<   2009年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧

サブウェイ 六甲アイランド店

オーダーメイド潜水艦サンドイッチは超新鮮!
d0083265_20411436.jpg
サブウェイ(SUBWAY)とは、地下鉄のことではありません!(笑)
長楕円形・潜水艦型自家製パンをベースに、お客様の好みを聞きながら、目の前でオーダーメイドのサブマリン・サンドイッチを作ってくれる、サンドイッチを主力商品とするファーストフードのチェーンです。
d0083265_2050677.jpg
以前は西宮にもお店がありましたが、撤退されたようで現在兵庫県下には4店舗(姫路市・明石市・伊丹市と神戸市の六甲IS)のみになりました。
サブウェイの歴史やこだわりについて興味のある方知りたい方は、
HP http://www.subway.co.jp/をご覧ください。

d0083265_2105819.jpg
祝日(昭和の日)七面鳥奥方の「わらわは、さぶうぇいが食したいぞよ」との希望により、またまた六甲大橋を渡る破目になりました。
六甲ライナーのアイランド北口駅の近くマーケットシーン・リバーモールの南西角にあるお店で、テラス席もあります。すぐ南に神戸ベイ・シェラトンホテルがある関係か外人客が結構多く、この日も半数以上のお客さんが欧米系の老若男女でした。

d0083265_215281.jpg
丁度期間限定の北海道士幌産「きたあかり」ポテトを使ったサンドイッチが2種類
(えび&きたあかりポテト=¥420)(ビーフパストラミ&きたあかりポテト=¥450)売り出されていたので、迷うことなくオーダーしました。
d0083265_2191510.jpg
店内には可愛い女性スタッフが3名、お客さんのオーダーを聞きながらサンドイッチを作ってくれます。
いつもなら間違いなく速攻で話しかけるのですが、本日は原子力潜水艦のように恐ろしい七面鳥政所が睨みを効かせているので、席に座って待つことにしました。したがってオーダーメイドのサンドイッチが出来上がる様子はレビューできませんのであしからず(^^;)

d0083265_21142430.jpg
でも、原潜と一緒に座って食べたサブマリン・サンドイッチは、野菜が新鮮でエビがぷりぷり、きたあかりポテトがほくほくで、メッチャクチャに美味し~い~!!かったです♪

d0083265_21181665.jpg
えび&きたあかりポテト
d0083265_2120241.jpg
ビーフパストラミ&きたあかりポテト

【念のために別ルートで調べた「オーダーの方法」情報を書いておきます】

◆基本となるサンドイッチの種類を選ぶ
 (サンドイッチMサイズの価格で、サラダを作ることも可能)
◆パンの種類を4種類から(ホワイト・セサミ・ウィート・ハニーオーツ)、
 パンのサイズを2種類(L・M、MはLを半分にした長さ)から選ぶ
◆通常サンドイッチには、オニオン・レタス・トマト・ピーマン・ピクルス・
 オリーブの6種の野菜が、ラップにはレタス・トマト・オニオンの3種の
 野菜が入る。野菜は無料で増やしたり減らしたりできる。

d0083265_2126667.jpg
◆トッピングとして、チーズ(30円増で2枚)、クリームチーズ(50円増
 で20g)、タマゴ(60円増で1スクープ)、ツナ(60円増で1スクープ)、
 ベーコン(60円増で2枚)、アボカド(90円増で35g)、ダブルミート
 (Mサイズ200円・Lサイズ400円)を追加することができる。
◆調味料を選ぶ。ドレッシングやマヨネーズ、ハラペーニョなど好みで
 選べる。特に指定しなければサンドイッチによってあらかじめ決められ
 たドレッシングで作られる。
◆サンドイッチ(ラップやサラダでも同様)を注文すると、ドリンク(Sサイ
 ズ)セット、ポテトセット(ドリンクSサイズ+ポテト)、スープセットのいず
 れかをオプションで付けることが出来る。ドリンクは30円増でMサイズ
 に、ポテトは80円増でMサイズに出来る。

d0083265_2127215.jpg
◆既に作ってあるサンドイッチをレジの前に置いている場合もある。
 これはMよりさらに小さいミニサイズとなっている。
◆日本サブウェイでは2006年4月12日に一部メニュー改定が行われ、
 価格設定や選択できるドレッシングの種類などが変わった。
◆他のファストフード店とは違い、オーダーメイド形式を取り入れている
 ため多少の慣れが必要であるが、戸惑ったとしても店員から細かく聞
 かれるので、それに従いながら注文すればよい。


d0083265_213046100.jpg
あなたも一度お近くのサブウェイで、オーダーメイドサンドイッチにチャレンジされませんか!



