「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:mahalo@動物( 35 )

とれとれ屋 西宮大島店  回転寿司

     江戸前にぎりの醍醐味が味わえる回転寿司のお店です。


d0083265_21231772.jpg

 スポーツジムに通う七面鳥夫人。最近はお友達も増えたようで自宅でもよく話題になります。その中のお1人の旦那様が普通の回転寿司店には見向きもしないが、このお店だけはお気に入りというお店があるそうで、ネットで調べて早速訪店してみました。


d0083265_2126261.jpg

 西宮大島町国道171号線沿いの郊外型回転寿司のお店。阪神間で著名な音羽寿司の系列店だから寿司ネタや技術の面からは安心して利用できるお店と言えます。



d0083265_21312580.jpg

 平日(水曜日)の夕方、お客様もそんなに多くなかったのでレーン上を流れる寿司は無視して、ほぼ全てをレーン内の寿司職人さんに注文してにぎってもらいました。


d0083265_21353039.jpg

 黒板に書かれた「本日のおすすめにぎり」
●北海道産・秋刀魚(¥189) ●愛媛産・カンパチ(¥273) ●長崎産・金目鯛(¥378)など、8種類のにぎり全部と、煮穴子、本鮪大とろ(¥630)、あさりの赤出汁、茶碗蒸しなどをいただきました。


d0083265_21393932.jpg

 席に着くと直ぐに若い女性スタッフが茶碗蒸しや赤出汁、うどんなどのサイドメニューの注文をとりにきますが、若干慌ただしい気持ち(イラッ!)にさせられのはイボイノシシだけでしょうか・・(笑)


d0083265_21521355.jpg
      まぐろ

 本命のお寿しは素敵でした!目の前でにぎって「へい!お待ち!」と出される江戸前にぎり。回転寿司店に来ているのを忘れるほどです。


d0083265_2157218.jpg
      生しらす

d0083265_221435.jpg
      北海道産秋刀魚


d0083265_228945.jpg
      愛媛産金目鯛

 今夏の家族旅行でキンメの煮付けをいただきましたが、にぎり寿司で金目鯛は初体験です。脂が乗ったキンメはとろりとした柔らか味で美味しくいただけました。


d0083265_22135145.jpg
      煮穴子

 イボイノシシの好物煮穴子、職人さんがにぎって刷毛でタレをとろ~りと塗ってくれます。これはもう完全に江戸前寿司店のパフォーマンス!たまりません。


d0083265_22213614.jpg
      長崎産平アジ

 レーンを周るうちに干からびてくるお寿司に比べると、直接にぎってもらったものは新鮮この上なし!


d0083265_22282697.jpg
      本鮪大とろ

 最後の〆は本鮪の大とろ・・・口の中でとろける美味しさは本鮪ならではの味わい、最高!です。


d0083265_22333522.jpg

 七面鳥婦人に「君も一貫どうですか?」と勧めると、「イヤ!トロサーモンの方が美味しいもの!」


d0083265_22363650.jpg
      とろサーモン

 本鮪の大とろをスルーして、とろサーモンを2皿注文する七面鳥夫人、結婚してそろそろ半世紀が近づく2人ですが、食生活に関してはまだまだ理解できないこともあります。男女間の微妙かつ不可解なコミュニケーションの謎は未だ解明されていませんね(^^;)

 車なのでアルコールは抜きですが、2人で合計¥3,779(11皿)は、特別に高い料金とは思えませんでした。回転寿司独特の料金別ど派手なお皿を気にしなければ、普通の寿司店と同じパターンで楽しめます。
(平日の夕方なのでお客様も少なく、気軽ににぎってくれましたが、土日祝繁忙時の場合は不明)

 素材の新鮮さと職人さんの腕前に感心させられました。ご馳走様!また来ます。



店名          とれとれ屋 西宮大島店
ジャンル        回転寿司
TEL           0798-66-0580
住所          兵庫県西宮市大島町5-9
交通手段        門戸厄神駅から826m
営業時間        [平日]11:30~14:00、16:30~22:00
             [土日祝]11:30~22:00  ランチ営業、日曜営業
定休日         無休(元旦のみ休業)
予約           予約不可
カード          可 (JCB、AMEX)
個室           無
席数           71席
駐車場         有
禁煙・喫煙       完全禁煙
料理           魚料理にこだわる
空間・設備       カップルシートあり
サービス        子供可

