<   2012年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ソレ クッチーナ (Sole Cucina ) イタリアン  大阪南港

                                食べ歩き
★★★★

                    おひさま食堂でお手軽ランチ!


d0083265_14193846.jpg

 ATCビル O'z棟南館3Fのグルメフロアの南端、最もディープなポジションに位置するお店ですが、お客様は結構多いようです(周辺他の外食店に比べて・・・)
 店名の、ソレ クッチーナ (Sole Cucina )とは、イタリア語で「太陽のキッチン」という意味、くだけて言えば「おひさま食堂」。ランチはパスタ中心のカジュアルなセットメニューで気軽に楽しめます。


d0083265_14211696.jpg

 店内はウッディな雰囲気で落ち着けます、ホールスタッフの応対もまずまず。窓際や店内のいたるところに飾られたワインボトルが、このお店の夜の賑わいを表現しています。


d0083265_14314314.jpg
 ランチセット(B)のサラダとパン

 ランチセットは3種類、パスタ中心のカジュアルなセットメニューで気軽に楽しめます。

◆(A)サラダ、パスタorドリア、ドリンク (¥980)
◆(B)サラダ、パン、パスタorドリア、ドルチェ、ドリンク (¥1,280)
◆(C)(2名セット)サラダx2、パスタorドリアx1、ピザx1、ドリンクx2 (¥2,380)


 パスタは4種類から選べますが、ドリアとピッツァは1種類の限定で、ちなみにピッツァはマルゲリータでした。


d0083265_14395617.jpg
 やりいかのめんたいクリームソース

 七面鳥夫人のオーダーは、ランチセット(B)
 4種類のパスタには和風スパゲッティなどもありますから、女性や年配の方でも安心して楽しめます。今回は和風パスタの「やりいかのめんたいクリームソース」をセレクトしましたが、アルデンテのパスタとヤリイカ、明太子が微妙に合わさって美味しかったそうです。


d0083265_14463219.jpg

 イボイノシシは単品でピッツァマルゲリータ (¥1,080)をオーダーしました。店名の通りナポリをイメージさせるピッツァですが、少し生地が薄めでモッツァレラも少ない感じでした。
 なおもう一種類の単品のドリア(海老とイカのトマトクリーム)は単品で¥880ですから、セットメニューで頂く方がお得で無難だと思います。



d0083265_14481041.jpg
 ランチセット(B)のドルチェ(ティラミス?)と、コーヒー

 お店の雰囲気と料理のお味は、一昔前のイタ飯屋と言ったところでしょうか、純粋で本格的なイタリア料理とは言えませんが、日本人好みの味付けで、リーズナブルランチが手軽に楽しめるお店です。




店名          ソレ クッチーナ (Sole Cucina )
ジャンル        イタリアン
TEL          06-6612-2680
住所          大阪府大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビル O'z棟南館3F
交通手段       トレードセンター前駅から115m
営業時間       11:00~22:00 ランチ営業、日曜営業
定休日         無休
席数          44席

ホームページ
     http://www.atc-co.com/restaurant/solecucina




ランチブログ ブログランキングへ

イタリアン(レストラン) ブログランキングへ

by mahalotakashi | 2012-11-30 00:01 | mahalo@食卓

夢の食卓     いっしょに食べよう。倉敷・名古屋

                  Table of Dreams ~夢の食卓~


d0083265_1422377.jpg


 2011年・秋。横浜赤レンガ倉庫にて開催された『いっしょに食べよう。2011~横浜ロングテーブル』。
 1000人もの見知らぬ人々が長い長い食卓を囲んで、一緒に食べ、笑い、話をし、仲間になった。その様子を見て、町興しにと動いた人々がいた。

 2012年・春。三重県・伊勢志摩で地元の漁師や旅館の女将が中心となって開催した『いっしょに食べよう。志摩』。メニューには地元で獲れる新鮮な伊勢海老やサザエなどが並び、地域の人と遠方から集まった200人が交流を深めた。

