<   2011年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

すき焼き&ボージョレ・ヌーヴォー    うちご飯 

二代目デジカメ登場

大変ご心配とご迷惑をおかけしましたが、一件落着!なんとかなるさ!です。 040.gif

レンズエラーになったデジカメ、COOLPIX・S610/S610c を持って七面鳥夫人と一緒に阪急西宮ガーデンズのジョーシン電機に行きました。

お店のスタッフ曰く、「修理なら最低2週間、料金は¥8,000~¥10,000くらいになります」
との回答、そんなに長く待てないし、ここは思い切って買い換えるか・・・と言う事で、カメラの陳列台の前に立ちます。

イボイノシシは一眼レフデジカメが並べられたコーナーで手にとって確認、脱着式のレンズなどについてスタッフに質問したりしていましたが、七面鳥財務大臣の鶴の一声で、同じニコンのシリーズのデジカメ・COOLPIX・S6100を購入することになりました。
(エエ~ン!ボクちゃん、一眼レフほしかったのになあ~・・・グスン・・・・)007.gif


000001枚目の画像
d0083265_21284477.jpg
最新型のモデルで、液晶モニターがタッチパネルになっていて、スマホのように指や付属のタッチペンで操作できます。

前以て以前のカメラのバッテリーを持っていましたので、即撮影ができました。

期待と不安の第一枚目は、ガーデンズ1Fの様子をカシャリ!前より色んなノイズ(音)が入って若干抵抗感があります。でも、まずまずの画像でしょう。

  有効画素数=16.1メガピクセル、ハイビジョンムービー、シーンモード19種類。


d0083265_21333433.jpg
てなわけで、本日のうちご飯はなぜかすき焼き。

我が家のすき焼きは熱した鍋でまずネギを焼いて、それから牛肉と言うパターンです。


d0083265_21414270.jpg
本来昨日UPするべき、2011年のボージョレ・ヌーボーも改めてカシャッ!

ボージョレ・ヌーヴォォー唯一の公式コンクールで「最高金賞」を受賞した、アルベール・ビショーボージョレヌーヴォー2011、赤い果実の華やかな香りがあり、渋みの少ない軽快な味わいでした。


明日から又、レストランガイドの開始です!
新しいデジカメと共にあっちゃこっちゃ探訪したいと思います。
初代デジカメ同様あらゆるシャッターチャンスを逃さぬよう頑張ってもらいますので、引き続きのご訪問よろしくお願いします。





by mahalotakashi | 2011-11-20 12:12 | mahalo@食卓

ボージョレ・ヌーボー解禁

     デジカメ ご臨終・・・

2008年12月21日付 「最新デジタルカメラ買いました」 で、ご紹介したデジカメ・ニコンのクールピクス・S610cの具合が悪くなりました。

昨夜、毎年恒例の 「ボージョレ・ヌーボー解禁」 で、会社から帰宅後いつものように七面鳥夫人が予約購入してくれた3本のニューボトルを撮影しようと、デジカメをONにしたところ液晶画面に「レンズエラー」の赤文字が表示されてレンズが出てこなくなりました。

ネットでレンズエラーを検索して、ニコンにはよくある故障だと言うことが判明しましたが、修理に出すのが無難と言う意見が多く、素人がヘタに触らない方が良いと忠告しています。
調べてみると修理代は、¥10,000~¥20,000程度かかるそうです。

考えてみれば、購入してから2年11ヶ月の間かなり酷使をしてきました。
湯気のあがるパスタやラーメンの上でレンズを曇らせたり、土砂降りの雨の中でレストランの外観を撮影したり、手をすべらせて床に落としたこともあります。
正確ではありませんが、約10万枚近い写真を撮っています。
まあ、文句も言わずに付き合ってくれたものです。頭が下がります。

これが人間なら、イボイノシシは労働基準監督署から呼び出されるか、強制労働強要の罪で警察の事情聴取を受けても不思議ではありません。

ここはデジカメ君に安らかな永遠の休息を与えてやるべきでしょうか・・・・、七面鳥夫人は買ったお店(阪急西宮ガーデンズ・ジョーシン電機)で修理の見積もりを取ってみると言いますが。

