083265_2225394.jpg
 写真は警視庁騎馬隊、これとは別に「皇宮警察騎馬警官隊」がある。

d0083265_21545389.jpg 
 皇宮警察騎馬警官
皇居及び京都御所、那須や葉山の御用邸での護衛にも携わる。
主に皇室関係者の警護やパレードが任務だ。明治7年の創設というから由緒ある組織だ。関東地区にお住まいの方は、皇居周辺や馬事公苑で見かけることも多いだろう。

 警視庁の騎馬隊は交通安全にもかなり力を注いでおり、内部組織に第三方面交通機動隊を抱えている。
年間400回ほど交通安全の啓蒙活動に関わっている。
馬が身近で見れるので子供たちには大人気だそうだ。



      こちらは平成6年に創設された、京都府警 平安騎馬隊
d0083265_2320792.jpg
 観光地パトロールと水辺パトロール、学童安全対策を主な任務としている。時代祭りや葵祭りなどにも参加する。
d0083265_23255672.jpg
d0083265_23263742.jpg










d0083265_23293662.jpg

d0083265_23324552.jpg

d0083265_23333298.jpg

d0083265_2335163.jpg

 写真でも分かるとおり、日本の馬は美しい、よく手入れされている。乗用車などと同じで日本人は乗り物を大事に磨き上げる習慣が昔からあるようだ。



 さていよいよファッションの本場ヨーロッパの騎馬警官に移りたいが、その前にチョット寄り道、次回は世界の馬と人のふれあいアラカルト。

by mahalotakashi | 2007-03-27 00:02 | mahalo@動物