タグ:タイガース劇場 ( 41 ) タグの人気記事

阪神 VS ロッテ  日本生命セ・パ交流戦  甲子園

  自宅から徒歩4分!甲子園球場で今年初のプロ野球観戦!

d0083265_21405582.jpg
 7回裏、風船飛ばし!

 昨日(5月26日)雨のため中止になったセ・パ交流戦。いつもテレビ観戦で楽しんでいますが、予備日の本日(27日)はテレビ中継がないので、甲子園球場に乗り込むことにしました。

d0083265_21493686.jpg

 当日発売のチケットを購入、一塁側アイビーシートで観戦することにしました。


d0083265_21525948.jpg

 平日のスライドナイターのためか、観客は七割程度の入りでした。


d0083265_21544522.jpg

 それでも爽やかな風に吹かれてのナイター観戦は好い物です!

d0083265_2156029.jpg

 たこ焼きやポップコーン、フランクフルトをつまみにビールを飲むのは最高の気分!♪


d0083265_2221637.jpg

 阪神タイガースの先発投手は、藤波晋太郎。(ロッテは涌井投手) 藤波は最近調子が悪いので心配していましたが、8回まで無失点の力投!少し安心しました(笑)


d0083265_225551.jpg

 9回は、守護神・呉 昇桓(オ・スンファン)投手がピシャリと押さえてくれました!これには七面鳥夫人もご機嫌です。(結果:阪神2・ロッテ0)

d0083265_22112896.jpg



d0083265_22132023.jpg

 これからも機会があれば観戦したいと思います。ただし勝つ試合に限りますが・・(笑)



 藤浪 2軍落ち危機から“変身” ピンチは三振で切り抜ける「持ち味出せた」
 スポニチアネックス 5月27日(火)21時18分配信

 ◇交流戦 阪神2―0ロッテ(2014年5月27日 甲子園)

 これでダメだったら2軍落ち。そんな危機感を持っての登板だった阪神・藤浪。結果は8回3安打無失点。プロ初完封は次回以降のお楽しみとなったが、今季最高の投球で約1カ月ぶりの白星が付いた。

 「ストライク先行で、ストレートで押していけたのが良かった」と変身ぶりを自己分析。前回登板のオリックス戦で最短の2回6失点降板。中西投手コーチとフォームの修正に取り組んだ。この日はノーワインドアップでの投球で、まずはカウントを有利にすることを心がけた。

 6、7回は得点圏に走者を背負ったが、6回は井口、7回はブラゼルを三振に仕留めた。「持ち味を出せた」と笑顔の右腕。プロ初完封も見えたが、7回に2四死球を出し、「悪い兆候がでてきた」(和田監督)ということで降板。それでも指揮官は「良かった。申し分ない」と絶賛。6月からもローテーションを守って、背番号19はマウンドに登る。





by mahalotakashi | 2014-05-27 22:19 | mahalo@野球

真弓監督辞任

d0083265_2203258.jpg   MAHALO   
   ’11.DIARY

   Message of the truth
   Depression of hansintigers oho

More 寂しく・侘しいニュースです。

by mahalotakashi | 2011-10-17 11:50 | mahalo@野球

真弓監督解任?

d0083265_2203258.jpg   MAHALO   
   ’11.DIARY
   Message of the truth

   Depression of hansintigers oho !  

More 阪神フアンとアンチ阪神のためのブログ

by mahalotakashi | 2011-10-16 13:30 | mahalo@野球

甲子園球場、只今リニューアル工事中 & バレンタインデー♪  

 蔦(つた)は刈り取られました。
d0083265_22565322.jpg
 おなじみの阪神甲子園球場は、自宅から直線で2Kmくらいのところにあります。
春夏の高校野球の決戦場で、我が愛する阪神タイガースのホームグランドでもあります。

 現在2009年の完成を目指して、リニューアル工事の真っ最中です。
先日七面鳥夫人と甲子園周辺を散策しました。この辺りは結構飲食店も多く、様々な
種類の食べ物屋さんが軒を連ねています。
イタリアンやフレンチの穴場レストランも数多く、いずれグルメブログでUPする予定です。


d0083265_1173872.jpg >> 甲子園の名の由来

 甲子園球場が完成したのは、大正13年8月1日です。この年は、奇しくも、十干、十二支のそれぞれ最初の「甲(きのえ)」と「子(ね)」が60年ぶりに出合う年でした。縁起のよいこの年にちなんで、この付近一帯を「甲子園」と、また野球場を「甲子園球場(当時は大運動場)」と名付けました。


d0083265_11194641.jpg >> 甲子園のツタ
 甲子園球場をベストドレッサーに仕立て上げる緑のツタ。偉容を、よりシンボリックにしています。完成された年の冬に植栽され、繁殖力が強く壁面を飾るのにうってつけでした。以来、まさに歴史を球場と共に歩んできました。株数約430本、葉の面積はタタミ8000畳分もあり、改めて甲子園球場のスケールに驚かされます。