イボイノシシの本心は、「この際、一眼レフデジカメに買い替えたいなあ~」・・・037.gif

ともあれ、毎日更新がウリの「なんとかなるさブログ」を中止するのも心もとなく、とは言え画像無しでは成り立たず、大変悩んでおります。

d0083265_20262320.jpg
とりあえず、今年のボージョレ・ヌーボーの写真は七面鳥夫人の写メで撮影したものを解説抜きで掲載しておきます。


修理するか、買い替えるか、現在結論は出ておりません。

誠に申し訳ありませんが、最悪の場合土曜日・日曜日のブログ更新は休ませていただくことになる可能性があります。ご理解とご協力をお願いいたします。






by mahalotakashi | 2011-11-18 21:21 | mahalo@食卓

夢の食卓   感謝をこめた・・八ヶ月目のビール 

          Table of Dreams 夢の食卓


d0083265_1353565.jpg


今回の夢の食卓の舞台は、東日本大震災で大きな被害を受けた東北のビール工場。

そのテーブルに集うのは、復旧に向けて支えあった30人の人々。あれから8か月。みごとに復旧を果たし、ようやく出来上がった初のビールを皆でいただく食卓は、感謝にあふれ、味わい深く、強い絆を確かめ合う、感動の食卓だった。

400klのビール貯蔵タンク4基が倒壊し、巨大津波が押し寄せた工場内。屋上に避難する中、一時は「工場閉鎖」が頭によぎったという従業員や関係者たち。しかし、どんなに時間がかかっても必ず仙台でビールづくりを続けていこうと、励まし続けた人がいる。横田乃里也工場長50歳。全てが初めての判断だったという「工場復旧」の業務は、散乱する果てしない瓦礫の一つ一つを、工場長をはじめ全従業員が手作業で片付ける苦しい日々から始まった。震災当初、一人ずつの中にあった希望という思いは、やがて絆となり、大きな力となっていく。そこには、どんな出来事があり、どんな励ましの声があったのか。

秋の気配深まる11月。ついに、切望していた復旧後初のビールが完成する。初出荷を迎える前夜、横田工場長が企画した「夢の食卓」とは?番組では、工場長のロングインタビューや従業員たちの秘話とともに、ビール作りに欠かせない東北のホップ農家の様子も合わせて取材。8か月かけてようやく出来上がった震災後初のビールに対する関係者それぞれの思いと、多くの人々で支えあった「工場復旧」への長く険しい道のりをたどる。







by mahalotakashi | 2011-11-17 21:21 | mahalo@食卓

全国鍋料理特集 45種類の鍋! イキイキテレビ

【本日のレストランガイドはお休みです】


        イキイキテレビ 全国鍋料理特集


北海道 ジンギスカン

戦前に出現した当初は、酒の肴、おかずとして羊肉のみを焼いたものであり、戦後に至って野菜を加えて焼くようになりました。
ジンギスカンの調理には専用の鍋として、鉄の浅い帽子のような形をした鋳物製のジンギスカン鍋を使用します。
暑いビールの季節、仲間や家族が集まるときなどに、道民の主役として食卓に良く出てくるのがジンギスカン。肉は焼き、野菜は煮るというスタイルで、小さな子どもからおじいちゃんまでヘルシーで美味しく、楽しく愛されてきた鍋です。


鹿児島県 地五郎しゃぶしゃぶ鍋

すべてが厳選された地元産の四つの味(黒毛和牛、黒豚、地鶏、つみれ)が楽しめます。手作りの特性スープ(3日間かけて鶏がら、高級だしこぶ、たまねぎなどを天然塩、天然水でじっくり煮込んだ無添加のもの)が特徴です。


