「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧

お休みブログです(^^;)

    Dinner With A Squirrel
d0083265_16581663.jpg
    本日と明日のレストランガイドはお休みです。
    いつものように、おとぼけ写真でお楽しみくださいね!


d0083265_1742182.jpg
    Darth Vader Pizza


d0083265_1773685.jpg
    Holy Cross Shaped Pizza


d0083265_171371.jpg
    Hmmm... I Smell Pizza

by mahalotakashi | 2009-10-31 21:21 | mahalo@雑記

Sagra Marble * tre (Sagra)  イタリアン

    会社から二番目に近いイタリアンです。

d0083265_20195718.jpg
大阪北浜で有名なイタリアンレストラン、マーブルトレ・Marble*tre の姉妹店(2号店)がサグラです。
仕事の打合せに来訪された協力会社のM所長と「昼飯でもどう」ということになり、カジュアルイタリアンレストラン、サグラへ行くことにしました。この辺りでは抜群に評判のお店です。(特に女性方には大人気)で、いつも行列ができていますが、この日はスンナリ席に着けました。ゆったりしたスペースのオープンキッチンをカウンターが囲み、壁沿いにテーブル席というインテリアです。

ランチメニューは、(A)と(B)の2種類。
A Pranzoが 1,000円(前菜・パスタ・パン)、 +200円でデザートまたはドリンク(コーヒーH/I、エスプレッソ)
B Pranzoは 2,000円(前菜・パスタ・リゾット・メイン・パン・デザート・コーヒー)パンは自家製フォカッチャ、おかわりOKのオイルつき。
接待する側のマナーとしてイボイノシシが(A)、M所長に(B)をお薦めしました。

それでは、Pranzoをご紹介しましょう。
d0083265_20254614.jpg
富山産白海老のマリネとカボチャのサラダ
アンティパスト(前菜)は、A・Bコース共通。白海老の独特の味と香りが見事に引き出されていました。

d0083265_2026479.jpg
鹿児島産豚肉のラグーと赤パプリカのトマトソーススパゲッティ
プリモピアット(一の皿)も両コース共通。豚肉のラグーと赤パプリカが意外にマッチして程よい茹で加減の細麺のパスタと抜群のハーモニーを奏でています。ここでイボイノシシの(A)パスタランチは終了。

d0083265_20291093.jpg
北海道産時しらず鮭とタケノコのリゾット
(B)Pranzoのプリモピアットは、リゾット。チョット見には和風炊き込みごはんのようです。

d0083265_20312916.jpg
引本港直送鮮魚の香草パン粉焼き彩り野菜のマチェドニア添え
(B)ランチのセコンドピアット(メイン)は真鯛のグリルでした。
d0083265_2032794.jpg
じゅるじゅる・・・と涎(ヨダレ)が出そうになるほど、美味しそうな焼き加減・・

d0083265_2033593.jpg
食後に出たデザートは間違いなくイボイノシシがチョイスした蜂蜜のジェラートが、
d0083265_20342480.jpg
M所長の選んだ生チョコのタルトに勝っていたと思うのですが、どうでしょう・・・(笑)


店名           Sagra Marble * tre (Sagra)
ジャンル         イタリアン
TEL           06-4964-0555
住所           大阪府大阪市中央区南本町2-4-16
営業時間        11:30~14:30 18:00~22:00
             ランチ営業
定休日         日曜・祝日


食べログ グルメブログランキング クリックで応援よろしくお願いします!

by mahalotakashi | 2009-10-30 21:51 | mahalo@食卓

Bistro de NATURE (ビストロ ド ナチュール)

       レンガ窯で焼き上げた、美味しいピッツアのいただけるお店
d0083265_17385533.jpg
JR甲子園口駅の南口を下りて西へ1~2分、イタリアとフランスの国旗が掲げられていますから直ぐにわかります。
入り口を入ると、ゆったりしたメインダイニング、今回イボイノシシたちが案内されたのは奥の小部屋。テラコッタ色の壁は、パリ下町のビストロという感じ。

d0083265_17393365.jpg
シャンパンやワインボトルの先に見えるのが煉瓦(レンガ)窯、ピッツァ用の窯ですが、煉瓦造りなのでかなりの高熱が出せます。鉄鋼メーカーの溶鉱炉と同じ原理です。
ピッツアはすべてナポリタイプ、牡蠣やその他様々な素材で焼き上げてくれます。

