<   2012年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧

trattoria kappa  イタリアン    神戸市垂水区(過去ログ編集)

     自家製手打ちパスタがとても美味しいプチ・トラットリア。


d0083265_13563427.jpg

 交通量の多い国道2号線垂水駅付近(商大筋)、国道沿いのプチ・トラットリア・カッパは海神社の直ぐ近くにあり、ポジションとしてはハンデがあります。騒音、排気ガス、それに専用駐車場の無いのも条件としては厳しいでしょう。


d0083265_13565766.jpg

 ところが結構流行っているのは、狭いながらもゆとりを持たせたテーブル配置とオーナーシェフと女性スタッフのお人柄でしょうか。
 それも重要なポイントですが、このお店のグレードを上げているのは自家製手打ちパスタをメインにしたシェフのイタリアンへのこだわりが、お客様の心を掴んでいるからかも知れません。

 ランチは1種類のみで、パスタにズッパ、パン付きで¥1,000は微妙なCPですが、2種類のパスタが秀逸な出来栄えなので納得はできます。ドルチェとカフェは夫々+¥300、これも多少微妙。


d0083265_1357327.jpg

 最初に出された「秋野菜のミネストラ」は薩摩芋などを使ったズッパですが、本来はマッケローニやパスタを入れて煮込むものですが、パスタが入っていなかったのは少し残念。でもさつま芋の甘味を引き出した素敵な味わいに満足しました。


d0083265_13575680.jpg

 本日の自家製手打ちパスタは、タリアテッレともピッツォッケリとも思える平麺でした。
「ミンチ肉、あさり、小柱、野菜の白ワインとアンチョビの香り」はイタリアンではマリナータに近いお味ですが、手打ちパスタが生かされた好い味を出していました。


d0083265_13581665.jpg

 そのお店の料理のレベルが分かるポモドーロ(トマトソース)のパスタは、「秋刀魚と茄子のトマトソース、オレガノの香り」これはシェフがかなり気合を入れた一品でしょうが、オレガノの扱いが超微妙で初体験の人には多少の抵抗感があるかも知れません。これは秋刀魚と言う独特の素材を使ったためで、お味の構成は間違っていないと思います。


d0083265_13583651.jpg

 食後一言二言シェフと話しましたが、流石にトラットリア・カッパの意味は聞くのを止めました、笑ってしまっては失礼ですからね。しかし手打ちパスタにこだわる若きシェフの情熱はしっかり受け止められました。

 小さいけれど真面目で真摯なトラットリア!オススメできるお店です。



店名           trattoria kappa (トラットリアカッパ)
ジャンル         イタリアン
TEL           078-707-3828
住所           兵庫県神戸市垂水区平磯4-2-10 松栄ビル1F
交通手段        JR垂水駅 東口から徒歩3分
営業時間        11:30~14:00 18:00~21:00(L.O)
              ランチ営業
定休日          水曜
席数           10席 (カウンター6席・テーブル4席)
駐車場          無(近隣にコインパーキング 2カ所あり)
禁煙・喫煙        完全禁煙
サービス         お祝い・サプライズ可、子供可
オープン日       2010年4月28日


行列ができる名店、イタリア発「VESTRI」のチョコレート

by mahalotakashi | 2012-02-29 21:21 | mahalo@食卓

和菓子あれこれ

【本日のレストランガイドはお休みです】


               せっかくですから、和菓子も一通り・・・・


d0083265_14381212.jpg

 和菓子(わがし)とは、日本の伝統的製造法で作られた菓子のこと。明治時代以降にヨーロッパなどから新しく日本に入ってきた洋菓子に対して使われる言葉。


d0083265_14394693.jpg

 茶道に於ける薄茶(うすちゃ、お薄(おうす)とも)や濃茶(こいちゃ)とともに食べることもあり、味覚は元より美的鑑賞にも堪えることを期待されて発達した食品。通常、薄茶席では干菓子を、濃茶席では生菓子(主菓子)を供される。