(その他、北海道から鹿児島県まで、全国鍋料理=45種の特集です)







by mahalotakashi | 2011-11-16 21:21 | mahalo@食卓

杵屋 イトーヨーカドー東大阪店 (きねや)  うどん 会社ごはん

けつねうろん食べり~な


虚構新聞社:11月15日配信記事より。

「けつねうろん」連呼で男を逮捕

-----------------------------------------------------------------------

 都内のうどん店内で「けつねうろん」を連呼したとして、14日、警視庁は威力業務妨害の疑いで大阪在住の男性(45)を逮捕した。調べに対し男性は「うちの近所ではみんな『けつねうろん』と言っている」と容疑を否認している。

 警視庁によると、男性は入店後まもなく「けつねうろん」を注文。店員が「きつねうどんですか?」とたずねたところ、「違う。けつねうろんや。」と返答。注文を受け付けたあとも、「けつねうろんまだか」「けつねうろん持って来い」など「けつねうろん」を連呼。また、注文したきつねうどんが届いたあとも、「くさいけつねうろんやなあ、東京のだしは。」などと暴言を吐いた。

 周りにいた客から苦情が出たため、店員が注意したところ「けつねうろんをけつねうろんと言って何が悪い」と態度を改めなかったため、店長が警察に通報。威力業務妨害の疑いで男性を逮捕した。

 調べに対し男性は「うちの近所ではみんな『けつねうろん』と言っている。『けつねうろん』が正しい呼び名や。」と容疑を否認。警視庁では精神鑑定も視野に入れながら、今後も追及していく方針。
              
                                        (これは嘘ニュースです)



確かに関西(特に大阪人)では、きつねうどんを、「けつねうどん」「けつねうろん」と呼ぶ人がいます。
「食べなさい」を「食べり」とか、相手を「自分なあ~」とか言うのも他県の人から見れば可笑しいでしょうね。


d0083265_20171738.jpg
朝夕の冷え込みが厳しくなり、会社の昼食も温かいものが欲しくなる季節になりました。

本日は会社から歩いて数分の場所にあるイトーヨーカドー東大阪店まで遠征です。

春は眩しいほどの桜の並木も紅葉の時期になり、道路上にも紅い葉っぱが散乱しています。


d0083265_20193864.jpg
イトーヨーカドー1Fのフードコートを素通り、2Fグルメフロアの実演手打うどん「杵屋」がお目当て、こちらのお店で熱々のけつねうろん・・・いや、きつねうどんを食べようと最初から決めていました。

d0083265_20211529.jpg
株式会社グルメ杵屋は全国展開する巨大外食企業、本社は大阪市。

実演手打うどん「杵屋」、信州そば処「そじ坊」、讃岐製麺「麦まる」、天丼専門店「丼丼亭」、サンドウイッチハウス「グルメ」など数多くの外食店舗を経営しています。

d0083265_20273055.jpg
「杵屋」の製麺は讃岐の伝統的な手打うどんの技法を取り入れ、だしは関西風の薄味なので食べ易く、会社のランチタイムには時々利用しています。

きつねうどん定食は、きつねうどんに白ご飯・かやくご飯・稲荷すしの中から選べて¥720。
今回はかやくご飯にしました。


d0083265_20323353.jpg
座布団のように大きなお揚げでうどんがほとんど見えません!


d0083265_20404649.jpg
うどんは純白の讃岐タイプ。
本場よりは少し柔らかめの感じもしますが・・・・七味をかけて・・・・ズル!つるりん!

「ああ美味しい、けつねうろん!」



d0083265_20521994.jpg
今回はきつねうどん単品料金¥620とかやくご飯の¥50で、合計¥670にしてくれましたが、料金支払った後で「40周年記念キャンペーンです」と手渡されたチラシには、なんと!きつねうどん定食がワンコイン(¥500)となっています。

得したような損したような気持で会社へ戻りました。





店名          杵屋(きねや) イトーヨーカドー東大阪店
ジャンル        そば、うどん
TEL           072-964-0695
住所          大阪府東大阪市吉田下島1-2
交通手段       近鉄バス・吉田下島バス停下車すぐ
営業時間       10:00~21:00
定休日         無休
カード          不可
サービス        子供可

