人気ブログランキング |

毎日新聞、朝日新聞を笑う。       2006年10月16日

d0083265_20163384.jpg
                   靖 国 神 社


10月16日(月曜日)毎日新聞の朝刊で面白いコラムを見付けた。

「発信箱」なる囲み記事で結構愛読している。

記者や編集者の本音が出ていて愉快だ、今日は論説室の

与良 正男 氏の 本音?少し長くなるが、本文を掲載してみた。

どう捉えるかは、読む人のご自由・・・


 発 信 箱

本当は悔しい?朝日新聞     与良 正男


安部晋三首相が村山談話の踏襲など歴史認識を軌道修正

したことについて、先週の本欄で「首相の変節を評価する」

と書いた。

最初は「首相の立派な変節」とか、もっと皮肉った見だしを

考えたが、首相も国を思って持論を抑え日中、日韓会談を

再開させたのだ。素直に評価すべきだと思い直した。

 こんな話を改めて書いたのは、12日付の朝日新聞社説

「君子豹変(ひょうへん)ですか」を読んだからだ。

 「拝啓 安部晋三さま」で始まるこの社説も首相の豹変は

「大いに歓迎すべきこと」という。だが、続きはこう。

 「『これじゃ朝日新聞の主張と変らないよ』。旧来の安部さ

んに期待した人たちからは不満も聞えてきそうです」

 ここに、朝日のおごりを感じないわけにはいかない。

政権発足前から「タカ派首相の危うさと不安」を最も書き続

けてきた新聞は朝日だ。当時私は、まだ何もしていないうち

から、ここまで騒ぎ立てるのはフェアでないと思っていたが、

修正すると今度は嫌みのオンパレードである。

 いくらNHKの番組改変問題をはじめ首相と対立してきた

とはいえ、私には「どうだ、朝日の歴史認識の正しさが分か

ったろう。ざまを見ろ」と言ってるようにしか聞えない。

 ここからは邪推。本当は朝日は首相の軌道修正が悔しか

ったのではあるまいか。もっとイケイケドンドンの安部首相ら

しさを出してもらった方が批判がしやすいのに・・・・・

そんな思いが行間ににじみ出ている気がするがどうだろう。

 メディアは謙虚で素直でありたいと私はいつも思っている。

by mahalotakashi | 2006-10-16 21:23