人気ブログランキング |

忘年会第4弾  異常大騒音忘年会   2006年12月27日    


d0083265_12555469.jpg12月27日午後7時15分、梅田の阪急東通商店街である。
今宵は、社内忘年会。
幹事はあのN君だ、なんとなく悪い予感がする。

参加者は7名、数年前は17名いたがリストラやインターネットの導入で、年々社員の数が減ってきて、こんなにスリムな陣容になった。
それでも売上総額はほとんど変わらない。
さて、今夜の忘年会費は1人
 220円、2,200円の間違いではない、220円なのだ、勿論費用の大半は会社のリェクレーション費から出る、なんの意味の220円徴収なのかよくわからん。

d0083265_13115564.jpgすべりだしはまずまず。

白馬車ビルの4階、「北の家族」と言うチェーン店だ。
ビルの1階には早くも松飾が鎮座している、とにかく異常に人出が多い。忘年会のピークだろう。
エレベーターも3回くらい待ってやっと乗れた。


d0083265_13205262.jpg函館豪華炭火焼コース

飲み放題で一人4,800円のコースである、大体店側で「豪華」とか「最高級」とかの形容詞がついた食べ物で、満足したことは一度も無い。
なにを基準に豪華と言うのだろう・・・


d0083265_13302852.jpg悲喜劇のオープニング。

我々の予約席は店の奥、左の10人テーブルだった、「いいじゃないか、人の行き来も少なくて」と一番奥の隅に座った。後は壁?と思ったが、振り返ると格子で仕切られた配膳ルームであった、カチャカチャ食器の音が耳障りだ、それにオーダーを通す従業員の声も甲高くやかましい。


d0083265_13415575.jpg集団おんなの恐怖!

左手に通路を挟んで、14~5名の短大生と思しき若い女性、私から見て向かい側隣の席にこれまた20代前半の女性グループ1ダースほどが席を占めている。
若いN君やK係長の目元は完全に緩んでいる、目じりが下がっている。


d0083265_13512542.jpg嬌声や悲鳴ではない、爆発音かジェット機の噴射音だ!
両組とも既にかなり出来上がっているようで、完全にはじけている。
普通は、『キャーッ!』『アハハハハ・・』『ワイワイガヤガヤ・・』『ウッソーッ!!』くらいが若い女性の発する嬌声の定番だろう。このグループは異質であった。


まさに野獣の咆哮か、戦闘激戦地の状況であった・・・

『ガハハハハ・・』『ギャァオウー!』『キィーンッ!!』『バリバリ!』
『ワォウッー!』『グワアアアア!!』『ドテッ!』『÷Φ?★§♂∮』 


うそではない、大げさに言ってるのでもない、私は出来る限りブログで虚構の話はしたくない。
実際にはもっと激しかった、表現のしようがないのである。
二十数名の若い女性が、一斉に絶叫したらどれほどえげつないか、私は生まれて初めて体験した。

後の配膳室からは、ガチャガチャ!ガッチャアーン!!前から歓声!!左横からわめき声!
一瞬意識が遠のきかけた。
イラク戦争でアメリカ軍に砲撃されたバグダッドの住民は、このような恐怖を体験したのだろうか?。


d0083265_1536120.jpgそして、壊れたK係長・・

騒ぐだけ騒いだ女の子たち、幹事らしき子がお金を集め始める、タバコを吸う子、化粧を直す子、やっと皆普通のお嬢ちゃんに戻ったようだ。
ゾロゾロ満足げな表情で席をたつ、あたりに一瞬の静寂が訪れる。・・・チャカポコ・チャカポコ・・・・

d0083265_15462694.jpg係長よ、しっかりしろ!

女の子たちの席に一番近くに座っていたK係長、あまりのインパクトに呆然自失としたのか、テーブルの灰皿を2枚持って、チャカポコ・チャカポコ・・と意味不明のつぶやきを続けながら、灰皿をカスタネットにして、ニヤニヤしている。大丈夫だろうか?

d0083265_15593276.jpg大声ださなくても聞こえます。

隣同士に座ったY所長とキミちゃん、仕事の話で先ほどから盛り上がっている。
女の子たちはもういないのに、二人とも声のトーンがやたらに高い。


d0083265_1643678.jpg腹が立つから、食べます!

どうやら仕事のことでもめてるようだ、大声だからよく聞こえる。
その内キミちゃん、ムッ!としたのか、立ち上がって目の前の料理を手当たり次第に食べ始めた、所長は相変わらずブツブツ言ってる。

d0083265_16144887.jpgオラオラ!もっと飲め!!テンション上がり過ぎ。

とにかく騒がしい、先ほどの女性達の影響か、声が大きくハイテンションだ。こてこてだったが、昨夜のニュージャパン忘年会の静けさが懐かしい。聞こえるのは、BGMから聞こえるセラピーミュージックだけだった・・・・


d0083265_1625689.jpgワインはまずかった。

あまりの騒々しさに、少し難聴気味になりつつもデキャンタの赤ワインをチビリチビリやったが、これがまずい、いただけない・・もっぱら社員たちの阿鼻叫喚状況を、写真に撮る2時間だった。



『それでは、長老の締めでお開きにします』と所長から指名されたので、「それでは、来年もヨロシク、お手を拝借、イヨー・・・チョン!」一本締めで終わった。


d0083265_16383264.jpg
店を出て、阪急梅田駅に向う交差点で二人組がドラム演奏のパフォーマンスをしていた。
ジャーン!タンタン!ドンドン!ジャーン!!今宵に限っては、全然うるさく聞こえなかった。
「パンチが足らんぞ!」と言ってやろうと思ったがやめた。

by mahalotakashi | 2006-12-28 05:00 | mahalo@仕事