ただ現在(工事中の間)は刈り取られていて、代わりにツタの写真をプリントしたパネルで
球場の周囲を囲っています。

d0083265_22574771.jpg
 北西側、一塁席とアルプス席の中間辺りに工事用車輌の出入り口が設置されています。
タイガースの試合を観戦する時に七面鳥夫人と待ち合わせ(会社から直行のため)する
ポイントです。

d0083265_22582361.jpg
 雪が降ったり寒さも一段と厳しくなっていますが、工事は順調に進んでいるようです。
d0083265_22591928.jpg
 私たちがよく観戦に訪れる一塁側スタンドの付近は、大きく変貌していました。
ツタが取り払われた外壁面は、一面の総ガラス張りになっています、今までの甲子園球場とは(内野入り口付近に限り)まったく違うイメージになりそうです。
d0083265_2305410.jpg



 リニューアル後のイメージ図です。
 内野の銀傘が設立当時と同じく、アルプススタンドの方まで伸ばされるようです。
d0083265_231148.jpg
 >> 銀傘
 甲子園球場の自慢のひとつに銀傘があります。現在はアルミ合金製で昭和57年にふきかえられた3代目ですが、もとは鉄傘と呼ばれていました。増設されてアルプススタンドまで覆っていたその鉄傘は、太平洋戦争のさなかの昭和18年に供出され、26年に現在の形の銀傘が完成しました。雨よけに便利な大屋根と思われていますが、当時は陽よけを目的として作られたというのも案外知られていない事実です。

 伝統を継承しつつ近代的球場へと生まれ変わる、阪神甲子園球場を地元の人間として、温かく見守って行きたいと思っています。


    話は全く飛びますが・・・

   2月14日はセント・バレンタインデー、今年もチョコレートをいただきました♪

d0083265_22491566.jpg


 勿論七面鳥夫人公認の女性からのプレゼント♪やましいことはございません!
d0083265_22531339.jpg

     毎晩飲んでるスコッチウイスキーのあてに最適でござりまする。

d0083265_22565578.jpg

   奈良のMさん、西宮のJさん、Mさん、いつもありがとうね♪今年もよろしく!

ホワイトデーはイボイノシシの会社のイケメン若手社員を紹介しましょうか?(^^;)

by mahalotakashi | 2008-02-15 00:01 | mahalo@雑記

プロ野球ペナント試合終了         2007年11月3日

 プロ野球日本シリーズが終了。
 セリーグ2位の中日ドラゴンズが、クライマックスシリーズで、(セ)3位阪神・1位巨人を下し、勢いそのままに日本ハムを叩き、53年ぶりに日本一になった。

 阪神さん、来年がんばってちょうだい。

d0083265_16341967.jpg 少し奮発して「タイガース・マーク」をボトルに彫刻したフランス産ワインを買い込んで、優勝したら半分頭にかけて、半分飲んで、お祝いしょうと思っていたが、どうやら無駄な買い物だったようだ。
d0083265_16381683.jpg
 色々言いたいことは、山ほどあるが敗軍のフアン多くを語らずだ・・・
勝てば官軍、負ければガックン・・


 中村紀洋は頑張った!

d0083265_1647532.jpg 今年3月、「なんとかなるさブログ」で中村選手のことを少し語った。
 たしか、「中村紀洋の運と不運・・」という題で当時の心境を書いてみた。「全力を出して這い上がれ!これを機会に人間として成長してもらいたい」と括った。
 彼は見事に実践した、凄い奴だ。

 中村選手自身初めて、しかもチームでは53年ぶりの日本シリーズ優勝である。
そして、最高殊勲選手(MVP)に輝いたのだから驚く。まさに夢のような気持ちだろう。

 試合後のお立ち台で、「いろいろなことがあった・・ありがとう!!」と涙をあふれさせた。

 オリックスとの契約交渉がこじれ、自ら退団の道を選んだものの周囲は予想以上に冷たかった。一時は年棒5億円プレーヤーまで上りつめたスター選手が、茶髪を丸刈りにして中日の育成選手(年棒400万円・推定・)で拾われた。