d0083265_14432847.jpg

 日本茶や抹茶のお茶請けになることが多いため、甘いものが多く、油はほとんど使われない。


d0083265_1447419.jpg

 砂糖、水飴、米、小麦、小豆など、比較的少ない種類の主原料より、多くの種類の和菓子が生み出される。また、洋菓子のように生のフルーツが素材として使われることは少ないが、煮たり、干したりしたものは使用される場合がある。


d0083265_14474614.jpg

 原料に砂糖を用いるようになったのは近世以降であり、特に和三盆は、容易には白砂糖が手に入らない江戸時代、その独特の風味と程よい甘さによって、和菓子の発展に貢献したとされる。砂糖を用いるようになる以前における、もっとも甘い嗜好品は柿であったことから、和菓子が持つ味覚の繊細さを窺い知ることができる。


d0083265_1448163.jpg

 また、和菓子には芸術作品としての側面も要求される。夏の和菓子であれば、涼を感じさせるために葛などを用いて透明感ある作品に仕上げるといった具合に、季節感の表現一つにも材料を吟味する。特に精巧に作られる工芸菓子と呼ばれる分野もあり、食用可能な和菓子の材料で花鳥風月の世界を表現する。



ロリポップ!レンタルサーバー!はあなたの「やってみたい!」を応援します!
ロリポップ!なら、ホームページ、ブログ、ネットショップ、コミュニティサイト…

これらが今すぐ、そして簡単にできちゃう!
マニュアルやライブチャットを完備しているので、ホームページ初心者でも安心。
これだけついてるのに月額105円~ととってもお得。
もちろん無料のお試し期間も10日間あるので安心ですね。

▼ロリポップ!レンタルサーバーはこちら

by mahalotakashi | 2012-02-28 21:21 | mahalo@食卓

スウィーツのお話

【本日のレストランガイドはお休みです】

スウィーツ(英: sweets)、スイーツとも表記、発音される。
菓子(主に洋菓子)、甘いデザート。
イギリス英語: "sweet(s)"(en)は、子供用の飴やグミや、お菓子・ケーキ・プリンを含む糖分の高い食べ物全般のことを意味する。

スイーツ(笑) - 菓子やデザートを英語でスイーツと言い換える人々を揶揄することからはじまったインターネットスラングの一種。
スイーツ(笑)(スイーツかっこわらい)とは、菓子やデザートなどの甘味を(イギリス)英語で「スイーツ(sweets)」と呼称するような日本人女性のことを意味する日本のインターネットスラング。
通常は揶揄や皮肉の意味を込めて使われる。スィーツ(笑)、あるいは単にスイーツと称する場合もある。
また、そのような人物の思考形態を指してスイーツ脳と称することもある。

 (上記記事は、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋して書き込みをしました。)


 一口にスイーツと言っても、様々な意味合いに取られるようですから、ブロガーの皆様も充分ご注意を(笑)

d0083265_15463868.jpg
          レストランのデザート
 さて、甘いものが苦手なイボイノシシが頂くのはレストランのデザートくらいで、普段はほとんど口にしません。
 子供のころは飴玉やぼた餅、ケーキや羊羹(ようかん)など甘ったるいものがとても美味しくいただけたと記憶しているのですが、いつの頃からか手を出すことが無くなりました。


d0083265_15552449.jpg
          マカロンと生チョコのケーキ
 それでも、パティシエや和菓子職人さんが一生懸命作られた素晴らしいお菓子やケーキなど、見た目の美しさには思わず惹かれてしまいます。


d0083265_1674471.jpg
          以下の文章の出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 パティシエ(pâtissier)とはフランス語で菓子製造人を意味する名詞の男性形。
女性形はパティシエール(pâtissière)となる。ただし、一応パティシエという言葉は、男性、女性の区別なく菓子職人のことを指す。また、パティシエールがお菓子屋さんのことを指す場合もある(カスタードクリームの仏名 crème pâtissièreは、「お菓子屋さんのクリーム」の意)。


d0083265_16101669.jpg
          モンブラン
 本来このパティシエという言葉は、器やパイ生地などに肉や魚を詰めて焼く料理、パテ料理の製造人のことを指していたが、いつの頃からか菓子全般の職人のことを指す言葉となった。


