人気ブログランキング |

微妙な訪問者(君子危うきに近寄られた・・・)

d0083265_13134250.jpg    MAHALO 
 ’09DIARY







     11月も順調にスタート!
     ロケットスタートとまでは言えないが、確実な一歩を踏み出せたようです。

d0083265_21311119.jpg
応接室の窓から見える銀杏の樹も少し色付き始めて、本日(2日)近畿地方に木枯らし1号が吹き、震え上がりました。
退職まで残り4ヶ月を切りましたが、与えられた日数を精一杯頑張ろうと思っています。

さて、そんなファイト満々のイボイノシシの前にとんでもない男が現れました!

『先輩、お久しぶりです!よろしくお願いします!』と、にこやかに差し出された名刺には、同業でライバル会社Y社の営業課長の肩書きが書かれています。
「エッ!ほんまかいな!びっくりしたなあ~・・もう!・・・」と、かなり古いギャグで答えるしかありません。
前々日まで我が社の社員だったのですから、驚くのも無理はないでしょう。

数年前まで大阪営業所勤務だった、その男N君は、中々のやり手営業マンで、社内の記録を塗り替えるほどの若さで東北営業所(仙台市)の所長に抜擢されたエリート社員(イボイノシシとは大きな違い!)で、将来は役員かと羨望の眼差しで見られていた男なのです。

仕事が出来るだけではなく、娘の個展などにも顔を出してくれたり、人間付き合いも好い高感度抜群のサラリーマンの理想像のような男だったのですが、今年の夏、賞与の額が少な過ぎて(確かにそうでした・・・)部下が生活できない!と、あろうことか社長に直談判したことが仇となり、結局10月末日を持って退職せざるを得なくなってしまった波乱万丈男です。

社長とはかなり激しくやりあったと、社内の噂話では聞いていましたが、昔から正義感の強い真っ直ぐタイプのN君らしいなあ~と、感心するくらいで、記憶の彼方へ追いやっていた本人が今ダークスーツ姿でイボイノシシの目の前に立っているのですから、本当に椅子から転げ落ちそうになりました(笑)

奥さんとお子さんを仙台に残し、彼が再就職したY社の大阪支店はライバルではあるものの、イボイノシシの担当する部門とは昔からバーター方式で仕事をやり取りする間柄で、つい最近もコルティオの資材輸送を大阪中之島から東京代々木までイボイノシシのチームでやり遂げたばかりなのです。

今後、好むと好まざるとに関わらず彼との接触が増えるのは間違いありません。
聞くところによると、我が社の社長は彼に対して怒り心頭で、特にライバル社への入社は『絶対に許さん!』と、息巻いているそうです。
自由主義の日本では通用することではありませんが、本音で言えば八つ当たりが怖い!

格言で言う、「君子危うきに近寄らず」で、かわしたいところですが、危うきが近づいて来ては逃げ場がありません。(笑)

やれやれ、頭の痛い問題が降りかかってきました。
災い転じて福と生るか、坊主憎ければ袈裟まで憎いになるか、ソフトランディングを目論んでいたイボイノシシに、イタズラ神様がお与え下さった最後の試練でしょうか!うふふ(^^;)

d0083265_21394313.jpg
毎朝出勤時に見る六甲山と甲山、空の色も秋から冬へと走り始めたようです。
春まだ遠し!殿に謀反を企てた東北家老が敵方の浪速藩に迎えられ、イボイノシシ老侍の前に立ちはだかる!手を組むべきか、切って捨てるべきか、各々方何卒良き知恵を御貸しくだされ。

  まあ!なんとかなるさ!なんとかなるでしょう!

by mahalotakashi | 2009-11-02 21:20 | mahalo@仕事