「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧

リビエールの洋風饅頭・マカロン      2008年1月31日

   孫娘達からのおみやげは、スイーツでした。
d0083265_224589.jpg
 『ジイジ、ハイッ!おみやげよ』と、日曜日に我が家へ訪れた長男家族が持ってきたのは、近くのフランス菓子店「リビエール」で買った洋菓子の詰め合わせでした。
d0083265_22124789.jpg
 『アラア~!嬉しい!新製品ね♪』一番喜んだのは、もちろん七面鳥夫人。

d0083265_22212959.jpg
 『ああ♪これが、マカロンね、ウエハースみたいな生地で胡麻や抹茶のペースト、それにチョコレートやカスタードクリームを間にはさんだお菓子、食べたかったのよお~♪早速紅茶を入れるわね♪みんなでいただきましょう』 「よう喋る女やなあ~」
d0083265_22343995.jpg
    いつの間にか女系家族になってしまったイボイノシシ家、時代の流れか・・・
d0083265_22372448.jpg

  『ジイジもひとついただいたら・・・せっかく買ってきてくれたんだから・・・』
 言葉は優しく・目はきつく、七面鳥が命令します。一番甘くなさそうなのを選びました。
d0083265_22495312.jpg
白生地に一筆書き一文字!日本的であります。一文字が味噌味なら、これはいける!筈。

 一文字をなめてみた。
 「あ・あ・甘あ~~(><;)・・・ア~メマア~!あままあ~!!ヒィ~!!」

 「ヂ・ヂョゴレード(チョコレート)やんけ!これ~!チョコは2月14日にしてや!」

 上の孫娘とテレパシー会話しました。
d0083265_23113048.jpg 「いいかい、君がもう少し大きくなったら、
ぜひ覚えていてほしいのだけど、相手の気持ちとか、その人の好みを知ることは、とても重要なことなんだよ。
自分の好みが相手にも通じることってのは、意外と少ないものなんだ。
相手の立場に立って考える、それが思いやりというものなんだよ、わかるかい?」

 上の孫娘が、テレパシーで応えました。
 『よう・・わからん!』


 これって、ひょっとして、七面鳥夫人の陰謀(スイーツ作戦)の、続き・・?? emoticon-0166-cake.gif

by mahalotakashi | 2008-01-31 00:40 | mahalo@食卓

DDNK定時報告(Vol.11)                2008年1月30日

電柱と電線を無くそう会(D.D.N.K)関西支部

 いないいない、ばあ~!!
                                    [大阪電柱模様・光と影]
d0083265_23325864.jpg
 勤務先のビルは、堺筋に面しています。
ミナミは日本橋の電気店街から、道頓堀、船場を抜けて北浜の証券街に抜ける一方通行の幹線道路です。
 ビジネス街の中心地だけあって、早くから道路環境は整備されていています。
勿論電線は地下埋設されていて電柱の姿は1本も見当たりません。

d0083265_23344854.jpg
 ところが目を凝らしてようく見ると(写真では分かり難いですが)堺筋の各交差点全てを、電線が横切っているのに気がつきます。
写真で言えば、左手「明治屋」の看板のあたりから、右手へ電線が伸びています。
明治屋ビルに近づきましょう・・・

d0083265_23381778.jpg
 ご覧の通りです。(^^;)

d0083265_233993.jpg
 南北の幹線道路には、1本の電柱も電線も無いのですが、その堺筋と交差する東西方向の道路は電柱と電線が「がん細胞」のように蔓延っています。
 無いと思った電柱が一歩横道に入ると、無数に乱立している様は、


 まさに、「いないいない、ばあ~!」状態です。

d0083265_23424272.jpg
 このような計画をされた人たち(お役人)の神経を疑いますね。
 玄関先と応接室はきれいに片付けていても、寝室やリビングが散らかり放題のお宅に伺ったような、やりきれない気持ちになってしまいます。



 新しく大阪府知事になられた、橋下 徹さん、
 大阪の街を『どげんかせんといかん!』
 あんじょう、たのんまっせえ~~!!

by mahalotakashi | 2008-01-30 00:04 | mahalo@仕事

トイレに呪われた男の話           2008年1月30日

d0083265_20332741.jpg

      なんでやねん!
      と、叫びたくなった。偶然にしては話ができ過ぎている。呪われた思いだ。

      きゃあ~!!
      ただならぬ七面鳥夫人の叫び声に、駆けつけてみると・・・驚きの光景が・・

      少し恥ずかしいけど我が家のトイレ。ペーパーカバーは孫娘達の好み。
      日曜日の早朝、このトイレ内で事件は発生した。
d0083265_215750.jpg