d0083265_16115643.jpg
          ミルキーパンナコッタ
 日本では主に「スイーツ」と呼ばれる洋菓子やデザートを作る職人の名称となっていて、和菓子職人をパティシエと呼ぶことはない。


d0083265_16144998.jpg
          苺のゼリー
 パティシエと呼ばれる菓子職人が作る菓子・デザートなどは、味のおいしさだけでなく、見た目にも配慮されており、芸術作品を思わせるものもある。


d0083265_1618787.jpg
          ロールケーキ
 パティシエの仕事は、朝早くから夜遅くまでの長時間の立ち仕事で、細かい作業から力仕事までこなさなければならず、休みも少ない。そのためか、2004年度の統計によると、日本のパティシエの人数は年々減少傾向にあり、特に若手男性が減少しているという。それに代わるように女性の進出が目立つようになり、最近ではオーナーからスタッフまで全員が女性という菓子店も珍しくなくなってきている。


d0083265_1621335.jpg
          ブルーベリータルト
 欧州(特にドイツ)では女性に人気のある職業であり、パティシエの半数は女性で占められている。しかし、フランスでは女性がこの職業に携わることは少ない。なお、フランスでは、パティシエは日本の医者に値するほどの社会的地位を持つ。




by mahalotakashi | 2012-02-27 21:21 | mahalo@食卓

朝日カレー (Asahi-ya)  カレーライス  尼崎市南塚口町

    月に一度は、美味し~い・・カレーライスが食べたいですね。


d0083265_20103862.jpg

 本場インドのキーマカレーやネパールカレー、それに東南アジアのグリーンカレーなども悪くありませんが、外来料理でありながら、ラーメン、肉じゃがと共に日本の国民食とも言われるカレーライスは、やはり捨てがたいですね。
 子供の頃から慣れ親しんだカレーライスの味は殆どの日本人の脳中枢にインプットされているようです。その脳中枢の指令に答えて、本日は阪急塚口駅の南にあるカレー専門店Asahi-yaを七面鳥夫人と訪店しました。


d0083265_20185888.jpg

 お昼時、店内は若い男女、主婦、サラリーマン、年配の方など幅広い客層で賑わっています。それにしてもこのお店のトッピング数の多さには驚かされます。大手のカレー専門店にも引けを取らない品数はチョイスの幅が広がりますが、厨房は大忙しです。
 カレーライス以外に、カレー鍋、カレーうどんなどもいただけます。おまけにご飯と味噌汁付の定食がワンコイン(¥500)が10種類もあるから人気するはずです。


d0083265_20223626.jpg

 今回は七面鳥夫人が、レディース・カレープレート(¥750)をオーダー、ライス少な目ですが、野菜カレー・エビフライ・フライドチキン・ミニサラダ・ドリンク付きで、これはお得感有りの一皿です。


d0083265_20245420.jpg

 イボイノシシは、自家製カツカレー(¥730)をオーダーしました。
 どのカレーライスも注文時に白ご飯か玄米ご飯かと、辛さの度合いを聞いてくれます。辛さ普通でオーダーしましたが、マイルドなルーはどこか懐かしいお味の、まさに日本のカレー!と言う感じ。


d0083265_20252947.jpg

 ライスに乗せられたポークカツは大き目で柔らか、美味しくいただけました。

 結構忙しい店内でしたが、スタッフの接客は悪くありません。ただ注文してから時間がかかりましたが、これは仕方の無いところかな・・・と思います。
 CPもまずまず、カレーやサラダなどのテイクアウトもあり、便利使いのできるカレー屋さんです。