ホームページ
     http://www.gourmet-kineya.co.jp/index.php






by mahalotakashi | 2011-11-15 21:21 | mahalo@食卓

アブラッチォ&バッチォ (ABBRACCIO & BACIO) イタリアン

素材が魅力のイタリアン

d0083265_13102851.jpg
日曜日は七面鳥夫人のお供で神戸市灘区の護国神社近くのお宅を訪問。

ランチは阪急六甲駅から南へ下った山手幹線添いにあるリストランテに立寄りました。

マンションの中2階にあるお店ですが、店名の、ABBRACCIO & BACIO「アブラッチォ&バッチォ 」とは、イタリア語で、「抱擁と接吻(キッス)」と言う意味。かなり刺激的な内容にドッキリさせられます。

d0083265_13135735.jpg
店内はいたってノーマル、東と南の窓が大きく取られた温かみを感じるダイニングです。

シェフと2名の女性スタッフが笑顔と落ち着いた雰囲気で迎えてくれました。

d0083265_13205876.jpg
ランチは、A・B・Cの3種類と、シェフおまかせコースと言った内容です。
パンとパスタは自家製だそうで、お店のウリにもなっています。

エリア的に見てお値段若干お高目かなと思いましたが、料理を頂いたら逆にCPの高さに驚かされるほどです。

d0083265_13252217.jpg
ランチBをオーダーして、魚料理と肉料理を別々に味わうことにします。

パンはブロッコリーを練り込んだものや、トマトとオリーブの実などを使った独創的なもので美味しくいただけました。


d0083265_13255744.jpg
アンティパスト(前菜)は普通なら野菜サラダに生ハムやカルパッチョ辺りが通例ですが、こちらのお皿は華やかで繊細な盛り付けでした。

魚介類に珍しい根菜や大麦、それにパッションフルーツかドラゴンフルーツと思しき酸味の強い果物が使われていて、お味のバランスも絶妙。


d0083265_134436.jpg
自家製パスタは13種類ほど用意されていますが、どれも興味のあるメニューでチョイスに迷います。

写真は黒毛和牛トリッパのトマトペンネ。

ローマの臓物料理をアレンジしたものと思われますが、オーダーした七面鳥夫人には大変好評でした。


d0083265_13454468.jpg
イボイノシシは、はまぐりのクリームパスタ(タリアテッレ)にしてみましたが、大ぶりの蛤に青葱をあしらったクリームソースのタリアテッレは上品な甘みが口の中に広がり満足できる味わいです。ひょっとしたらこれがバッチオ的お味でしょうか(笑)


d0083265_13505275.jpg
お肉料理は、もち豚肩ロースのアロッスト。

お肉好きの七面鳥夫人がオーダー、軟らかくて深みが有り、とても美味しいとの感想です。


d0083265_141174.jpg
イボイノシシのお魚料理は、魚介のスープ仕立ての、ズッパ・ディ・ペッシェでしたが、素材はなんと今が旬の、とらふぐとムール貝の組み合わせ。

シェフのこだわりの凄さとアイデアに思わずニヤリとしてしまいました。

ふぐの身はもちろん、野菜やスープも美味しくて残さず完食です。


d0083265_1444755.jpgd0083265_14533.jpg









最後にドルチェとカフェ、一応フルコース仕立てですが量的にも程良く気に入りました。


こちらのお店の素材へのこだわりはかなりなもので、世界一の生ハムと言われるイタリアのパルマ県の、クラテッロ・ディ・ジベッロ(一皿、¥2,100)や、雷鳥や山ウズラのジビエまでがメニューにあると言う気合いの入れようで感心しました。

毎回カジュアルなイタリアンを食べているイボイノシシには、刺激的で魅力的なお店の一つになりました。その店名のように・・・・

おススメできるリストランテです。





店名          アブラッチォ&バッチォ (ABBRACCIO & BACIO)
ジャンル        イタリアン
TEL           078-842-0209
住所          兵庫県神戸市灘区日尾町2-2-8
交通手段       六甲道駅から281m
営業時間       11:30~14:30 18:00~23:00
定休日         無休(休み前には提示します)
席数          (テーブル15席、カウンター4席)
駐車場         有(お店東横に1台スペースのみ)
ドリンク         ワインあり