      『水を流すレバーが壊れちゃったの!どうしょう・・・おとうさん・・・』
      見てみると、タンクの横に着いているはずのコックレバーが無い。
d0083265_2112249.jpg
      日曜日でマンションの管理人さんはお休み。
      とりあえず、針金で応急処置をして水は流れるようにした。
      タンク内部の仕組みはそんなに複雑ではないから、簡単に直せる。
      ペンチで針金を曲げながら、フッと思った。
      会社のトイレも改修中、自宅のトイレまでが不可解なトラブル・・・

      「俺は、トイレに呪われている・・・・・」
d0083265_212446100.jpg
       結局修理が完了したのが昨日(29日)の午前中。
      普段ならブログに取り上げるようなネタではないが、
      あまりの偶然に少しビックリ!
      今後の展開のキーワードになる可能性もあるので、掲載してみた。

by mahalotakashi | 2008-01-30 00:03 | mahalo@西宮

洋食劇場・ブレジェール           2008年1月29日

Braisiere 西宮夙川の洋食劇場ブレジェール
d0083265_0164240.jpg
 昨日孫娘たちの襲来で、UPが間に合わなかったサンデーランチの続きです。

 まずはスープとサラダから・・・
d0083265_19494062.jpgd0083265_19503483.jpg







 スープは「人参のポタージュ」黄色なので、出されたときはコーンかじゃが芋だろうと思っていたら『人参のスープでございます』とホールスタッフの説明。人参独特の香りや味わいは全く無くサラリとした仕立て、フレッシュなお味でした。
 スライスハム入りの野菜サラダはボリューム満点、薄切りのアップルが良い感じ。


 和牛ハンバーグと堀川ごぼうのキンピラ添え
d0083265_19534325.jpg
 今週のランチ・(A)(B)(C)(D)のうち、七面鳥夫人が選んだのは(B)
 前菜とパン、デザートと飲み物がついて、1,800円 
ごぼう以外にも、野菜タップリ、フレンチ出身のシェフの持ち味がよく出ています。
『柔らかくてジュウシィ~♪ソースが美味しい・・・』  が、七面鳥夫人の感想。



 心のこもった、おもてなしでした。
d0083265_2094755.jpgd0083265_20114878.jpgところで、この洋食劇場・ブレジェールさん、料理の味やインテリアもさることながら、ホールスタッフの女性がとても魅力的な方でした。


d0083265_20293451.jpg 容姿とかのことではなく、アットホームな雰囲気の方で、大変楽しい思いをさせていただきました。特に差し出がましさも無く、絶えずお客様に気配りをされているなあと、感心させられました。
クラウン(王冠)つきのミネラルウオーターを持ってきて、『ブログ用に撮影されたらいかがですか』と、サービスの合間を縫ってなにかと気をつかってくれます。
 『こちらは、クリスマス・バージョンなんですよ♪』と黒いボトルも店の奥から持ってきてくれました。
 決してイボイノシシたちだけを特別扱いするわけでなく、他のテーブルにも愛想良くサービスをされています。
 こういうスタッフに巡り会えると、なんだかとても嬉しくなって、料理の味も増してきます。



   瀬戸内の牡蠣フライ・タルタルソース添え
d0083265_20542295.jpg
 もう!余計な解説はしなくてイイでしょう(^^)ゆっくり見てください♪
d0083265_2111311.jpg

 そして、あのデザート、カラメルの甘い糸に覆われたフルーツプリンになります。
d0083265_21345929.jpg


d0083265_21384140.jpg
          夙川カトリック教会の方向に熱い視線を送るシェフ人形。

d0083265_21475458.jpg
 ひょっとしたら、神様は週に1回こっそりと、
洋食劇場・ブレジェールへお通いになっておられるのではないでしょうか・・・むふふ



 洋食劇場・ブレジェール
 兵庫県西宮市霞町4-47    TEL:0798-36-1019
 11:30~14:30止  17:30~21:30止  休日 不定休
 席数:カウンター5席  テーブル16席     駐車場:3台