今日は「ペア・ランチ」をオーダーしました。
二人前の量で、アンティパスト、ピッツァ、パスタ、ドルチェに飲み物がついて2800円ですから丁度手ごろな料金だと思います。

d0083265_17395946.jpg
まず一品目は、マグロのイタリアサラダです。
ボリューム満点、マグロも新鮮だしオリーブの実もどっさり、2人で食べきれないくらいの量です。バージンオイルとチーズがたっぷりかけられていました。

d0083265_1740208.jpg
お次が本日のターゲット、煉瓦窯で焼き上げたピッツア、マルゲリータです。
ピッツアは3種類くらいから選べます。追加料金を出せば多種類のピッツアをオーダーすることもできます。
d0083265_1740318.jpg
どうです・・この、トロリ感、隣のトトロか、向かいのトロロ・・たまりませんなあ~
文章で表現するのが難しいくらい極上の味です。
石釜とかのは何度か食べましたが、煉瓦窯は珍しく、独特の焼きあがりになります。
ゆったりの時間とサービスを提供してくれるお店です。

d0083265_1741147.jpg
パスタはカルボナーラを選びました。
ナチュールは、「甲子園口のパスタ屋」さんとしても有名。
様々な季節の素材を取り入れたパスタは全30種類。ほお~・・と感心するような、パスタもあります。
d0083265_17422819.jpg
ソースはじっくり煮込んだトマトソースと生クリームソース、それにEX,Vオリーブオイルソースの3種類です。
アルデンテのパスタにパルメジャンチーズがたっぷり、中央に卵黄が乗せられベーコンの塩加減もグッドです。
カルボナーラは少し胃に重いので(玉子・チーズ・クリーム)普段あまり食しませんが、ここのはチョイスして正解でした。
とてもバランスのとれた良いお味のCarbonaraでした。

d0083265_17424927.jpg
デザートは一人に一皿です(^^)
ナチュールティラミス、ガトークラシックショコラ、炭焼きコーヒーのアイスクリーム

もちろん食後のアイスコーヒーも美味しくいただきました。

食事が終って壁に掛ったメニューボードを見たら、右の一番下に「七面鳥たっぷりのジェノベピザ・¥1,000」と、書いてあるのを見て七面鳥夫人と顔を見合わせ、ニヤリとしました。
Non mangia recentemente il tacchino.

このお店はイタリアンが主体ですが、エスカルゴやフォアグラのフレンチも提供しています。それと、目をつけているメニューのひとつが・・・
「牛フィレすじ肉のカレーライスorパスタ」これは楽しみの一品です。



店名          Bistro de NATURE (ビストロ ド ナチュール)
ジャンル        イタリアン
TEL          0798-67-0997
住所          兵庫県西宮市甲子園口3-4-7 メゾンプチ甲子園 1F
営業時間       11:30~15:00 17:30~23:00
定休日         月曜日
席数          34席


食べログ グルメブログランキング クリックで応援お願いします。

by mahalotakashi | 2009-10-29 17:29 | mahalo@食卓

TRATTORIA LA BARACCA (トラットリア・ラ・バラッカ)

       芦屋で評判のイタリアン、トラットリア・ラ・バラッカです。
d0083265_17202927.jpg
南イタリア料理をベースに、リーズナブル料金と本格的味付け、それになにより陽気なイタリアーノを思わせるサービスが売りの繁昌店です。

d0083265_17204494.jpg
店内は明るい白壁で南イタリアを彷彿とさせる造り、インテリアも洒落ていて女性好みの感じがします。テーブルは7卓、20人で満席状態。子供連れからお年寄りまで客層はかなり広いですね。
女性3名男性(チーフ)1名のホールスタッフが、明るい表情で接客しています。
料理の説明は勿論ですが、色々気遣いしながら各テーブルを軽やかに回ります。
テラス席のゲストにも、何度も足を運び話し掛けていました。