ホームページ 
     http://www.otw.co.jp/index.html






レストラン・飲食店 ブログランキングへ

by mahalotakashi | 2012-09-06 21:21 | mahalo@動物

わんこの世界

【本日のレストランガイドはお休みです】

USワンワン物語

久しぶりに新作写真が入手できましたので、お楽しみください。

d0083265_14102975.jpg
  Dog On A Jet Ski

d0083265_1462923.jpg
  Two Dogs Dragged To The Ocean


d0083265_1475210.jpg
  Bedtime Story For The Dogs


d0083265_14135419.jpg
  Rastafarian Dreadlocks Dog


d0083265_14245735.jpg
  Brave Dog Mounts Full Grown Tiger

by mahalotakashi | 2010-09-21 21:21 | mahalo@動物

会社ごはんと、うちごはんは、麺・麺・麺!   2008年6月5日

 家庭の主婦が毎日の食事の献立を考えるのは大変なんですよね・・・
栄養のバランスを考え、美味しくて経済的な食事を作るのは、精神的にも肉体的にもかなりきついものが有ると思います。ほんとうにご苦労様です。

d0083265_19545875.jpg ところでサラリーマンであるイボイノシシも、実は毎日の献立(?)に悩んでいます。
といっても、自分が作るわけではなく会社で摂るお昼ご飯のことです。
一応日替わりの千日亭弁当がメインなんですが、これも大体2~3週間で同じメニューが再登場するから何年も食べていると飽きてきます(贅沢言ってスミマセン) 
ただお値段が、530円と手ごろだし、

d0083265_2043441.jpg品数もそれなりに多いのでなんとなく続けている状況です。

 でもこの時期(梅雨)になると、もうひとつ食欲がわかなくなり、ついつい食べ易い麺類が主流となります。
ざる蕎麦、冷やしうどん、中華冷麺、パスタ
塩焼そばに素麺、えとせとら、えとせとら・・
*食中毒の心配がそんなには無いから*

 というわけで、火曜日は会社から中央大通りを越えたところにあるPRONTOのテイクアウトパスタにしました。ミートソース・スパゲッティ(630円)です。


d0083265_21503164.jpg
     前回は温泉玉子付きのカルボナーラでしたが、今回はミートソース。
d0083265_2151270.jpg
     パスタの茹で加減も良く、ミートソースも結構いい味してます。
     これにパルメジャンチーズを付けてくれたら言う事なしなんだけどなあ~
     でも単品のパスタだけではカロリーも高いし、塩分の摂り過ぎにもなって
     あまりベストな昼ご飯とも言えないのですよね(^^;)
     ただただ喉越しの良さだけに引かれて・・・


       ニュース!ニュース!
    イボイノシシさん!臨時ニュースですよ!
d0083265_20193732.jpg
 今日(6月4日)お昼前に、事務員のミキちゃんがニコニコしながらイボイノシシのデスクまでやってきて、チラシを見せてくれました、例の千日亭の一ヶ月の弁当メニューです。
『今月は毎週水曜日に限定麺類デーみたいですよ♪』
「ほう~・・いいんでないかい、やっぱり世間は同じようなことを感じている人が多いんだね。弁当に飽きて麺を欲する!てな、ところか」
ということで、本日のお昼ご飯は「海老ピラフとナポリタン・スパゲッティ」と決定、ミキちゃんも同じのを買うそうです。

d0083265_214020.jpg
      これが千日亭お初の「スパゲッティ・ナポリタン」であります(^^;)
d0083265_2151150.jpg
     むむむむむ・・・このソースの色合いは、少し・・・
d0083265_2155075.jpg
    パスタ自体のゆがき加減はよさそう・・最近は良いパスタが出回ってるよね。

d0083265_21231876.jpg ミキちゃんの正直な感想を聞いてみました(^^;)
『パスタはまずまず、でも、ソースがケップ!ケップ
してて、ピラフもベ!もう一ついますう~?』
そうやね千日亭はん、あんまり無理せんほうが・・
ええんといまっか~(^^;)



       おうちごはんもまたまた麺でした。
d0083265_21513583.jpg
     「ただいまあ~!」
     『おかえりなさい!』
     「今日の晩ご飯はなあ~に?」
     『長崎皿うどん!美味しいよ♪』
     「・・・・ ・・;」
d0083265_2152377.jpg
     皿うどんは、チャンポンと並ぶ長崎の名物料理です。細めの麺をほぐして
     蒸したあと油でさっと揚げたものに、あんをたっぷりかけたものです。

     材料(1人前)
     ●豚肉…50g ●イカ…4~6方
     ●エビ…4~6尾
     ●玉ねぎ…100g中1/4
     ●キャベツ…100g中1/4
     ●もやし…50g ●人参…適宜
     ●蒲鉾、ピーマン、木耳、ネギ…少々

 こんなに細い麺を使っているのになんで皿うどん・・て言うのかなあ~??



