人気ブログランキング |

本日を以って定年退職。          平成19年2月28日

d0083265_10304823.jpg管理職最後の日

 朝からどんより曇った空、小雨もパラつく。今日で15年間務めた会社を定年退職となる。
普段どおりの朝食を摂って、いつもどおりに見送られて自宅を出る、満員の阪急電車、人ごみの梅田の地下街、なにも変わらない。会社に着いてすぐ総務課と打合せ、私と女房の健康保険証を郵送で返却(更新のため)する。

 普通であれば、デスクやロッカーを整理して、後任者への業務引継ぎ、関係者への挨拶回り、社章(バッジ)身分証明書の返却、等々大変な一日となる日であるが、普段と何も変わらない。
それどころか、月末で電話は鳴りっ放し、出張から帰ったY所長から新年度予算の提出を求められ、統括本部からは下請法に関する下払い料金表を、本日中にメールで送ってくれと、矢のような催促。とても感慨に耽っている暇などない。

 誰か一人くらい、けじめの意味で『課長・・長い間、お疲れ様でした』くらい言ってくれないものか・・・経理もやってる事務員のキミちゃんのところへ行って「キミちゃん、俺の仮払い金とか飲み代の請求書、どうなってる、精算しなければね・・」と水を向けるが、月末処理で目の吊り上ったキミちゃん、『手が離せないので、来月にして下さい!』と顔も上げずのたまう。(俺は今日を以って定年退職だぞ・・・)


 ヘルプ目で俺を見るな! 

 本当なら、キミちゃんが花束をくれる役目なんだぜ・・と、胸の中でぼやきつつ自分の席に戻ると、配車修行中の中丸君が自分の席から、私を見つめている。
「オッ!何か言ってくれるかな・・」と、一瞬期待したが、中丸君の前の席に座っているチャカポコ係長が険しい顔で、『ホラッ!中丸、早く報告して、謝罪しろ!』と中丸君に怒鳴る。

 フェリー部と共通の客先である大手製紙会社の輸送業務に、穴を空けたらしく『会社の信用に傷がついたじゃないか!』と、えらい剣幕だ。
「どういうことだ?説明して見なさい」と中丸君に聞くと、しどろもどろで『お客様にオーダーのお願いをしたが即答が無く、配車完了後に1台発注があり、結局穴を空けました。スミマセン』と泣きそうな顔をする。
 係長の手前も有り、一応注意する。色々失敗があって経験していけばいいが、他の部門に迷惑をかける行為はもっての外だから、慎重に対応するようにと諭した。

 後でいきさつをジックリ聞くと、中丸君だけの責任ではなく、客先の連絡ミスも絡んだ止むを得ない事情であることが解ったが、どうも中丸君は自分の主張が出来にくい男だ。
なにか問題が発生すると、必ず私の方を見る。助けを求める目・・いわゆる“ヘルプ目”だ。
親子であっても、顔を見るだけで理解できることなんか滅多に無い、何も喋らずウルウル私の顔を穴の開くほど見つめていても、問題は解決しない。


 何で又こんな日に・・・ 

 昼食を摂って「サアー!管理職最後の昼寝タイムを・・」と思った途端、中丸君が応接室(私専用の食堂)のドアをノックする。
ヘルプ目ではなかったが、『業務を予定していた運転手さんの父親が先ほど亡くなられたそうで、明日の仕事休ませて欲しい。といってきました、どうしましょう』という。
繁忙期で代替運転手の余裕など無い、苦い緑茶を一気に飲み干し、早速配車表に向かい組替え作業に入る。
どこかの顧客先に輸送延期をお願いするか、傭車を探さなければならない。多少の無理も覚悟の上で何とか穴埋めができた。ついでに金曜日・土曜日の配車も一気に済ませてしまう、中丸君には勉強にならんが、顧客第一。クレームを未然に防止するためには、時折手を出さざるを得ない。

 いやはや・・疲れる・・一段落してタバコを吸おうと思ったら、今度はY所長が手招き。定年退職に関してなにか一言かな?と、多少期待しながら会議室へ入る。
『実は、K代理の転勤の件なんですが、少し困った問題が出てきましてね・・』
昨日までY所長、銀座の統括本部へ出張していた。予算の打合せと人事会議出席のためだ。

 大阪営業所のK課長代理、既に転勤は内々決定しているが、受け入れ店所が見つからないらしい。当初予定していた営業所が拒否をしたとのことで、Y所長少々パニック状態だ。
「所長!そんなこと俺に言ってもしょうがないだろ、本人に言えば・・」と突き放すが、『そんな冷たいこと言わないで、相談に乗ってよ・・』と泣き顔をする。

 「俺は今日を以って定年退職の身だぜ!知るか!そんなこと!」とは、言えなかった。30分程対策について話し合う。結論は持ち越しになったが・・。



 やれやれ、ゆっくり定年退職の一日を過ごすどころか、普段より多忙で疲れる一日にしてくれた、社員全員がまだまだ仲間として認めてくれているんだ、と少し嬉しくなったラストデーであった。

by mahalotakashi | 2007-02-28 15:10 | mahalo@仕事