人気ブログランキング |

孫正義社長は、経営する経営者?   2006年10月27日


d0083265_18524695.jpg
                    孫正義社長


またまた発信箱に面白い記事を見つけた、本文の中で孫正義氏率いる
ソフトバンク社以外の実名企業は全て我が社(物流)が関わる最重要な
顧客であり、若干気がひけるが全文掲載した。


発 信 箱

経営をしないトップ         中村 秀明(毎日新聞・経済部)


 社長だから「経営者」と呼んでいいとは限らない。

その点、ソフトバンクの孫正義社長は、きちんと経営をしている。

 携帯電話の番号継続制度スタートで、自重すると思われた価格競争に

打って出た。「日本の携帯料金は世界一高い」と言い続けてきた挑戦者と

して、戦略を練り、リスクを冒しての決断だ。

 新興企業の孫社長がまともな分、老舗のダメさが際立つ。

 JFEや神戸製鋼所などの鉄鋼大手は、業績連動制ボーナスの算定方式

を見直すようだ。業績に連動する増額の幅を圧縮する考えで、「利益が急拡

大しているので、支給額を抑えて経営負担を軽くしたい」という。労組も、悪化

した時の減り具合も少なくすると言われ、納得する構えだ。

 なんとメリハリに欠けるケチな話か。トップも労組も、タコツボの発想である。

好景気の実感が薄いのは「企業がもうけている割に、従業員の所得増につな

がらないせい」と言われるのに・・・・。他業界や下請けなどへの影響といった、

想像力は働かないのだろうか。「鉄は国家なり」の自負は、もう昔なのか。

 紙業界も迷走している。一部のトップが、王子製紙の仕掛けた買収を「業界

に亀裂を生じさせた」と批判。王子に日本製紙連合会の会長職辞任を求めて

いる。そんなことで、もめるほど余裕のある業界だろうか。

 慈善活動に私財を投じるビル・ゲイツ氏や10年間の企業収益を温暖化対策

に回すリチャード・ブランソン氏ら海外の経営者には 「おっ」 とうならされる。

一方、日本の経営者には 「げぇ」 とがっかりすることが多くて、気が重い。

by mahalotakashi | 2006-10-27 19:00

Nick of a Gentleman (紳士のニック)に逢いました。


d0083265_2014318.jpgHello





穏やかなある日、イボイノシシは隣の隣にあるサバンナへ出かけました。
サンノミヤ・サバンナ といって、昔々若い日のイボイノシシが自由に
走りまわっていた草原です。
そこで偶然懐かしい出会いがありました。
その時の会話を忠実に再現してみました、ジックリ読んでください。
 イボイノシシの本音がわかるかも・・・

サンノミヤ・サバンナに着いたイボイノシシがステーションロックと呼ばれる
大きな岩山の北側を歩いている時でした、岩の陰から突然声をかけられ
ました。

『あの~、スミマセン、イボイノシシのおじさんじゃないですか?』

「えっ、イボイノシシだけど、君は・・・??・・」


d0083265_21403089.jpg『ボクですよ、丹波の紳士と
 呼ばれるニックですよ』


「丹波の紳士ニック?」
「丹波の獅子にっく??」
「獅子肉・猪肉・ししにく・・・」

「あっ!思い出した!!」
「シシニク君か、ベセットの
 息子のシシニクかー!」
「なつかしいなあ!お父さん
 元気か?ベセット氏は」

『去年の冬亡くなりました』

「そうか、君のお父さん
 冬場になると箸を持った
 人間に追いかけまわされ
 てたからなあ」


d0083265_2265434.jpg「ところで、お母さんはどうしているのたしかボタンナさんと いったよな」

『母も同じ時期に亡くなりました』

「お気の毒になあ、ボタンナさんとベセット氏・・・」
「ボタンナとベセット、ボタンナベセット、牡丹鍋セット!」
「食べたいなあ・・」


『イボイノシシの叔父さん・実はボクは架空の登場人物だけど、あきれますわ
 おじさんのその発想・・あほらしくて涙が出てきますわ、どこでそんなこと
 考え付きますの、ショウモナイたわごとを・・』