 そして、今年・秋。今度は倉敷と名古屋の2か所でキレイな秋晴れの下『いっしょに食べよう。』が行われた。倉敷での開催は“ひとりの食卓は寂しい。みんなで一緒に食べる場を作って欲しい”という、ある一人暮らしのお年寄りの思いがきっかけだった。参加者は300人。地元の人々がボランティアで協力し、枝豆や豚汁など、倉敷の美味しいものを使った料理を振る舞う。

 名古屋では、「日本の洋陶磁器発祥の地」“ノリタケの森”でイベントを開催。参加者100人で一緒にテーブルコーディネートをし、陶器の皿にナイフとフォークでいただく。
 小さい子供たちは四苦八苦しながら、でもみんな笑顔で、食卓を囲む。ただ“いっしょに食べる”だけ。そのシンプルな食卓から、一体何が生まれるのだろうか。








by mahalotakashi | 2012-11-28 23:55 | mahalo@食卓

ルマン・サンドウイッチ 花のみちセルカ店  宝塚市

                                食べ歩き
★★★★

     宝塚花のみち沿い、人気のお店でサンドウィッチ・ランチ!


d0083265_118965.jpg

 快晴の日曜日(25日)は大阪と神戸でマラソンが同時開催されました。交通規制が長時間続くのでランチはまたまた宝塚・・(笑)
 阪急宝塚駅から武庫川沿いに宝塚大劇場に向う「花のみち」は宝塚を象徴する美しい遊歩道です。両側に車道があり、一段高くなった中央部の歩道は四季の花々や植物が植えられて、宝塚大劇場へ続く花道とも呼ばれています。春には桜が満開となり、華やかさがひときわ増します。


d0083265_119828.jpg

 道路に並行したショッピング街、花のみち1番館・2番館は、2000年の大劇場改修時にオープンしたそうです。バザールやマーケットで活気にあふれる花・緑・賑わいをテーマにした3つの広場や、デッキ、ブリッジ、ストリートなどが変化のあるリズミカルな風景を連続して浮かび上げるロマンチックな街並みを演出。
上層部には個性的な住宅を配し、1・2階には喫茶店やレストランなどのほか、宝塚らしい雰囲気を持つ可愛いお店が並んでいます。


d0083265_11371287.jpg

 2番館の2階でいつも賑わっているお店が、サンドウィッチ専門店ルマン花のみちセルカ店です。
本店のルマン・宝塚南口店はテイクアウトオンリーで、以前立ち寄ったことがありますがこちらのお店は今回初めての訪店となります。テイクアウトはもちろん、店内でも頂けるカフェを併設しています。

 少し遅い目の時間に伺いましたが店内は満席、お客様の切れ目がありません。ドアにかけられたウエイティングリストに記入して待つこと20分、やっと入店できました。


d0083265_11385520.jpg

 店内はメルヘンチックな仕様でいかにも女性好み。ほぼ九割は女性客でした。
お店のHPに『宝塚大劇場近くのお店ということで、このルマンのサイドイッチが大好きで、来店や差し入れを楽しみにしているジェンヌさんも多いです。』
 『また長年の宝塚ファンさんには、「長年の宝塚ファン」であると同時に、「ルマンのたまごサンドのファン」という方が多いです。』と書かれていましたが、なるほどと頷けます。


d0083265_11445298.jpg
 ヅカセットのサラダ
 お店の代名詞のようなたまごサンドをはじめ、野菜、フルーツ、お肉など様々なジャンルのサンドウィッチが頂けるのですが、お店で食べる場合はセットメニューがおススメです。


d0083265_11461840.jpg
 ヅカセットの紅茶

 例をあげると、
◆ミニサンドセット(750円)
(3種類のサンドウィッチとミニサラダとお飲み物)[エッグ・ハム・フルーツ]
[お飲み物:コーヒーor紅茶orポタージュスープ]※アイスドリンクは+50円になります。
 