店名          朝日カレー (Asahi-ya)
ジャンル        カレーライス
TEL          06-6428-6040
住所          兵庫県尼崎市南塚口町2-15-9
交通手段       塚口駅(阪急)から184m
営業時間       [平日,土] 11:00~23:45 [日祝] 11:00~23:00
定休日         第3水曜日
ホームページ     http://www.asahi-curry.com/




by mahalotakashi | 2012-02-26 21:21 | mahalo@食卓

ブラッスリー ル・トレフルキャトル  フレンチ   苦楽園

コスパ高く、お手軽利用ができる苦楽園のフレンチ(ブラッスリー)


d0083265_20581517.jpg

 朝から小雨が降る土曜日のランチは苦楽園口まで足を延ばしました。以前イタリアンのお店だった場所に、フレンチのブラッスリーとしてオープンしたお店。ブラッスリーとはフランス語で、軽い食事やお酒がのめるフランスの庶民的な レストランのことです。

d0083265_210377.jpg

 外観は以前と殆ど同じですが入口に掛けられたボードに「フランス家庭料理・ワインとタパス」と書かれていて、お店のサービス内容がある程度理解できます。


d0083265_211555.jpg

 店内も以前と大きな変化は無く、カフェっぽい明るい雰囲気を継承していました。
女性ホールスタッフの接客は特に問題はありません、お皿の出てくるタイミングも料理の説明もスムーズです。


d0083265_2195328.jpg

 ランチはシンプルに2種類(¥2,000のものもあるようですが、確認していません) (A)¥1,200 (B)¥1,800と、お手軽な料金で、オードブルの数やスープ&サラダ、それにデザートが付くか付かないかの差くらいで、メイン料理(肉料理or魚料理)は、どのセットも同じものからセレクトできます。


d0083265_2112789.jpg

 (B)でチョイスしたのは、ズッキーニのポタージュスープ。グリーンサラダに変更もできます。


d0083265_21154652.jpg

 前菜4種盛り・メイン料理・パン・ドリンクの(A)コースと、前菜8種盛り合わせ・スープorサラダ・パン・デザート・ドリンク付の(B)をオーダーしました。
 写真は(A)の前菜、生ハム、キッシュ、蛸のマリネ、白身魚のフライ。


d0083265_21193712.jpg

 (B)の8種盛り前菜、フォアグラ(写真左端下)もある内容とボリューム感から言えば、後者(B)がCP高く充実していると言えますね。


d0083265_21231396.jpg

 本日のメインは、お魚料理が、兵庫県産スズキのポワレ・フランス産キノコとピエブルーのクリームソース。


d0083265_21235332.jpg

 お肉料理は、国産若鶏もも肉のマスタード香草パン粉焼き。


d0083265_2127261.jpg

 デザートはクルミのケーキとシャーベット。


d0083265_21274996.jpg

 全体的にやや控え目の味付けで、男性や若者には物足りなさも感じられると思いますが、ヘルシー感がタップリの調理法はそれなりに受け入れられる仕上がりになっています。


d0083265_212828100.jpg

 伝統的なフレンチの手法にとらわれず、日常的な素材をアレンジしたカジュアルなお料理は今風で、好感が持てました。特に女性の方にオススメしたいお店です。




店名          ブラッスリー ル トレフル キャトル (Brasserie Le trefle 4)
ジャンル        フレンチ
TEL          0798-70-1507
住所          兵庫県西宮市菊谷町13-22 2階
交通手段       阪急楽園口より徒歩5分くらい
営業時間       [火~日] 11:30~15:00(L.O.14:00) 17:30~23:00(L.O.22:00)
定休日         月曜日
予約          予約可
駐車場         無(近くにコインパーキングあります)
携帯電話       docomo、au、SoftBank
料理          野菜料理にこだわる、魚料理にこだわる
ドリンク         ワインあり
ロケーション     隠れ家レストラン
サービス       子供可
備考          テラス席あり(屋上)・カードは夜のみ利用可


ガリバー

by mahalotakashi | 2012-02-25 21:35 | mahalo@食卓

ファーストフードあれこれ

【本日のレストランガイドはお休みです】


              日本は世界有数のファーストフード大国!


