<   2009年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

スターバックスコーヒー 御堂筋本町東芝ビル店

     リラクゼーション兼ねてスタバでランチ

d0083265_20301346.jpg
御堂筋本町交差点の南西角にある東芝大阪ビルの一階にあるスタバ、御堂筋と本町通りに面していてロケーションの良いお店です。

d0083265_20364643.jpg
通りに面した窓際がテラス席で、お天気の良い日はここで寛ぐビジネスパーソンの姿が見受けられます。かくいう私も年度末の業務が一段落した本日、溜まりに溜まったストレスを少しでも解消しようと、このお店を選んだ次第です。

d0083265_2038481.jpg
正面入って左手がレジ&オーダーカウンターとテーブル席で、右手奥はソファーが並べられてリラックスできるスペースになっています。(写真はレジ&オーダーカウンターのフロアー)

d0083265_20392965.jpg
生憎ソファーは満席でしたが、正面のベンチ席に座って、ゆっくり、ぼんやり、のんびり、と心地よいランチタイムを過ごすことができました。

d0083265_204278.jpg
本日はスタッフのオススメで、フィローネ・シュリンプサラダのサンドイッチ(¥440)とフードペアリングとしてトール・カプチーノ(¥370)を選びました。
コーヒーなどは4種類のサイズのショート(240cc) トール(350cc) グランデ(470) 
ベンティ(590cc)が用意されていて、希望のサイズを頼めます、もちろん料金は違いますが、細かい気遣いを感じます。

d0083265_20424068.jpg
野菜とシュリンプがタップリのサンドイッチは見かけより柔らかく美味しいお味、カプチーノも温かくて優しい味わいがしました。

d0083265_20445432.jpg
リラクゼーションとは、一般的に「息抜き・くつろぎ・緊張を解くこと」と定義されていますが、会社の近くではこのスタバが最も適したお店だと思います。




店名        スターバックスコーヒー 御堂筋本町東芝ビル店
ジャンル      カフェ
TEL        06-4704-2124
住所        大阪府大阪市中央区本町4-2-12 東芝大阪ビル
営業時間     月~木: 6:30 ~ 23:00
              金: 6:30 ~ 23:00
              土: 7:00 ~ 23:00
              日: 7:00 ~ 23:00
            祝日: 7:00 ~ 23:00



食べログ グルメブログランキング クリックで応援よろしくお願いします!

by mahalotakashi | 2009-03-31 21:21 | mahalo@食卓

さぬきうどん ゆう庵   西宮市柳本町

     本格手打ちの讃岐うどんを大阪うどんスタイルで提供してくれます!

d0083265_2045810.jpg
毎年阪神タイガースが必勝祈願に参拝する広田神社の参道近くに出来たお店です。
入口横の看板に大きな字で「さぬきうどん」と書かれていますし、店内の壁にも立派な額入りで「当店こだわりの讃岐うどん」の説明書きが飾られています。
d0083265_207587.jpg
誰がどう見ても間違いなく讃岐うどんの専門店です。
しかしメニューを見ると、きつねうどん、こぶうどん、肉うどん、カレーうどんなど、一般に関西方面で食べられている「大阪うどん」のスタイルが大半を占めています。
もちろん「釜揚げ」「ぶっかけ」や「ちく天」「玉子天」などの讃岐うどんもありますが、種類は限られています。

d0083265_20151280.jpg
めん、だし、具、三拍子揃って値打ちのあるのが「大阪うどん」と言われます。
d0083265_2018770.jpg
一方、食感、コシ、のど越しと、めん自体を味わうのが「讃岐うどん」ですが、どうやらこのお店は両方を一度に味わって頂こうという営業方針のようです。
もっと穿った見方をすれば、「讃岐うどんだけでは商売にならない!」が本音かも。

d0083265_2033270.jpg
そのあたりがよく理解できたので、本日の注文は七面鳥夫人が、いなり寿司にかけうどんと小鉢の付いた「いなり定食」(800円)、

d0083265_2039199.jpg
d0083265_20392855.jpg
イボイノシシは、きつねうどん(700円)と、おにぎり(200円)にしてみました。

d0083265_20533180.jpg
流石に讃岐うどんと名乗る通り、注文してから茹で上がるまでに10分以上かかります。
お客さんが少なかったのでお店のご主人に、うどんの茹で釜を撮影させてもらいました。