◆サンドセット(920円)
(5種類のサンドウィッチとお飲み物)[エッグ・ハム・フルーツ・ミンチカツ・ヤサイ]
[お飲み物:コーヒーor紅茶orポタージュスープ]
 
◆お子様セット(900円) *小学生以下のお子様*
[エッグサンド・ハムサンド・アイスクリーム・フルーツ・オレンジジュース]


などがポピュラーですが、今回は少し豪華に、七面鳥夫人が、◆ヅカセット (1,480円)をオーダーしました。


d0083265_11482535.jpg

 ヅカセットは、サンドセットに野菜サラダとフルーツ、デザートが付いたメニューです。ふんわりした名物たまごサンドやキュウリとハムなど、作りたてのサンドウィッチが並んでいます。


d0083265_13123218.jpg
 ヅカセットのデザート、コーヒーゼリー(クラッシュタイプ)


d0083265_1314966.jpg

 イボイノシシは単品で、ビーフカツ(1,100円)をオーダーしました。単品の場合、コーヒー又は紅茶を+250円(アイスは+300円)でいただけます。
 軽くトーストした軟らかいパンに表面がカリッと揚げられたビーフカツのサンドは絶品の味わい。とても美味しくいただけました。

 独特の形をしたルマンのサンドウイッチは食べやすく、様々に工夫された製法は流石に宝塚屈指の老舗店ならではの味わい。宝塚価格は少し気になりますがリピしたくなりますね。



店名          ルマン・サンドウイッチ 花のみちセルカ店
ジャンル        喫茶店、サンドイッチ
TEL           0797-85-1200
住所           兵庫県宝塚市栄町1-6-2 (花のみちセルカ2番館2階)
交通手段        阪急宝塚駅より徒歩8分
営業時間        標準営業時間:9時~19時 オーダーストップ18時半
定休日         毎週水曜日(当面、月・金も臨時休業)
サービス        テイクアウトあり

ホームページ
     http://takarazuka-lemans.com/




兵庫県 ブログランキングへ

by mahalotakashi | 2012-11-27 13:30 | mahalo@食卓

寿し処内海 仁川店  寿司  西宮市段上町

                                食べ歩き
★★★★
       安心してリーズナブルにお寿司が味わえるお店ですよ!

d0083265_2126172.jpg

 西宮北口近くにある、寿し処内海本店は、間口は広いが奥行きがなく横長の特殊な造りですが、こちら仁川店は地味な外観ながら店内は本店より一回り広く、奥まで通しのカウンターとテーブル席、それに上がり座敷を備えてゆったり感のある空間を提供されています。


d0083265_2129749.jpg

 寿司職人さんが3名、ホールスタッフが男女2名、回転寿司のお店ほどの活気と元気さは感じられませんが、良く言えば落ち着いて江戸前寿司が味わえるお寿司屋さん。
 お寿司のテイクアウトもあるので地元のお客様にも重宝されているようで、結構賑わっていました。
こちらのお店のランチセット(定食)は種類が多く、しかもリーズナブルなので年代を問わず人気があるようです。


d0083265_21311128.jpg

 にぎり定食(¥750)から、特上にぎり定食(¥1,840)まで、10種類のヴァリエーションが楽しめます。本日は、イボイノシシが日替わりにぎり寿司5貫におそばの付いた、あじさい定食(¥800)をオーダーしました。


d0083265_21351092.jpg

 にぎり寿司5貫は少し頼り無い気もしますが、おそばが意外にボリューミーだからランチとしては丁度良い塩梅です。


d0083265_21404452.jpg

 昨夜テレビで海鮮丼の食べ方のマナーを教わった七面鳥夫人は迷いなく、浅利の赤出汁付き、びっくり海鮮丼定食(¥1,480)をオーダーしました。
 海鮮丼は、ひらめ、まぐろ、数の子、ボタン海老、うに、いくら、サーモン、生たこ、蟹、紋甲いかの10種類が入った豪華版です。


