人気ブログランキング |

陸高海低・・フェリー部門落ち込む      2007年2月1日

 今冬初めてマフラーを巻いた。毎年この頃は寒さ厳しく、ベストに手袋と重装備で通勤するのが常だが、今年は暖冬傾向か、コートだけで充分だ。業務の方も例年降雪で道路が凍り、通行止めなど影響が出る時期だが、今年はそれもない。

 さて、1月の売上集計、陸上輸送は好調キープ。紙と食品(飲料水)に多少の陰りが見られたが、鋼製品(鋼管・鉄板・丸棒・線材)が予想以上の伸びを見せ、1月度予算(修正分)に対し、117%と総合売上高を引上げた。

 ところが海上輸送部門の落ち込みが予想以上に大きく、予算対比、76.0%と目を覆う結果となった。責任者のY所長に聞くと、年末からの東北・北海道近海の低気圧によるフェリーの遅延等ハードな要因と、九州向け段ボール紙、それにRPF等ボリュームのある製品輸送が低下したことが原因だという。

 結果的に大阪営業所の全体売り上げ高は、予算比 90.2%と、遂に100%を割り込んだ。
隔靴掻痒の虚しさを感じるが、こればかりは手の打ちようがない。陸送部門で売上高アップを計れないこともないが、それをやると、粗利益のダウンを招くジレンマがある。
新年度を目前に、問題が出てきた感じがする。

 原因は、営業力の低下か・・

 なんとかなるか大阪海上部門、一人一人がモチベーション上げれば、

                                なんとかなるさ

by mahalotakashi | 2007-02-01 14:28 | mahalo@仕事