人気ブログランキング |

超特大暴風雨!オアシスを直撃!   2006年10月8日

d0083265_13434353.jpgお久しぶりです。お元気ですか? 
イボイノシシ半月くらい忙しく走りまわっていました。
今住んでいるサバンナ(草原)でもう少し
生活を続けたくて、ライオン社長や虎や豹などに
お願いやら
相談をしていたのです。


d0083265_1402740.jpgd0083265_1411024.jpg
襲われて食われないか、ドキドキしましたが、
なんとか話し合いがついて3年半後の乾期の
ころまでサバンナに住むことを許されました。
オアシスに居続けても良いそうです。
「やれやれ・・」ほっとして、オアシスに戻った
イボイノシシを待ちうけていたのは、
北朝鮮の核実験より恐ろしく凄まじい、

       超ド級の特大暴風雨!! だったのです。


大嵐に立ち向かうイボイノシシの話し、かなり長くなります、明日の朝早い人は三回くらいにわけて読んでネ、続けて読んだら多分頭痛がしてきます。


<第一部・エサの買出しとランチタイムのトラブル>

夕方から、ミスターX と、息子夫婦が孫娘二人を連れて時間差で訪問してくるので、とりあえず夕食用の食材の買出しに出かけることになった。
イボムスメと七面鳥夫人それにイボイノシシの、いつものトリオだ。
ランチは外で・・と打ち合わせ、午前9時半頃オアシスを出発した。

d0083265_20414221.jpgチョットした所用を済ませ、臨港線沿いの大型ショッピングセンターに到着。
すでに客が溢れている。
3階の駐車場から1階の食品売り場へ、
今晩のディナーは、手巻き寿司に決定。
この店はよく来ているが、魚介類が新鮮で種類も豊富だ。
大人6人に子供(これが曲者)2人、結構な量になりそう。


d0083265_2132685.jpgトラブルは早速始まった。

食品売り場の入り口のところ、
花や植木の売り場になっている。

d0083265_218306.jpg七面鳥夫人、
手押しカートに
買い物用カゴを
積んで後ろから
ついて来た
イボイノシシに向かって、


『キャアー!見て、見て、
コスモスよ!アタシこの花が
一番好きなの!!』
と言うが早いか、5~6個くらい
あるコスモスの鉢から一番
大きいのを選び、カゴの中へ
ドサリ!と置いた。


d0083265_2128990.jpg「オイ、オイ、オイ・・・オイ!こら!なんちゅうことするねん、
買い物カゴ占領して他のもの入らんやんけ!』
『後にしろ、食品買い終わってからでもエエやろ!』
カゴの中整理しながら顔を上げると、七面鳥夫人の姿なし。
今年の春夙川へ花見に行ったとき、
『お父さぁん・・私足が弱いの・・もう少しユックリ歩いてよ、
         おテテつないでヨ・・』てなこと意ってたくせに、
         まるで忍者みたいな女だ。

d0083265_21443140.jpgd0083265_21451098.jpg
で、結局最後までコスモスカートと食品の入ったカートを2台押して歩くはめになってしまった。
これだから、貴重な休日『一緒に買い物行きましょう・・』と言われても
『カンベンしてくれ』とつい断わるのだ。
判ったか女忍者よ!bu-!!


d0083265_2292238.jpgランチタイム・トラブル
お昼ご飯はイボムスメの提案で、西宮らーめん に決まった。
イボイノシシには始めての味になる。チョット有名らしい。
d0083265_22354440.jpg
西宮ラーメン
国道2号線沿い、伊勢海老を出汁にして沖縄の天然塩を使っている究極の味、とか言って、テレビでも何回か観た記憶がある。
以前から、イボムスメには「ぜひ、食べるべきよ」と進められていた。 イボムスメ、足早に店内へ・・・

d0083265_22455430.jpg店内に入った。
日曜日のお昼時、座れるかな、と心配したが、
以外に店内ガラァーン・・・
三分の一くらいの客入り。
一番良い席に陣取ったイボムスメ、しきりに言い訳する。
『チェーン店広げて味落ちたのかな、お客さん少ないね』
『チョット前まで凄い行列のお店だったのよ・・』

d0083265_2257845.jpgd0083265_22573375.jpgともかく注文だ。
イボムスメが塩ラーメン・七面鳥夫人が西宮ラーメン・イボイノシシは普通のラーメン・・
大体メニューの多い店はいただけない場合が多い。
セットメニューの好きな七面鳥夫人、餃子とご飯つきのランチセットをオーダー
(これが、後のトラブルを招く・・・)


麺は細麺、スープは・・・濁っている・・・
イボムスメ『以前はもっと澄んだスープだったけどなぁー』と、首をかしげる。
『塩ラーメン食べてみる?』とイボムスメ器を変える、どちらも甘味勝ちの
まったり味。  ハッキリ言って 「まずい」

d0083265_231353100.jpg隣の席で食べてたオッチャン、『テレビ観て、大阪から食べにきましてん』とニコニコ会計している。
(淀川・神埼川・武庫川渡ってきただけやろ!たかだか10キロやで)
『美味しかったですわ・・』
(お前ホンマの大阪人か?浪速の男か?情けないわ)
イボムスメ恐れ入ってる、お前の責任と違う、帰ろ。

イボムスメの運転で帰る沈黙の車中、助手席の七面鳥夫人突然大声出す。
『チョット!あの店、四人前の料金取ってるわ!ふざけてるわ!』
こう言うとき、イボイノシシ家の血は瞬間に沸騰する。

眉間に皺よせて運転していたイボムスメ、
『なんで、会計の時に言わないのよ!!』急ブレーキ踏んでユーターン!
西宮ラーメンに向かってアクセルを目一杯踏む、完全に戦闘モードだ!!
(オイオイ、車で店に突っ込む気かいな・・まだ死にたくないぜ・・)

『ちょっと見せてみ、』 七面鳥夫人が握り締めているレシートを取ってチェック

確かに、料金表示四行になっている。

塩ラーメン・550円 ラーメン・550円 西宮ラーメン・650円
     ランチ・250円・・・

『ストップ!ストップ!イボムスメ!落ち着け!車止めろ!!!』

『さっき、七面鳥夫人ランチセット頼んだやないか、餃子とまずいご飯
 ついてきてたやろ、そのチョイス分別に250円として表示してるだけ』


キキキキキィー!!!キィー!急ブレーキ踏むイボムスメ。

買い物(手巻き寿司のネタ、コスモス、明日の朝のパン、)と

イボイノシシ、反動で前すべり・・ やってられんわ・・


思い出したら、めまいがしてきた・・

第二部は明日にします。       オェーッ!!


なんとかなるか?なんともならんで・・この2人・・・

by mahalotakashi | 2006-10-09 00:09 | mahalo@西宮