ランチは(A)¥1050 と、(B)¥1200 の二種類。(両方頼みました)
(A)は、サラダ、フオカッチャ、パスタかリゾット、(B)はアンティパストが付いてます。

d0083265_1723179.jpg
トマトと野菜のサラダにはゆで卵のみじん切りが入ったドレッシング。
d0083265_17231621.jpg
フォカッチャは焼きたて、手前はナポリの揚げパン、スタッフが詳しく説明してくれます。
揚げパンには青海苔が練りこんでました、二つに割ると、プ~ンと磯の香りがします。

d0083265_17234056.jpg
アンティパストは、左から鞘つきえんどう豆のグリル、人参のボイル、パルマ生ハム、右端が小さな川海老のフリット、「これは美味しかった♪ワインにピッタリ!」

d0083265_17235775.jpg
塩漬けベーコンとグリーンピースのペンネ

d0083265_172412100.jpg
荒挽きミンチとポテトのリゾット
ペンネもリゾットも一見単純そうな料理に見えますが、こくのある旨味が閉じ込められていて一口食べると驚きで目が丸くなります。そして目じりが下がってきます。
チーズとAglio(ニンニク)の使い方が抜群で、調和の取れた味に仕上がっていて、一度食べたら忘れられないほど美味しい一皿でした。

d0083265_1725833.jpg
最後にホールスタッフに、「この店の一押しはなに?」と聞くと、
「アクアパッツァですかね、あんこうや瀬戸内産のいろんな魚がチョイスできますよぜひ一度お味わいください 」
ニッコリ笑って答えてくれました。


店名       TRATTORIA LA BARACCA (トラットリア・ラ・バラッカ)
ジャンル     イタリアン
TEL       0797-38-6162
住所       兵庫県芦屋市茶屋之町3-4
営業時間    [昼]12:00~15:00   [夜]18:00~22:30(L.O22:00)
定休日     月曜
ホームページ   http://www.palashio.com/gourmet/store/083.html


食べログ グルメブログランキング クリックで応援よろしくお願いします。

by mahalotakashi | 2009-10-28 21:35 | mahalo@食卓

カサレッチョ (CASARECCIO) ローマ料理  武庫之荘

Per favore mangi casa che cucina di Roma. È gusto molto delizioso.
(ローマの家庭料理を召し上がれ、とても美味しい味ですよ。)
d0083265_1632893.jpg
生粋のローマっ子が経営するイタリア料理のお店です。
1階と2階に分かれ、1階はBARバールでカウンターに8人座れます、壁際に2人掛けのテーブルが4卓、今回は1階でカジュアルなランチをいただきました。

d0083265_1642647.jpg
ブログ取材の許可をいただいた後、イボイノシシがオーナーシェフのF・ヴァレンティーノさんに、最初にかけた言葉は「オーナーはナポリ出身?」でした。
惣菜や匂いから、ナポリ料理と感じたので(ナポリ料理ですか??)という意味です。
オーナーシェフは首を横に振りながら「ローマ生まれのローマ育ちです」と答えます。
それから色々話が弾み、イボイノシシの「これなに?」の質問攻めにも、嫌な顔一つせず付き合っていただきました。

d0083265_164583.jpg
ガラスケースの上にある存在感一杯の丸いものは玉葱のバルサミコ酢漬け左のは、ポルチーニ茸のピッカータとか言ってました(聞き間違いかも・・^^;)
その他に、イタリアの菜の花、ほうれん草とサルッチャ、かぼちゃ、人参、トマト、なすび・・と、様々なローマ家庭料理の惣菜が並んでいます。

d0083265_1653097.jpg
土曜・日曜は、ランチセットは出していない(平日はOK)とのことなので、アラカルトでオーダーすることにして、とりあえず、アンティパスト(前菜)として、ケースの中のものを全部出してもらいました。
全体に濃い目の味付けで、少し塩辛さも勝っています。
バルサミコとオリーブオイルがタップリ、粉チーズも多めです、オーナーに聞くと、
「ローマ料理は塩をよく使います、日本人には少し辛いかも・・」と言ってましたが、ワインと一緒なら結構いけるお味というところです。