d0083265_2144871.jpg

 大浅利(あさり)の赤出汁は、砂が残っていて少し戸惑ったそうです。この辺はもう少し気を使って頂きたいですね(^^;)


d0083265_21443848.jpg

 追加で、とろ2貫(¥460)もいただきましたが、年季が入った職人さんが握ってくれるお寿司はなんといっても美味しいですね。

 CP高くて安心していただける本格的なお寿司屋さん、オススメできるお店です。




店名          寿し処内海 仁川店 (うつみ)
ジャンル        寿司
TEL          0798-52-0143
住所          兵庫県西宮市段上町4-4-8
交通手段       阪急今津線仁川駅南へ徒歩10分弱
             甲東園駅から北へ徒歩約10分
営業時間       11:00~14:00 17:00~22:00
定休日         無休
予約          予約可
駐車場         有
禁煙・喫煙       全面喫煙可
空間・設備       落ち着いた空間、カウンター席あり、座敷あり
サービス        子供可、テイクアウトあり








by mahalotakashi | 2012-11-24 00:04 | mahalo@食卓

コペンハーベスト 西宮店 パン、カフェ、パスタ

                                食べ歩き
★★★★

    パン屋さんのワンコインランチ!採算とれますかぁ~??


d0083265_14382658.jpg

 ベーカリーカフェのコペンハーベストは大阪市中央区で勤務している時、会社近くの中央店や、安土町店など、ビジネスランチでよく利用しました。お店によってはご飯とみそ汁を提供するユニークなサービスまである、フレキシブルで使い勝手の良いパン屋さんです。


d0083265_14445165.jpg

 JR西宮駅南側国道2号線沿いに最近オープンした西宮店は、天井が高く明るくて開放的な店内でカフェやカジュアルなランチが楽しめます。スタッフの応対も心遣いが感じられるアットホームで温かいサービスを提供してくれます。


d0083265_14461178.jpg

 常時50種類近くのパンが並べられテイクアウトのお客様も多いようです。ランチセットに本格的パスタを提供されていますが、とにかくリーズナブル!驚くほどのCPの高さです。


d0083265_14492072.jpg

 ランチセットメニューは2種類。パンランチとパスタランチでどちらも¥500でいただけます。パン好きの七面鳥夫人がパンランチ、イボイノシシは冷やかし半分でパスタランチにしました。


d0083265_14522432.jpg

 これがパンランチ。カットはされていますがクロワッサンや玄米パン、カレーパンなど6種類もあります。食べきれないパンはお持ち帰りOK!店長さんが頃合を見て店名入りのビニール袋を持ってきてくれます。「毎回残すお客さんが多いのじゃない?」とお訪ねすると、「少しでも多くの種類を味わって頂きたいと思いまして」と、にこやかに答えてくれました。


d0083265_14563652.jpg

 パスタは結構種類豊富で本格的。この日のランチセットメニューは、スパゲッティ・ペスカトーレ。海老、イカ、アサリのむき身にオリーブの実を添えたパスタは十分納得できる味わいでした。
 ミニサラダとバターを塗ったトーストとブドウパンにドリンク付きでワンコインは、なんだか申し訳ない気がするほど。これで利益出てるの・・?と余計な心配をしてしまいます(笑)

 このお店のCP(コストパフォーマンス)の高さと、スタッフのガンバリに拍手を送りたいと思います。



店名           コペンハーベスト 西宮店
ジャンル        パン、カフェ、サンドイッチ
TEL           0798-38-1282
住所           兵庫県西宮市松原町3-1
交通手段        JR西ノ宮駅南口より徒歩2分
営業時間        7:30~20:00 朝食営業、ランチ営業
定休日         年中無休(年末年始のみ休み)
席数           30席(窓際カウンター6席)
平均利用金額      [夜] ~¥999 | [昼] ~¥999
禁煙・喫煙       完全禁煙
オープン日       2012年9月16日
ホームページ
      http://www.copenharvest.co.jp/