ホームページ
     http://abbraccio-bacio.com






by mahalotakashi | 2011-11-14 21:21 | mahalo@食卓

T’s CAFE 西宮北口店    カフェ、パスタ、ピザ

お手軽にピザ&パスタ。

d0083265_16161635.jpg
前日(金曜日)の夜少し飲み過ぎ、朝から二日酔い症状で食欲がありません。とりあえず軽い目のランチを・・・という事で、西宮北口駅の近くのイタリアンカフェに行きました。

西宮北口という場所柄、女子高校生や予備校生、大学生など若い男女が客筋の主流を占めるセルフサービスのカフェです。勿論お子様連れのママさんや年配のご夫婦、それにスーツ姿のサラリーマンも利用されています。


d0083265_16202763.jpg
殆どのお客様はリピーターと言うか常連客、手馴れた様子でテキパキオーダーして自分の席を確保します。

カウンターでオーダーを受ける男性スタッフも特に愛想をするわけでもなく、と言って仏頂面でも無い自然体で迎えてくれます。

考えようによれば表面的なサービスを省いた実質重視と言うか、無駄の無いコミュニケーションが存在する感じのお店。


d0083265_16231456.jpg
フーズの種類はカジュアルイタリアンが主力で、パスタ、ピッツァ、リゾットなどそれなりに多く揃えられています。


d0083265_16264697.jpg
まずカウンターで好みのフーズをオーダー、ドリンク類がトレイに載せられてその場で会計です。いわゆるキャシュ・オン・デリバリー。

ナンバーのついたフラグを持って席に着くと暫らくしてスタッフが出来たて熱々のパスタやピッツァを届けてくれます。


d0083265_16274996.jpg
ピッツァはミックスピザ(¥680)


d0083265_16281830.jpg
パスタはボロゼーネ(¥580)でオーダーしましたがイメージとはかなり相違がありました。(単品価格です)

ドリンクとのセットメニュー(¥880)で頼めばコーヒーゼリーが付いてきます。

お味の方は、くだけて言わせて貰えば、喫茶店とオステリア(イタリア大衆食堂)の中間くらいでしょうか。

まあ小腹が空いた時のお手軽フーズとして考えれば納得は出来ます。

店内奥の壁に掛けられたテレビでスポーツ観戦もできます。本を読んだり、友達とお喋りしたり、1人ボンヤリしたり、自宅のダイニングの延長のような落ち着ける空間は、使いようによればどんな素敵なリストランテよりリラックスできるのかも知れませんね。





店名           T’s CAFE 西宮北口店
ジャンル         カフェ、パスタ、ピザ
TEL            0798-65-3664
住所           兵庫県西宮市甲風園1-7-5 ますいビル1F
交通手段        阪急西宮北口駅 北出口 徒歩2分
営業時間        [月~木・日祝日] 9:00~22:00 [金・土] 9:00~23:00
定休日          なし
予約           予約可
カード           不可
個室            無
席数            72席
駐車場          無(近隣にコインパーキング多数あり)
禁煙・喫煙        分煙
携帯電話         docomo、au、SoftBank
ドリンク          ワインあり、カクテルあり
空間・設備        オシャレな空間、オープンテラスあり、スポーツ観戦可
サービス         2時間半以上の宴会可、子供可、テイクアウトあり
オープン日       2011年6月1日







by mahalotakashi | 2011-11-13 21:21 | mahalo@食卓

そば処 とき   大阪北新地

新地の〆は新そばで、

d0083265_1732515.jpgd0083265_1734513.jpg









週末の夜は東京から来られたお得意先の接待に同行です。
お客様の宿泊先のあるミナミでフグのコース料理を楽しんだ後、北新地へ繰り出しました。
馴染みのラウンジでウイスキーをいただきながら談笑、カラオケを楽しんだりしている間に気がつけば深夜の0時になっていました。

