人気ブログランキング |

六甲の穴場教えます(1)         2007年11月27日

 六甲山系は穴場スポットの宝庫
d0083265_2340315.jpg
 西宮市の自宅玄関から望む「甲山」です。少し秋色に染まっています。
 甲山の後にそびえるのが六甲山、東の端になります。宝塚市から神戸市兵庫区あたりまで東西約30Kmに渡って連なる山脈で、都会に最も接近した山として有名です。
 六甲山は数々の山の集合体で、実際には数十の山々が存在しています、有名なところでは「摩耶(まや)山」などが知られています。本来の「六甲山」は東灘区魚崎の後背にある最も高い峰を指します。

d0083265_23413055.jpg
 写真は神戸市中央区の三宮地区、エンピツのようなビル(クラウンプラザ神戸・ホテル)の右側に山陽新幹線の新神戸駅があります。
 七面鳥夫人の実家もこのすぐ近くです。後に見える山が「城山」「堂徳山」の山頂、奥の方に「再度(ふたたび)山」があります。
 クラウンプラザから「ぬのびきハーブえん」というところまで、新神戸ロープウェイが運行していて観光客でいつも賑わっています。左手山麓一帯が「うろこの家」や「風見鶏の館」で有名な北野坂になります。

d0083265_2343455.jpg 今日はその北野坂から「再度山」を目指して晩秋のドライブにご案内したいと思います。六甲山麓で数十年暮らしている「イボイノシシ」ですから、観光案内書に載っていない数々の穴場を知っています。きっと気に入ってもらえると思います。

 僅かな時間でお山の中腹に到着
 北野坂から山本通りを西に向かい、再度山(ふたたびさん)登山道から車を乗り入れて
約10分程度走ると「碇山」の頂上に到着です。
 足元に、市章山と錨山があり、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、山肌に神戸市の市章や錨が大きくディスプレーされています、夜はライトアップされて、とても幻想的です。

 写真は碇山から見た神戸三宮市街地の風景、真中のビルが神戸市役所です。
d0083265_2343355.jpg


 進むに連れて変化し始める色彩
 堂徳山から再度山ドライブウェイを大竜寺方面に進んで行くと、道沿いの木々の葉の色が変化し始めます。
d0083265_072729.jpg
 すれ違う車もほとんど無いのでドライブウェイの途中に車を停めて、紅葉を楽しみ写真を撮影したり、移り行く季節の変化を思う存分満喫しました。
d0083265_16152911.jpgd0083265_1616529.jpg








d0083265_091820.jpg


 目的地到着、再度公園・修法ヶ原池
d0083265_16253183.jpgd0083265_16263746.jpg






 三宮の市街地から車で20~30分で、再度山の頂上に到着します。
頂上といっても、少し窪んだ平地でかなり広大な敷地が続きます。辺り一帯は「再度公園・ふたたびこうえん」と呼ばれる場所で、その中心部に松林に囲まれた「修法ヶ原池」が静かな水面を見せています。修法ヶ原と書いて「しょうがはら」と呼びます。
d0083265_10322160.jpg
 修法ヶ原池の周辺はいつも賑やかです。散策する人、ボート遊びをする親子連れ、池の周りにはキャンプや球技ができる広場が幾つもあります。
 イボイノシシも若かりし頃、バイクでツーリングに来たりキャンプ遊びをした懐かしい記憶があります。昔も今も神戸市民の憩いと癒しのエリアです。

d0083265_16434671.jpg 常緑樹の中に映える紅葉
 六甲山系一帯は松の木が多く、有馬温泉以外で紅葉の名所と言われる場所は少ないのですが、修法ヶ原一帯には楓などの広葉樹が所々に群生していて、隠れた紅葉の穴場です。




d0083265_16441257.jpg シャッターチャンスを狙って
 池の周りにはアマチュアカメラマンが、ベストポジションに陣取って光線の具合が最適になるのを、気長に待っています。
 イボイノシシはせっかちだから、歩きながらでもやたらにシャッターを押し捲りますが、こだわりのある人にとっては、この時間が至極の喜びなんでしょうね。


d0083265_16365769.jpgd0083265_16374091.jpg







 街から近い六甲山中に紅葉天国がありました!
d0083265_16382518.jpg


d0083265_16385891.jpg次回は神戸外国人墓地を散策します
 再度公園・修法ヶ原池から更に奥へ進むと、神戸外国人墓地があります。
一般の人がお参りするのは難しい処ですが、最年長パパラッチのイボイノシシとしては、ここまで来て引き返すわけにはいきません。
 なんとか、ベストショットをUPしたい一心で禁断の地へ向かいました。

by mahalotakashi | 2007-11-27 00:01 | mahalo@夢旅