人気ブログランキング |

イボイノシシの父はプレデターだった。 20XX年10月21日


d0083265_1829688.jpgヤッホー!!
イボイノシシです、今日はイボイノシシのお父さん
厳父イボタロウのお話です。
少し怖いストーリーと写真がでてきます。
心臓の弱い人と18歳未満の方はご退席を願います。

四分の一世紀(25年)ほど前の丁度今ごろの朝、寝床からいつまでたっても
起きてこなかったイボタロウは眠ったまま天国へ旅立ちました。

d0083265_1964490.jpgイボタロウの家族は麦畑に囲まれた小さな村で暮らしていました。イボイノシシもこの村で産声をあげました。実はイボタロウは「雲海」という称号を持つお坊さんだったのです、お坊さんといっても自分のお寺を持たない修行僧で、滝に打たれたり山中に篭もりお経を唱え、自分自身を高めていく生き方を貫いた人でした。

 一家の生活は母が経営する小さな雑貨店の売上と父の信者さんからのお布施でささやかに成り立っていました。とにかくイボタロウは自分に厳しく又家族にも厳しい人でした。優しい顔をした父の思い出はありません。


d0083265_19302018.jpg
ちょっとしんみりしましたが、恐ろしい話、ハチャメチャストーリーはここから・・・

こともあろうにイボタロウ、自分一人で修行するのは勝手だが3歳に満たない
我が息子(イボイノシシのことです)を連れて山中を歩き回ったりお堂に篭もり
現在なら幼児虐待で訴えられるような行動を取っていたのです。

d0083265_19471243.jpg3歳の誕生日のことをいまだに記憶している、昨日のことのように・・
厳冬の2月凍えつく高野山の奥の院白い修行装束を着せられ大師廟前の幅の狭い縁側で一晩中震えていたイボイノシシ。不気味なフクロウの鳴き声が今も耳に残っている。後年この時の動機を父に聞いたことがある。『お前が2歳の時ジフテリアという大病で死にかけたことがあった。その時お父さんは、お大師様にこの子を助けていただければ必ずお礼参りさせます、と願をかけたからだよ』

母に聞くとその時父は、三日三晩食べ物も摂らずお経を唱え続けていたという。

d0083265_20451886.jpgそれで終われば感動の父息子ストーリーだったが・・

その後イボイノシシが小学校に入学するまで

このお礼参りという儀式は延々と続いた。

 山奥の滝に連れていかれ身体が真っ赤に

なるほど落水を受け、大峰山で崖覗き

生野銀山近くの深い山中を歩き回り

覚えているだけでも10くらいの霊山を制覇した。


d0083265_2185545.jpg

その後もイボタロウは全国の山々を走りつづけた。
四国八十八ヶ所を徒歩で10回以上最初から最終のお寺までパーフェクトに
お参りしたという記録も持っている。

父の死後数年たったころだったと思うが、シュワルツェネッガー(フアンである)
主演のハリウッド映画 プレデター←(クリック)を見た。
暗い映画館の中、ジャングルを走り回る怪物を見た瞬間、
思わず声をあげた。

      「親父じゃないか!!懐かしい!!」 


 (注)この先、結構刺激強いので心臓悪い人退席してね。






d0083265_21432374.jpg

     「お父さん・・・」 イボイノシシは涙がでそうになりました。


d0083265_21511158.jpg

山中を駆け回るプレデター、在りし日のイボタロウの姿でありました。


d0083265_21583441.jpg


  イボタロウは今も走り続けているのでしょうか天国の山々を・・・・
   
       自分自身を高めるために、家族のために・・・





       引出しの奥から懐かしい写真が出てきました、

     イボタロウとイボイノシシと弟のイボタイガーの貴重な一枚です。
d0083265_22232074.jpg


       (少し茶化しましたが、プレデター以外は実際の話です)

by mahalotakashi | 2006-10-21 18:57 | mahalo@西宮

丹波のくろまめ届きました。        2006年10月21日


朝早く、篠山市に住む弟から宅急便で小荷物が届いた。

包み紙を開けると、

         丹波特産 川北黒大豆の枝豆 だった。

d0083265_9422241.jpg


毎年この時期に届けてくれる嬉しい贈り物だ。

d0083265_946698.jpg川北黒大豆枝豆組合のコメント

丹波黒大豆の枝豆は、
その黒大豆が成熟しきる前の
状態の物で、丹波の特産物と
して大変人気の高い物です。
中でも、川北黒大豆は、
青山藩の献上品として使われ
たほどの、名高い特産物です。
    -中略ー
枝豆には、コリン・ビタミンB1
ビタミンE・タンパク質などが
含まれていて、悪酔いの予防
にも効果があります。
さらに、繊維質も多いため、
女性の美容食としてもお奨め
できる物です。
 丹波黒大豆の枝豆の中でも
豊かな自然の中で育った川北
黒豆は、甘みもうま味も日本一
といってよいでしょう。


 いつもいつもありがとう、

            遠 慮 な く い た だ き ま あ す。

by mahalotakashi | 2006-10-21 09:42 | mahalo@食卓