ファイブスタイル ブログランキング

by mahalotakashi | 2008-06-05 05:30 | mahalo@動物

酒蔵夢街道 魚崎郷 -18 ブルーミンメドー1      2007年10月22日

ニューバージョン・リメイク&リニューアル版です

魚崎郷 (No.18 道案内の子猫「PINO」「ピノ」と出会いました!夢みたい

 再び魚崎郷(神戸市東灘区)を訪問したら、とんでもないことがおきました!!
d0083265_2026132.jpg
 久しぶりに魚崎郷の探索、秋晴れの空の下六甲山の麓、山手幹線道路に車を停めて国道2号線の方へブラブラ歩いてみました。
 「どこかユニークなところ(お店)ないかな・・・アッ!と驚くような・・・」ぶつぶつ独り言を言いながら、JR摂津本山駅から甲南山手駅に向っていると、マンションの横手、自転車置き場に白っぽいものが動くのをみつけました。
d0083265_2047376.jpg 近寄ってみると二匹の真っ白な子猫でした。
 逃げ出す気配もなくこちらをジッと観察しています。
 西宮のノラ猫たちと大親友のイボイノシシ、猫語で話しかけてみました。
「ハジメマシテ、ナンテナマエ?」
 すると手前にいた右目が金色左目が銀色の子が答えてくれました。

d0083265_20595210.jpg
 『ボクハ、PINO・・ピノ。ウシロニイルノガ、オトウトのキオ。オッチャンノナマエハ・・?』
 「オッチャンハネ、イボイノシシ・・ッテ、ヨバレテルンダヨ」
『ハハハ!ドウミテモ、ニンゲンヤンカ・・・オモシロイナ・・オッチャン』

d0083265_2192365.jpg 初対面なのに妙に気が合ってしまいました。 「ピノ、ドコカオモシロイ、ユニークナオミセヲシラナイ・・」
 『シッテルヨイロイロ、アンナイシテアゲヨウカ・・・トコロデ、トナリニイルオイシソウナイキモノハナニ・・?』
 「オイオイ、オレノワイフデ、七面鳥夫人テ、イウンダヨ」
『ニンゲンゴガイチブハイッテタカラ、ヨクワカランガ、オシリカジリムシシタイナ・・』
「オイオイ!」 『ハハハ!ジョウダンダヨ』

d0083265_21313078.jpg 『ジャア、ボクノアトヲツイテオイデヨ、チョットヤバイヤツイルケド、オモシロイトコアンナイシテヤルヨ』





 そんなわけで、今週は「不思議な子猫・ピノ」の案内で魚崎郷のユニークなお店を色々案内してもらうことになりました。
 猫語のカタカナは読みにくいから、通常の喋りにしましょう。


d0083265_21573569.jpg 「なんや此処!カナダ領事館か?」
『シィー!静かに・・』
d0083265_228665.jpg



 『ここには、ピットブル・キャットていう凄腕の用心棒がおるんや』

 『出たあ~!!ヤバイ!ピットブル・キャットや!おっちゃん!ゴメン!!』
d0083265_2217477.jpg
 「おい!ピノ!どこへいくんや!此処はいったいなんの店や!」
 『ピットブル・キャットに聞いたらわかるわ!オッチャン終わったら、デルタ公園のパームツリーの下のトランペッターのところで待ち合わせやで!わすれなやあ~!!』
 「オーイ!ピノ~!七面鳥のお尻かじらせてやるから戻ってこいよ~!」
『アホッ!』・・・・と言ったのは七面鳥夫人です。


d0083265_2363724.jpg 『いらっしゃいませ、お2階へどうぞ』
「君がピットブル・キャットか・・獰猛な顔しとるなあ」
『ほっといてください!』
d0083265_23111623.jpg

d0083265_231896.jpg 「おいおい・・怒るなよ、此処はいったいどういうところ??」
『Garden&Loghome』
『BloomingMeadowS』
『日本語で言えば・・・』
『庭とログハウスの
カナディアン・フレンチの
レストランでござりまする。』
『ブルーミンメドー』
『と、申します』

