カテゴリ:mahalo@夢旅( 282 )

2015 お正月家族旅行 (No.2)

 お正月家族旅行の宿泊は、ベイリゾートホテル小豆島


d0083265_1520451.jpg
                                (外観はホテルのHPから転載)

 前回訪れた時と同じリゾートホテルですが、名前が変わっていました。

d0083265_1528268.jpg

 詳しい内容は、ベイリゾートホテル小豆島のホームページ←をクリックしてご参照くださいね。

d0083265_15382722.jpg

d0083265_15384549.jpg

 少し年季は入っていますが、広々していてゆったり過ごせます。スタッフのサービスも明るく気持ちの良い応対です。男女と子供用のオリジナル浴衣なども揃えられリゾート気分が満喫できました。


d0083265_1543367.jpg

 全室オーシャンビューのゲストルーム(9F)から望める景観。対岸の左端の方にオリーブ公園の丘や建物が見えます。

d0083265_15514447.jpg
                                  ホテルのHPから転載

 夕食(18時)の前にホテル最上階(12F)の展望大浴場で孫たち(ウリ坊)と一緒にのんびり入浴・・幸せいっぱいのひと時です。

d0083265_15571453.jpg

 夕日に染まる瀬戸内海の風情は旅ごころを満喫させてくれました。


d0083265_16102886.jpg

 【地獄から天国】
 ほんの少し前、妻が突然病気になり大変なショックを受けました。どうすればよいのか・・治るのだろうか・・一人暮らしになってしまうのか・・まさに地獄の体験でしたが、お正月家族全員が元気に集うことが今まで以上に嬉しくありがたく感じました、天国のようです(笑)
 人生において最も重要なことは「健康に生きること」だと思い知りました。




 夕食・オリーブバイキング!


d0083265_1712839.jpg

d0083265_1658851.jpg

d0083265_16583440.jpg

 小豆島・オリーブ・瀬戸内産魚介を強調したバイキングスタイルで、今までのホテルバイキングでは経験したことが無いアイデア溢れるお料理が楽しめました。


d0083265_1724057.jpg

d0083265_17163141.jpg

 ホテル一押しは、オリーブオイルフォンデュ
串に刺された魚介や肉、野菜類など好みの食材を熱せられたオリーブオイルで揚げていただくもの、アヒージョのような味わいで素材が多いから老若男女が楽しめます。


d0083265_178887.jpg

d0083265_1783132.jpg

 人気ナンバーワンは、マイ鍋フェア
讃岐コーチン・瀬戸内産ハモ・さわら・あさり・海老など自分で具材をアレンジして、テーブル上に用意されたコンロを使いオリジナル鍋を作っていただきます。


d0083265_17152896.jpg

d0083265_17155969.jpg

 オリーブハマチのしゃぶしゃぶ 
イボイノシシが気に入ったのは、オリーブハマチのしゃぶしゃぶ、とても柔らか、脂がのって最高の味わいでした(ビールが美味しかった~)(笑)


d0083265_17233024.jpg
 名物細うどん(手延べ素麺もありました)


d0083265_17244077.jpg
 杉樽もろみとオリーブオイルを使って仕上げた、きのこ入りもろみパスタ

 その他に、オリーブ新漬け・茹でたて地だこ・漁師鍋&キムチ鍋・丸島醤油のハーブソルトで焼き上げたローストポークなど、食べきれないほどの種類と量が用意されています。


d0083265_19124669.jpg

 デザートやスイーツも充実。パティシエオリジナルのひしおプリンやオリーブチョコファウンテンなどケーキやスイーツ類も子供達や女性陣に大人気。


d0083265_19182325.jpg

 食事が終りかけたころ、少し飽き始めた子供たちのためにスタッフが、おもちゃのカプセルを引き当てるゲームボックスを持って各テーブルを回る嬉しいサービスもありました。
 ホテルのスタッフ全員が真剣におもてなしを実践している姿に好感が持てました、又行ってみたい心地よいリゾートホテルでした。
 


d0083265_19254433.jpg


 一泊二日の駆け足旅行でしたが、今年は特に印象深く楽しい思い出になりました。いつまでも健康で家族旅行が続くことを願いながら帰路のフェリーに乗船しました。





by mahalotakashi | 2015-01-06 13:13 | mahalo@夢旅

2015 お正月家族旅行 (No.1)

 小豆島でオリーブと温泉と海鮮バイキングを満喫!