d0083265_20585264.jpg
いなり定食のかけうどんは、天かすやワカメかまぼこなどが入ったハイカラうどん風、小鉢は山芋のすりおろしに桜エビが乗っかっていました。
きつねうどんのアゲは甘辛く味付けされて昔ながらの美味しいお味、出汁はご主人の説明によると、いりこ出汁と昆布出汁をブレンドしたものだそうですが、少し甘味の残る大阪うどん独特の出汁に間違いないお味でした。

d0083265_2132439.jpg
肝心のめんの方ですが、じっくり時間をかけて茹で揚げられたうどんは看板通り「食感、コシ、のど越し」は合格でした(個人的にはもう少し固めでもよいかな・・・と言う感じ)
なお、自家製手打ちうどんのため、麺が無くなり次第閉店とのことですからご注意を。

d0083265_21121094.jpg
d0083265_21123669.jpg
このお店のもう一つの特徴はサイドメニューの豊富なこと、定食に付いた小鉢やいなり寿司もなかなか美味しいものでした、これはこのお店の女将さんが作られている名物いなり寿司で、お客さんにも評判の一品です。
店内中央にはおでん鍋も置かれていて、うどんが湯掻かれている間にちょっと一口のお客さんもいらっしゃいました。
夜はちょいと一杯組のためにうどん以外の小料理も出されるようです。

d0083265_2117353.jpg
開店して間がないお店なので清潔感の漂う気持ちの良い店内でした。
ご夫婦と息子さん、それに2名の女子スタッフが満席になり始めた店内をさばきます。
讃岐うどんの愛好家から見ればお叱りを受けるかも知れませんが、難しい理屈はこの際忘れて、うどんが美味しくいただければ、それにこしたことはありませんよね(^^)


店名       さぬきうどん ゆう庵 (ゆうあん)
ジャンル     うどん
TEL       0798-73-0217
住所       兵庫県西宮市柳本町1-19-101
営業時間    11:30~14:30
         17:30~21:00(LO20:45)
駐車場     有(道路向かいに4台分スペース有り)
定休日     水曜日
禁煙・喫煙   分煙
設備・サービス ランチ営業、日曜営業

食べログ グルメブログランキング ぽちっと応援お願いします(^^)

by mahalotakashi | 2009-03-30 21:19 | mahalo@食卓

le cercle  ル・セルクル (フレンチ&イタリアン)

ル・セルクルのペアランチは一日限定5組です。

d0083265_9284275.jpgd0083265_929685.jpg











d0083265_9293936.jpg昨年の9月にオープンして半年経過のビストロ、ル・セルクル。
カウンター8席テーブル8席の小さな小さなフレンチのお店です。
白を基調にした明るい南欧をイメージさせるエントランスの左右にテラス席8席を併設しています。



d0083265_9411293.jpg店先に掲げられたフランス国旗がフレンチのこだわりとプライドをアピールしていますが、お客のニーズが多様になった昨今フレンチだけでは商売にならないと判断されたのか、若きオーナーシェフは本格フレンチに創作イタリアンをコラボレーションさせると言う現実的な手法を取り入れられています。



d0083265_9443990.jpgランチコースとして3種類が用意されていますが、中身はパスタがメインの完璧なイタリアンメニューのAランチが¥1,260でリーズナブル設定。次にカジュアルフレンチコースのBランチが¥2,100とフレンチ派も納得できるように工夫されています。
コースメニュー以外にも様々なアラカルトが用意されていて、リピしたくなるお店です。



d0083265_9504764.jpg
本日はAでもBでもなく、一日5組までと限定されたペアランチ(¥3,800) フレンチとイタリアンが同時に楽しめるコースにしました。

d0083265_9513380.jpgd0083265_9515575.jpg









前菜の盛り合わせは活きブリのロースト、もち豚のハム、仔牛のテリーヌ。

d0083265_9581263.jpgd0083265_9583547.jpg









パンはフランスとフォカッチャ、スープはオニオングラタンスープで美味しいお味♪

d0083265_1013020.jpg
パスタは春らしくホタルイカと菜の花のペペロンチーノ、しっかりした味付けです!