店名           サブウェイ 六甲アイランド店
ジャンル         サンドイッチ
TEL           078-857-0141
住所           兵庫県神戸市東灘区向洋町中1-18
               マーケットシーンリバーモール1F
営業時間        11:00~19:00
             [祝日除く木曜日]11:00~14:00
定休日         不定休
席数           20席
駐車場         無
禁煙・喫煙       完全禁煙
サービス        テイクアウトあり


ホームページ     http://www.subway.co.jp/



食べログ グルメブログランキング 頑張っています!ぽちっ!と、応援おねがいします。

by mahalotakashi | 2009-04-30 21:36 | mahalo@食卓

三田屋総本家カレーの店 船場店

たかがカレー、されどカレー、黒毛和牛のカレーで勝負!

本町界隈は驚くほどカレー専門店の密集する地域です。
日本人が好きなカレーとラーメンは、どんな辺鄙な場所でも大体いただけますが、ビジネス街の本町には目と鼻の先に本店と支店があったり、その隣にライバルのお店がならんでいたり、まさにカレー激戦区と言えます。
イボイノシシの記憶するだけで、この10年間に10店以上のカレー屋さんが撤収しました。


d0083265_19483222.jpg















その本町カレー戦線に新たに参戦してきたのが、ビーフステーキで知名度の高い三田屋(総本家)直営の、その名も三田屋総本家カレーのお店、この船場店とすぐ近くの瓦町に本町店を展開しています。
名前を聞いて誰もがイメージするのが「神戸牛(三田牛)の高級ステーキ」だと思います。

d0083265_19515227.jpg















当然のようにカレーの上にステーキを乗せた「ステーキカレー」が登場します。
メニューの中では最高の値段(1800円)、しかも老舗三田屋のブランド名で、他のカレー店との差別化を目指しているようですが、中途半端な料金設定と(黒毛和牛と称された)お肉の焼き加減に難があるのか、売れ行きは今ひとつのようです。


d0083265_2005813.jpg
さて本日いただいたのは、ハンバーグカレー、通常¥950のところ日替わりサービス料金の設定で¥850、それに+¥100でドリンクかサラダが付きます、サラダをチョイスしたので、結局本日のランチマネーは¥950となりました。
d0083265_2065058.jpg
+¥100のハムサラダです(^^;)
d0083265_20102471.jpg
少し遅い時間だったので、15席ほどのカウンターにお客様は女性客が2名のみ、元気一杯の女性スタッフが早口でマニュアル通りの応対をしてくれます。
それを遮って、ブログ写真撮影の依頼をすると、突然普通の女の子に戻って自然な笑顔で接してくれるようになりました、厨房から調理人の方も顔を覗かせ挨拶してくれます。

d0083265_20141256.jpg
「これ可愛いでしょう♪」と、“女の子”が蓋を開けてくれた薬味ケースの中には紅白のラッキョウが詰められています。
「白いのが甘酢漬けで赤いのは赤ワインビネガー漬けなんですよ!」と説明しながら写真を撮りやすい位置まで移動してくれます。2人の女性客が店を出て客はイボイノシシ一人、暇だからこその光景でしょう。

d0083265_20364899.jpg
カレーは、とろみの強い欧風ルーで黒毛和牛のミンチがベースになっていて、野菜も多い目に使われています。甘口・レギュラー・辛口の3段階、レギュラーを選びましたが、極々普通の辛さで少し拍子抜けの感ありでした。

d0083265_20365775.jpg
ハンバーグは肉の名門店なりの出来あがりと言いましょうか、無難なものでした。
ただサラダ付きとは言え、これで¥950(通常¥1,050)は、ワンコインランチに慣れ親しんだ本町のビジネスパーソンにとって、果たして妥当なプライスかと言うと疑問が残ります。

       お店のこだわり(HPより抜粋)
       国産黒毛和牛は牛肉の中でも特に高品質で高価な食材。
       「たかがカレーにそこまでの食材を・・・・」と見るか、
       「三田屋総本家のカレーの店」だからこだわるのか、
       当店はもちろん後者です。
       低価格路線でもなく、スパイシー追求でもなく、・・
       ・・愚直なまでに肉の風味にこだわりました。


d0083265_20425281.jpg
と、こだわっているのですが、近くにある高設定料金のイタリアンやフレンチ、それに日本料理店は、それなりの雰囲気とサービス、それに料理の種類、お味などの付加価値を高めて一定の顧客を確保していますが、カジュアルな店内で、それも黒毛和牛の風味だけで勝負するカレー店にどれほどのお客さんが納得されるのか危うさを感じるのは私だけでしょうか。

まあ、素人が余計なお節介を焼くのも筋違いですが、親しく接してくれた女子スタッフや調理人のお兄さんのためにも、三田屋総本店さんには頑張って頂きたいものです。



店名           三田屋総本家カレーの店 船場店
ジャンル         欧風カレー
TEL           06-6251-6155
住所           大阪府大阪市中央区南本町3-6-1 KOHAMAビル1F
交通手段        御堂筋本町駅より徒歩2分
営業時間        [月~金]11:00~21:00 [土・日・祝]11:00~19:00
定休日          無し
席数           21席 (カウンター15席、テーブル6席)
駐車場          無
設備・サービス     ランチ営業、日曜営業、テイクアウトあり




