おいどで、ドン!あ~あ~やりよった。  2007年3月26日

 トレーラー右後部でシャッターレールに接触、3月23日(金)

d0083265_1332531.jpg 陽気がポカポカしてくると決まってうっかり事故やぼんやりミスが発生する。この春第一番目の事故発生だ。それも寄りによって今月から業務開始のバリバリ新車の27㌧積載車である。
通常のセミトレーラーより2メートル近く長いタイプで、心配していたことが現実になった。得意先の工場内倉庫に右バックで進入中、最後部で入り口角に衝突をした。

d0083265_13553439.jpg 事故ったドライバーは最近まで通常タイプを操縦していたので、その感覚で旋回動作をしていたと思われる。うっかりとぼんやりのチャンポン事故だ。幸い空車だった事と人身が絡んでいなかったからよいものの、もし人でも挟んだらと思うとゾッとする。
 関西の方言で「お尻」のことを「おいど」と言う。
       まさに「おいどで、ドン!」だ。


 笑っている場合では無い!(笑ってしまうけど・・・)
お得意先のシャッターのレールが折れ曲がり倉庫の戸締りが出来ない、至急に修理しなければならない。電話で先方に連絡をとり平謝りに謝罪する、月曜日には事故報告書と対策書を携えて再度謝りに行く予定だ。

 このように軽微な事故でも、謝罪、報告書、顛末書、対策書、修理代金弁済等々、多くの人間の手を煩わせ業務が滞る。運転手もやろうと思ってやったのではない事は百も承知だが、どこかに気の緩みがあったのは間違いないだろう。

 少し厳しいか・・と思ったが、当事者の運転手には電話口できつくお灸をすえた。

by mahalotakashi | 2007-03-26 09:18 | mahalo@仕事