 10年ほど前に訪れた香川県小豆島、2015年お正月旅行で再訪しました。

d0083265_1152652.jpg
 オリーブ園のギリシャ風車

 1月3日~4日、お天気も良く家族全員でのんびり楽しめました。まずは小豆島オリーブ公園へ・・

d0083265_11183229.jpg
 オリーブ記念館

d0083265_11211451.jpg
 オリーブの女神・アテナ像


d0083265_14302247.jpg

 前回来たときより施設もかなり充実していました。丘の上からなだらかに続くオリーブ園や広場で孫たちも思い切り走り回っていました、公園から眺める瀬戸内海の景色も穏やかで素晴らしいビューポイントでした。

d0083265_11363417.jpg
 オリーブのソフトクリーム

d0083265_1138449.jpg

  オリーブソフトを食べるイボイノシシの孫5名。 (食べてる時だけ静かです)

  昨年突然の発病で家族を驚かせた七面鳥夫人、ドクターの「お正月には笑い話になりますよ」の見立て通りすっかり回復して元気に参加しました。いつも言ってますが、他人の旅行記見てもそんなに面白くない! 気の抜けたサイダーかビールを飲むみたい(笑) 以下解説抜きで写真だけ貼り付けますからご参考になさってくださいね。


d0083265_13594545.jpg
 コミロスとハーブガーデン(後方)

d0083265_1414079.jpg
 オリーブ畑


d0083265_1452292.jpg
 オリーブの丘から望む瀬戸内海・・中央の船は高松行のフェリー


 ホテルと夕食は(No.2)で更新します。







by mahalotakashi | 2015-01-05 12:12 | mahalo@夢旅

大仙公園 日本庭園

 忙中閑あり・・日本庭園でくつろぎました。

d0083265_2112436.jpg
 仁徳陵古墳(南西の角から撮影)


 師走の日曜日、家でテレビをみているのも能が無いので、どこか静かに過ごせるところは無いかな・・と言う訳で、今年8月に【日本の歴史公園100選】に入選した堺市の「大仙公園」の中にある日本庭園に行ってみました。もちろん日本最大規模の仁徳陵古墳や履中陵古墳も見学しましたよ。


d0083265_21185646.jpg
 大仙公園 日本庭園

d0083265_21254570.jpg


築山林泉回遊式と言われる様式の庭園で、大きな池には野生の鴨や錦鯉がゆったり寛いでいます。対岸に中国大陸を望む造りは堺の歴史を感じさせてくれました。

d0083265_21305776.jpg

d0083265_21312824.jpg


 中世末期に納屋衆と呼ばれた堺の豪商たちが会合等に利用した集会所を想定して建てられた休憩舎(きゅうけいしゃ)の中で抹茶と干菓子セット(¥200)と、生菓子セット(¥400)をいただきました。本来は立礼席と言われる屋外で実施されるのですが、寒さの厳しい本日、庭園管理事務所のご厚意により建物内で楽しませてもらいました。

d0083265_21465146.jpg



 予想通りと言いましょうか、お昼時にも関わらず見学者は札幌から来られたご婦人と、2人連れのマダムのみ。お蔭でイボイノシシと七面鳥夫人はのんびりゆったり時を過ごすことができました。

d0083265_2153735.jpg



 春は梅や桃に八重桜、夏は花しょうぶや朝顔が楽しめ、尭には菊花展なども催されるそうです。静けさを求める人には穴場スポットだと思います。




by mahalotakashi | 2014-12-21 22:02 | mahalo@夢旅

早めの家族夏旅行、  伊勢志摩でキャンプします!