食べログ グルメブログランキング ぽちっ!と、クリックで応援おねがいします。

by mahalotakashi | 2009-04-29 21:30 | mahalo@食卓

丸福珈琲店 堺筋淡路町店

        早朝から老舗珈琲店の挽きたて珈琲は魅力的♪

d0083265_2132376.jpg
連休前の会議が早朝(8時)に召集されたので、朝食抜きで午前6時半頃西宮の自宅を出て、会社のある堺筋本町まで来ましたが、やはりお腹が持ちません。
そこで朝7時半からオープンしている丸福珈琲の堺筋淡路町店へダッシュ!
蔦(ツタ)が生い茂った文化財のレトロビルをそのまま利用した北浜店が好きなんですが、少し遠いので本日は開放感のあるこのお店にしました。
堺筋沿い淡路町の交差点南東の角にあり、植栽の緑が都会のオアシス的な開放感のあるお店です。
d0083265_2132568.jpg
天井の高さ8m、ガラス張りの明るい店内はイボイノシシ一匹(一人)の貸切状態、テラス席もあります。

d0083265_21381394.jpg
モーニングセットは、いかにも喫茶店らしい(A)トーストパン+ゆで玉子+ドリンクと、
(B)ミニサンド(日替わり)+ゆで玉子+ドリンクの、2種類がありましたが、¥570のミニサンドイッチにしました、ドリンクは当然評判の挽きたて焙煎珈琲です。

d0083265_21472277.jpgお店で本日朝一番の珈琲がいただけるのですから、ありがたい!
目の前で珈琲豆を挽いてくれます。珈琲の抽出法も独自のもので初代オーナーが開発制作した器具を使い職人技でドリップします。他の器具とは違い、手間も時間もずいぶんかかるそうですが、これが丸福独特の味わいの秘密といえます。
丸福では技術を認められた職人さんだけがお客様の珈琲を抽出することが出来るとか、創業以来約70年間守り続けた焙煎法は豆を大事に、豆の声を聞きながら、を信条に引き継がれているとのことです。


d0083265_21571877.jpg
確かに香りの高い素晴らしいお味の珈琲でした♪

d0083265_21574191.jpg
ミニサンドイッチはトマト&レタスでサッパリ味!

d0083265_2158193.jpg
ゆで玉子も新鮮なんでしょうね、ツルリとむけました(^^)


丸福珈琲店なんていかにも古めかしい店名ですが、ナニワのコーヒー好きなら誰でも知ってるお店で、創業が昭和9年と言いますから、今年で75年ほどの歴史を持つ老舗の珈琲店です。旧本店が、田辺聖子の小説「薔薇の雨」の舞台として描かれたことでも有名。
d0083265_2211777.jpg
ホットケーキや、ケーキセットなどスイーツも揃えられ、。カフェオレやちょっとしたおやつになるパウンドケーキやクッキー類のプチセットもある意外にマルチな喫茶店です。



店名           丸福珈琲店 (まるふくコーヒー)
ジャンル         カフェ・喫茶(その他)、コーヒー専門店
TEL           06-6223-5961
住所           大阪府大阪市中央区淡路町1-7 日土地堺筋ビル 1F
交通手段        地下鉄堺筋本町駅より徒歩5分
営業時間        [月~金]7:30~20:00[土曜日]9:00~18:00
定休日          日曜・祝日
席数           40席
禁煙・喫煙       全面喫煙可
駐車場 無
設備・サービス     朝食営業、テイクアウトあり

ホームページ      http://www.marufukucoffeeten.com/



食べログ グルメブログランキング ランキング参加中です。クリック!応援よろしくおねがいします。

by mahalotakashi | 2009-04-28 22:02 | mahalo@食卓

心斎橋筋商店街 (イボイノシシの散歩道)(その2)

★★ 本日のレストランガイドはお休みさせていただきます。★★

「しんきた」へようこそ♪
d0083265_20384536.jpg
心斎橋と本町間を結ぶ、「心斎橋筋北商店街」は通称「しんきた」と呼ばれています。

d0083265_20421810.jpg
クリスタ長堀北8出口の階段をを上がれば大きな南玄関が出迎えてくれます

d0083265_204306.jpg
御堂筋からひとつ東側の通りになるのが心斎橋筋。

d0083265_20444318.jpg
長堀通を境として北側が心斎橋筋北商店街、南側が心斎橋筋商店街と、重複するので、本町以南はほぼ全線にわたってアーケードが設置されています。北端は中央区北浜3丁目(御堂筋線・京阪電車淀屋橋駅付近)の土佐堀通との交点、南端は道頓堀川(戎橋)を隔てて戎筋と接続します。