d0083265_1093511.jpg
そしてメインはお肉料理を選びました、鴨肉のパイ包み焼きバルサミコソース。菜の花と水菜とブロッコリーが添えられ若さを感じる緑の盛り付けは食欲をそそります。

d0083265_1011247.jpgd0083265_10115342.jpg









パイで包まれた鴨のミンチは香草などで味を調えられ柔らかくてジューシー、パリッと焼きあがったパイ生地とマッチしていて、大変美味しいメイン料理となりました。

d0083265_10154365.jpg
デザートは3種盛り合わせで練乳のアイスクリーム、アップルパイ、ガトーショコラ。

d0083265_1020165.jpgd0083265_1020524.jpg









〆はオープンキッチンの真ん中に置かれたピカピカのエスプレッソマシーンで抽出された香りの高いエスプレッソとフレンチコーヒー(小菓子付き)
料理は全てレベルの高い味付けと調理内容、これで一人前(¥1,900)は文句のつけ様がありません。

d0083265_10252420.jpg
清潔な店内のインテリアはシックなフランス調でまとめてフレンチビストロとしての面目も保っています。
ガンコなこだわりを持たずお客様の好みに応じて柔軟に対処する姿勢は素晴らしいと感じました。
その日の気分で自由にお店を選べる私達、どうせ食事を楽しむなら客の好みを理解してくれるお店を選ぶのが賢明ではないでしょうか、イタリアンであろうとフレンチであろうと。

そう言う意味では、ル・セルクルは間違いなく推薦できる素敵なお店です。




店名       le cercle (ル・セルクル)
ジャンル     フレンチ、イタリアン、パスタ
TEL        078-411-2267
住所       兵庫県神戸市東灘区深江北町1-14-1
交通手段    阪神芦屋駅(西口)より徒歩7分
          JR甲南山手駅 より徒歩10分
          阪神深江駅 より徒歩10分
営業時間    [火~日]11:30~14:30(L.O.14:30)
                17:30~23:00(L.O.21:30)
定休日     月曜日
カード      不可
個室       無
席数       16席 (カウンター 8席、テーブル席8席)
駐車場      無(近隣にコインパーキングあり)




食べログ グルメブログランキング クリックで応援よろしくおねがいします。

by mahalotakashi | 2009-03-29 20:15 | mahalo@食卓

丼池ストリート   (イボイノシシの散歩道)

            丼池ストリート・ストーリー

d0083265_2175238.jpg
会社を出て船場センタービル沿いの中央大通りを西に向かうと、道路の両側に繊維関係企業のビルが建ち並んでいます。

d0083265_21114694.jpg
南北に伸びる御堂筋の一本東に心斎橋筋があり、その東にあるのが丼池筋です。
現在は「丼池ストリート」というお洒落なネーミングに変えられています。

d0083265_21144235.jpg
丼池、この地名大阪在住の人はご存じですが「どぶいけ」と読みます。
「どんいけ」でも「どんぶりいけ」でもありません。ただし大阪市中央区丼池・・という住所は存在していません。

d0083265_2115143.jpg
イボイノシシが勤務する会社のある南船場から、北久宝寺、久太郎町辺りを大まかに船場と呼びますが、その船場の中、心斎橋筋から東へ二つ目の通り三休橋筋とに挟まれた地域を丼池と称するようです。

d0083265_21483021.jpg
もともと繊維問屋の多い地区で、昔は南久宝寺から中央大通りまで「丼池問屋街」というアーケード筋だったそうですが、現在は長堀通から江戸堀通までの南北の道路が「丼池ストリート・船場」となり、アーケードもありません。

d0083265_2149174.jpg
繊維問屋街の船場界隈でも、丼池は現金問屋がひしめく特殊な地域のようです。

d0083265_21494182.jpg
船場センタービルができて船場も様相を一変させましたが、昔から大阪商魂の渦巻く街と呼ばれていて現在でもその名残はそこかしこに見受けられます。

d0083265_215023.jpg
聞くところによると、丼池は第二次世界大戦前まで道具屋街だったそうですが、戦後の糸へん景気にのって、繊維の街に生まれ変わったと言うことです。

d0083265_21503170.jpg
ブラブラ歩いてみると意外に面白いお店もあります。付近のサラリーマン目当ての食事処も結構増えてきたようです。



by mahalotakashi | 2009-03-28 21:23 | mahalo@夢旅

天后(Tinhaティンハウ) 中華粥

健康回復に香港粥&ワンタン&ザーサイ!