ファイブ ブログランキング



洋食劇場 ブレジェール (ブレジェール)

by mahalotakashi | 2008-01-29 00:02 | mahalo@食卓

カラメルの金糸銀糸が気に入りました。       2008年1月28日

     洋食劇場 ブレジェール ★★★西宮・夙川★★★
d0083265_21123056.jpg
     霙(みぞれ)が舞い散る日曜日、遠出は止めて自宅近くのビストロでランチ
    しました。
    阪急夙川駅から歩いて2~3分、夙川カトリック教会のすぐ西隣にそのお店、
    「洋食劇場ブレジェール」はあります。D.D.N.Kの最初のころに画像をUP
    したことがあるので、覚えていられる方もいらっしゃるでしょう。


d0083265_21134050.jpg
     白いコック帽のシェフ人形が、教会の方を向いて立っていますので、すぐわ
    かります。このお店は別名「シチュー工房&カフェ」といって、フランス風煮込
    料理店としても有名です。

     本当は27日に相生市で、牡蠣(かき)祭りがあって、そこに行く予定だった
    のですが、代わりに「洋食劇場」で、かきフライランチを頂くために出かけたわ
    けです。七面鳥夫人は和牛のハンバーグランチ、どちらも大満足の味でした。



 突然マゴドンの襲撃!
 劇場と、名前を付けるだけあって、インテリアや小物にも気配りがあり、楽しく食事ができるビストロです。
 「今日は面白いブログになるなあ~・・」と、帰宅後早速PCを開いて編集を始めた途端、


d0083265_2121556.jpg 『ジイジ!こんにちわあ~!』
 『きたよお~!バアバ!』

 勿論パパ(長男)ママ一緒です。新居のカーテンを今日最終的に決定するために尼崎市のショップを訪れたそうで、先週ジイジやバアバに会えなかった上の孫娘が、どうしても行きたい、ということで突然の訪問になったようです。
d0083265_2129337.jpg










d0083265_21301776.jpg










 ハイテンションになった孫娘2人、ジイジの周りで、かくれんぼごっこを始めます。

 きゃあ~~!わあ~~!ドタン!バタン!

 こりゃだめだ!ブログ編集は一時中断。夕食はみんな揃って甲子園口のファミレスへ、
ジイジの指を握ったり、もたれかかってくる孫娘に、もうメロメロ・・楽しい晩餐でした。



    洋食劇場再開!

 とは言うものの、孫たちとバイバイして帰宅、お風呂に入ったりコーヒーを飲んでたら時刻は午後10時を回ってしまいました。
 再びPCの前に座りましたが、とてもフルにお伝えすることができません、そこで今回もデザートを先にUPしてみます、とても印象的でしたから・・・



      「シーン、127!ヨーイ!スタート!」
d0083265_21331458.jpg

    表の人形とソックリなオーナーシェフ藤原正美さん、「お客に料理を思う存分
   楽しんでいただくのが最大のテーマ」とおっしゃる。まるで舞台を観ている様な
   感覚で食事が進みます、スポットライトの当たるテーブル上はまさにステージ、
   「洋食劇場」と名づけられた理由がよくわかります。

d0083265_2134948.jpg


 本日のデザートは、フルーツプリン
d0083265_2142354.jpg
 ミルキッシュなプリンの上に、グレープフルーツ・紫芋のペースト・苺・焼き林檎、そしてカラメルの金糸銀糸がふんわり被い、緑色のミントの葉っぱが、まるで天から降りてきたような演出。
 しばらく見とれてしまいました。まさに劇場・・・でした。

d0083265_21424840.jpg


 明日は、料理とお店の詳しい様子をUPします。おやすみなさい。



ファイブ ブログランキング

by mahalotakashi | 2008-01-28 00:01 | mahalo@食卓

鍋ブログ(5)おでんそば          2008年1月27日

おでんそば鍋・コラーゲンたっぷりでっせえ~♪
d0083265_2091695.jpg
 ミシュランガイド東京・三ツ星料理店の一人前30,000円くらいの料理を食べても、西宮の大衆食堂の焼き魚定食630円を食べても、胃袋以降はそんなに差がない。要は雰囲気と素材、料理人の腕前とサービが付加価値として付いてくるから高くなる。

d0083265_23443126.jpg それなら周りを気にせず自分が食べたいものを食べたい時に食べる。というのが本来の食道楽ではないでしょうか・・・
 というわけで、今日はイボイノシシ家伝来の、おでんそば鍋を作ることにしました。
材料はいたってシンプル、おでん種はなんでもいいです。関東ならはんぺん、九州なら魚系を用意しても良いでしょう。