「そやなあ、通勤電車か便所の中で・・ほっとけ! ところでシシニクよ
 こんなところでなにしてんの?」

『客寄せのバイトですわ、時間がきたら鼻から噴水出しますねん』

「そうか・・君も一匹イノシシで頑張ってるんやなあ」

『急に訛ってきましたなあ・・ところでオジサンこそ一人でなにしとぉん』

「無理して神戸弁つかわんでもええわ、俺は今日チョットした用事でこの
 サンノミヤ・サバンナへ出かけてきたんやけど、エライ変り様やなあと
 感無量になってたとこや」

『そういえばオジサンあの大地震の前にこのサバンナ出ていきましたもんね、
 サンノミヤ・サバンナも大変な状況でしたよ、でもよく立ち直りました、
 ここまで見事に復興するとは思いませんでしたよ当時は・・・ホントに感無量
 ですわ、グスン・・』


「なんや、今度は泣いてるのかいな、そやけどシシニク君よ街並みは復興
 しても心の傷はなかなか治らんぜ、家族を亡くし恋人を亡くし知人を失った
 心はまだまだ癒されてはいないと俺は思うな」

『でもオジサン、後ろばかり見ていても進歩がないんじゃないですか?
 嘆いても悔やんでも、叫んでも、地震の前の生活には戻れませんものね』


「君も大人になったなあ・・その通りや、時計は戻らん、自然は残酷や・・」

『眠っていても、起きていても・・・』

「秒針は回る。 何かをしてても、しなくても・・・」

『時間は過ぎる。 恋をしていようと、失恋していようと・・・・』

「年月は流れる。  有名人であろうと、一般人であろうと・・・・・」

『歳を重ねる老いて行く。形あるものは全て滅びる朽ちて行く・残酷ですね』



「その通り、自然は残酷や、しかしその自然に癒され自然に保護されて
 いるのも我々生き物や、自然を破壊し今エコで自然を守ろうとその場
 その場のわがままを自然は全く意に介せず無視して進み続けている
 わけや」

『難しい話しになってきましたね』

「難しいことあらへんがな、おれの言いたいことは、みんな自信を持てという
 ことや、自分だけが取り残されているとか、自分は人より劣るとか思う考え
 を持つなということや、みんな一緒ということ」

『みんな一緒?そんなことないでしょ、やっぱりそれぞれ大きな差があると
 思いますよ、容姿とか肉体的差それに能力や技術にしてもトップとビリで
 は凄い差ですよ、現実にボクは男やから女の子にもてたいと思うし、
 そのためには髪型や服装立ち振る舞いにも気を使いますよ、オジサン
 だってそうでしょう?』


「なんで、女の子に、もてたいんや?」

d0083265_22554235.jpg『なんでって・・可愛い女の子と・・・付き合って・・』

「付き合って、どうするんじゃ!」

『怒らんでもええやないですか、付き合えば楽しいし
 ・・それに・・』


「それに、なんじゃ!!ハッキリせい!男なら!・・
 牙折るぞ!!」

『なにをそんなに興奮してるんですか、落ち着いてくださいよ、
 穏やかに話しましょう。だからボクの言いたいことは自分を磨き高め
 自らにふさわしい相手を見つけたい・・と言うか・・素晴らしい女性に
 出会いたい、ということですよ。』


「興奮して悪かったな、ところで君の言う素晴らしい女性て、どんな女性?」

『そりゃあ、容姿端麗、頭が良くて、優しくて、ボクに尽くしてくれる女性です』

「そんな女おらへんわ、まだまだ青いなあ、君、養老院へ行ったことあるか?
 特別養護老人ホーム、去年亡くなった俺の母親がしばらくお世話になって
 いて、よく面会に行ったものや、秋の運動会、クリスマスイブ、お正月と
 結構催し物も多彩で家族は、それぞれおばあちゃんやおじいさんに
 逢いにくるわけや、久しぶりの家族の逢瀬、みんな笑顔で懐かしむ。
 でも、逢うたびお袋が小さくなっていくわけや、枯れ木のようにな・・・」