    毎年恒例の夏休み家族旅行、今回は猛暑の真夏を避けて前倒しで、6月実施とします。

d0083265_21331972.jpg

 6月21~22日の一泊二日ですが、どうも空模様が怪しい・・(笑) まあ、それでも前もって予約しているので仕方なし!
 今回は伊勢志摩がターゲット!イボイノシシの希望で旬の蛤(ハマグリ)、その手は桑名の焼きハマグリを楽しむために、桑名市のハマグリプラザで初日のランチを予約しました。




d0083265_213626100.jpg

 宿泊先は、アメリカンスタイルのアウトドアリゾート・エバーグレイズと言うところです。


d0083265_21531560.jpg

 娘uco家族がちょくちょく利用している伊勢志摩の設備が整ったキャンプ場・・と言う以外にはなにもわからないのですが、ともかくいつもの11名で訪問することになりました。(笑)


d0083265_21592769.jpg

 例によって、どんな珍道中になるかは不明ですが、家族全員揃って楽しんできたいと思っています。しばらく更新お休みになりますが、よろしくお願いします。




by mahalotakashi | 2014-06-20 14:14 | mahalo@夢旅

GWは山陰へ! 皆生温泉って、伯耆大山って、どんなんかなあ~!

d0083265_1956153.jpg


 今年のゴールデンウィークは七面鳥夫人と2人で鳥取方面に小旅行(車で)してみたいと思います。

 行先は、山陰米子・皆生温泉 なぜこの地を選んだかと言いますと、イボイノシシがレビューしているグルメガイドの食べログで、鳥取県と島根県が未訪問(お店のレビュー無し)のエリアと言う理由。
(しょーもない!と笑わんでつかあさい)一応・・何十年になるか忘れたけど結婚記念旅行も兼ねてます(笑)


 食べログでは「訪れたエリア」として白紙の日本地図に訪問した都道府県がピンク色で示されるようになっています。
 食べログレビュアーになる前から北海道~沖縄県まで様々なレストランや外食店など既に全国制覇してはいるのですが、現在食べログレビューでピンク色は兵庫・大阪を中心に、17都府県のみ。

 チョッと口惜しいので、せめて西日本(近畿・中国)をピンクに染めたいと言うわけで、まず鳥取県と島根県制覇を狙って、鳥取県の皆生温泉の、皆生グランドホテル天水に予約を入れました。旅のスケジュールは行き当たりばったりで予定は未定、島根県の出雲大社にお参りして出雲そばも食べたいけど、七面鳥夫人の気分次第、イボイノシシの体調次第、まさになんとかなるさ旅行です。2~3日更新お休みしますが、よろしくお願いします。


d0083265_20561259.jpg
 日本百名山:伯耆大山(ほうきだいせん)


 皆生温泉は米子市の北側、日本海に面した海辺の温泉地。全国的にも珍しい海から湧く温泉で、別名「塩の湯」と呼ばれています。
豪華な設備の共同浴場をはじめ、数寄屋造りの老舗旅館から大型ホテルまで約40軒がそろい、山陰では最大の規模を誇ります。
泉質は海のミネラルたっぷりのナトリウム・カルシウム塩化物泉で保温効果に優れており、効能も神経痛や皮膚病など多岐に渡ります。近年は塩の湯の美容効果も注目されています。





by mahalotakashi | 2014-05-02 08:08 | mahalo@夢旅

備前焼、届きました!

