人気ブログランキング |

シチリアで、 I want to die!    2006年10月」15日

d0083265_22191554.jpgボンジョルノ・セニョーラ!

暴走孫娘にひき殺されかけたイボイノシシ、
溺れ死んだコスモスを必死で介抱しています。
コスモスよ!死ぬな!頑張れ!生き返れ!!

生きる屍(しかばね)状態のイボイノシシ、ぼんやりテレビを見ていたら
見覚えのある風景が・・・
我が懐かしき第二の故郷、シチリアが映っている。

d0083265_22482075.jpgd0083265_22493261.jpgイボムスメの部屋、コンコンとノック。
白い花ボーッと見ているイボムスメ・・
悪かったかなァ・・
「シチリアの特集テレビでやってるぜ」
       『本当!見なければ、見なければ!』
        リビングへ飛んできた。


<13日の金曜日>のブログで、幽霊や心霊現象は信じない、と
言ってたけど、イボムスメには子供の頃からズーと言い聞かせていた
ことがある。(いわゆる、前世の生まれ変わり、輪廻の思想だ)

『イボムスメよ実はお父さんは、イタリア貴族の生まれ変わりなのだよ』
d0083265_23115169.jpg
「お父さんは前世では、イタリア北部の都市、ミラノ
言う街の貴族の生まれだったのさ。」
「冬になったらシチリア島に避寒に行くんだよ・・」
「フィレンツェやローマを経由してね・・・」
ひざの上に乗せ、肩車をしながら・・話してきた。
そのせいか、子供ののころからパスタとピッツァ
には、目がない。

チョット刺激が強すぎたのか、無類のヨーロッパ好きに・・・・
イボムスメ、イタリアには2~3回くらい足を運んだようだ。

d0083265_2341598.jpg定年前か定年後は別として、
来年は必ずイタリアの土を踏む。
ナポリを見ずして死ぬな!
(間違ってるかな?)
と言うではないか。

なんとなく、イタリアンjの
生き方、人間性が自分の
求める生き方に近いから
(女好きは別?)
心のホスピタルみたいな
国に思える。


で、話しは戻るが、シチリア。

d0083265_23545852.jpgd0083265_23554394.jpgd0083265_2356196.jpgd0083265_23565492.jpg






テレビの画面に向かって携帯カメラのシャッターを押した。

妙に懐かしい、行ったこともないのに・・・

ギリシャやイスラムの匂いが溢れかえるアイランド。

長靴の形のイタリアの靴の先でけられる石ころの島

それが、シチリア だ。

d0083265_025333.jpgd0083265_026753.jpg



















来年、シチリアに行く時は灘の生一本(菊正宗くらい)ぶら下げて行こうか。

シチリアのオッチャン・オバチヤン・MATTARILIINA(マッタリィナ)


イボイノシシが、なぜ。

I want to die シチリアで死にたいか?の話しは,次回で・・・

感の良い、’Pe’当たりは多分、気がついてるだろう・・・

『オッチャン、ゴッドファザーにはまってるやろ?』


先々言うたらアカン、言葉を胸の奥に閉じ込めるのも人間の

嗜み(たしなみ)やで、

一緒にシチリア行くか??(旅費50%出したるで)


地球は狭くなった、なんとかなるで、なんとかなりまっせ。

by mahalotakashi | 2006-10-14 23:56 | mahalo@西宮

阪急西宮スタジアム跡地開発の定点観測します。

d0083265_5254425.jpg
我が家から直線距離で500メートルの場所に、西宮スタジアムが建っていた。

正式名称は、阪急西宮球場 一昨年から去年にかけて解体され、現在は広大な跡地が残るのみだ。

現在周囲は仮塀で囲まれて中に入ることはできない。

d0083265_5363527.jpg取り壊し前はだれでも自由に出入りできて、犬の散歩や
体操をするお歳よりとか周辺は市民の憩いの場だった。
私も通勤時、駅までの最短コースだったので毎日のように
スタジアム(敷地)を横切ってショートカットさせてもらった。




d0083265_5482493.jpg野球はもちろん(旧阪急ブレーブスのホーム)アメリカンフットボールや各種イベントに
コンサート・・と結構催し物も多彩。
ゴルフ練習場やスイミング昔はボーリング場もあり、個人的にも40年近く関わりのあった
懐かしい施設であった。
矢沢永吉なるミュージシャンのコンサートの日
など会社の帰り道、駅に着くと大変な人出で
大混雑男性は申し合わせたようにリーゼントで
首にタオル、がに股で突っ張って球場の方へ
ゾロゾロ歩いていたのが懐かしい。
 夏場のスマップコンサートなんかは花火を
何発も打ち上げ、煙りが8階の室内まで流れてきたものだ、そんな時我が家のベランダは
無料指定席に早代わり。



d0083265_108569.jpgd0083265_1092246.jpg華やかだったフィールドも
防音シートに覆われて、
いつの間にか白亜のスタジアムは
地上から姿を消していた。


d0083265_22444189.jpg
東側の塀

跡地を取り巻く塀、

東側は球場が建っていた頃から

存在していた。

北側と西側は鋼鉄製の仮塀だ。

イスラエルとパレスチナの国境

西ドイツと東ドイツのそれを

思い出させる。

人々は無関心だ。




d0083265_22172388.jpg
跡地に遺跡が出現。

詳しくは、 こちら をどうぞ。


と言う訳で、毎月定点観測を行います。
月と同じ日、10月10日・11月11日・12月12日・・・・
同じ場所で、できるだけ同じ条件で、次の二ケ所のポイントから
撮影を続けたいと思います、どのような建造物がたつのでしょうネ。

d0083265_2325041.jpg
             自宅8階テラスから、10月10日

d0083265_2374014.jpg
           唯一覗ける北東の角から、10月10日

by mahalotakashi | 2006-10-14 15:56 | mahalo@夢旅