 今回の活躍を誰が想像しただろうか、1軍に登録されて腰痛などの怪我にも弱音を吐かず、痛み止めのクスリを飲みながら戦い抜いた。

 そして、この秋の桧舞台で大活躍。もしこれを予期して入団させたのなら落合監督を素直に評価する。

 腐りかけていた花を見事に咲かせたのだから・・

by mahalotakashi | 2007-11-03 17:17 | mahalo@野球

阪神タイガース、リーグ3位で終了    2007年10月4日

d0083265_9301475.jpg
’07阪神タイガース総括反省ブログ

『今年も山有り、谷有りやったねえ~』


 よく闘いました岡田監督、お疲れさん

 昨日(3日)神宮球場で試合前に、岡田監督が記者団にもらした感想が、『山あり、谷あり・・』発言だった。
 確かに山あり谷ありのリーグ戦であった、イボイノシシ流に言えば「ジェットコースターリーグ」てなところか・・・

 オールスター後、グイグイ登り始め、アレヨアレヨと言う間に驚異的10連勝!頂点に登りつめたところで今度は8連敗の急降下!「ほんに、オシッコちびりそうな」上り下り、よく愉しませていただきました。

 去年に比べると、今年は(特に後半戦)岡田監督の采配が冴え捲くったという印象が強い。只ここ一番の最終局面で、先発・中継ぎ・抑えの各投手、それに野手(打者)コーチ陣に疲れとプレッシャーが襲い掛かり、総崩れ現象になったのも事実だ。来年の課題であろう。
 ともかく、岡田監督以下、コーチ、選手諸君、裏方さんに「お疲れ様でした」と労いたい。

d0083265_1004954.jpg**2007年・阪神タイガース・リーグ戦・成績表**
144試合・74勝66敗4引分け・勝率.529
得点・518(692) 失点・561(556) 本塁打・111(191)
打率・.255(.276) 防御率・3.56(3.58)   
  (  )内は、リーグ優勝した巨人の成績。

 最後の最後に、フアーム落ちしていた今岡選手が復活、ホームラン、適時打で大活躍したが、遅きに失した感は否めない。今岡選手にはクライマックスシリーズで力を発揮してもらいたい。

 来年の課題は「先発投手の安定と、繋がるバッティング」につきるだろう。
今シーズンの先発陣は5回を持たず撃沈されるケースが多すぎた。投手の踏ん張りが無かったのも事実だが、ベンチが後ろ(JFK)に頼りすぎて早めの交代が定着してしまったことも、ヤクルト・横浜戦の無様な連敗の要因の一つと考えられる。
 90試合に登板した久保田投手や渡辺投手、それに桜井選手を筆頭に若手の活躍がなければ、間違いなくBクラス(或いは最下位)であったことだろう。



d0083265_10383665.jpgなんとかなるさブログの反省点

 調子にのりすぎました。ハシャギ過ぎました。
 下位チームを馬鹿にしすぎました。
           ゴメンナサイ・・m(__)m


  ・オリックス・バファローズ呪い卍卍


 イボイノシシ(人間)の性(さが)というか、自分の贔屓チームが勝ってくるとついつい舞い上がってしまって後先が見えなくなるものだ。
 なにも自分が戦ってるわけでもないし、フアンだといっても、阪神タイガースが菓子箱を持って頼みに来たわけでもない。勝手に虎フアンだと思い込んでいるだけなのだが、まるで自分の家族か分身のように錯覚してしまう。

 マイブログに得意げに「俺は阪神タイガースの影のオーナーだ」なんて「お馬鹿コラム」を掲載して悦に入っている。
それくらいならまだ許せるが、連勝して余裕がでてくると「慢心と驕り(おごり)」の気持ちが高ぶり、なんの関係も無い他所さまのリーグにまで口出しをしてしまう。

 通勤途中の地下鉄の駅で見かけた「オリックス・バファローズの宣伝ポスター」を嘲い、冷やかし、馬鹿にしたりした。ブログでさらし者にして得意満面、有頂天になっていた。
 (9月19日)「オリックスはん!どないしはりましたん?」

