人気ブログランキング |

イタリア旅行・関空からローマまで12時間のフライト ①-1 ・4月15日

  第一日目 
 関西空港からローマ・フィウミチーノ空港へ。


d0083265_1751710.jpg 楽しみにしていたイタリア旅行の出発日
4月15日(火)午前5時半に起床、朝食は空港で食べることにして、阪急西宮北口駅の空港バスの乗り場へ、バスは6時30分出発です。
荷物が重たいのでまず七面鳥夫人とスーツケースを自家用車でバス乗り場まで、すぐ自宅へ引き返し徒歩で再び乗り場まで、結構バタバタです。
d0083265_17111429.jpg JR西宮駅、阪神電車西宮駅を経由して定刻(7:45)に関西空港へ到着。
 登場手続きにJALのカウンターへ行くと、飛行機はアリタリアと言われました。JALが運営して航空機材と乗員はアリタリアが受け持ついわゆる共同運航のパターン。
マイレージ(JAL)はしっかり片道6500マイルをゲット!

d0083265_17212286.jpg 「アリタリアだったら機内でイタリア語の勉強できるよな・・ハハハハハ」と、笑いでごまかすイボイノシシを七面鳥夫人が少し怒りの目で睨みます。
ここで早速イタリア語
「Non fa niente」 ノン ファ ニエンテ.
気にしないで下さい。



 時間通り午前10時5分、JL5067(アリタリア)は関空を離陸しました。

d0083265_17452031.jpgd0083265_17463890.jpg







 大阪からローマまでは、9750Km.直行で12時間かかります。
淡路島から徳島県、瀬戸内海の上を西に飛び広島県上空から右へ旋回、日本海を北上、ハバロフスク辺りで左旋回西に機首を向けます。
ロシアの東海岸からモスクワ上空をかすめ西の端まで、まさにロシアを縦断するフライトです。
 シベリアやオーストリアの景色が印象的でした。

12時丁度にイボイノシシの時計をイタリア時間に七面鳥夫人のを日本時間に合わせます。
日本時間4月15日12:00はイタリア時間で、15日05:00.
7時間の時差があります。ローマ着は午後4時5分、日本時間では午後10時5分.
                                   ややこしい!!

 撮影枚数3000枚のラッキー!
d0083265_1855757.jpg
 飛行機がローマの上空から着陸態勢に入った時、バシャバシャと連写。
先ほど写真を整理していたら、なんと!第一日目の宿泊先、ホテル・アンブラパラスと
テルミニ駅やコロッセオほかローマの中心部がバッチリ写っていました(^^)

d0083265_18181853.jpg アドリア海からイタリア半島へ侵入したアリタリアはローマ上空をかすめて一度地中海へ出て、右旋回してフィウミチーノ空港に着陸します。
たった一日で、太平洋・瀬戸内海・日本海、アドリア海・地中海を眺められるなんて滅多にありませんよね。


レオナルド・ダ・ヴィンチ・フィウミチーノ空港到着d0083265_183478.jpgd0083265_18345844.jpg







 夕方の4時だと言うのに真昼のように明るい表情で、ローマが出迎えてくれました。

 (ここで第一発目の失敗)
 飛行機を降りて人の流れにくっついて入国審査を受けてゲートを出た途端、血相を変えた空港警察官が追いかけてきて、早口のイタリア語でまくし立てます。
 腰にピストルをぶら下げているので緊張します。興奮して発砲しないかヒヤヒヤ・・
 「スピークイングリッシュ!」と言ってよく聞くと、どうやらイボイノシシたちは団体専用のゲートに間違って並んだようです。

 入国OKのスタンプを押した係官は横を向いて知らん顔。
「ハンコを押した係官の責任やろ!あいつを逮捕せい!」と日本語で言いましたが通じませんでした。
 その後2人の大男に挟まれて個人用のゲートまで連れていかれました、やれやれ(笑)


 前もって契約していた迎えの車でホテルまで直行
d0083265_2133934.jpg
 移民の方でしょうか、迎えに来てくれた運転手さんはインド系の顔立ちで片言の日本語が話せる人でした。
 結構なスピードでローマ市内に向います。
 『シニョール・イボイノシシ、あれが新しく建てられている礼拝堂、こちらが古代の城壁・・』

  「説明はありがたいけど、一緒に顔を向けんといて!アブナイ!ぶつかるがな!!!」

d0083265_21234544.jpg ローマ市内に近づくに連れて歴史の匂いがプンプン匂ってきます。
恐らく由緒のある遺跡でしょう・・・
只、今回はイボイノシシのイタリア紀行、
あまり難しい説明や解説はできません。
気になる人はイボイノシシの写真を参考にネットで調べてみてください(^^;)


ROMAはどこを写しても絵になる街でんなあ~
d0083265_21344187.jpg
d0083265_21364626.jpg車が止まるたびにシャッターを押しますが、
特にアングルを考える必要はありません。
 よそ見しながら適当に押してもしっかり絵になってます。

 街全体が世界遺産ということですかね。


 イタリア人のおっちゃんも格好よろしいなあ~
d0083265_21454626.jpg
 車の中から「ハイッ!ポーズ」と言ったわけでもないけど、しっかり決まってる。
 イボイノシシより年配やで、白衣のおじさん・・・・・♪
 

 とりあえず今宵のねぐらに到着。
d0083265_2153037.jpg
 テルミニ駅から歩いて5分のホテル・アンブラパラス、四つ星のホテルですけど、周りはインド系中国系の住民が暮らすエリアで少しヤバい雰囲気が漂います、女性の方はチョット馴染めないかな。
d0083265_22303327.jpgd0083265_2231240.jpg








 後ほど紹介しますが、ホテル・アンブラパラスのフロントマンは全員スキンヘッドのマフィアタイプ、といってもイボイノシシに「サー」の称号で呼びかけるジェントルマン。
なにかあれば守ってくれるでしょう・・・・(^^;)

 そろそろ日が沈みはじめました。
今日はグッスリ眠ります、明日は早朝から世界一危険(?)なローマの地下鉄に乗ります。
d0083265_22385530.jpg
 フロントのスキンヘッドに電話をします。
 「A che ora e’la colazione?」
 「アケ オーラエラ コラツィオーネ?」
 「明日の朝食、何時からでっか?」

            7時からだそうです。おやすみなさい・・・・
d0083265_22505268.jpg

by mahalotakashi | 2008-04-22 17:07 | mahalo@夢旅