d0083265_1765755.jpg
少し小腹の空いたオジサン3人が、ラウンジのママの勧めで伺ったお店は、そば処とき。
店先の張り紙に「新そば、打ち始めました」と書いてあります。

d0083265_17153372.jpgd0083265_17155560.jpg









店内はお客様でほぼ満席、かろうじて入口近くの席を確保しました。
照明が明るく小粋な造りのお店は清潔感に溢れています。注文をすると間髪をいれずに蕎麦茶、つゆ、薬味が卓上に出されます。(やはり回転率アップが重視されてのことでしょう)(笑)

d0083265_17231652.jpg
お蕎麦は冷たいのと温かいのが数種類ずつ揃えられています。


d0083265_1725178.jpg
江戸っ子であろうと思われたお得意先の方は、意に反して「梅わかめ蕎麦」を選ばれました。

d0083265_17293434.jpg
会社の役員は十割蕎麦。

d0083265_17312296.jpg
イボイノシシは、少し控えめに(笑)、二八蕎麦をお願いしました。

新そばの香りが心地よく感じられます。
少し硬めに茹でられた蕎麦は好い意味での歯ごたえがあり、細めに切られた麺の喉越しも気に入りました。
汁は少し甘めの関西風ですが、わさびと薬味の白葱が程よいアクセントで美味しくいただけました。

若い頃、お酒を飲んだ後の〆はラーメン!と、相場が決まっていましたが最近は蕎麦が最も適しているように感じ始めました。

本日は少々二日酔い気味ですが、もう一度食べてみたいお蕎麦を思い出してお腹が鳴いています(笑)

新地でお蕎麦なら、お勧めできるお店です。





店名          そば処 とき
ジャンル        そば
TEL           06-6348-5558
住所           大阪府大阪市北区堂島1-3-4 谷安ビル 1F
交通手段        JR大阪駅 徒歩10分   JR北新地駅 徒歩 5分
営業時間        11:30~14:00 18:00~翌2:00
定休日         日曜・祝日
予約           予約可
カード          可 (VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)
席数           24席
駐車場         無
禁煙・喫煙       全面喫煙可
携帯電話        docomo
ドリンク         日本酒あり、焼酎あり







by mahalotakashi | 2011-11-12 21:21 | mahalo@食卓

ブーランジェリーカフェダイニング ロビンソン イタリアン 旧居留地

旧居留地のおとなカフェ

d0083265_9493767.jpg神戸の旧居留地界隈は、観光客で賑わう北野坂やハーバーランドに比べると明らかに大人(おとな)のエリアという感じがします。

外資ブランド系高級ブティックが軒を連ねる「最も神戸らしい洗練された街」とイメージが年々強くなってきました。



d0083265_9522748.jpg旧居留地の中で競い合う外食産業も、ただ食事を提供するだけのお店では通用しないようです。
お味は勿論、雰囲気、サービス、コストパフォーマンスの高さなどかなりハードルの高いニーズに応えられなければ閉店、撤退などの厳しい現実が待ち受けていると聞きます。




d0083265_1045990.jpgそんな激戦区で気を吐く繁盛店が、クリエイト神戸ビルの1F(東側)にあるロビンソン。
京阪神地区に5店舗程を展開するカフェレストラングループの本店的存在だったと思います、以前大阪の北浜店に伺ったこともありますがサービス面での質の良さが感じられました。
お洒落でゆとりを感じるダイニングはとても落ち着けます。


d0083265_10211376.jpgお店が最も強調していると思えるのは、ダイニング内に設けられたガラス張りのパン工房。
男女2名のブーランジェ(パン職人)がパンを焼くパフォーマンスが楽しめます。
焼き上がったパンは男性のブーランジェがトレイに乗せて直接テーブルまで運んでくれます、お客様は10種類ほどのソフト系パンの中から好きなものをチョイスできます。



d0083265_1028751.jpg
店名に、ブーランジェリーカフェとある様に、此処では目の前で焼かれた熱々のパンをいただくのが本来の楽しみだと言えます。

d0083265_10312065.jpgパンを持って来てくれたブーランジェが全種類の説明をしてくれましたがとても覚えきれません、確かなのはバケットなどハード系のパンは作っていないとのこと。
多分ハード系は時間がかかるためお客様の回転に追いつかないからだろうと思います。