 「ありがとう、ピットブル・キャットさん。とりあえず2階へ行こうか・・・」
d0083265_2333276.jpg

 うーむ・・確かにガーデン(庭)は素晴らしいなあ~・・
d0083265_2343569.jpg
d0083265_23471991.jpg
 不思議な子猫「ピノ」が案内してくれたガーデンレストラン・・・
 ブルーミンメドー・・・カナディアン・フレンチとは聞きなれない名前、
はたしてどんなレストランなんだろ!続きは明日にしましょう。

by mahalotakashi | 2007-10-22 00:01 | mahalo@動物

ぶらっくあんどぶらっく            2007年10月3日

 The black friendship 黒い友情
d0083265_20145539.jpg
BLACK(黒)というと、なんとなく「悪」のイメージが付きまとう。

 ギャングやヤクザの暗躍する黒い世界。
政治家や経済界(一部)に渦巻く黒い噂。
 犯罪者が潜む真っ暗闇の恐怖社会・・・


黒に対するイメージは、
暗闇・不吉・冷酷・沈鬱・葬式・不幸・悲痛
敗戦・死神・悪魔・・・・
・・・・等々、碌な例えがない。



d0083265_2252843.jpg 黒い色に生まれただけで忌み嫌われる動物もいる。
 黒猫とカラス・・
安物のテレビドラマ(サスペンスとかいうアホ番組)に必ず登場させられる黒猫とカラス。不吉な出来事や死の暗示で安易に使われる。
 単細胞頭の脚本家やディレクター、史上最大の偏見を人々の心に植え付けて、若者の動物に対する愛情を偏向させるストーリー作りは今すぐやめなさい!

 えらいスンマヘン・・ついつい興奮してしもた、
ごめんなさい。


 イボイノシシが何を言いたいかというと、にも温かさや優しさ、それに素晴らしい友情もあるんやで、と言うことなんです。

 上の写真の黒猫はイボイノシシの大親友「黒流・くろながれ」野良猫たちのトップに君臨する大ボスです。獰猛そうで身体も大きい貫禄のある猫ですが、その気持ちの優しさと頭の良さは人間も顔負けです。
 川遊びしているのが、これもイボイノシシと仲の良い「カラスのカン平」です。彼も少し変わっていて仲間である他のカラスと群れることなく、人間(子供たち)や猫や犬と遊ぶのが大好きなカラスなんです。
d0083265_226225.jpg
 カン平が羽を広げている後姿、仲間はずれにされた子供が一心不乱に石蹴り遊びしてるように見えませんか??こういう姿を見てると、なんだかとても愛しくなります。

 ところで、この黒流とカン平が大の仲良しで、2人(一匹と一羽)が戯れあうのを今まで何度も目撃してたのですが、中々シャッターチャンスがなくて半分あきらめていたところ、今朝なんと!偶然にも2人が遊んでるところを撮影できたのです!!

出勤途中、偶然見かけた光景に少し興奮してカメラがぶれてしまいましたが、しっかり証拠写真が撮れました。
皆さんも、黒いもの同士の愛情表現を優しく見守ってやってください。
d0083265_22132258.jpg
 道路に寝転がっている「黒流」を見つけて、「カン平」が電柱の上からひらりと舞い降りてきました。黒流は無視しているようですが、尻尾を激しく振って大歓迎のようです。

d0083265_2275614.jpg
 カア~ッ!と、一声鳴いて黒流に近づくカン平、急に起き上がるとビックリするから寝転んだまま顔だけ向ける黒流、「この辺が黒流の優しさ(思いやり)と、頭の良さです」

d0083265_22145711.jpg
 黒流に近づくカン平、まったく怖がっていません。黒流もゴロゴロ・・と喉を鳴らしているようです。

d0083265_22154036.jpg
 突然のシャッターチャンスに、イボイノシシのほうが舞い上がってしまって、カメラがぶれまくる(^^;)

d0083265_22165427.jpg
 カア~!・・ニャア~ゴ・・・2人で挨拶を交わしているようです。

d0083265_22251715.jpg
 どんな話をしてるのか、穏やかで温かい朝になりました。通常天敵である猫にカラスが背中を向けるなんて有り得ないでしょう。
 黒流得意の足上げポーズでカン平を優しく見つめます。

d0083265_22173046.jpg
 ハッ!ハッ!ハッ!ハックショォ~~~ン!!
 少し肌寒くなった今朝、不覚にもクシャミをしちゃいました。
バタバタバタバタ!!! カン平が驚いて飛び立ちました。

 ア”ッ!ア”ア”~ごめえ~ん!かんにんや!!


