丼池ストリート   (イボイノシシの散歩道)

            丼池ストリート・ストーリー

d0083265_2175238.jpg
会社を出て船場センタービル沿いの中央大通りを西に向かうと、道路の両側に繊維関係企業のビルが建ち並んでいます。

d0083265_21114694.jpg
南北に伸びる御堂筋の一本東に心斎橋筋があり、その東にあるのが丼池筋です。
現在は「丼池ストリート」というお洒落なネーミングに変えられています。

d0083265_21144235.jpg
丼池、この地名大阪在住の人はご存じですが「どぶいけ」と読みます。
「どんいけ」でも「どんぶりいけ」でもありません。ただし大阪市中央区丼池・・という住所は存在していません。

d0083265_2115143.jpg
イボイノシシが勤務する会社のある南船場から、北久宝寺、久太郎町辺りを大まかに船場と呼びますが、その船場の中、心斎橋筋から東へ二つ目の通り三休橋筋とに挟まれた地域を丼池と称するようです。

d0083265_21483021.jpg
もともと繊維問屋の多い地区で、昔は南久宝寺から中央大通りまで「丼池問屋街」というアーケード筋だったそうですが、現在は長堀通から江戸堀通までの南北の道路が「丼池ストリート・船場」となり、アーケードもありません。

d0083265_2149174.jpg
繊維問屋街の船場界隈でも、丼池は現金問屋がひしめく特殊な地域のようです。

d0083265_21494182.jpg
船場センタービルができて船場も様相を一変させましたが、昔から大阪商魂の渦巻く街と呼ばれていて現在でもその名残はそこかしこに見受けられます。

d0083265_215023.jpg
聞くところによると、丼池は第二次世界大戦前まで道具屋街だったそうですが、戦後の糸へん景気にのって、繊維の街に生まれ変わったと言うことです。

d0083265_21503170.jpg
ブラブラ歩いてみると意外に面白いお店もあります。付近のサラリーマン目当ての食事処も結構増えてきたようです。



by mahalotakashi | 2009-03-28 21:23 | mahalo@夢旅