人気ブログランキング |

馬に乗る人類(仕事・競技・遊び) No.4

 世界のホースポリス ・P-1・北米南米編

 私が始めてホースポリス(騎馬警官)と出会ったのは、1970年大阪の万博会場だ。
カナダ館の前で警護に当たる「王立騎馬警察隊」の隊員、つば広帽子に真紅のジャケット、カナダから連れてきた体格の良い馬に跨る姿に見とれてしまった記憶が今も残っている。
d0083265_21522622.jpg

















d0083265_21581397.jpg 今日は世界の騎馬警官をご紹介しよう。
ポリスアレルギーの人は早々に退散してください(笑)
とにかく世界中にこれほどいるのか!と驚くほどホースポリスが活躍している。数の多さに編集するのも大変だ、2~3回に分けて投稿してみる。
まずは北米と南米から行ってみよう。


     カナダ連邦騎馬警察隊

d0083265_22124060.jpg













     お馴染みニューヨーク市警の騎馬警官、ウーマンポリスも結構多い。

d0083265_22223969.jpg
   LA ロサンゼルス市警騎馬警察官テンガロンハットが小粋、観光客に人気。
d0083265_2230812.jpg 

メキシコシティの騎馬警官
南米の騎馬警官はシビアで厳しい、デモ隊を蹴散らし暴動を鎮圧する、麻薬密売の取り締まり捜査も関わっている。
一部の人々からみれば恐怖であり権力の象徴と受け止められている。
 警察官自身も防弾チョッキを纏い拳銃とショットガンで武装している。


d0083265_22453453.jpg
 デモ隊の鎮圧にあたるメキシコ騎馬警官と機動隊。

この瞬間も訓練された馬達は人間以上に冷静だ。馬の威圧感で引き上げるデモ参加者もいるらしい。





d0083265_22525050.jpg
    ブラジルサンパウロの騎馬警察官やはり鋭く精悍だ、路上犯罪に目を配る。

d0083265_2311065.jpg
 チリ・サンチャゴの騎馬警官、女性ポリスも配しているがやはり物々しい感じだ。

---------------------------------------------------------------------


南米は少しピリピリして緊張(?)する感じ、お口直しに再び北米に戻ろう(大急ぎで)

d0083265_23135528.jpg
         ニユーヨークマンハッタン パトロールするNYポリス達。

d0083265_23163865.jpg
          ニューヨーク・ニューヨーク・ニューヨーク・・やはり絵になる。

d0083265_23232477.jpg
       ニューヨークという近代的な都市に溶け込む馬、素晴らしい存在感だ。




 次回は日本を含むアジアの騎馬警官、意外に面白い。

by mahalotakashi | 2007-03-24 18:34 | mahalo@動物