兵庫県 ブログランキングへ

by mahalotakashi | 2012-11-23 00:01 | mahalo@食卓

夢の食卓       食卓でつながる那須朝市

                   Table of Dreams ~夢の食卓~

d0083265_13362754.jpg



 10月末、紅葉の盛りを迎えた那須高原の裾野で、那須の豊かな食文化を朝ごはんで味わうことのできる人気の朝市、「那須朝市」が開かれた。朝市の発起人・宮本吾一さん。3年前、“食”を「作る人」と「食べる人」が直接交流できる場を作りたい、と一人で農家を回り、食材を探しては、朝市に出店しないかと声を掛け続けた。そして、協力してくれる地元農家や、那須に住まう食にこだわりを持つ人々と出会い、地域のみんなで手を取り合って「那須朝市」が誕生した。

 人との繋がりを大切にしている宮本さん。朝市スタッフとの話し合いの後はみんなで食卓を囲む。食事を共にすることでスタッフ同士の絆が深まり、一体感も増してくる。

 みんなが気軽に意見を出し合えるこの食卓からは、新しいアイディアも生まれた。那須の牛乳を使って何かできないかという発想から商品化された“朝いちのプリン”。地元の菓子工房と牧場がコラボしてできた“朝いちのプリン”は、牛乳の濃厚な味が魅力の那須朝市限定の目玉商品。

 朝市にはシチューやけんちん汁などの温かい朝ごはんも並ぶ。どれも「作った人の想いが分かる食材ほど贅沢なものはない」と地産の食材が使われている。

 朝市に訪れたお客さんをひたむきな情熱と真心でもてなし、朝市を盛り上げようとする人々の舞台裏を追った。













by mahalotakashi | 2012-11-21 23:23 | mahalo@食卓

龍坊 (ロンファン)  中華料理   宝塚ガーデンフィールズ内

                                食べ歩き
★★★★

     ミステリアスなレストランは、龍坊と言う中華料理店でした。


d0083265_923463.jpg

 広大な敷地の宝塚ガーデンフィールズの西端、英国庭園に囲まれ蔦に覆われた石の外壁がレトロな感覚を醸し出す一軒家レストラン、龍坊 (ロンファン)北京宮廷料理をアレンジして提供する中華料理店です。
 今から81年前(昭和6年)に宝塚歌劇の文芸図書館として建築され、その後宝塚歌劇記念館として親しまれてきた歴史と風情ある洋館を再利用、初めての方には中華料理店のイメージとはまったくかけ離れたレストランに驚かれると思います。


d0083265_16442754.jpg

 広い駐車場が併設されているので、日曜日のランチタイムに訪店、1階メインダイニングの窓側に案内されました。東側に大きく開かれた窓から英国式ガーデンが眺められます。
 2階には大小の個室などもあり、パーティーやレストランウエディングも可能だそうです。ホールスタッフの応対は少しゆっくりしていますが、特に問題はありません。


d0083265_14122410.jpg
 スープ(左) 蒸し鶏の黒胡麻ソース(手前) 揚げ団子の果物と野菜ソース(右) 干し豆腐の和え物(奥) 

 今回は、お店が勧めるセットメニューの中から比較的お値段の低いものを選びました。アラカルトもありますが、麺類や飯類の単品で、1,600~2,000円近くとややお高め。料金的にはセットの方がかなりリーズナブルです。


d0083265_14222425.jpg
 叉焼饅頭(左) 中国ハム入り大根餅(右) 