 イボイノシシに背中を向けたまま寝転がった黒流がつぶやきました。
「オッチャン・・・もう少し落ち着いて暮らさんとアカンで・・ええ年してるのに・・・」


 えらいすんまへん、黒流はん・・(^^;)

More←もう少し考えたい人、付き合ってください。

by mahalotakashi | 2007-10-03 21:50 | mahalo@動物

酒蔵夢街道 魚崎郷 -10         2007年9月23日

酒蔵夢街道 魚崎郷 (No.10 六甲アイランドシティは、わんちゃん天国)

 恵まれた環境で、幸せだワン!
d0083265_2149514.jpg 街角に何気なく置かれているコンクリート製の犬の像。六甲アイランドの人々は本当に犬好き、目に入れても痛くないほどの可愛がり様だ。
 オープンテラスのあるカフェやレストランは、殆どの店が犬連れOKである、店内でも大丈夫というところも多い。
 動物病院は勿論、わんちゃんグッズを豊富に取り揃えた楽しい店もある、緑の公園も多く犬たちにとっては最高の環境だ。
d0083265_226356.jpgd0083265_2272249.jpg










d0083265_22105414.jpg
 人間の愛情を受けて犬たちにも落ち着きがある。
唸ったり吼えたりする犬をこの街では見かけることがない、尻尾を精一杯振りながら『あそぼうよ♪』という顔をして人間を見上げる、だから可愛い。
良い意味で躾(しつけ)が行き届いている。
 極めつけは、アイランドセンターの南にある「ドッグラン」である。

d0083265_22274110.jpg
 サッカー場より広い芝生張りの広場、フェンスに囲まれた緑のグラウンドが「ドッグラン」
犬だけのために造られた運動場なのだ。しかも無料なのだから驚いてしまう。
d0083265_22353787.jpg
d0083265_22384550.jpg
d0083265_2244827.jpg
 文字通りドッグランで気のすむまで走り回り、飼い主と戯れる犬たち、ストレスの溜まるわけがない。
ここまで徹底して犬のための環境を造っている街は全国でも少ないだろう。年間に何件か犬による噛み付き事故があるが、この街では皆無といっても言い過ぎではないと思う。


d0083265_232420.jpgd0083265_2324866.jpg










 ところで、ニャンコたちはどうなの?
d0083265_23112176.jpg
d0083265_23123023.jpg いましたいました(^^)
まるまる太ったのら君
「逃げなくていいよ!」
さすがに西宮ほど愛想が良いことないけど、イボイノシシには興味を持った様子。
しばらく見つめ合いました。

 ニャンコたちもワンコほどでは無いにしろ、冷遇されてる様子はありません。逆に太りすぎが気になるほどです。どちらにせよ、ペットやノラも安心して暮らせる街のようです。


 明日は「六甲アイランド」最終編。強烈なラブシーンからスタートですよ!

by mahalotakashi | 2007-09-23 00:20 | mahalo@動物

自転車かご猫「一平」物語         2007年8月16日

苦しい時の猫頼み

 なんとかなるさBLOGを毎日のように訪問してくれる知人がいる。その彼と先日一杯飲む機会があり酒の席上私のBLOGの話題となった時、少し酔いの回った彼が『イボイノシシさん、ブログのネタが無くなったら、猫を出しているみたいですね、手っ取り早いからでしょう』と、笑った。
d0083265_21152769.jpg その場は、「まあね・・」と答えたが、「そんなもんじゃねえよ!」が本音である。いつも一緒に暮らしている飼い猫ならいざ知らず、私が取り上げる猫達は全てノラ猫なのである。神出鬼没で気まぐれ・・彼らを追いかけて納得の行く写真を撮るには、大変な努力を強いられる。
 例えば右の「自転車かご猫・一平」
自転車の前篭の中で眠る変なクセのある雉猫、毎日必ず寝ているわけでもない。偶然みつけても通行人の話し声に驚いて、かごから飛び出して逃げて行くケースの方が多い。それなりの苦労もあるわけだ。

