人気ブログランキング |

DDNK定時報告(Vol.12)                2008年2月10日

電柱と電線を無くそう会(D.D.N.K)関西支部

d0083265_23465173.jpg (内 憂 外 患)

 いきなりグロテスクな画像をUPして
ゴメンナサイ。
もっと不気味な写真もあるのですが、
「なんとかなるさブログ」では、これが限度。

 でこの写真と、DDNKにどんな関係がと
お思いでしょうが、大いに関係あるのです。

 人間にしろ動物にしろ、生物は進化の過程で様々な改良をおこないながら、環境に適したシステム機能を生み出してきました。いわゆる進化論です。

 頭の先から足の先まで合理的に形成されています。骨格が脳や内臓を保護し、血管や神経が生命を維持しています。筋肉や脂肪、それらを表皮が被い、完璧な状態で生命体は完成されているのです。


d0083265_2352252.jpg その外観も様々な理由で発達し形作られたもので、すべてに理由が存在します。
我々人間はその外観を見て、可愛さや美しさ、力強さや尊厳を感じるわけです。

 もし、そのシステムや外観が異常に変化したものを見た場合、違和感を感じたりあるいは嫌悪感、恐怖まで覚えてしまいます。





 ここからが本題。例えば、日本列島を人間の身体に例えてみれば、電線は血管
電話ケーブルは神経と考えられます。
d0083265_2352080.jpg
 日本の血管や神経は殆んどが皮膚の外に張り巡らせている状態、であると言えます。

子供の頃、理科室に置いてあった「人体標本」とか「解剖模型」を見たことがあるでしょう。
人間の体内の仕組みを分かりやすく勉強するため、表面の皮膚を剥いだ不気味な人形。

 あまり気持ちのいいものじゃないですよね。

日本へ来た外国人の目には、ひょっとしたら、そんな感じに映っているかもしれません。

血管(電線)や神経(電信線)は、本来皮膚(地面)の下にあるのが正常でしょう・・・・

それに血管が皮膚の表面にあったら、危険きわまりないでしょうよ。


 一刻も早く体質改善をしてください!

by mahalotakashi | 2008-02-10 00:59 | mahalo@雑記