人気ブログランキング |

酒蔵夢街道 魚崎郷 -7

  (No.7 六甲IL・毎日がリゾート気分の日常)


 六甲アイランドシティ
d0083265_17294256.jpg 朝起きて窓を開けると、紺碧の海が広がり白帆のヨットが浮かぶ。緑溢れる山々を見ながらの食事。
夜は百万ドルの夜景を眺めながらワイングラスを傾ける。

 誰もが憧れる夢のような暮らしだが、実際にエンジョイしている市民がいます。それが六甲アイランドシティの住民達なのです。

d0083265_1742734.jpg 羨ましい、少しジェラシーさえ感じますよね。現実を知らない無責任なイボイノシシの感じなのだけれど、個々に様々な問題を抱えていても環境が良いと救われる、なんて思ってしまいます。
 さて、それでは幸せな皆さんの生活の場をパパラッチしてみましょうか・・




d0083265_17591123.jpg
 初秋の陽光に反射するピンクの壁、この建物、リゾートホテル?ではありません。
六甲アイランドシティの一般住宅(マンション)です。アイランドシティの一般向け住宅の殆どは、いわゆる集合住宅タイプです。

d0083265_1894391.jpg ユニークなのは数多くのマンション群がそれぞれ個性を持って建てられていることです。一般の団地のように同じ高さ同じ形の棟が並んでいるのではなく、全く違う形状の異なる建物が、デザインを競い合うように造られています。


d0083265_18153743.jpg もう一つの特徴はカラフルなこと、かなり大胆にカラーを使っています。赤や青それに黄色などの原色も使われていますが、ほどよく周囲に溶け込んでいます。道頓堀の原色とは全然違います。やはり計算しつくされた色使いでしょうか。


 下の写真は、アイランドシティの一般的な部屋の様子です、全てのマンションが採光を重視しているようです。
d0083265_18202889.jpgd0083265_18205429.jpg











d0083265_18303749.jpg
d0083265_18314092.jpg
 ずんぐりむっくりのドッシリタイプから、超高層のノッポタイプまで、六甲アイランドシティには実に様々な集合住宅が寄り集まっています。


d0083265_20351134.jpg
d0083265_20355984.jpg もちろん、
一戸建て住宅
も建ってます。


 アイランドセンター駅から西方向へ行くと、公園の森に隣接して一戸建住宅の地域があります。

d0083265_2218285.jpg
 小学校と中学校、それに保育所と幼稚園は一戸建住宅地と公園に隣接して建てられています。
高校と大学は島の南部に広々としたグランドを併設して造られています。


d0083265_22193317.jpg

 教会や冠婚葬祭の設備や建物も、程よい場所に程よく展開しております。
とにかくアイランドシティは、水と樹木が豊富で埋め立ての人工島だという事を忘れてしまうくらい、人間に優しいワンダフルエリアです。

d0083265_22204541.jpg

 【イボイノシシの独り言】
 本来私の好きな街並みといえば、歴史の有る古い家屋のある処です、例えば飛騨高山とか山口県の萩市、それに岡山県倉敷市の白壁の町・・等々・・先人の暮らしの知恵と工夫が忍ばれるような、それでいて清潔でゆとりのある居住区に憧れと情緒を感じます。
 しかし近年それを売り物にして観光地化が進み、形だけの整備が進み商業ペースで維持されるこれらの町に、多少の失望感と幻滅感を感じているのも事実です。

 美しい・・或いは素敵な街というのは、そこに暮らす人々がそう思い、安心と安息の中で生活をエンジョイできて初めて評価されるべき代名詞だと思うのです。
第三者が「良い街だなあ~」と感じるのは、単に外観上の良さだけではなく、そこに住む住民の心と先人の歴史を感じ取るからではないでしょうか。

 このブログでご紹介している「六甲アイランドシティ」は、海や山のロケーションもさることながら、此処に暮らす人々の心「優しさ・思いやり・明るさ・楽しさ」を感受できる街だからこそ、私が好きになってしまった一番の理由だと思うのです。



 さて、明日はお待ちかね・・点心套餐(香港式ヤムチャ)対近未来都市
d0083265_22423713.jpg






d0083265_22431453.jpg











 近未来都市・六甲アイランドシティ、噂の香港点心師がイボイノシシに挑戦するためにやってきました。
「よろしい!受けて立ちましょう・・イボイノシシを唸らせられるかな・・・ふふふ・・・」

by mahalotakashi | 2007-09-20 00:01 | mahalo@雑記