今日はその「かご猫一平」の話をしてみよう。
 (半分は真実、半分は創作、そのつもりでご覧頂きたい)

d0083265_21163672.jpg 一平とその弟と初めて出会ったのは昨年の師走12月13日だったと記憶している。
会社からの帰り道、道路沿いの駐輪場で寒そうに震えていた2匹の子猫、その年の春先に生まれたのだろうか、見かけたことのない顔だった。
 いつもなら無視して通り過ぎるところだが、こちらを見上げて逃げようともせず消え入りそうな声で『ミャオ~』と泣く声が妙に気になって、携帯カメラで1枚撮ったのが左の写真だ。


 それ以来駐輪場を「小さな縄張り」とする2匹の子猫との付き合いが始まった。
年が明けて成人式の前後あたりから、イボイノシシを「安心できる相手」と認識してくれたようで、接近しても逃げ出すこともなくなった。その頃から一平の変なクセ「自転車かごで眠る」が始まった。何枚も写真に撮りブログでも度々取り上げた。
 今では本当に気心の知れた間柄になって、朝夕の見送りやお迎えさえしてくれる。

一平とイボイノシシの会話全集
 仕事もほとんどないので少し早い目に会社を出て、日が落ちる前に西宮北口駅に着いた、いつもの駐輪場、いたいた、一平だ。今日はかごではなく、コンクリートの床にゴロリと横になっている。

ここからは、一平とイボイノシシの会話の世界(はーと・ツウ・ハート=心の会話)
一平のことばを青色、イボイノシシの喋りを緑色で表現する。
d0083265_2122381.jpg 「オイッ!一平!寝てるのか・・死んでるのか・・?? ただいま!返事してくれよ!」

『・・・・・・・・・・・』

「今日はかごで寝ないのか??」

『・・・Z Z Z・・・・』

d0083265_21231482.jpg「チョット起きて、おじちゃんとトークをしようや・・」
「一平がかごで寝てるブログの写真見て、訪問者のおねえさんたちが、『かわいい~♪』といってくれてるんやで・・嬉しいやろ!」


『・・・・・Z Z ・・』

「ところがまだ誰も一平の起きてる顔の写真見た人がいないんや!弟の「カケミミ」やお姉ちゃんの「まゆみ」はご挨拶済みなんやけどな」
「ホラッ!早よ起きて、その「イケメンの顔」ご披露したらどうや!オッチャンも忙しいんやで」

『やかましい!!誰や!』
『人(猫)が気持ちよく寝ているのに、夕立か牛のションベンみたいに、ザワザワ・シャアーシャアー喋りまくるのは!!』

「う・・牛のションベン(小便)・・えらい例えようやなあ~(><;)」

『なんや!イボイノシシのオッチャンかいな、しかし、いつも暇そうやな~・・・』
「お前に言われとうないわ!」

『ところで何の用、さっきからブツブツ言ってたけど・・・エッ!俺の顔が見たいって人がいる・・別に構わないよ、減るものじゃないし』
『写真撮るんだったら、弟のカケミミも一緒に撮ってよ!俺たち2匹で1匹みたいなものだから・・』
d0083265_2124559.jpg

『一平です、こんな顔してます。どうぞよろしく!』
d0083265_2125644.jpg

『売り?そうやなあ、髭と白い眉毛かなあ~♪』
d0083265_21255277.jpg

「ところで一平、弟の右耳はどうしたの??」
『ああ・・これか・・元西地区のボス「国士無双・こくしむそう」に噛み千切られたんや』
「エエッ~!あのノリカやウノに振られた黒猫か」
『そや、あの一件からエライ凶暴になりよって、ボスの座を明渡して、名前も「黒死物騒・こくしぶっそう」てな物騒なのに変えて、暴れ捲くってるんや』
「そういえばあれ依頼姿を見かけないなあ」
d0083265_2126277.jpg

『黒猫帝国を創る、とか言って黒色でない猫を次々襲いよるんや。どうしようもないアホ猫やで。特に俺たち兄弟を目の敵にしてるみたいや。幸い姉の「まゆみ姉ちゃん」は可愛い顔とおとなしい性格が気に入られて、角の酒屋さんに飼われるようになったので少し安心や』
d0083265_21273921.jpgd0083265_21282579.jpgd0083265_22165215.jpg