d0083265_16194916.jpg
その日(土曜日)は自宅での朝食タイムが遅くて、あまりお腹も空いていなかったから、2人で1枚のピッツアをオーダーしました。もちろん、いつものマルゲリータです。

d0083265_16201162.jpg
ピッツア・マルゲリータ 参りました! 降参です!
来日8年目のローマ人が焼き上げた、ナポリ風の素晴らしい味のマルゲリータ。
これが本場の味か・・生地はあくまでも薄く、濃い目のトマトソースとチーズがタップリ入ったピッツアは、大満足のお味でした。

パスタかリゾットでも・・と薦められましたが、もうお腹が一杯! 次回にということで、仕上げのドルチェをお願いしたら、ヴァレンティーノさんがアップルピッツァを自ら目の前で焼き上げてくれました。
d0083265_1632021.jpg
ジェラートと一緒に出されたアップルピッツアはとても柔らかく、林檎の甘味とピザ生地がベストにマッチしたBOUNO(ボーノ)♪な、お味でした。



店名           カサレッチョ (CASARECCIO)
ジャンル         イタリアン
TEL           06-6432-3232
住所           兵庫県尼崎市南武庫之荘1-22-23
営業時間        11:30~14:00  18:00~22:00
             ランチ営業、日曜営業
定休日          火曜
予約           予約可
カード           可
個室           無
席数           30席
駐車場         有
禁煙・喫煙       全面喫煙可
ドリンク         ワインあり


食べログ グルメブログランキング クリックで応援よろしくお願いします。

by mahalotakashi | 2009-10-27 21:21 | mahalo@食卓

Itarian Bar Rio (イタリアンバール・リオ)  芦屋

      北イタリアのマンマの味、焼きリゾットが食べられるお店発見!
d0083265_21405723.jpg
北イタリアでは一般的なリゾット、各家庭では残ったリゾットを翌日にお好み焼きのように焼き上げて食べる習慣があります。独特の家庭料理で、まさにマンマの味と言えるでしょう。
その焼きリゾットをメニューボードに掲げるお店があったので、早速入店しました。

d0083265_21464786.jpg
テラス席とダイニングが半々くらいのこじんまりしたオステリア、看板にはBAR(バール)タボラカルダ(温かい総菜を売る店の総称)と書かれていましたが、ランチセットやディナーコースもある使い勝手の良いバール、又はタベルナ(居酒屋風食堂)と言う風情です。
d0083265_21472065.jpg
少しユニークな内装の店内でお若いシェフや明るい笑顔のスタッフが出迎えてくれました。

d0083265_21513278.jpg
海老を2尾使ったサルサポモドーロのスパゲッティ、パスタセット(¥1,200)と、

d0083265_21561410.jpg
同じく海老を添えたトマトクリームソースの焼きリゾットセット(¥1,500)をオーダー。

1日限定5食の焼きリゾットは出来上がりに20分以上かかります。シェフの説明によれば、
「お客様を20分もお待たせするのは申し訳ないのですが、ぜひ味わっていただきたくてメニューに加えました、芦屋のお客様でしたらお待ちいただけるかと・・・」
冗談とも本気とも取れる発言でした(笑)

d0083265_222446.jpg
焼きリゾットの存在は知っていましたが、いただくのは今回が初めて。
薄く延ばされたリゾットは少し焼き色が着いてこんがり仕上がり、食感は焼きおにぎりのようです。イタリアではポルチーニ茸などを入れて焼き上げるそうですが、今回は海老味噌の入ったトマトクリームが添えられた上品なお味にアレンジされていました。

d0083265_2255593.jpg
パスタ、焼きリゾット、どちらのセットにもタップリの野菜サラダとナスビのカポナータが少量付いています。

d0083265_2272096.jpg
それにコーヒーとエスプレッソでのランチ料金は、芦屋ではまずまずでしょうか。
チョッと珍しいイタリアマンマの味に満足できたランチタイムになりました。