今朝目覚めると右奥の歯茎が腫れていました。連日の予算編成で小さな文字や数字を見続けた反動で肩こりを起こしたようです。
食物が噛めないほどでもないのですが、違和感があり朝食はコーヒーだけにしました。

さて問題はお昼ごはん!なにか食べ易い柔らかいものはないかと、食べログを検索すると、ありました!「中華粥」の3文字。
以前七面鳥夫人と香港旅行した時、香港粥の美味しさに感動した経験があります。

d0083265_20241075.jpg
お店の住所を見ると、西区阿波座・・・四ツ橋筋のまだ西です。会社からだと歩いて20分くらいかかります。
お店はお洒落な明るい感じで「香港粥」の看板が目を引きます。

d0083265_20312742.jpgd0083265_20314751.jpg









少し腫れてきた右のほっぺを押さえながら入店すると、左手にオープン厨房、カウンター席は8人掛けくらいでしょうか。右手と奥がテーブル席、こざっぱりした中華食堂です。
シュッとした姿勢の良い厨師さんと上品な感じの2名の(アラフォーくらいの)女性スタッフが笑顔で迎えてくれました。

d0083265_20335532.jpg
中華粥は鶏粥・海鮮・五穀・野菜・きのこ・ピータン粥など多種類が揃っています。

d0083265_20354026.jpg
女性スタッフのオススメでハーフ&ハーフ(¥700)をお願いします。五穀粥とワンタン麺のセットでつるりと食べ易いワンタンと粥ならあまり負担がかからないでしょう。

d0083265_20422150.jpg
五穀粥を一口食べた瞬間歯茎の痛みもほっぺの腫れも忘れてしまいました!少し塩味の効いた粥はとろっとろのミルキーな口当たり、喉の奥へ優しく侵入していきます。ハーフサイズと言うわりにはボリュームもそこそこあります、抜いた朝ごはんもカバーできそうです。
「美味しい~ねえ~♪」思わずスタッフの女性に声をかけてしまいました。

d0083265_20433877.jpg
続いてワンタン麺、癖のない透明なスープに上品に入ったワンタンと麺。ワンタンは大ぶりでしたが痛くない左の奥歯で噛みしめると、じゅじゅわあ~と肉汁が染み出てきます。

d0083265_20445955.jpg
その味を確認後つるりと喉を通過させます。
麺もありがたいことに、もっちり柔らか目の玉子麺タイプ。これも飲み込みOK!

d0083265_20473294.jpg
問題はセットに添えられたザーサイ、いくらなんでもザーサイはきついだろうと思いながら一切れ口に含むと、ほのかにごま油の香り、「何これ!」というほど香ばしく美味しいザーサイ!もう我が口内のトラブルも何もかも無視して夢中で完食!気が付けばいつの間にか歯茎の腫れも引いておりました(^^)

d0083265_20511711.jpg
  歯茎の腫れていない人にも絶対お薦めのヘルシー中華粥です!ぜひどうぞ。



店名      天后 (Tinhau ティンハウ)
ジャンル    中華粥、飲茶・点心、四川料理
TEL      06-6532-9550
住所      大阪府大阪市西区阿波座1-9-16
営業時間   11:30~14:30 17:30~22:30
定休日     日曜・祝日
設備・サービス ランチ営業



食べログ グルメブログランキング ぽちっ!で、応援おねがいします。

by mahalotakashi | 2009-03-27 21:30 | mahalo@食卓

天ぷらの店 あしべ   船場 oishii

天ぷら専門店の切り札、究極天丼ランチ!

d0083265_19423997.jpg会社から歩いて数分の場所に素晴らしい天丼を発見!
南久宝寺の「天ぷらの店 あしべ」
趣のある暖簾と引き戸をくぐれば、黒を基調にしたいなせな江戸風の店内。普段はあまりご縁のない天ぷら専門店です。




d0083265_19485456.jpgオープン厨房のど真ん中に天ぷら鍋、そして大量のご飯を炊く炊飯釜、その前に陣取るのはこのお店のご主人、脇を二人のご婦人が固めてお客様に笑顔をふりまきます。厳しい顔つきのご主人とは好対照です。
(ご主人は話せば楽しい真面目な人です)