『先月の雨降りの夜、突然黒死物騒がこの駐輪場に乱入してきて、弟を襲いよったんや。俺はかごの中で寝てたから難を逃れたけど・・・』

「恐ろしかったやろ・・あいつデッカイ体しとるからなあ~人間の子供でもビビリよる」
d0083265_21504810.jpg

『恐ろしい・・というより、悔しいんや!弟の耳をこんなにされて、腹が立つ!なんとかアイツに復讐したいんや!このままでは、ここいら辺のノラ猫安心して暮らせないもん』

「う~む・・難しい問題やなあ~・・しかし暴力はいかん!憎しみの連鎖は急激に膨れ上がるもんや。そや!オッチャンから「東地区のボス・黒流」に相談してやろうか・・彼は温厚で平和主義やから、ここもうまくまとめてくれるかもなあ・・」
d0083265_2224657.jpg

『黒流のボスはよう知ってるし、尊敬もしてる。そやけど取り巻きに色々問題のある奴もいるし・・やっぱり西地区は西地区に住む俺達が守るのが筋やと思うんや!』

「はあ~・・なるほどねえ・・しっかりしてるなあ~一平は、大したもんや」

『ありがとう、イボイノシシのおっちゃん。でもなあ~俺達2匹だけでは力もないし、とても黒死物騒に太刀打ちできん。それに東地区と違って西地区の連中は協調性も無いし団結力もあらへん、それが、もっかの悩みや!・・ふぅ~・・・』
d0083265_2133686.jpg


 イボイノシシはこの若猫一平の目に「リーダーになる素質」を感じました。
果たしてボス不在で荒れ始めた西地区を、元の平和なエリアにできるのか、しばらく様子を見たいと思います。



この物語はフィクション(作り話)です。でも半分近くは本当の話でもあります。一見ノンビリとした集団や組織にも必ずなんらかの問題が潜在している。人間の世界でも一緒ですよね、今後どのような運命が一平達を待ち受けているかは分かりません。分からないけど興味はあります、しばらく追いかけたいと考えています。
よかったら皆さんもお付き合いください。

by mahalotakashi | 2007-08-17 00:01 | mahalo@動物

関西弁の猫でんねん。 眠り猫

自転車カゴ猫・・一平君
d0083265_20114137.jpg
 相変わらず自転車の前カゴで寝る一平。

寝心地が好いのかなあ~

いつ見ても、ホンマ、幸せそうな寝顔や。



どこででも寝よる、いねむり・きょうしろう
d0083265_2024280.jpg


一匹寝(ひとりね)できない、寂しがりやの茶歩
d0083265_20285581.jpg



 日光東照宮の眠り猫(名匠・左甚五郎の作で国宝)は、あまりにも有名。

イボイノシシの友達、西宮の眠り猫たちは、あまりにも、無名。(^^;)

とにかくこの町のノラ猫たちはよく眠る。

イボイノシシに心を開いてくれてるということもあるが、他の町のノラ猫に比べても、

格別に「ノンビリ」している。人間をまったく恐れない。




d0083265_212876.jpg眠りから覚めて道路を横断するときも、威風堂々! 電車に遅れそうになり駆け出すOLの美香ちゃんより、格段に落ち着いている。

一平が言いました。
『美香ちゃん!走ったら怪我するで、もう10分早起きしなはれ・・』
『あんたの足音が、ウルサイからゆっくり寝とられんわ!』



 さて、この異常とも思える野良猫たちの落ち着き方はいったいどのような理由からだろうか、??
その答えは明日アップするマイブログ(廣田神社パート2)でわかります(^^;)

by mahalotakashi | 2007-07-18 09:10 | mahalo@動物

カ~ラ~スなぜ鳴くの            2007年6月28日

「カラスなぜなくのカラスの勝手でしょ。て、替え歌一時よく流行りましたよね。
我が家の周りもカラスが多く暮らしています。ここ1週間ほど異常に騒がしくなってきました。例年この時期になると騒ぎ始めます、多分繁殖期だろうと思うのですが、一日中飛び回ったり大きな声で鳴き続けます、ひどい時は夜中の2時3時というときがあります。
d0083265_2218769.jpg

d0083265_22193429.jpgd0083265_22234319.jpg









 自分の縄張りがあるのか、高いポールや避雷針のテッペンで周りを眺めながら、しきりに「ガア~・・ガア~・・」と鳴き続けます。時には(雄同士でしょうか)激しい空中戦や威嚇の仕合なども目撃します。カラスの世界も大変なようです。



