人気ブログランキング |

美しい国、ニッポン!(^^;)No.3    2007年10月21日

「電線と電柱を無くす会」[D.D.N.K]

 頭上の憂鬱
 特に選んで撮影したわけではありません。いつもの通勤路、我が家から駅までのごく普通の日本(西宮市)の住宅街の光景です。
d0083265_1352779.jpgd0083265_13525265.jpg











 どう思われます?電線と電柱がなければスカッとした青空や、スッキリした景観が眺められると思うのですけど、鬱陶(うっとう)しいですよね。
d0083265_140275.jpgd0083265_1405712.jpg











 イボイノシシが子供の頃(昭和30~40年代)にも電柱は立っていました。
その頃の電柱は殆どが木製で電線も単線が2~4本くらい、シンプルで温かみがあって町の風景に溶け込んでいました。
 現在はコンクリート製の頑丈な柱で、電線や電話線、光ファイバーその他様々な用途のケーブルが複雑に延びています。
d0083265_14131194.jpg
 阪神淡路大震災の時はこのコンクリート柱が倒れ救急車や消防車の通行を妨げました。景観や美観だけの問題ではなく、災害時の複合事故が心配です。

 電気事業連合会 http://www.fepc.or.jp/ のホームページを覗くと、
「環境への取り組み」でCO2を大幅に削減しています。とか停電の少なさでは世界のトップクラスですよ、原子力発電は安全・・・とか自画自賛ばかりです。安全とエコが重要なことは当然ですが、人々の心を癒す景観美などに付いてはほとんど触れていません。
 少し悲しくなりますよね、この醜さは世界のワースト何位です・・てなことは、発表も認めもしないでしょうね(笑)

 「生きてる間は無理」
d0083265_14395170.jpgd0083265_14403042.jpg イボイノシシや四国支部会長の
kappaさんが生きている間は絶対不可能と思いますが(笑)
50年後、100年後に私たちの子孫が博物館へ電柱と電線を見学に行く光景を夢に、この会を立ち上げたのです。

 今、日本にある電柱が総てポプラの樹や銀杏の樹に代わったらどんなに素晴らしいでしょう!それこそ地球環境の保全、温暖化問題の解決に繋がるかも知れません(^^)
 緑に囲まれて暮らせば心が穏やかになり、子供たちにも良い影響を与えるでしょうし犯罪の減少にも関連してくるかもしれませんよね、最近の犯罪は心の問題が大きいと思うからです。

 新しくご賛同いただいたメンバーを紹介します。

d0083265_1513599.jpg 「clea mode*」(リンク中)のcleaさん。 千葉県にお住まいで、フラワーアレンジ(ブリザードフラワー)のプロです、美に関する意識はとても鋭敏で彼女のブログ写真には、時々見惚れてしまうくらいです。
 今回は、関東・南部支部会長をお願いしました(笑)



d0083265_15273164.jpg そしてスペシャル・オブザーバーとして
「絵本の王国 -IL PAESE DELLA FAVOLA-」のayumiさん!

 イボイノシシのリンク先で、ご存知の方も多いと思いますが、イタリア在住のイラストレーターのayumiさんですが、最近乗りに乗ってる感じ、展覧会でも大活躍。詳しくはブログを訪問してください。「百聞は一見にしかず」(笑)
 彼女には、イタリア支部会長としてアドバイスを頂きます。



d0083265_2246912.jpg 九州(電力)支部会長は、皆さんよくご存知の、
「薔薇の木の下で」(リンク)の
いばら姐さんです。
 アトリエショップを経営されて、アレンジメントのレッスンもされています。
薔薇の花をこよなく愛され、植物や動物に限りない愛情を持たれている「九州のマドンナ」です。コメントが凄く和ませていただけるのでぜひ交流してください(笑)

 飄々としてほのぼの系だけど、好い意味で芯が強そう(笑)
ヤングの悩みの相談乗ってくれるかもね・・・(^^;)




d0083265_16162952.jpg
 1970年10月21日(日)
 今朝の日の出です。朝焼けの空の下に大阪方面が見えます、いったい何本の電柱と電線がはびこっているのでしょう・・
 電気が無い生活なんて考えられない時代に生きて、その代償として美しさを奪われる。
複雑な心境になりますよね。「電柱・電線を無くす会」というより「・・無くしてほしい会」といったほうが良いかもわかりません。圧力団体でもないし、政治的意図があるわけでもないですから。

 でも、一人でも多くの人にこの思いが伝わればいずれ奇跡が起きるかも知れません。
あなたの子供さんや孫、子孫がこの国の環境大臣か総理大臣にならないとは断言できないから・・・(笑)



  語りつづけましょう!なんとかなるさ!!



 さて、それではイボイノシシはまた「なんとかなるさブログ」にもどって、魚崎郷へ取材に行って来まあ~す(^^;)

by mahalotakashi | 2007-10-21 20:16 | mahalo@雑記