人気ブログランキング |

羽ばたけ、なかまる。             2007年2月16日

 定年旅行から帰って2日目、もつれていた糸(配車)をなんとか解して帰宅、夕食を済ませ旅行のブログに取り掛かろうかとしていたら、部下のN君から電話が入った。切羽詰った様子で、大きく深呼吸をしているのが、電話の向こうから窺える。

 「どうしたんだよ、なにか緊急事態か?」と聞くと、
『いいえ、実はお願いがあるのですが・・・』といつに無くあらたまった様子だ。
『トレーラーの配車をやらせていただきたいのですが、ダメでしょうか?』
「なにを言い出すんだ、急に改まって・・そういう話は会社で聞く!」

 そういって電話を切ったが、なんとなく気にかかる。
旅行中、トレーラー配車の代理業務をやらせたが、帰ってみたら髪の毛逆立て、目は血走り、大変な状況であった、14日と本日(15日)でなんとか正常にもどしたが、彼は放心状態だった。
それにも関わらず、自分からやらせて欲しい・・というのはどのような心理状態なのか、少し理解に苦しむ。
 昨年社長から後継者育成を指示されているので、新年度(4月1日)から本格的に、配車全般を指導して行く予定である、勿論直属の部下N君がその筆頭だ。


*話が突然変わるが、この28歳の若者を「N君」でブログに登場させているが、どうもピント外れのネーミングなので、今後彼のことを、<中丸=なかまる>と呼ぶことにする。
彼の苗字の上の漢字が、「中」である。それに出世を期待して「丸」をつけた。
偉大なる武将の多くは、幼名に丸をつけている。
 仙台藩主の伊達正宗公は幼名を、「梵天丸=ぼんてんまる」と称した。
他にも、源義経=牛若丸・豊臣秀吉=日吉丸 と丸は縁起が良いのである。*



 で・・中丸君、今朝は清々しい顔で出社している。なぜトレーラー配車の業務がやりたいのかは、あえて聞かなかった、いずれ結果で判る。本人がやる気になっているのだから、問題はない。予定より一ヶ月ほど早くスタートするだけのことだ。

 早速トレーラー配車の、重要ポイントのレクチャーから始める。売上高確保の要点・コンプライアンス・原価意識・安全重視・諸々あるが、一度には混乱してしまうだろう。とりあえずやってはならないことを教え、日常欠かしてはならない作業から教え込む。

 「じゃあ、今から配車をやってみなさい」と関連資料を渡す。自分のパソコンから中丸のPCに、乗務員名簿・指示書・依頼書・確認書・車番案内・その他の書類やフオームを転送してやる。

 目が輝き声のトーンも高くハッキリしている。やる気満々、何が彼を急に変えたのだろう?
これから先多種多難な問題や、事件事故が押し寄せてくるだろうが、どう乗り切るか・・親鳥としては見守るしかない。

 今日、中丸雛は、羽ばたいたのである! 


                    なんとかなるさ、中丸君。

by mahalotakashi | 2007-02-16 12:00 | mahalo@仕事