人気ブログランキング |

今日視程が10Km以下になりました。 2006年10月19日


d0083265_209023.jpg


   視程(してい)

  天気用語である、視界とか視野とは違う。

水平方向に肉眼で物体がはっきりと確認できる最大距離のこと。

観測地点からの距離がわかっている目標物があればそれが見えるか

どうかで、 視程 を決めることができる。

 視程は当然方位により異なる可能性があるので、気象観測では

全方位で最も小さい視程 すなわち 最小視程 を報告する。


d0083265_20432369.jpg
                   関西空港管制塔

日本やアメリカの飛行場では、全方位のうち50パーセントがはっきりと

見とおせる距離、すなわち 卓越視程 を報告する。


(勉強になりました?)

そして、今日大阪地区は最小視程が10キロをきりました。

ほんの少し前、10月13日の金曜日は、30キロ以上ありました。

空気が停滞してよどんでいるわけです。

明日からは空気が入れ替わり、本格的な秋の到来となるそうです。


地球って、知らない間に、 なんとかなってるものなんですね。

by mahalotakashi | 2006-10-19 20:13 | mahalo@西宮