人気ブログランキング |

馬に乗る人類(武士道と騎士道) No.3

 毎年7月が近くなると胸が騒ぐ。この時期に行って見たいところが2ヶ所ある。
福島県南相馬市とドイツのカルテンベルクだ。武士と騎士それに馬が主役の壮大なるイベントが開催されるのである。


相馬野馬追い
d0083265_1633577.jpg 毎年7月22~25日に福島県の
旧相馬藩領の2市4町2村を挙げ
て行われる、国の重要無形民族
文化財である。
 
 1000年以上の歴史を誇りクラ
イマックスは24日に行われる人
馬一帯の勇猛壮大なイベント
「甲冑競馬」と「神旗争奪戦」だ。

 総勢500余騎の人馬が繰り広げ
るスペクタルシーンは必見の価値
有り!である。






d0083265_1714348.jpg
        甲冑競馬・7月24日AM12:00スタート

d0083265_17285156.jpg
          神旗争奪戦・7月24日PM1:00スタート

d0083265_1732166.jpg

d0083265_17334817.jpg

d0083265_17351570.jpg


-------------------------------------



 カルテンベルクの騎士祭

d0083265_1745511.jpg










 やはり7月に開催される世界最大の騎士ショー、ドイツ・カルテンべルク城の騎士祭だ。

d0083265_17263784.jpgd0083265_17282211.jpg































d0083265_17511138.jpg 今年は無理にしても、必ず訪れようと密かに計画している憧れのイベントだ。
 これもまた騎士と馬の織り成す素晴らしい感動を観られる必見のショーである。
カルテンべルク城の敷地全体が中世へタイムスリップする見事な演出に、観客は大興奮するという。早く行って見たい・・



d0083265_18272687.jpg

 大昔から洋の東西を問わず馬達は人間と共に戦い傷つき倒れていった。戦争を拒否するすべもなくただ従順に軍人をその背に乗せ勇猛果敢に突き進んでいった。実に数多くの馬達が悲鳴をあげることも無くこの世を去って逝ったのである。
 現代において馬を使用する戦闘は殆んど無くなったが世界各地でその武勇を称える祭りやショーが残っている。かっこよさだけではなく戦争や殺し合いのない世界を、馬達が一番望んでいたかも知れないと思っていただきたい。



 次回は世界の騎馬警官。

by mahalotakashi | 2007-03-24 00:02 | mahalo@動物