現在の心斎橋筋北の賑わい
d0083265_20473067.jpg
心斎橋筋北商店街は、大阪市の平日の通行量調査では、平成5年11月に約25,000人でしたが、平成11年5月には、約37,000人、現在では、約40,000人を越へる急成長を続けています。
平成15年2月に結成の当商店街振興組合のシンボルマークとして、心斎橋の欄干の「四葉のクローバー飾」を採用。
平成16年2月23日に完成の新舗装には、旧来の3商店街が連合した記念として、心斎橋の四葉のクローバーマークを3つ組合せたデザインにあしらい、消防隊の鼓笛隊の演奏により、南幼稚園の園児と共に賜やかに「通り初め」を開催されたそうです。



次回は長堀通りから更に南へ向って、一般的に有名な心斎橋筋商店街をウオッチします。

by mahalotakashi | 2009-04-27 21:55 | mahalo@夢旅

イル アルティスタ (IL Artista) イタリアン 六甲アイランド

  巨大宇宙船の中でイタリアンランチは如何?

d0083265_2023349.jpg
六甲アイランドにある神戸ファッションプラザの内部にアトリウムプラザと呼ばれるイベントスペースがあります、円形の大ホールで床面の直径が52m、1階から10階まで高さ40mの吹き抜けは圧巻で、まるでSF映画に出てくる巨大宇宙船の内部をイメージさせます。
d0083265_2024593.jpg
今にも映画スター・ウォーズに出てくるシスの暗黒卿ダースベィダーが現れそうです。
その広大なホールに面して、明るい照明が目立つリストランテがイル・アルティスタです。
d0083265_20191947.jpg
 無機質で冷たい超巨大空間に、イタリア国旗と鉢植えの緑が心をホッとさせてくれます。

d0083265_20264696.jpg
100坪ほどある大箱の店内は、BARが併設されて、かなり余裕のあるスペースで落ち着けます。
奥の方には専用ステージがあり、グランドピアノなど音響設備も充実しているようです。
スタッフが、「ブログで紹介していただけるのなら、専用ステージもよろしくお伝え下さい」とわざわざテーブルまで来てステージの説明をしてくれました。ジャズライブなども頻繁に催されているようです。

日曜日の12時に訪店しましたが、私達夫婦の貸切状態(その後、家族連れなどで半分くらいの入りになりました)休日は意外に空いているようで、穴場です。

ランチは3種類で、¥1,000~¥1,680と、比較的リーズナブル料金です。

d0083265_2058714.jpg●PRANZO DEL GIORNO
 (日替わりランチ)…¥1,000
 本日のイタリアンサラダ
 本日のパスタ(3種類から選びます)
 手作りパンバイキング
 小さなデザート
 カフェ(+200)



d0083265_2103271.jpg●StasioneA
 (季節のコースA)…¥1,560
 前菜5種盛り合わせ
 本日のパスタ(3種類から選びます)
 手作りパンバイキング
 小さなデザート
 カフェ



d0083265_212154.jpg●Bistecca
 (ビステッカコース)…¥1,680
 本日のイタリアンサラダ
 国産牛リブロースのグリル(130g)
 手作りパンバイキング
 小さなデザート
 カフェ



d0083265_2151230.jpg
このお店では、ランチコースのパンがバイキング形式で提供されます。フォカッチャやトマトパン、切りピザなど、6種類ほどから好きな種類が好きなだけチョイスできます。もちろん食べ放題だから、アンティパストとプリモピアットのパスタで十分お腹は満足します。
d0083265_21131738.jpg
そこで本日は日替わりランチと季節のコースをオーダーしました、ビステッカコースがあるところから、ミラノ、フィレンツェの北イタリア料理がベースのようです。

d0083265_21184979.jpg
うさぎのテリーヌや、ルチアの生ハム、自家製ピクルス、豚肉の香草巻きなど、一風変わったアンティパストは満足のできる一皿でした。

d0083265_2123544.jpg
パスタは、スズキと茸のペペロンチーノ

d0083265_21235589.jpg
ミニトマトのスパゲッティーニ

d0083265_21285531.jpg
シェフ自らテーブルまで料理を運んでいただき、細かく説明してくれました。だから、と言うわけではありませんが、全ての料理が新鮮でしかも納得できる味付けだったことは間違いありません。
サービスも余裕のある応対で、リラックスさせてくれます。

d0083265_21292665.jpg
大箱なので子供連れでも気にせず利用できますから、次回は孫達を連れてこようかと思います。
なにかにつけて使い勝手の良い優れものリストランテです。

    あなたも一度巨大宇宙船のイタリアンを体験なさっては如何ですか(^^)