本日の狙い目は名物の「天丼」(630円)です。
d0083265_1954577.jpg
特製天丼(1,050円)や天ぷら定食(950円)もありますが、お昼は一声「天丼!」と頼めば、ご主人が目の前で揚げてくれます。

d0083265_202678.jpg
揚げたて熱々のエビ天はぷりんぷりんと踊ります!海老二匹に野菜やしし唐、海苔を乗せてタレがたっぷりの天丼は極上のお味。本町界隈でこれほどの天丼なら、軽く1,000円は取られます。

d0083265_2042610.jpg
一緒に行った若手社員は、「天丼大盛」(710円)を注文、がっつり食べたい派向きのご飯大盛り天丼です。(上の天ぷらは同じです)揚げたての天ぷらはほくほく柔らかくて食べ易い食感、ごはんもかなりの高級米を使用しているようでした。

d0083265_20104568.jpg
セットで付いてくる赤だしも、わかめとお豆腐入りで美味しくいただけます。
何度も言いますが、これで630円は俄かには信じられないお値段、コスパ最高!
本町の食べ物屋激戦区で、天ぷら専門店の意地とプライドを見せつけられる究極の天丼ではないでしょうか。もちろん夜はそれなりの料金は覚悟しなければなりませんがね(笑)

d0083265_20111627.jpg
店内は少し曲線になった御影石のカウンターのみで、12名座れば満席。
それでも肩が触れるほど狭いわけでもなくゆっくりできます。カウンターの上には夜のみ提供される一人天ぷら(自分で揚げるコース、¥2,800~)の鉄鍋が置いてあり、これがアクセサリー、お洒落な感覚を醸し出しています。

天ぷら好きで、お近くの方(遠方の方でも)今すぐ訪店されるべきです!
ランチタイムはかなり混み合いますから、時間差訪店されるのがよろしいでしょう。



          店名       天ぷらの店 あしべ
          ジャンル     天ぷら、定食
          TEL       06-6261-1667
          住所       大阪府大阪市中央区南久宝寺町1-9-1
          営業時間    ランチ 11:30~14:30
                    ディナー 17:00~22:00(L.O.21:00)
          定休日      日・祝



食べログ グルメブログランキング 応援クリック!よろしくおねがいします。

by mahalotakashi | 2009-03-26 21:20 | mahalo@食卓

il Ristrante Da Delfina (イルリストランテダデルフィーナ)

記念日はトスカーナ料理のリストランテで大人ランチ!

大阪、本町・船場の食べログレビューが100件目となります!そして先ほど日本中が固唾を呑んで見守ったWBC「侍ジャパン」が二度目の世界一を達成、まさに記念すべき日になりました。

d0083265_21174450.jpg
以前から100件目の記念日レビューはイタリアンと決めて物色していましたが、御堂筋本町の西に記念日にふさわしいリストランテを見つけました。
il Ristrante Da Delfina  イル・リストランテ・ダ・デルフィーナ。

d0083265_21231687.jpg
フィレンツェ郊外アルテミーノのメディチ家別荘前にも同名のリストランテが存在します。
ダ・デルフィーナとは「雌のイルカ」人懐っこい賢者の意味を表すそうです。

d0083265_2126761.jpg
フィレンツェの地名が示す通り、トスカーナ料理がメインのリストランテです。
普段トラットリアやオステリア、バールなどでカジュアルなイタリアンランチを食している身としては、リストランテとなると若干敷居が高くなるのですが、ダ・デルフィーナでは、1,000円のパスタランチから選べるようになっています。

Pranzo‐A アンティパスト・本日のパスタ・バゲット(¥1,000)
Pranzo‐B アンティパスト・本日のメイン料理・バゲット(¥1,400)
Pranzo‐S アンティパスト・パスタ・メイン料理・バゲット(¥2,100)
いずれにも、+¥100でドリンク、+¥250でドルチェを提供してくれます。
オフィス街のリストランテならではのPranzoで、心づかいを感じます。

d0083265_21394890.jpg
本日はメイン料理が若鶏の炭火焼きとなっているPranzo‐Bを選びました。
トスカーナ料理と言えばやはり炭火焼きが代表格、本当は骨付き仔牛などが最高ですが、リーズナブルランチではチキンでも十分です。

d0083265_2140236.jpg
バゲットは自家製フォカッチャ、しっとりした食感で上々の出来です。

d0083265_21444153.jpg
アンティパストは茹で海老と春筍のサラダ仕立て、口の中に春が広がる感じでメイン料理に期待が高まります。

d0083265_21452137.jpg
オープンキッチンで丁寧に炭火焼きされた若鶏は、皮が香ばしくお肉は柔らかジューシーで思わず唸るほどの美味しさでした。これで1,400円は何かの間違い?と思わせるほど素敵な料理です。