d0083265_135138100.jpg

 最近の会社ランチはファーストフードを頂くケースが増えました。一週間に一度くらいは七面鳥夫人が手造りの弁当を持たせてくれますが、それ以外はコンビニで済ましたり、マクドナルドのハンバーガーや牛丼などが主流です。
 会社の周囲にレストランや食堂が少ないことも一因ですが、今年の異常な冷え込みで出不精になったのも原因の一つかも知れません。


d0083265_1443368.jpg

 ところで、ファーストフード又は、ファストフードとは、短時間で作れる、あるいは注文してからすぐ食べられる手軽な食品・食事のことと言われていますが、とにかく凄い勢いで増えてきましたね。


d0083265_1444595.jpg

 日本には、マクドナルドやケンタッキーフライドチキン、ドムドム、ミスタードーナツなど、アメリカ系ファーストフードチェーンの他、様々な形態のファーストフードチェーンがあります。


d0083265_14521774.jpg

 「安い」「早い」というキーワードで言うなら、立ち食いそば・うどん・おにぎりのような古くからの食文化もファーストフードと呼べるかも知れません。


d0083265_14462032.jpg

 牛丼・ラーメン・カレーライスなど、現代の日本で展開されるようになった食文化もファーストフードチェーンとして営業しています。


d0083265_14524677.jpg

 弁当屋・コンビニ弁当・菓子パンの他、デパ地下やスーパーの惣菜など、軽食産業の広がりは世界中で最も盛んな国とも言われています。


d0083265_1459486.jpg

 日本には江戸時代以来、蕎麦やうどんや天ぷら、寿司などの屋台形式の店舗が存在しており。こうした店舗がある意味においては「世界最古のファーストフード」であるとも言えます。


d0083265_1501088.jpg

 このような環境が我々にとって、便利で幸せなのか、それとも早食いに追い込まれた不幸せな日常なのかは、それぞれの生き方、考え方によって変わってくるのだと思います。


d0083265_1504033.jpg

 カロリーや栄養のバランスが気になることもありますが、イボイノシシの会社ランチは当分(働いている間)ファーストフードに頼らざるを得ないようです。




by mahalotakashi | 2012-02-24 21:21 | mahalo@食卓

マルコポーロ  イタリアン  西宮市上田西町

            北イタリア料理の中からチョイスしてみました。

 かかりつけのクリニックでいつものように検診をしていただいた後、雨が降りだした中、七面鳥夫人を誘って阪神西宮駅近くの牡蠣料理のお店へ行きましたが、生憎団体の予約があり、断られました。


d0083265_11421098.jpg

 仕方なく、以前より目を付けていたイタリアンのお店に行くことにしました。久しぶりの「夜イタリアン」です。
 武庫川方面から甲子園球場に向かう臨港線から少し南に入った路地に、ひっそりと開店しているお店、土日のお昼に何度か行ってみましたがランチはやっていないようです。


d0083265_1146379.jpg

 木目調の店内は左手にスタンディングカウンター、右手にテーブル席のこじんまりした造りですが、雰囲気が良く落ち着けます。
 人柄の良さそうなオーナーシェフと若い女性スタッフが迎えてくれましたが、温かみを感じる応対で好感が持てました。

 シェフから頂いた名刺には「アンティパストバー・マルコポーロ」と記されています。

 名刺の裏に書かれていた説明書きには、「アンティパストバーとは? 分かり易く言えば、こだわりイタリアンの居酒屋。気軽に前菜一皿に、グラスワイン一杯、生ビール一杯でもOK。しっかり食べてもOK。皆さんの、その日の気分で、使い分けて下さい」とありました。

d0083265_11514898.jpg

 車を運転するので、流石にワインや生ビールは頂けません、代わりにお店の勧めでノンアルコールビールにしました。
 (ワイン欲しさに動揺したのか、写真は少し手ぶれです)(笑)

 料理の種類はかなりの数で、アンティパスト、プリモピアット、セコンドピアットがそれぞれ数種類以上用意されていますから、上手くセレクトすれば本格的なコース料理も味わえる仕掛けになっています。