店名          イル アルティスタ (IL Artista)
ジャンル        イタリアン、パスタ
TEL           078-846-4649
住所          神戸市東灘区向洋町中6-9 神戸ファッションマート1F
交通手段       アイランドセンター駅降車西口(ファッションマート方面)へ徒歩3分
営業時間       [月~日] ランチ11:00~14:30 カフェ14:30~17:00
                   ディナー17:00~21:00
             閉店時間はお客様の食事の様子で延長も有り
定休日         無休
カード          可 (VISA、MASTER、JCB、AmericanExpress、Diners)
席数          78席 (カウンター10席、テーブル68席)
禁煙・喫煙       分煙
設備・サービス    飲み放題有、子供可、日曜営業
備考           店内には大型のテレビもあります。


ホームページ    http://www.il-ar.com



食べログ グルメブログランキング クリックで応援よろしくおねがいします。

by mahalotakashi | 2009-04-26 21:31 | mahalo@食卓

本手打蕎麦 夢打庵 (ゆめうつあん)

  十割蕎麦のざるにしておけばよかった・・・

d0083265_20122664.jpg
朝から雨の土曜日、久しぶりに手打ち蕎麦でも食べようか、と言うことで、七面鳥婦人を誘って門戸厄神の方へ車で向いました。
d0083265_20144281.jpg
ビルの2階にある「夢打庵」(ゆめうつあん)と言う、風流な店名のお蕎麦屋さん。
2階にあるお店でこざっぱりした雰囲気の店内は既に八分の入り、やはり年配の方が多いようです。静かで落ち着いています。(店内の撮影は自粛しました)
お蕎麦は信州のそば粉を使用しています、メニューは結構品数が多く、多少迷います。

d0083265_20262458.jpg
「十割蕎麦ざるにしようかな」と呟くと、前に座った七面鳥婦人が「今日は少し肌寒いから、温かいお蕎麦にしたら」と一言。
「では、珍しいから、この釜揚げ蕎麦(¥1,050)にしてみるよ」と指差します。
「私は、厄神蕎麦!(¥980)」いつもハッキリした女人であります。

d0083265_20371760.jpg
釜揚げうどんの亜流と申しましょうか、湯を張った大き目の鉢に茹でたばかりの二八蕎麦が泳いでいます。

d0083265_20325773.jpg
薬味はうずら卵におろし大根、擦り胡麻、素早く写真を撮り終えて、蕎麦をすすります。
最初の一口二口は、うん!と頷くほどの口当たりで、新鮮な美味しさを感じました。

二八蕎麦もそこそこのコシがあり、喉越しもまずまず、出汁もいけます。ところが半分くらい食べ終わったころ、徐々に鉢の中のお湯が白く濁り始めます、同時に蕎麦の方も粘りが出てきたようです。
量がそこそこにあるので時間の経過とともにお蕎麦の表面が融け始めたのでしょうか、最初に危惧したことが現実に起きたようです。
コシの強力な讃岐うどんと違って、蕎麦の釜揚げは美味しいのだけれど、食べ方が難しいですね。それに蕎麦は個人の好みが違い一概に不味い美味しいの評価は大変困難です。

d0083265_2041212.jpg
若布ときざみアゲと青葱の入った厄神蕎麦を食べた七面鳥婦人の感想は、「まあまあね」でした。
隣の席のオジサンをちらりと見ると、美味しそうに十割蕎麦のざるをお食べでございました。

d0083265_20422881.jpg
      次回は真冬でもざるを食べるぞ!と、心に誓うイボイノシシでありました。




          店名        夢打庵 (ゆめうつあん)
          ジャンル      そば
          TEL        0798-52-9922
          住所        兵庫県西宮市門戸荘13-15 ラポール門戸 2F
          営業時間     11:00~14:30 17:00~19:30
          定休日       火曜日
          設備・サービス ランチ営業、日曜営業



          食べログ グルメブログランキング クリックで応援、よろしくお願いします。

by mahalotakashi | 2009-04-25 21:31 | mahalo@食卓

ピッツェリア ラポルタ

     フレンドリーなスタッフに囲まれて、楽しくピザをいただきました。
d0083265_21283433.jpg
以前から行きたいと思っていたピッツェリアですが、会社からだと少し遠すぎてランチタイム内の利用は時間的に厳しく、チャンスを逸していましたが、本日午後急に予定の仕事がオフとなったので、地下鉄を乗り継いで出かけました。
d0083265_21304329.jpg
西区の肥後橋センタービルの地下「グルメのまち」に“薪で焼くの石窯のピッツェリア”として1990年10月にオープンした老舗です。もちろんパスタや手作りイタリアンの種類も豊富。
“LA PORTA”とはイタリア語で「扉」の意味、イタリアへの扉でありたいと言うのがお店のコンセプトのようです。
d0083265_21334152.jpg
店内は入口正面に年季の入った石窯が据えられ、その横に厨房とBARカウンター、奥へ広くテーブル席の配置で、いかにもイタリアらしいインテリアでローマの裏町のBAR付きトラットリアの趣です。

d0083265_21345053.jpg
石窯の側へ行って写真撮影をお願いすると、バンダナを巻いた若い女性ピッツァ焼き職人さんが、「今丁度ピッツァが焼きあがったところです、どうぞ写してください」とポーズしてくれました。
金曜日の午後1時を過ぎているにも関わらず店内はお客さんでほぼ満席、圧倒的にご婦人が多いようです、しかも次から次へお客さんが訪れます。