シェフもスタッフも全員男性ですが、立ち振る舞いや料理の知識、それに笑顔のサーブはさすがリストランテというところ。
後片付けに来たスタッフに「チキンの下の粒状のものは何?」と尋ねると、すぐさま「クスクスでございます!パスタの原料です」と答えてくれました。
そして「お味の方は如何でございましたでしょうか」と逆に尋ねられます、この辺りがリストランテの大人度の現れでしょうか。

d0083265_21482280.jpg
久しぶりに満足度と充実感を得られたランチタイムとなりました。

*クスクス(Couscousあるいはkuskus)は、硬質小麦の一種であるデュラム小麦の粗挽粉に水を含ませ、調理後の大きさが1mm大の小さな粒になるように丸めてそぼろ状に調整したものです。





店名       il Ristrante Da Delfina (イルリストランテダデルフィーナ)
ジャンル     イタリアン、パスタ
TEL       06-6244-6500
住所       大阪府大阪市中央区本町4-4-27 細井ビル1F
営業時間 l  unch 11:30~14:00(LO)  cafe 14:00~17:00(LO)
         dinner17:30~23:00(LO.22:00)
定休日     日曜日  (祝日は営業)
カード      可 (VISA、MASTER、JCB、AmericanExpress、Diners)
席数       34席 (カウンター10席 テーブル24席)
禁煙・喫煙   全面喫煙可(備考 ランチタイムのみ禁煙)
駐車場     無
ホームページ http://www.da-delfina.com



食べログ グルメブログランキング 参加中!クリック応援おねがいします。

by mahalotakashi | 2009-03-24 21:50 | mahalo@食卓

イタメシヤ La Pausa 岡本店 (ラ・パウザ)

お手軽でカジュアルで賑やかなイタリアンレストラン

d0083265_23175526.jpg
イタリアンが大好物の娘が孫を連れて来たので夕食は岡本の、ラ・パウザに決定。
いつ泣き出すか分からない赤ん坊を連れて、リストランテやトラットリアに行くのは気が引けます。
その点学生さんや若者、家族連れで賑やかなイタメシヤなら気を使う必要がありません。
横浜市に本拠を置く「株式会社コロワイド」と言う居酒屋、日本料理およびイタリア料理を中心とした直営飲食店チェーンを主に関東地区で展開する会社 が経営母体です。兵庫県には、阪急三宮店とこの岡本店の2店のみです。

d0083265_23183616.jpg
「ラ・パウザ」とはイタリア語で休み時間と言う意味。ほっと一息つきたいときに気軽に入れるイタリアンレストランです。とお店は宣伝していますが、夕方の店内は雀の大群の中に入ったように賑やかで騒々しい。
たまたまかも知れませんが、隣の席も後ろの席も若い男女の大学生らしき一団が合コンの真っ最中!その向こうの席はこれまた女子大生の塊が喉の奥まで見せて笑い転げています。

最初心配していた赤ん坊もキョトンとした顔つきで座っています。これなら少々大声で泣いたとしても誰も振り向きもしないでしょう。

d0083265_231925100.jpg
石釜で焼き上げた手作りピッツァが売り物ですが、かなり生地の薄いクリスピータイプで少し物足りない感じもします。チーズやオリーブオイル、トマトなどの食材はイタリアから直輸入しているとのことですが、単価はかなり低め、採算ギリギリの勝負でしょうか、薄生地のピザがなんとなく愛しい気持ちもします。

d0083265_23194975.jpg
本日オーダーしたのは、ピッツァ・マルゲリータ(S)¥409、 4種のチーズ(S)¥619、パスタイカスミ¥619、 ニョッキのゴルゴンゾーラクリーム¥556、チーズリゾット¥556、締めて三人前¥2,759でした。

d0083265_23201679.jpg
これで物足りない人は2時間以内のパスタ・ピザなど食べ放題で、¥1,480とか、チーズフォンデュ付き¥1,980のコースがあります。