 バレンタインデーの前日、2月13日はイボイノシシの誕生日。この歳になると誕生日は死刑台の階段を登りながら後何段?の確認のようで、少しも嬉しくも楽しくもない!(笑)

 それでも今夜は孫ドン3号・2号・1号がそれぞれ電話で、「じいちゃんお誕生日おめでとう!」とメッセージをいただきました! ありがとうね!!



d0083265_21572580.jpg


 初代ウリ坊と二代目ウリ坊は、パパの飲み会のお迎えを兼ねて甲子園の自宅まで来て、ウィーン少年合唱団ばりに、ハッピーバースディーツウ・ジイジ!を熱唱してくれました。

 ちょい悪爺のイボイノシシも、5人の孫にはメロメロです。お恥ずかしい!


d0083265_2255567.jpg


 ところで昨日、昨年家族夏旅行2日目に訪れた備前焼の窯元「備前焼ギャラリー・若宮」で家族そろって制作した備前焼が送られてきました。

d0083265_22145847.jpg


 土を捻ってる時には想像もできない出来栄えに感動させられました!


d0083265_22173615.jpg

 どうです、なかなかの仕上がりでしょう!


d0083265_222620100.jpg

d0083265_22264356.jpg


 初代ウリ坊とパパ、なかなかの出来栄えですね。ウリ坊の「おいしい!」と、バランス感覚の良いパパの作品は素晴らしい!


d0083265_2233348.jpg


 孫ドン1号の作品。おいしい!と書かれた小皿ですが、好い線いってると思いませんか!(笑)


d0083265_223684.jpg

 孫ドン2号の作品。残念ながらひび割れがありましたが、アート的には素敵な感覚ですね。


d0083265_22382197.jpg

 孫ドン3号、パパに手伝ってもらったみたいですが、好い味出してる作品ですよね!


 以下の2点は作者不詳!まずまずの出来ですね。(笑)
d0083265_22423051.jpg

d0083265_22424940.jpg


 今年の家族夏旅行も素敵な思い出になるように企画したいと思います。




by mahalotakashi | 2014-02-13 23:00 | mahalo@夢旅

オーボングービゴ  フレンチ   西宮市松下町

ビゴさんのお店で今年初のフレンチランチを楽しみました。

  2014年初のフレンチガイド!


d0083265_239346.jpg

 本格的なフランスパンを日本に紹介したと言われるフィリップ・ビゴ氏が経営されるフランス料理のお店。国道2号線沿いの、1階がブーランジェリー、その地下がフレンチレストランのとても落ち着きを感じさせてくれる造りです。


d0083265_23145226.jpg

 芦屋のレスカエコ・ビゴ や、JEAN-PAULビゴ 仁川店、オー・ボン・サンドイッチビゴなどは何度か利用させてもらっていますがこちらのお店は初訪店です。


d0083265_23151091.jpg

 交通量の多い国道2号線沿いとは思えない静寂が漂う地下1階のレストラン、店内はゆったり広々、ダイニングの中央にはグランドピアノが置かれています。
 大きなガラス窓の厨房からシェフが食の進み具合を観察しながら調理をするという合理的なシステムを取り入れており、ホールスタッフの応対もまずまずです。


d0083265_2318910.jpg
 お魚料理のオードブル

d0083265_2319262.jpg
 お肉料理のオードブル

 ランチタイムのメニューは、2種類のコース料理(ENFANT・お子様セットもあります)のみの至ってシンプルな構成。
 因みにディナータイムも、¥5,250と¥8,400のコースとアラカルト料理ですが、事前に予約をすれば予算に応じたフルコースなども可能なようです。


d0083265_23204668.jpg
 じゃが芋とキノコのポタージュ

 (Lunch time Menu)
 ◆Aコース ¥2,625
  オードブル・スープ・お魚ORお肉・デザート・パン・コーヒーOR紅茶

 ◆Bコース ¥3,675
  オードブル・スープ・お魚料理・お肉料理・デザート・パン・コーヒーOR紅茶

 ◆ENFANT(お子様セット)お魚コース ¥1,260
  本日のスープ・本日のスープ・本日のお魚料理・バニラアイス・オレンジジュース
  お肉コース ¥1,575


d0083265_2323086.jpg
 鹿児島産仔牛のソテー・赤ワインソース

 Aコースを2人前、七面鳥夫人がお肉と、イボイノシシがお魚、いつものパターンでオーダーしました。オードブルはそれぞれのメイン料理に合わせたもので、この辺はオシャレな感覚です。