石窯の見える席に案内されて、オススメのピッツァランチを頼みます。
d0083265_21423256.jpg
サラダ又はドルチェ+ドリンクに本日のピッツァ(ロースハムと野菜のピッツァ)で(¥950)
他に日替わりランチ(¥850)やパスタランチ(3種類から)(¥950)もありましたが、
やはりいただくならピッツァ!でしょう。

d0083265_21442855.jpg
サラダにするかドルチェにするか結構悩みましたが、赤いベレーの女性スタッフに「甘いものダメなんだけど、ドルチェにしようかな」と言うと「それならマンゴープリンなどが良いと思いますよ」とニッコリしてくれました。ドリンクはエスプレッソにしました。

眼鏡をかけたキュートな女の子でしたが、イボイノシシのテーブルの係りだったようで何かと世話を焼いてくれます。
ほうれん草やバジル、赤カブなどとロースハム、モッツアレラチーズのピッツァはクリスビータイプ。もっちりしていましたが、意外に食べ易い超薄型です。

d0083265_21485160.jpg
半分くらい食べ終わったらその女の子(親しみを込めて使わせてもらいます)が「少し辛いかも分かりませんが、自家製のガーリック・チリオリーブオイルソースです!よかったらお使いください」とテーブルに持ってきてくれました。
なんだか娘に世話を焼いてもらってるような気分になりながら、ニンニクと唐辛子を漬け込んだオリーブオイルを振りかけて食べてみると、ピリリと辛味が走りますが驚くほど美味しい!まるで新たに種類の違うピッツァを食べてるような感じです。

別の席のお皿を下げて前を通りかかった彼女に、親指と人差し指でOKマークを作ると、とても嬉しそうな顔をしてくれました。
他の男性スタッフも年配のマネージャーらしき女性も大変フレンドリーな感じで、しかもどのお客様にも同じスタンスで接しているのには感心しました。
マニュアルではない、自然な笑顔と会話は料理を一際美味しくしてくれます。

「行って良かった♪」と思える素敵なお店、オススメの一軒です!



店名           ピッツェリア ラポルタ
ジャンル         イタリアン、ピザ
TEL           06-6444-5916
住所           大阪府大阪市西区江戸堀1-9-1 肥後橋センタービル B1F
営業時間        [ランチ] 11:30~14:30 [ティー] 14:30~17:00
              [ディナー] 17:30~22:00
定休日          日曜・祝日
カード          可 (VISA、JCB、AmericanExpress)
席数           52席
設備・サービス ランチ営業

ホームページ 
    http://r.gnavi.co.jp/k036100/



食べログ グルメブログランキング ぽちっ!と、クリックで応援よろしくおねがいしますね。^^

by mahalotakashi | 2009-04-24 22:02 | mahalo@食卓

味べい 丼池店

    玉子7個使った迫力満点のかつ丼(大)で大満足!大満腹!
d0083265_19401952.jpg
今日はオヤジギャグは封印!「丼池で丼もの・・・」なんて言いません(言ってるやんか!)
大阪中央区の本町、心斎橋、丼池に3店舗を展開する丼物とうどんのお店で、堺筋本町(瓦町)に『龍 i 龍 堺筋本町店』(リュウアイロン)という姉妹店もあります。

本日はいつもの関取orプロレスラータイプの若手社員を伴って味べい丼池店を訪れました。
d0083265_1946659.jpg
一階と二階の客席はほぼ満員、なんとか一階のテーブル席を確保してひと安心。キッチンの上の壁にはアイドルグループの写真やタレントのサインがずらり・・・
d0083265_19501072.jpg
イボイノシシが 「天丼にソースに果汁や蜂蜜を加えた門外不出の自家製タレ」と説明書きのあるソース天丼(¥600)を注文。
d0083265_19555283.jpg
大きな体のわりに声の小さな関取社員が「かつ丼にしょうかな・・・・」と言いながらメニューを眺めているうちに「お待ちどうさま!」とかつ丼が出てきました。なんと早いこと!
関取社員が手を振りながら「まだ注文してません、僕はかつ丼の(大)にします」と言うと、毎度のことでしょうか、お店の方も笑顔を崩さず「ハイ!かつ丼(大)に変更ですね!」と素早く持ってきたかつ丼を下げます。