◆点心セット (1,890円)
・干し豆腐の和え物 ・蒸し鶏の黒胡麻ソースかけ ・芝海老の春巻 ・揚げ団子の果物と野菜ソースかけ
・中国ハム入り大根餅 ・北京名物 丸焼き餃子 ・叉焼饅頭 ・海老入り白粥 ・本日のデザート

◆炒飯セット (2,100円)
・本日のスープ ・海鮮たっぷり炒飯 ・北京名物 丸焼き餃子 ・本日のデザート


d0083265_14291744.jpg
 芝海老の春巻
 春巻きと言うよりソーセージのようなもの。マスタードかケチャップで頂くのもソーセージっぽいですね。


d0083265_14333811.jpg
 北京名物・丸焼き餃子
 餃子と言うより見た目は、焼き団子。中身は餃子の具ですが、肉汁が一杯つまっています。小籠包(しょうろんぽう)と肉まんの中間のような一品ですが、美味しかったですよ。


d0083265_1449321.jpg
 海老入り白粥
 点心セットの最後は、海老入り白粥。「ザーサイを混ぜて召し上がっても美味しいですよ」と、スタッフから勧められました。お肉類の後にさっぱりした白粥はとても値打ちがあると思います。


d0083265_1541959.jpg
 海鮮たっぷり炒飯
 海老、イカ、ホタテなどが入った海鮮炒飯ですが、少し炒め方が薄いというか頼りない感じ(個人の感想)がしました。


d0083265_1582149.jpg
 本日のデザート
 確か、ココナツのプディングだったと思いますが・・・

 以上、お値段と料理内容から言えば、点心セットがおススメかなと思います。少し薄味の料理は好みが分かれると思いますが、まずまず無難なお味です。


 こちらのお店は、宝塚歌劇の宝塚大劇場バウホールの目と鼻の先にあります。おそらく多くのスター達も訪店していると思われます。宝塚歌劇の華やかな歴史を感じさせられるレトロな空間で、ゆっくり、のんびり食事を楽しみたい方にお勧めしたいお店です。




店名          龍坊 (ロンファン)
ジャンル        中華料理
TEL          0797-85-8510
住所          兵庫県宝塚市栄町1-1-57 宝塚ガーデンフィールズ内
交通手段       JR宝塚線宝塚駅 徒歩10分 
             阪急宝塚線宝塚駅 徒歩10分 宝塚南口駅から470m
営業時間       [月~金]11:00~15:00 17:00~22:00(21:00LO)
             [土・日・祝]11:00~22:00(21:00LO)ランチ営業、日曜営業
定休日         第3水曜日
予約          予約可
カード          可 (VISA、MASTER、JCB、AMEX)
個室          有
席数          108席
貸切           可 (50人以上可)
駐車場         有
ロケーション      景色がきれい、一軒家レストラン
サービス        ソムリエがいる、子供可

ホームページ
     http://takarazuka-longfang.com/




兵庫県 ブログランキングへ

ランチブログ ブログランキングへ

by mahalotakashi | 2012-11-20 15:30 | mahalo@食卓

プレ・レストランガイド

                                レストラン・飲食店

                       ミステリアスなレストラン


d0083265_1055360.jpg

 黄金色に色付いた銀杏の古木の先に蔦の絡まった建物。廃屋かと思うほど年季が経っていますが、人気の一軒家レストランです。

 昨夜から今朝にかけて編集中の画像や記事を誤って更新してしまったので、既に内容をご存知の方も大勢いらっしゃるようですが、無かったことにして下さい(笑)


d0083265_10191992.jpg

 日曜日(18日)に七面鳥夫人とランチ目的で訪店したのですが、料理もさることながら周囲の環境や建物の雰囲気に圧倒されかなり多くの写真を撮りました。
 普通なら編集時に削除する画像が結構多いのですが、今回は捨てがたいショットが多数あり、とりあえず本番前の「プレ・レストランガイド」として掲載させて頂きました。


d0083265_10244367.jpg

 エントランスで出迎えてくれた、とても人懐っこいニャンちゃん。なんだかこれから不思議の国に入って行くような錯覚を覚えます。


d0083265_10305556.jpg

 店内からはイングランド様式のお庭が見渡せます。ゆっくり流れる時間が日頃のストレスを解消してくれました。


d0083265_10334295.jpg

 さて、このユニークでミステリアスなレストラン、どんな料理を提供しているのか想像してみてください。(誤更新を見た人はご存知ですが・・・^^;)

