人気ブログランキング |

こうのいけはん、まいどおおきに。     2007年3月23日

 2月予算案通過
d0083265_1455476.jpg 
 久しぶりに春のポカポカ陽気になった今日、甲子園球場で「センバツ」が始まった。第79回選抜高校野球大会。
戦争で一時中断されたが私の生まれ年(1947)に復活、60年の節目を迎える大会だ。出場選手は全員が平成生まれ、時の流れを感じる。


 昨日やっと19年度の陸上部門の予算案が了解された。(ああ、しんど・・である)
製造業や販売業と違ってどちらかといえばサービス業に属するこの業界で正確な年間売上予想(粗利益含)を出すのは至難の技である。最終案では前年比2.5%アップ、自信があるような無いような・・不確定要素が多い、今年度ほどの勢いが保てるかどうか少し心配だ。今年の私の身分は嘱託である、若手の発奮次第だ。

 春予算が通過して次に夏予算(6月修正予算)秋予算(10月下期修正予算)へと移行する。春予算が確定したこの時期重要なのは客先回りである。各得意先に個別予算の報告と確認を兼ねて「新年度も何卒ご贔屓に」と担当者や管理職にご挨拶をして回るわけだ。不確定要素の保険的な意味合いで同業他社へ仁義を通すのもこの時期になる。

d0083265_16101228.jpgd0083265_16103088.jpg 今日(23日)は暖かい穏やかな日だったので散歩がてら大正区の鴻池運輸㈱大阪西支店を訪れた。御堂筋の銀杏も丸裸、若葉が萌える頃に2月予算の修正が始まる、毎年のことだ。随分長い付き合いだが久しぶりの訪問で昔話しに花が咲く。

d0083265_1171560.jpg 年末年始の挨拶回りは殆んどしない、この時期は担当者も忙しいし形式だけのもの、余りインパクトは無い。年度末の前後が最も効果的な営業効果を発揮する、だから毎年この時期にお得意先回りや新規物件の開発を行う。
 今回早速鴻池運輸さんでサントリービール・飲料水の関東地区から関西地区向け工場間輸送(月間500㌧~1000㌧)の打診があった、手ごたえ有り!「毎度おおきに!!」
                                         難波神社内博労稲荷

 お得意先回りが一段落すると次は業者さんとの打合せや確認作業、安全の啓蒙や指導が始まる。ゴールデンウイークの前後に運転手さんのご家族を招待してバーベキュウ大会や慰労会を催すのも、私の中の春の風物詩だ。


 午後帰社すると例の帝人物流㈱の部長と課長、それに下請け会社の社長と専務が緊張の面持ちで訊ねてきた。厳しい状況を前提に1時間余り話し合った結果4月から3ヶ月間試用期間として配車に組み入れることにした。


                  そろそろさくらもひらきそうだ。

by mahalotakashi | 2007-03-24 11:37 | mahalo@仕事