天網恢々、疎にしてもらさずてんもうかいかい、そにしてもらさず

 有名な「老子」の言葉だ。
「天網」とは天の裁き、「恢々」とは大きいという意味で、天の網はこの上なく大きく、網目こそ荒いが、何一つ取り損ねることはない。
「悪は一時栄えることがあっても、いつかは必ず報いを受ける」というたとえである。

 まあ自分のブログコメントが「悪」とまでは思わないが、オリックスのフアンから見れば「悪意に満ちた嘲り(あざけり)」と受け取られてもしょうがないだろう。
 この冷やかしブログをUPした直後から、阪神タイガース悪夢の8連敗が始まったのである。阪神が優勝を逸したのは、なんとかなるさブログの責任が重いのではないだろうか・・・と独り悩む秋の宵である(反省・・・)

 熱心な阪神フアンへ一言
 最終戦の前日の試合をテレビで観戦している時に、解説者の元阪神のエース「江夏豊氏」が、『タイガースフアンの熱心さは分かるが、相手方のピッチャーが途中降板する時にトランペットや手拍子で「蛍の光」を大合唱するが、如何なものか・・真に野球を愛する人なら、絶対にやってはならない行為だ、野球人というより一人の人間を傷つけている』と言っておられた。同感である。

 熱心なあまり、我を忘れて人を傷つけるような行為や言動は慎まなければならない。「たかが野球風情に」と言われるかも知れないが、子供たちまで巻き込んだ「品の無い応援」は、ぜひとも慎んでいただきたい。

 最後に、オリックス・バファローズさんに敬意と尊敬をこめて、今年最後のポスターを掲載させていただきます。
d0083265_19475378.jpg

by mahalotakashi | 2007-10-04 21:50 | mahalo@野球

阪神タイガース、ちょっと休憩・・      2007年9月19日

オリックスはん!どないしはりましたん?
集団ヒステリーか、組織を挙げての開き直りか?
d0083265_20101173.jpg
この前、なんとかなるさブログで「騒ぎ過ぎポスター」と嫌味を言ったら、逆切れして今度は選手全員に、バシッ!ガキイッ!ウオオー!ドドドーン!かいな、ホームランキング目前でローズのおっちゃんがアメリカへ帰ってしまう気持ち、ようわかるわ・・・
d0083265_20193432.jpgd0083265_2020484.jpg



















 ここまで気合を入れてテンション高めて、最下位(パ・リーグ)では、シャレにならんで・・来シーズンはもうチョットガンバリや!ところで清原選手、どないしてんの?


d0083265_20241630.jpg さて、本日の対巨人戦(24回戦=最終)はトラッキーがシャッポを脱いでいるように、巨人さんに1勝をプレゼント、有終の美を飾っていただきました(負け惜しみ)
 ボーグルソンがゴンザレスに満塁弾を浴び、続くダーウィンが由伸に3ラン、ここで岡田監督は試合内容を切り替えて、JFKを休ませる作戦を取りました。


 安物のテレビドラマみたいに、いつでもハッピーな結末、ありえないシチュェーションは、期待する方が間違ってる、そんなドラマは長続きしない。
野球こそ筋書きの無い「名ドラマ」常に観客・フアンをハラハラ・ドキドキさせるから面白い。
主力選手を休ませて、巨人さんに、殴られ、蹴られ、踏みつけられ、オリックスさんじゃないけど、ボカッ!ドスッ!ガキッ!バスッ!敗戦処理の橋本投手はサンドバック状態、フラフラのヨロヨロ・・・

 気が済みましたか、巨人さん?

 11対1でリードしているにもかかわらず、なみだ目の原監督、9回裏あろうことか押さえの切り札、上原浩治投手を出してきた(セーブもつかないのに・・・)

 テレビ解説の吉田義男さんが『なんで昨日上原出さんかったの??』とあきれ声。
1点差で負けても1敗、今日のように10点差でも1敗、勝ち点が重要なサッカーとはチョット違う。どうも今年の原監督は感情をむき出し過ぎたんじゃないかな。

 過ぎたるは及ばざるが如し 無理や意地の張りすぎは時として調子を狂わせる。
 負けた阪神ベンチの笑顔と勝って暗い表情の巨人ベンチ、どう思います・・・

阪神は、次回の神宮・横浜での6連戦が正念場だ、勝ちにこだわってほしい。


 阪神1-11巨人 24回戦終了 阪神14勝・巨人9勝・1分け

 負けてなお阪神タイガースは首位(セ・リーグ)をキープ。

by mahalotakashi | 2007-09-19 20:10 | mahalo@野球