d0083265_23555015.jpgd0083265_23562758.jpg









 イボイノシシのおでんは、必ず土鍋をつかいます。味がじっくり染み込んで保温力もあるので、具とスープに独特のコクが出てきます。
 出汁は昆布と椎茸、それに「だしの素」&濃口醤油。味醂は使いません。
大根と牛すじ肉は別の鍋であらかじめ茹でておきます。
 じゃが芋は後にして、ちくわ・厚揚げ・ごぼう天などの練りものと、ゆで卵を鍋が沸騰する前に入れておきます。

d0083265_2357251.jpg 牛すじ肉が味の決め手、できれば「アキレス腱」を使いたいですね、煮込めば煮込むほど味がよくなります。スーパーで売ってる赤身付きのすじ肉の場合は、逆にあまり煮込まないほうが良いです。別ゆでにして灰汁を取って、食べる1時間前くらいに鍋に入れるとグッドです。
 一口大に切って鍋に入れます、お客様などにお出しするときはタケ串に刺します。

d0083265_23574133.jpg 1時間ほど煮込んで、全ての具に火が通ったら、じゃが芋と大根を加え、昆布を具材の上に落し蓋の要領で敷き詰めます。
後は、この昆布の上から注し湯をしたり、出汁の素、醤油で味付けをしながら2~3時間かけて気長に煮込んでいきます。納得のいく味は最低4時間くらいかけないと出てきません。だから、イボイノシシがおでんを作るときは、必ず土曜日のお昼から・・・と決まっています。


 じっくり煮込んだ土鍋おでんは飴色に輝きます。
d0083265_23585598.jpg
 完成しました。おでんのことを関西では「関東煮」(かんとうだき)とも呼びます。
醤油ベースの出し汁が濃いからその名が付いたとも言われますが、イボイノシシのはどちらかと言えば薄味の「京風おでん」に近いと思います。
 醤油を極力押さえて、昆布や椎茸などから出汁を取るからです。少し甘口にしたい時は、豚バラ肉を入れたりもします。

d0083265_043752.jpg
             お皿に好みのおでん種を取って、和辛子を塗
             って、いただきまあ~す♪大根はとろりと箸で
             切れます。チクワをつまむと、ピュー!と出し汁
             が飛び出します♪
             厚揚げも柔らかに煮えています。幸せ・幸せ・・


         幸せの味、第二幕・おでんそば

d0083265_051783.jpg
 ひたすらおでんを貪り食った後は、土鍋にフタをしてストーブの上に置き、再び煮込んでいきます。
 このとき忘れてならないのは、お湯と出汁の素を入れてスープの量を増やしておくこと、新たにおでん種を追加してもよろしいです。

d0083265_19545731.jpg 理想は翌日の朝まで、トロトロと煮込むことですが、途中で火を止めても差し支えはありません。
 タップリのお出汁と残った具の中へ、中華ソバを投入。できれば「玉子麺」がよろしいかと思います。
 チャンポン麺でも良い味出ますよ。
ラーメン屋さんのように麺を湯きりする必要はありません、そのまま大胆に鍋の中へ入れてください。

d0083265_195605.jpg お箸で麺をほぐしながら、中火で2~3分煮込めば出来上がりです。
 このときも絶対に沸騰させない事が重要ですよ。
麺がおでん出汁になじみ、中華そばでもない日本そばでもない、微妙な味の温かそばが完成しました。




 お椀に煮上がったおそばを取り、とろろ昆布をふりかけます。
そこへ熱いお出汁をたっぷりとかけて、おでんの残りを乗せていきます。

d0083265_19582461.jpgd0083265_19585629.jpg










 そのとき、絶対忘れてならないのは、じゃが芋と牛すじ肉。
煮崩れたものが最高ですが、この二種類がないと正式な「おでんそば」とは言えません。

(牛すじ肉はコラーゲンたっぷりでお肌がつやつやになりますよ。
 それに持久力が必要なマラソンランナーの必需食にも指定されている優れものです)


 青ネギとか、モヤシ、かまぼこ、ザーサイ、メンマなどをトッピングしてもグーです。
d0083265_19595738.jpg


 他人様からみれば『ケッタイなもの食べよるなあ~!』と思われるかも知れませんが、イボイノシシ家では伝統的定番メニューです。
ルーツはイボイノシシの亡き母にまでさかのぼるのですが、今日はやめときます。

 どこのお宅にも、少し変わったその家独特の変わりメニューがあるのではないでしょうか。

インスタント食品や冷凍食品が巷にあふれ、ネットでお取り寄せも手軽にできて、徐々に独特の家庭の味がなくなりつつはありますが、調味料の使い方や意外な食材の組み合わせなど、そのお家でしか味わえない珍料理やこだわりの一品があっても良いのではないかと、イボイノシシは思うのです。