 今回は、ミラノやトスカーナ辺りでよく出される北イタリア料理の中からチョイスしてみました。


d0083265_115651.jpg

 女性スタッフから勧められた、◆フルーツトマトとモッツァレラチーズのサラダ(¥760)は、イタリア産のモッツァレラがアッサリした口当たりで甘みのあるフルーツトマトとの合性が抜群。ピッツァ・マルゲリータと同様に白・赤・緑の彩りはまさにイタリアンの象徴のような一皿でした。


d0083265_13421965.jpg

 プリモピアットとしてオーダーした、◆ピッツァ・クワトロフォルマッジョ(1,200)は、石釜で焼いた分けでもないのですが、ふわふわ・とろっとろの出来上がりで感心しました、特にチーズの配分が優れています。ピッツァは他にマルゲリータやアンチョビを使ったナポレターナや生ハムを使ったものも用意されています。


d0083265_1344255.jpg

 セコンドピアットとして二皿、まずは◆牡蠣の香草パン粉オーブン焼き(¥880)かなり丁寧に下ごしらえされており、シェフの腕前が良く理解できる一皿、特に牡蠣のぷりぷり感が活かされているのには驚きました。


d0083265_13444524.jpg

 ◆仔牛ロースのカツレツ・パルミジャーノ風味(¥1,400)は明らかにミラノ風カツレツ(Costolette alla Milanese)そのもの、メニューにミラノ風と書かないのがシェフの奥ゆかしさかも知れません(笑)

d0083265_13452596.jpg

 しかし薄く延ばされた仔牛肉や黄金色の衣のミラノ風カツレツは、本一の美味しさでした。

 以上の4皿を食した感想は、丁寧に作られた基本に忠実なイタリア料理でありながら、チーズを上手く使った仕上がりに、シェフのこだわり技術と個性の豊かさをを感じさせられました。

 ご馳走さまでした。おススメできるお店です。




店名          マルコポーロ
ジャンル        イタリアン
TEL          0798-45-0540
住所          兵庫県西宮市上田西町1-5
交通手段       鳴尾駅から706m
営業時間       17:30~22:30
定休日         不定休
予約          予約可
カード          不可
個室          無
席数          14席
貸切          可 (20人以下可)
駐車場         無
携帯電話       docomo、au、SoftBank
料理          野菜料理にこだわる
ドリンク         ワインにこだわる
ロケーション      隠れ家レストラン


カラーミーショップ】なら、出店料無料のショッピングモール【カラメル】に出店できる!


by mahalotakashi | 2012-02-23 21:21 | mahalo@食卓

AkinoAnn

*本日は毎月恒例のクリニックへ行く日のため、レストランガイドは休ませていただきます*


d0083265_13444035.jpgAkinoAnnさんの、レストランレポート
アメリカ東海岸在住。道路関連、車、日常のものなど撮影しています。
目に映るものが、どう写真になるか、楽しいと思います。


          リトル・イタリーのランチ
d0083265_13554025.jpg
          パン・ズッパ・サラダ


d0083265_13583544.jpg
          スパゲッティ・ペスカトーレ



          シーフードレストランのランチ
d0083265_1410955.jpg
          スパークリングウォーター


d0083265_1412238.jpg
          サラダ


d0083265_1413188.jpg
          オイスター(生牡蠣)


d0083265_14153514.jpg
          ボイルされた蟹(種類は不明)


d0083265_14174960.jpg
          シュリンプボウル


JALダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー


by mahalotakashi | 2012-02-22 21:21 | mahalo@食卓

夢の食卓   蒲刈島 13歳の漁師

                    Table of Dreams 夢の食卓 


d0083265_14464554.jpg

 今回の舞台は、広島県の中部に位置する蒲刈島(かまがりじま)。瀬戸内海の温暖な気候と豊かな海の幸に恵まれた島だ。しかし、現在は過疎化が進み、漁師を継ぐ人も少なくなっている・・・

 「漁師に絶対なりたい!」
 中学校の授業で将来の夢を発表するのは、森川謙太君(13歳)。今は亡きおじいちゃんは、島一番の漁師だったという。

 お父さんは、船と釣り道具、漁業権を受け継いだものの、漁師にはならず現在は料理人をしている。漁獲高も減り、魚も売れず、漁師では生活が不安定だからだ。そんな中、「漁師になりたい!」という謙太君の夢に、お母さんは大反対。