d0083265_2012533.jpg
「君!もっとハキハキしろ!優柔不断はダメ!特に食べ物の時は・・・」と、説教し始めたイボイノシシの目の前にソース天丼が、ドン!と置かれました。
大きな海老が2尾、どんぶりからはみ出しています。カイワレと海苔が付いて、秘伝のソースタレがかけられその上にマヨネーズ。一口食べると「ゴホッ!」とせき込みました、レモン汁がかけられているようで、その酸味にむせました。でもお味はさっぱりするから良いのではないでしょうか。

d0083265_2072698.jpg
そして関取社員の前には、化学調味料を一切使用しない、安全で美味しい素材が自慢のサクサク食感のカツを玉子2個で半熟状態にとじたカツ丼(¥600 )よりさらにビッグサイズの玉子7個にカツ、ご飯がさらに増量。普通サイズでもかなりのボリュームだけに、満腹間違いなし!とお店が自信を持って提供する、かつ丼(大) (¥900)が登場!
d0083265_20104871.jpg
お店のメニューにも書かれていましたが、あるお客さんがカツ丼(大)を見て・・・
「日本昔話に出てくるお山みたい」と言ったそうですが、まさに山のようなどんぶりです!
玉子7個に覆われてカツの姿は全く見えません、熱々の玉子の山を関取社員がおでこに汗を浮かべながら「ハフ!ハフ!」と食べる姿はダイナミックでありました。

面白い経験をさせてもらいましたが、まあ、お味はごく普通でございました。

余計なお世話!ですが、代表的なメニューをお店になり替わりましてご紹介いたします。

●天丼に卵たっぷりボリューム満点の天とじ丼一度ご賞味を!!天とじ丼 ¥800
●ソースに果汁や蜂蜜を加えた門外不出の濃紺自家製たれのソースかつ丼 ¥600
●香辛料に洋酒を加えた新感覚のオリジナル丼!!インド風ソースかつ丼 ¥600
●ソースかつ丼(大) ¥900 (大)には、おはづけが付いてます。
●インド風ソースかつ丼(大) ¥900 (大)には赤だしが付いてます。(なんで?)
●丼からはみ出るほど大ぶりのおおきな海老を2尾使った天丼 ¥600
●おおきな海老を2尾から3尾にボリューム満点!天丼(大) ¥ 900
●北海道の牧場から届く冷凍の極上ロース肉が、口のなかでとろける牛とろ丼。
 関西で食べれるのは味べいだけ!!牛とろ丼 ¥ 900
●美と健康とビタミンAとE今年の夏はこの一品です!!上うな玉丼 ¥800
●上うな玉丼(大) ¥1300
●ビックな穴子をまるごと一匹!新製品!あなごソース丼 ¥650



店名         味べい 丼池店 (アジベイ ドブイケテン)
ジャンル       かつ丼・かつ重、うどん
TEL         06-6253-0505
住所         大阪府大阪市中央区北久宝寺3-4-4
交通手段      地下鉄御堂筋線本町駅12番出口より徒歩5分
            船場センタービル7号館と8号館の間を南へ二つ目の筋手前右側
営業時間      [月~金]11:00~20:30
            [土日]11:00~17:00
定休日        日不定休

ホームページ    http://www.ajibei.com/



食べログ グルメブログランキング クリックで応援よろしくお願いします。

by mahalotakashi | 2009-04-23 21:31 | mahalo@食卓

ペギィ・スウ  中華料理

       怪しいけど魅力的♪ ペギィ・スウのカレーつけ麺!
d0083265_2030309.jpg
PeggySue(ペギー・スウ)の店名と言い、中華料理店と思えない外観に、怪しげな感じが漂うユニークなお店です。(お店の説明はまたの機会にして、本日は手短に進めましょう)

d0083265_20364054.jpg
 木目調の店内、ランチタイムは、付近のOLさんや若手サラリーマンでいつも満席です。

d0083265_20413874.jpg
ランチセットメニューは、ラーメンライスセット(¥650) ねぎそばセット(¥850)など、多種類のラーメンや点心を中心に揃えられています。
醤油味、味噌味、カレー、それに坦々麺風高麗麺など麺類の種類もかなりなものですが単品でもOK!
午後1時からは塩焼きそば定食などの(遅ランチ)セットメニューが追加されます。

本日ご紹介するのは、ペギィ・スウ人気ナンバーワンのカレーつけ麺(750円)です。
d0083265_204984.jpg
麺にカレールーをかけたカレーラーメンもありますが、つけ麺タイプのものが人気です、麺と濃厚なカレー味のつけ汁が別々に出されます。
d0083265_2057812.jpg
お店の人に聞くと、麺は少し細打ちのチャンポン麺で、スープとの絡みが最も適しているそうです。冷水で絞められた麺はコシがあり、しっかりした歯応えと喉越しが楽しめます。

d0083265_205822100.jpg
スープはスパイスの効いた濃厚なお味ですがサラッとしています、底に沈んだ細切れ牛肉と玉ねぎが微妙に味わい深いアクセントを付けています。それほどに、くどくもないので、カレースープとして飲み干すこともできます。

d0083265_212162.jpg
チャーシューなどの具は特になく純粋に麺とスープを味わうようになっています。
物足りないと思えばセットメニュー(800円)が良いでしょう、サラダと麺2玉が付きます。

単品で750円はこの辺りでは少し高目の価格設定ですが、シンプルな中に深みを味わえるカレーつけ麺は一度食べてみる価値はあると思いますよ!