 お袋の味、婆ちゃんの味、親父の味があって、みんなが美味しく食べる。

 それが家族の連帯感を強め、同じ味に舌鼓を打つ幸福感を与えてくれる。

 家族とはそんなものじゃないですかね・・・。

by mahalotakashi | 2008-01-27 05:15 | mahalo@食卓

リビエールのシュークリーム              2008年1月26日

       七面鳥夫人の陰謀、スイーツ調教
d0083265_21422069.jpg
    今日(25日)は底冷えのする金曜日、この冬一番の寒さで会社の帰り道震
    え上がりました。夕食が終わったら、七面鳥夫人が『デザートなどいかが♪』
    と、白青ツートンの箱をテーブルの上に置きました。

d0083265_2145413.jpg
    ご近所のフランス菓子店リビエールの、シュークリームです。

d0083265_21453982.jpg
    『ブログお友達のシェルティーさんのためにも、スイーツ好きにならないとね・・
    うふふ・・』
・うふふ・・とはどういう意味じゃ!自分が食べたいだけじゃろが!

d0083265_21463684.jpg
    『ほら♪ほら♪見て、見て♪・・とろお~りとしたカスタードクリーム♪たまらな
    いでしょうううう♪♪むふふふふ~ん♪』
・・・あほか

d0083265_2151515.jpg
 どうも先週お土産に買ってあげた「ビアード・パパのいちごシュー」以来、勘違いしたのかイボイノシシをスイーツの世界に引きずり込もう・・調教しようという魂胆のようです。
 イボイノシシ家で唯一、スイーツ好きの七面鳥夫人の捨て身の作戦。
戦術に使われたsheltyさん、ご迷惑おかけしてゴメンナサイ・・m(_;)m

 長男も長女もイボイノシシも、どちらかといえば甘いものが苦手、だから逆に気を使ってしまう七面鳥夫人、いつも1人でこっそり食べてるみたい・・・
 誰も文句を言わないのに、なんとなく罪悪感を感じているみたいで、少し可愛そう・・・

 「なにも気にせず、食べたいだけ食べなさい!!ただし食べ過ぎないようにね」(^^)

 でも、やっぱイボイノシシはこっちなんだよな!
d0083265_21515095.jpg
 クレオパトラに楊貴妃、西太后や江戸城の大奥、女性の権謀術策は切なく哀れ・・男のように自分の業を果たすために手段を選ばぬ醜さは無い。幸せでありたい・・のために知恵を絞る・・・
と、イボイノシシは思うのです。
 だから・・・七面鳥夫人の幸せのために、スイーツを好きになってみようと、イボイノシシは真剣に考えておるのでありまする。


 バーボンを飲みながら一個シュークリームを頂いたけど、意外といけるじゃん♪

by mahalotakashi | 2008-01-26 00:01 | mahalo@食卓

初雪と火事と親子どんぶり              2008年1月25日

 六甲山に初冠雪                   2008年1月21日07:30撮影
d0083265_21494655.jpg
d0083265_23502624.jpg
 珍しく山一面の雪化粧となった六甲山、出勤時玄関のドアを開いたら眼に飛び込んできた光景に、慌てて部屋にもどりカメラを取り出して「パチリ!」
 手前の甲山(かぶとやま)も頂上付近が薄っすら雪化粧、ミニ富士山の様。
d0083265_23512217.jpg
 北国の人からみれば笑われそうなプチ雪景色ですが、六甲山系では年に1~2回あるかないかの珍しい景色です。

 (昨日から今日にかけて、北海道・東北・北陸方面の天候が大荒れです。爆弾低気圧とやらで、秋田市で停電とか火事とか・・秋田のブログ友達memeさん、大丈夫ですかあ~?心配です・・・イボイノシシの仕事にも大きな影響が出ています***船が欠航したり道路閉鎖のためです***この地方でお暮らしの皆さん、事故など無いよう、本当にお気をつけくださいね)

 今週は、孫のお守り・カプチーノ・トイレ難民・・・と、少々はしゃぎ過ぎブログが続いて、UPが遅れましたが、イボイノシシには深く感銘を与えてくれた風景です。

 若葉がむせ返るような初夏や、紅葉の甲山も良いものですが、雪で白く染められた冬の情景も風情があります。「西宮富士だな・・・」と独り言を言って、カメラを麓の方に移すと、広田の森辺りから白い煙が立ち上がっていました。