 イタリア料理? スペイン料理? フランス料理? ロシア料理? 中華料理? 懐石料理?・・それとも・・

 真相はできるだけ早く更新させていただきますので、しばらくお持ちください。





レストラン・飲食店 ブログランキングへ

by mahalotakashi | 2012-11-19 12:12 | mahalo@食卓

2012、 ボジョレーヌーヴォー

*レストランガイドは只今編集中です*


               BEAUJOLAIS NOUVEAU 2012

d0083265_2029342.jpg

 今年もボジョレーヌーヴォーを購入しました。4本の内両端の2本はペットボトルのヌーヴォー、中2本が予約していたワイナリー「プロセット社」の、ドメーヌ・デ・コトー・ドゥ・クリュイ・ボジョレーヌーヴォーです。


d0083265_20382573.jpg

 左が、トラディシオン(¥1,380)・右が、ヴォーヴィエイユヴィーニュ(¥1,580)

 今年のフランスワインは葡萄が不作ながら、10年ぶりにブドウの糖度が高く酸度は弱く、優しく柔らかい味わいに仕上がったそうです。


d0083265_2055359.jpg

 今回ヌーヴォーのお供は、スパニッシュオムレツと大分名物とり天にしましたが、結構合ってました。


d0083265_20561069.jpg

 そういえば、ここ何年間か飲んでいるヌーヴォーの中ではずば抜けた美味しさを感じました。来年のボジョレーヌーヴォーを楽しみに、今夜はボトル1本で終了です。おやすみなさい。^^


【お詫びとお知らせ】

 昨夜(18日)レストランガイドの編集(下書き)中の記事を誤ってUPしました。
ワインの飲み過ぎではありませんが、多少ぼんやりしていたと思います。編集後改めてUPさせていただきますのでよろしくお願いします。
 040.gif

by mahalotakashi | 2012-11-18 21:21 | mahalo@食卓

夢の食卓       藤村靖之 幸せな食卓

                   Table of Dreams ~夢の食卓~

d0083265_13393954.jpg


 色とりどりのコスモスが咲き誇る3000坪の敷地に、不思議なデザインの建物が立ち並ぶ―栃木県那須町にある、おとぎの国のような「テーマパーク」がいま注目を集めている。

 年間3000人もの人が全国から訪れるこの場所は、工学博士・藤村靖之の自宅兼発明工房。放射冷却の原理を応用した冷蔵庫、電気を使わない除湿機、もみ殻で断熱した快適な家…ちょっと不便だが、どこか愉しい発明品を通じて、藤村博士は「豊かな生活の選択肢」を提案している。

 「便利さだけじゃなく、もっとさまざまな選択肢の中から選べる方がいい。幸せの選択肢を増やすことが、発明家の仕事です。」と藤村は笑顔で語る。

 彼が何より大切にしているのが、一日三度の食事。必ず、家族とテーマパークで働くみんなが揃ってテーブルを囲む。自ら畑で栽培した新鮮な野菜が並ぶこの食卓こそ、博士のエネルギー源。賑やかな会話の中から、新しいアイデアも生まれる。

 地元那須町の若者たちは「藤村家の食卓には壁がない」と言う。いっしょに美味しい物を食べながら、大声で笑いながら、「豊かな生活」を考える…新しいライフスタイルのヒントが詰まった、藤村靖之の幸せな食卓をお届けする。







by mahalotakashi | 2012-11-14 23:23 | mahalo@食卓