人気ブログランキング |

センバでサンバ!      (探訪シリーズ・PART-Ⅲ)

d0083265_1958345.jpgヨモセヨ!ピビンバ!  イ・ジョンホンならぬ
イ・ボイノシシでぇ~す、カムサ・ハムニカ。
今年も残すところ2週間を切りました。
早いものですねえ、1年が経過するのは・・・・・ついこの前お雑煮を食べた気がするんですがねえ。



(1~3号館、一階のラントレ・せんばは驚き一杯なんでも有りの町。Vol-3)

d0083265_20234330.jpg
それではいつものように昼休み時間を利用して、ブラリと歩いてみましょうか。
堺筋から3号館の1階へ入っていきます。
年末と言うこともあり結構な人出です。
相変わらず韓国語、中国語が飛び交っています。


d0083265_20335864.jpgd0083265_20342338.jpg1号館は殆どテナントが入っていません、ガラーンとしてます。
2号館と3号館にケッタイなお店が集中しているようです。洋品雑貨・衣類・紳士服・アクセサリー・靴・かばん・古本・和楽器・骨董品・花・貴金属・洋傘・チケット・携帯電話・毛皮・ネクタイ・カーテン・絨毯・インテリア・造花・・・紹介しきれません。

d0083265_213113.jpg
  このなんとも言えない表情の、ドン・キホーテの人形、売り物です。

d0083265_2122643.jpg
骨董品店もある、ジックリ探せば意外な掘り出し物が見つかるかも・・
ただ、サラリーマンの昼休み時間では、観て楽しむのが精一杯。

でも、時々鳥肌の立つような焼き物などがさりげなく置かれてあって、立ち去りがたいおもいをすることもあります。

主に東洋系美術品が多いが、店の奥には気になる貴重品も数多く眠っているようです。

年末ジャンボ当たったら、いの一番に訪れたい店の一軒です。


d0083265_21351012.jpg
ほぼ毎日のように訪れるのが、ここ古本の天牛です。

同輩のサラリーマンや学生達もよく来ている、かなり貴重な古書から100円で買える懐かしいブックまで、色々取り揃えていて、ついつい立ち読み時間が長くなる。
店員も別に嫌な顔もせず、ゆっくり時間が流れます。

ここでは恐らく万引きなど絶対ないだろう、昭和の匂いのする私の貴重な、くつろげる店の一軒であります。

実際に古書の買取もしてくれる、ぜひ一度訪れていただきたい。


d0083265_2149525.jpg
ともかく、品揃え(本の数)豊富だ、北通りの両サイドに別れて店舗があり、これでもか!というほど本が揃っている、もちろん新刊も置いてありますよ。


d0083265_2155169.jpg







d0083265_220317.jpg
ラントレせんば の楽しみの一つ、超ミニ、ミニ、イベント(?)
予告なしに有名人が訪れたり、ミニ教室が開かれたり、ゲリラ的に催し物が開催されます。
今日は、テレビや雑誌でも取り上げられた、有名な書道家(横にいたおばちゃんに聞いた)が風水に関連する書をプレゼンスするパフォーマンスでした。
イヤにおばちゃん連中が、興奮しているのが面白かった。


 「あらららら・・もうこんな時間、昼休み終了です。もっともっと紹介したかったんですが、残念!面白い店沢山あります、下に写真並べますので、チョット見にくいかも知れませんが、眼を近づけてユックリご覧下さい、よく解らない人は一度ぜひ訪れてください」

d0083265_22231890.jpgd0083265_22234053.jpgd0083265_22241351.jpgd0083265_222553.jpg






d0083265_22263411.jpgd0083265_22272522.jpgd0083265_22275678.jpgd0083265_2236299.jpg







 あっ!それから何回も言いますが、駐車違反の取締厳しいですよ、くれぐれも車は駐車場へ・・・
d0083265_22385522.jpg

by mahalotakashi | 2006-12-20 00:08 | mahalo@夢旅