店名           Itarian Bar Rio (イタリアンバール・リオ)
ジャンル         イタリアン
TEL           0797-34-6317
住所           兵庫県芦屋市大原町12-1
交通手段        JR芦屋駅北口徒歩3分
営業時間        11:30~23:30(L.O)
              ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業
定休日          火曜・第3月曜
予約           予約可
個室           無
席数           20席 (カウンター4席、テーブル10席、テラス6席)
駐車場          無
空間・設備        オシャレな空間、カウンター席あり
ホームページ      http://ashiya-rio.jp/


食べログ グルメブログランキング クリックで応援よろしくおねがいします。

by mahalotakashi | 2009-10-26 21:30 | mahalo@食卓

西洋料理FUNASAKA   フレンチ

リーズナブル味良しサービス雰囲気良し、真の隠れ家フレンチレストランをご紹介します。
d0083265_2130174.jpg
西宮北道路のトンネルを抜けて金仙寺湖に向う街道から少し奥まった山裾の場所に、そのユニークな建物が17年目の歳月を迎えようとしています。
イメージだけで表現すると、フランスの田舎にある城砦のような感じがします。
d0083265_21341113.jpg
ヴァン・ゴッホの作品に出てくる糸杉などの樹木に囲まれたコンクリート打ちっ放しの無機質な外観は、まるで人の出入りを拒むような冷たさを感じます。
d0083265_2137222.jpg
入口も飾り気の無いスチールのドアで、フランス語で書かれたメニューボードも料理の値段は書かれていません。
殆どの一見客は入店を躊躇することでしょう、僅かな救いは隣に掲げられた三色旗、明るいフランス国旗がフレンチレストランであることを示しているだけ。
お客さんの殆どが予約客と言う、このお店のエントランスにふさわしいのかも知れません。

d0083265_2144152.jpg
冷たく重いスチールのドアを開けて店内に入ると、突然雰囲気が変わります。
d0083265_21444164.jpg
エントランスからメインダイニングへのアプローチ、ペット連れのお客さんのための小部屋などがほっこりした雰囲気で、ホッとします。
d0083265_21455890.jpg
オーナーシェフの友人が設計された建物の内部は、やはり打ちっぱなしのコンクリートが剥き出しなのですが、ドーム状の上部に開けられた窓から差し込む陽光が柔らかく明るく、そして優しく温かく出迎えてくれます。
d0083265_2149542.jpg
白髪の落ち着いた紳士と言う雰囲気のオーナーシェフがキッチンで腕を奮い、奥様と若い女性ホールスタッフが細やかなフランス式サーブを提供してくれます。
イタリアンの陽気で明るい雰囲気とは少し違う落ち着いたもてなしは、背筋が伸びる感じがして程よい緊張感が楽しめます。

d0083265_225245.jpg
これほどのお店ながら、ランチコースはリーズナブルな価格でいただけます。

d0083265_2265561.jpg
(ブロッコリーと蟹のスープ)

d0083265_2210074.jpg
(オードブル3種盛り)

オードブル、バケット、スープ、メイン(魚or肉)、デザート、コーヒーが¥2,500からですから、お手軽にフレンチが楽しめます。

d0083265_2213301.jpg
(牛ステーキ)

d0083265_22174760.jpg
d0083265_22182633.jpg
(甘鯛のポワレ)
お料理は肉(牛ステーキ)と、魚(甘鯛)のコースでいただきましたが、素材の新鮮さとソースの美味しさに目を見張る思いがしました。

d0083265_22241029.jpg
デザートもしっくりしたお味で楽しめました。

d0083265_22253264.jpg
食後のホットコーヒーもとても美味しかったです。

オーナーシェフの奥様のお話によれば、「フレンチにこだわらず、旬の素材を味わって頂くことにポイントを置いています」ということですから、気軽に楽しめる西洋料理のお店と考えた方が正解かも知れません。
オードブルにペンネを使っていたのが、イタリアン好きのイボイノシシにはグッときます。(笑)

d0083265_2229216.jpg
ワンちゃん連れのお客様用の個室もあって、外観の冷たさとは裏腹にオーナーの温かい心がひしひしと感じられる素敵なレストランでした。
美味しい料理に国境なし!食する楽しさを演出してくれる大人の隠れ家レストランに拍手を送りたい気持ちになります。ご馳走様でした。