『はあ・・・』

「100人くらいが暮らしていたホームやったけど、いろいろな老人がいた
 多分昔は素晴らしい女性、いわゆる君の言う容姿端麗であったろう
 おばあちゃんがな、食事の時に大声を出して暴れてるわけや、看護士も
 手を焼いているのがよくわかる、多分そのおばあちゃんは、『なんで私こんな
 所にいるの?絶えられない!何故?なぜなの・・』と心の深いところからの
 悲痛な叫びを発していたのだと思う。」

『それは、容姿端麗であろうとなかろうと、誰でも同じでしょう?』

「違う!心!心の問題や、その元容姿端麗のおばあちやんの肩をかかえて
 なだめてる、お世辞にも別嬪さんと言えないおばあちゃんの優しい笑顔、
 心の美しさと言うか余裕、自分の世界を生き続けた、という達成感を俺は
 感じたなあ」

『解りました、自分を大切に、短い一生、今を大事に生きろ、短い人生
 心を磨け、ということですね』


「違うなあ・・そうじゃなくて、どう言えばわかるかなあ、好きなように生きろ
 まわりを気にするな、生きたいように生きろ、と言うことや」

『よう解りませんわ、禅問答みたいになってきましたね・・』

「シシニク君、素晴らしい女性に出会いたいと言うことは結婚を前提に
 してるわけやろ・・」

『そりゃぁ十代の頃ならいざ知らず、三十路を超えればやはり結婚は
 真剣に考えますよ』


「で、その条件が容姿端麗の才女、、かい?」

『・・・・・・・・・・・』

「君自身はどうなんや、容姿に自信持ってるのかいな」

『イケメン、とは思ってませんけどそんなにヒドイとも思いません』

「そうか、イケメンじゃないと認めてるわけやな、謙虚でよろしい」

「そこでや、もし君の理想とする容姿端麗才色兼備の女性がいて
 『私、イケメンの人とでなきゃ一緒に暮らせません』と言ったらどうする?」

『そんなチャラケタこと言う女こちらからお断りですわ!』

「オイオイ!完全に矛盾してるで君の思考は・・・チャラケタことを
 ほざいているのは、シシニク君、あんたやで」


「さっきも話したように、自然は残酷や、時は超スピードで過ぎ去って行く
 君とこうやって話し合っている間に、時計の秒針30回転以上してるやろ
 美しい顔素晴らしい肉体も一瞬にして衰えて行く、それが生物の定めや
 もし、結婚の前提が容姿だけだったら100パーセントのカップルが3年
 以内に離婚するよ保証するわ、そんなバカな考えを持っている者は
 いないだろうがね」

『なるほど、なんとなくわかるような気がしますわ』

『要は、姿カタチじゃなく、気持ちの問題、というか心の繋がりを大事に
 ということですね』


「そいうこと、二人で楽しく生きたいように生きる、時間を気にせず
 流れのまま、やがて子供が生まれ家族がそれぞれを尊重しながら
 よけいなことに気を使わず、楽しく生きて行く、おもいやりと感動する
 心さえ失わなければ人生は最高にハッピーや」


『おじさん・・本当はこのブログでミスターXとイボムスメちゃんのこと
 書きたかったんでしょ・・』


「ジョークも度が過ぎると、心を傷つける・・ということや、俺はまったく
 意識してなかったけど、最初のタイトルと君の写真が彼女には
 たまらんかったようで、凄い剣幕で怒られたわ・・」

『そら、オッチャンが悪いわ、彼女今一番ナーバスな時期やで・・
 せめて全文書き終えてからチェックしてもらったら誤解は解けた
 と思うけどね』


「まあ、そう言うな、いずれ時期がくればまた君のところへダベリに
 くるわ、それまで 全て 封印 しておくわ・・・チョット寂しいけどな・・」

『オッチャン、そんなに気を落とさんと元気だしてえな・・
 昔よう言うとったやんか、

  山より大きい猪(しし)は出ん!なるようになるんちゃう!



「ありがとう、紳士のニック君、お互いこれからも生きたいように生きような」



そして、イボイノシシはサンノミヤ・サバンナを後にしました・・トボトボと・・ 

d0083265_20472511.jpg

by mahalotakashi | 2006-10-27 06:15 | mahalo@西宮