 1月下旬——
 謙太君はある決心をしていた。島の漁師に弟子入りし、本格的な修行をしたい……。弟子入り初日に持って来たのは、おじいちゃんが残した形見の釣り道具。反対するお母さん、心配するお父さんやおばあちゃん達にささげるため、初の大物を狙いに沖へ向かう。漁から戻った謙太君と家族が囲む、13歳 決意の食卓を追った。







by mahalotakashi | 2012-02-21 21:21 | mahalo@食卓

イタリア酒場 ポルタ イタリアン、バール  大阪府高石市

           明るい日差しを受けながらのイタリアンランチ!

d0083265_15143155.jpg

 岸ブラ(岸和田ぶらぶら散歩)の後、ランチで訪れたお店。当初予定していた直ぐ近くの評判のイタリア料理店が貸切で満席、そのお店のスタッフに教えてもらっての訪店です。
 南海本線・羽衣駅から歩いて1分の好立地にありますが、周囲を共同駐車場に囲まれ、そこだけポツンと取り残されたような感じがする三階建ての一軒家で、以前は焼き鳥のお店だったそうです。


d0083265_1517995.jpg

 お店は1階がオープンキッチンとカウンター席のバール。窓が小さいので少し薄暗い感じもします。U字型のカウンターは焼き鳥店の名残でしょうか。


d0083265_15203027.jpg

 狭い階段を上ると、2階にテーブル席(14席)のダイニングがあります。南側の大きな窓から陽光が差し込みとても明るい店内です。(写真は北側の窓です)
 女性スタッフが一人でサービスしてくれます。1階からの料理は簡易リフト(昇降機)で上げられてきますが、絶妙の間があり、感心しました。サービスはまずまずです。


d0083265_15315774.jpg

 ランチはシンプルで1種類のみ、アンティパスト(五種盛り)・パスタ(2種類からセレクト)・本日のドルチェ又はグラスワイン・パン・カフェが付いて、¥1,200は、CP高いと言えます。


d0083265_15322830.jpg

 アンティパストは、プロシュット・クルードやポーク、それに季節野菜をふんだんに使ったボリュームのある一皿。 奈良・和歌山産の有機無農薬野菜をふんだんに使用したメニューが人気で、特殊オーブンを使用した旨味を一切逃さない「新食感野菜」がお店のウリだそうです。


d0083265_15335417.jpg

 パスタは、バジルとモッツァレラのトマトソース。程良くバランスの取れた味わいのスパゲッティです。


d0083265_15354036.jpg

 サクラ海老と白菜の白ワイン風味。春を感じさせるサクラ海老の薄ピンク色と透き通るような白菜が食欲を増してくれます。


d0083265_1541415.jpg

 ドルチェは、清美とブラットオレンジのゼリーとバニラアイス添え。アンティパストもパスタ料理はいずれもイタリアンの基本に忠実な味付けで満足しました。それに揺らめく陽光が気分をリラックスさせてくれたのがとても良かったです。

 店名の、イタリア酒場が示すようにバールがメインで、ソムリエの資格を持つスタッフもいるそうですから夜はかなり賑やかなのかも知れません。



店名          イタリア酒場 ポルタ
ジャンル        イタリアン、ダイニングバー
TEL           072-262-1213
住所          大阪府高石市羽衣1丁目10-20
交通手段       南海本線羽衣駅より徒歩1分
営業時間       12:00~14:00 17:00~22:30(L.O)
定休日         火曜日(祝祭日の場合は翌日)
予約          予約可
カード          不可
席数          26席 ((1階)カウンター12席、(2階)テーブル14席)
貸切           可 (20人以下可)
駐車場         無(近隣にコインパーキングあり)
禁煙・喫煙       分煙(ランチタイムは全席禁煙)
ロケーション      一軒家レストラン
オープン日      2011年12月21日





by mahalotakashi | 2012-02-20 21:21 | mahalo@食卓