店名         ペギィ・スウ 高麗橋店
ジャンル       中華料理、ラーメン、担々麺
TEL         06-6231-5950
住所         大阪市中央区高麗橋1-2-3 信和ビル 1F・2F
営業時間      [月~金]11:30~14:30(L.O.)  17:00~23:00(L.O.22:30)
            [土・日・祝]11:30~14:30(L.O.)
カード        可 (VISA、MASTER、JCB、AmericanExpress、Diners)
席数         31席
駐車場        無
設備・サービス ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業



食べログ グルメブログランキング クリックで応援よろしくお願いします!

by mahalotakashi | 2009-04-22 22:08 | mahalo@食卓

茶茶 本町店

     茶茶そばを食べいました(^^;)
d0083265_20111933.jpg
千鳥饅頭で有名な千鳥屋大阪総本店(創業三百七十年)が本町にありますが、その本店の2階の和風カフェ・茶茶 本町店が今回ご紹介のお店です。
もちろん千鳥屋のグループ企業で、『TheThe西宮』などと同じ系統です。


d0083265_20191512.jpg
他のブロガーの皆さんは、ハチミツロールケーキやショートケーキがとても美味しい♪と、もっぱらパフェやスイーツのレビューを掲載されていらっしゃいます。
しかし雑食性と言われるイボイノシシも一匹(一人)の時はあまりスイーツはいただきません
本日はこちらでランチタイムに出される「京風弁当」のお話しです。


d0083265_20235922.jpg
店内はゆったりしていて、南と西が大きなガラス張りでとても明るく、西のベランダに10名分くらいのテラス席も配置されています。椅子もゆったりしていて落ち着けるカフェです。サラリーマンおじさんや付近の商店主のような方も利用されていて、男女半々くらいのお客様で、皆さん寛いだ様子でお茶やケーキを楽しまれています。

d0083265_20302910.jpg
さて、テーブルを選び、オーダーを取りにきた女性スタッフに「下のサンプルで見た1,000円の弁当!ちょうだい♪」とオーダーすると「茶茶弁当でございますね!ケーキとドリンクが付いていますので、お選びください」と、おっしゃる。

「ケーキいらんから、まけて!」と、喉まで出かけた言葉を飲み込み、
「甘いの苦手だから、このお店で一番甘くないケーキにして」とお願いすると、
「それなら、ヤッコがいいですね!」と言ってくれました。
「ヤ!ヤッコ!て、なに?なんなん!ヤッコって!」
「奴(やっこ)という名前で、クリームチーズとお豆腐を混ぜたムース状の豆腐ケーキですよ」と説明してくれました。(うるさいオヤジ!と内心思ったでしょうね^^多分・・・)
ドリンクはいつものとおりアイスコーヒーです。

d0083265_20412656.jpg
やがて運ばれてきた「茶茶弁当」は二つの塗容器に別けられていて、かやくご飯(イカの天ぷら付き)と茶そば(冷)と、マッシュポテトと胡瓜のサラダにフルーツ、真ん中にヤッコケーキが乗っかっていました。

d0083265_20475463.jpg
(ケーキは好きなものが選べますが、追加料金が必要なものもあります)

d0083265_20521312.jpg
艶のある茶そばです(茶そばは温かいのもあり、うどんでもOKだそうです)

d0083265_20565578.jpg
見た目は女性向けの可愛い感じですが、意外にボリュームもあり、茶そばもかやくご飯も本格的な味付けで、とても甘味屋の片手間とは思えないほどの上出来弁当でした。

d0083265_213720.jpg
恐る恐るスプーンで口に運んだ「奴ケーキ」冷たくてクリーミーで、美味しかったです。

d0083265_21341100.jpg
ランチセットはもう一種類あり、京五目セット(¥850)で、かやくご飯に茶そばかうどんとコーヒー又は紅茶が選べます、どちらのセットもイボイノシシのオススメは茶そばですね。

  茶茶そばは滅旨かった!というところでしょうか!ん♪ん♪
d0083265_212031100.jpg



店名        茶茶 本町店 (ちゃちゃ)
ジャンル      喫茶店、パフェ
TEL        06-6266-0753
住所        大阪府大阪市中央区本町3-4-12
営業時間     9:30~21:00(土祝-18:00)
定休日       日曜日




食べログ グルメブログランキング クリックで応援お願いします!

by mahalotakashi | 2009-04-21 21:21 | mahalo@食卓