とにかくコスパに関して言えば超優良!お味もそんなに悪くはありません。
これから先、若い人を中心に流行りそうな予感のするイタメシヤさんですね。



店名       イタメシヤ La Pausa 岡本店 (ラ・パウザ)
ジャンル     イタリアン、バイキング
TEL       078-414-1640
住所       兵庫県神戸市東灘区岡本1-2-17 二楽園ビル 3F
交通手段    阪急岡本徒歩5分、JR摂津本山駅前すぐ
営業時間    11:00~23:00
定休日      無休
カード       可 (VISA、MASTER、JCB、AmericanExpress)
席数       90席
駐車場      無
設備・サービス 飲み放題有、ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業、食べ放題あり



食べログ グルメブログランキング クリックで応援よろしくお願いします。

by mahalotakashi | 2009-03-23 23:23 | mahalo@食卓

Bistro Tonto (ビストロ・トント)  三宮 フレンチ

  イタリアンからフレンチに変わっていました。
d0083265_19111018.jpg
春分の日は過ぎましたが新神戸駅近くに暮らす義兄の自宅でお彼岸の法要を行いました。

d0083265_19111937.jpgその後義兄の発案で、兄弟姉妹夫婦3組6名が三宮でサンデーランチすることに急遽決定。
義兄から「イタリアンのお店を予約しておいたので」と言われて、その気で出かけましたがお店に着くとフランス国旗の入った看板になっていました。
「店名のTontoはイタリア語のまま」
以前はイタリアンのトラットリアでしたので少し驚きましたが、お店のオーナーの説明を聞いて納得。(ブログに馴染まない話なので省略します)
と言うことで、イタリア語のフレンチビストロでのランチタイムとなりました。


d0083265_20313234.jpgd0083265_20321057.jpg









d0083265_2037369.jpgd0083265_203836.jpg









兄弟姉妹6名合わせて360歳を越える年齢のグループが選んだメニューは、お店のお勧めで、華やかコース(¥2,940)(税込)に決定!(華やかには縁遠い連中ですが・・・)
d0083265_20463956.jpg
d0083265_21164519.jpg
・前菜・ポタージュ・仔牛ロースのステーキ・朝市の魚料理・イベリコ豚のカルビロースト
(お好みの料理を選びます)・パン・デザート盛り合せ・コーヒー又は紅茶。

d0083265_2049723.jpg
d0083265_2055951.jpg
ブルターニュ、シャラン等フランス直送の食材と、瀬戸内海で獲れた新鮮な魚介をふんだんに使った料理を提供させていただいてます。と説明を受けましたが、やはりなんとなくイタリアの香りが抜けきれないフレンチと言う感じはします。

d0083265_2114026.jpg
前菜は明らかにイタリアンのアンティパストです、生ハムや味付けタコもあります。スープは山芋とキャベツのポタージュ。

d0083265_2122791.jpg
メイン料理のイベリコ豚にはリゾットが、瀬戸内黒鯛のソテーもトマト味のカポナータが添えられていました、まさにイタリアンと言っても過言ではないでしょう。
d0083265_2164320.jpg
お皿やフォーク・ナイフも以前のイタリアン仕様でしたが、お味は結構な味付けで十分納得できるお料理でした。

d0083265_21112012.jpg
「まあ、イタリアンとフレンチのミックス料理と思えば、それはそれで美味しいね」という感じで兄弟仲良く談笑しながらのサンデーランチとなりました。

d0083265_21115713.jpg
店内はオレンジカラーをアクセントにして、以前より明るく華やいだ雰囲気で、あまりかしこまらずに食事ができる、感じの好いビストロに変身されていたので安心しました。

d0083265_21121982.jpg
三宮駅から新神戸駅に向う広いメイン道路から北野坂を上り、一筋裏手に位置するお店です。近くにはYMCAなどもあり、なんとなくパリの路地裏をイメージさせてくれて、フレンチへの転向も納得できるような気持ちになります。



          店名       Bistro Tonto (ビストロ・トント)
          ジャンル     フレンチ
          TEL       078-252-1166
          住所       兵庫県神戸市中央区加納町2-3-13
          交通手段    阪神、阪急各線三宮駅 徒歩12分
          営業時間    ランチ 11:30~15:00(L.O.14:00)
                   ディナー 17:00~23:00(L.O.22:00)
          定休日     不定休
          カード      可 (VISA、MASTER、JCB)
          席数       37席
          駐車場     無
          設備・サービス 飲み放題有、ランチ営業、日曜営業

          食べログ グルメブログランキング 応援クリック!よろしくおねがいします!

by mahalotakashi | 2009-03-22 21:22 | mahalo@食卓