 侵入者があると「カアーッ!」と一声、まるで隼(ハヤブサ)のように羽根を広げて突進して行きます。雛が生まれると矛先は人間に向けられることもあります。
d0083265_22244717.jpg


 下の6枚の写真(右→左へ)は、今朝我が家のベランダから撮影した連続ショットです。
右上(西側)のマンションの避雷針から、左下(東側)の会社のアンテナまで、スィ~と気持ちよさそうにデモンストレーション飛行をしました。本当に気持ちよさそうに・・・

d0083265_22272414.jpgd0083265_22275889.jpgd0083265_22283395.jpgd0083265_22292456.jpg
















d0083265_22354978.jpgd0083265_22371210.jpgd0083265_22374822.jpgd0083265_22385360.jpg
















d0083265_22471774.jpg

by mahalotakashi | 2007-06-29 00:03 | mahalo@動物

関西弁の猫でんねん(1本とられました) 2007年6月28日

仕掛けられたり、仕掛けたり。
d0083265_23281154.jpg 相変わらずノラ猫たちとの付き合いは続いています。
会社の行き返りがほとんで、特に夕方は面白パフォーマンスが多く目撃できます。でも残念ながら明るさやタイミングの関係で中々ベストショットがキャッチできません。今までUPした写真の殆んどは歩きながら素早く写した写真ばかりで、自分自身ではあまり納得できないものばかりです。結局苦しいコメントを添えて、なんとか凌いでいる、という現状です。



   Flying Cat     ?The cat which flies?
d0083265_23301629.jpg


    Miao! 
頭の横から突然呼びかけられて、見てみると、な!なんと!ブロック塀の向こう側に猫の顔・・浮いている!空中を浮遊しているではないか!!「ヒャア~!おったまげた!」
『フフフ・・・イボイノシシよ、驚いたか!俺こそは「空飛猫様」だ、頭が高い!』
『毎日毎日・・くだらんブログを掲載しとるのう、安物の量販店みたいにベタベタと
大量の写真張り付けて、見てるほうが疲れるわ!たまには1枚の[傑作写真]で、
ビシッ!と決めてみろ。それにブログもいいけど、仕事も真面目にやりなさい・・
分かったか!イボイノシシ』

d0083265_23341838.jpg


    『アッ!!そっちへ行ったらあかん!!』
d0083265_23314023.jpg


「なあ~んや、アルセーヌ(4月16日UPの猫です)やないか、ビックリさせやがって」
『楽屋裏を覗いたら、駄目ニャン!でも、オッチャンの驚いた顔・・おかしかったで、目が点になってたわ・・みんなに言ってやろ、うふふのふ ^(^^)^
d0083265_23322977.jpg




 A sociable cat    (社交的な猫)
 「やられたなあ~参った参った。よお~し!今度は一度こちらから仕掛けてやるぞ。
アッ!あちらから来るのは東地区のボス猫「黒流」や・・・」
d0083265_2358772.jpg


「Miao~・・ニャン!」<イボイノシシが鳴きまねした声>
「誰や!汚い声ときつい訛りで鳴く奴は!・・なんや・・イボイノシシのおっさんか・・・」
d0083265_001382.jpg


「なんやは、ないやろ!ボス、写真撮らせてくれよ」
「暇なオヤジやなあ~・・他にすることないんかいな、写真・・て、どんなポーズしてほしいんや、俺、結構忙しいから、手短に頼むわ」
d0083265_011129.jpg


「初夏の若草に頬寄せる、逞しき黒猫、その名も粋な黒流兄さん!てなとこでどや!」
d0083265_014860.jpg


「アッ!俺、こんなことしてる場合やないんや、東西南北ノラ猫ボス総会に出なあかんのや」
d0083265_023771.jpg


「イボイノシシのおっさん!あばよ!又こんどな・・近道しよう・・・と、ヨイショ!」
「アッ!待て!黒流!もうチョット面白いポーズしてくれよ!ブログ用に・・・この前の長時間足上げポーズとか、逆立ちするとか・・ああ~ああ~行ってもた・・」
d0083265_031446.jpg


「お~い!総会には「国士無双」も出席するんやろ・・逢ったら、失恋しても気を落とすな、て、イボイノシシが言ってたと伝えてくれよ~」
             「アイヨッ!」
d0083265_034746.jpg

by mahalotakashi | 2007-06-28 00:02 | mahalo@動物