         大変だ!火事だよ!火事だ!
d0083265_2352648.jpg
 望遠レンズで見てみると、広田の森の東の端あたりから煙が立ち昇っています。ようく見ると紅い炎も確認できました、廣田神社の社務所の屋根が見える辺りです。

 ひょっとしたら、とんど祭りかな・・・と思いましたが、廣田神社の「小正月御火焚祭」は1月15日の予定だから終了している筈。
 耳を澄ますとかすかにサイレンの音も聞こえます、大火にならねばいいが・・と祈りつつ、会社に向いました。
 (結局大した火事にはならなかったようです、良かった良かった)(^^)


 お昼ご飯は、なんとなく親子どんぶり・・・
d0083265_23524326.jpg
 朝の雪景色と火事目撃とはなんの脈絡も関連性もないのですが、会社の昼休みにいつもの千日亭弁当をやめて、近くの食堂で親子丼を食べました。

 久しぶりだったからかどうか、大変美味しくいただきました。
出された塗りの丼、内側が真紅・火事を連想しました・白いご飯は六甲の初雪のイメージ?
無意識にこの親子丼を選んだのでしょうか・・・・それとも・・・・

    どなたか、イボイノシシの心理状態を分析してみてください!

by mahalotakashi | 2008-01-25 06:41 | mahalo@西宮

階段ダイエット開始!                2008年1月24日

d0083265_21582447.jpg
 会社が入居契約しているビルの、トイレと給湯室の改修作業が予定通り始まりました。
 イボイノシシのオフイスは6階です、上階の7・8階も閉鎖、下の5階トイレが使えますが、案の定トイレは常に満員状態『レイヒィ~♪!洩れそう♪!』と下の階に走っていく人もいます。

 3月15日の作業完了まで、何段上り下りしなければならないのでしょう。ウンザリします。

 恐らく写真のお山の頂上まで登るくらいの距離を歩くことになるのではないでしょうか。


d0083265_20224723.jpg
     そして僕たちのトイレは閉鎖されました。今、僕はトイレ難民です。


 ところで、この「なんとかなるさブログ」ひょっとしたら、このビルのオーナーか関係者の方が訪問してくれてるかもしれません。
 そこで、嫌味と皮肉をこめて(^0^)Y、少しパロッてみました。


 便所の改修作業、利用者から見たパロディー編


It fights against the lavatory.
d0083265_22344172.jpgd0083265_22351544.jpg Such a thing is not
admitted.


そんなの認めない!と怒ったジェニファーが正しいか。



 Car. A free dieting is wonderful.

キャアー無料ダイエット!
素敵!と喜んだキャスリンが正解か。


 The war of the lavatory just started.
d0083265_2351050.jpg
 今まさに便所大戦争は幕を切って落とされた。


               定時爆撃()攻撃
d0083265_23334436.jpg
 ヤア~!元気かい、俺はワイルドボア軍曹、爆撃編隊の副隊長として任務についている、毎日爆撃に出動してヘトヘトさ。
 日本は真冬で寒さが厳しいようだね、ブルッと震えちゃうんじゃないかい。
俺たちも爆撃目標の距離が伸びて大変なんだ、ロングな距離を飛んで一気に爆弾()を投下したら、愛機がブルルッ!と震えやがるのさ。

 1日何回くらい出撃するかって、そうだなあ~・・真剣に数えたことないけど、俺の場合で、3~4回くらいかな・・最近健康のために「福寿園の伊右衛門」とか「お~い!お茶」などをよく飲んでるからな・・・(お前はナニ人や!)

 1日の最後の出撃はさすがにこたえるなあ~・・膝がガクガクしてくるよ。


         長距離重爆撃機()BU-931
d0083265_2334123.jpg
 ところで、この混みあった戦闘地域に、重爆撃(のほう)を仕掛けるクレイジーな連中がいるのを知ってるかい?
 連中ときたら、定時爆撃()で順番待ちをしている俺たちの横を通り抜け、大音響で重爆撃をやりやがるんだ。
 まったく!エチケットもルールもマナーもパーフェクトに無視だぜ。

 そんな時、俺は大声で叫んでやるんだ!雲間に隠れた重爆撃機にね。

 重爆撃(大)は、ホーム(家)で,してこい!!


 戦いはまだまだ長引きそうだ!気合を入れなくちゃね、じゃあ又会おうぜ!!


 *このブログは、戦争や戦闘を美化したり、賛美したりするものではありません*


d0083265_20501078.jpg

by mahalotakashi | 2008-01-24 00:01 | mahalo@仕事