店名        西洋料理 FUNASAKA (西洋料理FUNASAKA)
ジャンル      フレンチ、西洋料理
TEL        078-903-1158
住所        兵庫県西宮市山口町船坂字北谷216番地
交通手段     阪急バス舟坂橋バス停または西宮高原ゴルフ場バス停から徒歩10分
           中国道西宮北インターから車で15分
営業時間     ランチタイム11:00~14:00  ディナータイム17:00~21:00
           ランチ営業
定休日      月曜 (ただし祝日の場合は営業)
予約        予約可
駐車場      有
ロケーション   隠れ家レストラン、一軒家レストラン
空間・設備    オシャレな空間、落ち着いた空間
サービス     ペット可
備考        ペット同伴可能(別途ペット用個室を用意,要連絡 )


食べログ グルメブログランキング クリックで応援よろしくおねがいします!

by mahalotakashi | 2009-10-25 21:27 | mahalo@食卓

ジャンカルド  イタリアン  武庫之荘

料理・お酒・インテリア・すべてに妥協をゆるさないことでクオリティを高めるお店 。
d0083265_22212519.jpg
      ビルの4階にある目立たないイタリア料理店ですが落ち着けるお店です。

ジャンカルドの「軽いランチコースメニューB」(¥2,000)
カジュアルなイタリアンですが、アンティパストからプリモピアット、セコンドピアットにドルチェまで一通りのコースメニューが揃っています。


d0083265_22283591.jpg
アンティパストのモッツァレラチーズと自家製ピクルス(オリーブ・胡瓜)が、メインの期待感を高めてくれます。
d0083265_22304914.jpg
もうひとつのアンティパスト、細長いパン、グリッシーニや色違いの2種類の人参とオリーブの実、手の込んだ小料理の一つ一つがとてもアーティスチックで、食が進みます。

d0083265_22333520.jpg
プリモピアットは牛タンとルッコラのパスタ「牛タンとルッコラのパスタ」
チーズの使い方がプロの技。
まろやかなトマトソースと、麺の絡みが秀逸、口当たりは抜群でした。


d0083265_22344747.jpg
ホウボウの軽い煮込み・サフラン風味
セコンドピアット(メインディッシュ)は、お魚料理にしました。
アクアパッツアとも少し違う、サフランを使ったアッサリした煮込み料理でした。

d0083265_2237020.jpg
大根・ヤングコーン・キャベツ・ビーンズ・アスパラなどの野菜が添えられています。
ホウボウという魚は滅多に口にしませんが、スズキに似た淡白なお味で、添えられた野菜とマッチして、食べやすい一品でした。 (大根が特に美味しかったです)
(^^;)

d0083265_22413730.jpg
ドルチェは、カシスシャーベット &バナナとさつま芋の焼き菓子でした。
ドルチェ(デザート)も小粋な一皿と感じました、大人が寛げるイタリアンですね。


d0083265_2247926.jpg
いつものイタリアンとは、一味違うランチメニューという感じがしたので、ホールスタッフに感想を述べると、「イタリア料理にこだわらず、お客様がご満足されるよう幅広く良いものを取り入れております」とのことでした。

d0083265_2249455.jpg
なるほど、納得です。
押し付けがましくも無く、マニュアル的でも無く、自然でさりげない扱いをしてくれました。
もちろん、目配り、気配りは、さすが一流ホテル出身のオーナーのお店らしく完璧でした。
1時間半も店内に座っていた気がしないくらいに、リラックスした時を過ごしました。



店名           ジャンカルド
ジャンル         イタリアン
TEL           06-6435-0880
住所           兵庫県尼崎市南武庫之荘1-19-26 サイクルF 4F
営業時間        11:00~14:00 17:00~23:00
ランチ営業、      夜10時以降入店可、日曜営業
定休日          第2第4月曜日
席数           39席
駐車場          無
料理           野菜料理にこだわる、魚料理にこだわる


食べログ グルメブログランキング クリックで応援よろしくおねがいします。

by mahalotakashi | 2009-10-24 21:25 | mahalo@食卓