それでも焼き立てのプチパンはとても美味しくいただけました。

d0083265_1038013.jpg
お料理はカジュアルなイタリアンが中心で、CPも高い方だと言えます。
(パンはもちろんお替り自由です)

d0083265_10395929.jpg
最もリーズナブルなサラダランチ(¥1,000)を頼んでみました。
スープはミネストローネです。


d0083265_10412821.jpg
サラダは新鮮な野菜がたっぷりでボリューム感があります。


d0083265_1045323.jpg
イボイノシシは少し天邪鬼的にリゾットランチ(¥1,200)を頼んでみました。お米のリゾットでもパンは勧めてくれます(笑)
ビーフ味のリゾットは深みのあるお味で、パンとも意外に合いました。このリゾットランチにも野菜サラダが付いています。

d0083265_10505914.jpg
デザートやドリンクは別料金になりますが、色々な組み合わせが楽しめますからスタッフに相談すれば良いと思います。

食後の感想としては、やはりサービスの良さでしょうか、お客様への目配り気配りは優秀です。
料理の質もカジュアルですがしっかりした味付けでした。

まだ全部のお店に伺った分けではないので軽々には言えませんが、旧居留地の中では多くの面で上位にランクされるカフェレストランだと思います。

おススメできるブーランジェリーカフェです。




店名          ブーランジェリーカフェダイニング ロビンソン
             (Boulangerie cafe dining Robinson)
ジャンル        イタリアン、パン、カフェ
TEL           078-334-6720
住所          兵庫県神戸市中央区京町80 クリエイト神戸 1F
交通手段       三宮各駅より徒歩10分
営業時間       [ランチ]11:00~15:00(L.O.15:00)
             [カフェ]15:00~17:00
             [ディナー]17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日         無休
予約          予約可
カード          可 (VISA、MASTER、JCB、AMEX)
席数          92席
駐車場         無(近隣にコインパーキングあり)
禁煙・喫煙       全面喫煙可
携帯電話        au、SoftBank
空間・設備       オシャレな空間、落ち着いた空間
備考           カフェは終日OK

ホームページ
     http://www.dreamwks.com






by mahalotakashi | 2011-11-11 21:21 | mahalo@食卓

夢の食卓   師匠と弟子 感動の食卓

          Table of Dreams  夢の食卓

d0083265_13193134.jpg


今回お届けする夢の食卓の主役は、15歳の時から料理人の道を歩み始め、中国料理の世界でその名をはせる脇屋友詞さん。彼が日本で確立した「ヌーベルシノワ」は、伝統的な上海料理の中に、フランス料理や日本料理のテイストを組み入れた洗練された中国料理。その料理は多くの人々の心を魅了している。

そんな彼に、スタッフは夢の食卓とは何かをたずねてみた。 返ってきた答えは、『かつて自分のもとで修業をし、今、料理長をしている人たちのまかないを食べたい』というものであった。

そして、さまざまな名店で活躍をする10人の料理長が集まり、「まかない」づくりが始まる。昔、初めて褒めてもらったまかないを作る人、師のもとを出て新しく学んだ味を作る人。それぞれの料理長がさまざまな思いを料理にのせ、卓越した技術で作られていく、まかない料理。かつて同じ釜の飯を食い、ともに働いた仲間たちの食卓は、笑顔にあふれていた。『まかない』に込められた、脇屋さんの思いとは?そして、料理長たちにあえて『まかない』を作らせたその真意とは?







by mahalotakashi | 2011-11-10 21:21 | mahalo@食卓