d0083265_23243939.jpg
 ヤガラのポワレ

 スープはじゃが芋とキノコのポタージュ、メインの肉料理は仔牛のソテー・赤ワインソース。魚料理は珍しいヤガラのポワレ。

 
d0083265_23265959.jpg
 デザート・オペラケーキとシブースト

 デザートは定番のオペラケーキとシブースト。 オードブルからスープ、メイン料理に至るまでオーソドックスなフレンチと言う感じですがとても美味しくいただけました。


d0083265_23273214.jpg

 パンについては流石にビゴさんのお店らしく、フランス産小麦を使ったバケットは珍しくお替りをしたほどのお味、このあたりが人気のキーワードかも知れませんね。 



d0083265_23325546.jpg

 気が遠くなるほど永い時間一緒に暮らしている夫婦ですから、食の好みもある程度似てきますがどちらかと言えば、イボイノシシがイタリアンで、七面鳥夫人がフレンチ好みと言う構図は変わらないようです。
 今回の訪店でも久しぶりに満足げな夫人の笑顔が印象的でした。ビゴさんごちそうさま!

                      食べ歩き
★★★★




店名          オーボングービゴ (AU BON GOUT BIGOT)
ジャンル        フレンチ、カフェ
TEL・予約        0798-37-3327
住所          兵庫県西宮市松下町9-33
交通手段        阪神香櫨園駅から344m
営業時間        ランチ 11:00~14:30(LO)
            カフェ 14:00~16:30(LO) ディナー 17:30~21:00(LO)
カード         可 (JCB、AMEX)
席数          60席
貸切          可 (20人以下可、20人~50人可、50人以上可)
禁煙・喫煙       完全禁煙
駐車場         有(3台)
空間・設備       落ち着いた空間
携帯電話        docomo、au、SoftBank
コース         3000円以下のコースあり、5000円~8000円のコースあり
ドリンク        ワインあり
ロケーション      隠れ家レストラン
サービス        子供可・お祝い・サプライズ可
オープン日       2009年7月25日

ホームページ
      http://www.bigot.co.jp/shoplist_dtl9.shtml




兵庫県 ブログランキングへ

by mahalotakashi | 2014-01-12 00:03 | mahalo@夢旅

お正月家族旅行  PART-Ⅳ  渦の道

d0083265_9344640.jpg
                         大鳴門橋(鳴門自動車道) 鳴門公園側より撮影

 大鳴門橋は、渦潮で有名な鳴門海峡を渡る中央支間長876mの吊橋です。
完成時は上部に6車線の自動車専用道路、下部に新幹線規格の鉄道を備えた2階建て構造となりますが、現在は道路4車線が供用されており、将来は道路2車線と鉄道2車線を追加できる構造となっています。



d0083265_9522121.jpg

 旅行最終日の3日、全員揃って鳴門公園へ向かいました。大勢の観光客で駐車場は満車です、結局最も下の方にある駐車場に車を停めて、急勾配の遊歩道を展望台目指して登りました。
 少々脚力の弱い七面鳥夫人も今回は休むことなく一気に高台に到着です! やはり孫たちと一緒なら秘められたパワーが発揮できるのでしょうか(笑)


d0083265_10155827.jpg

 雄大な鳴門海峡の景色を楽しんだ後は、大鳴門橋の橋桁内(車道の下)に造られた海上遊歩道「渦の道」に向かいます。海上から45メートルの高さは、高所恐怖症のイボイノシシにはかなり厳しいスポットです、勇気を出してエイや!と進みましたが、流石に足がすくみます・・(^^;)


d0083265_10244866.jpg

d0083265_102593.jpg

 海上遊歩道の途中に数か所ガラス床が設置されていて、真上からのぞき込む渦潮は、迫力満点!怖いもの知らずの孫たちはガラス床の上を平気で歩き回っています。「オイオイ、やめなさい!人工物には必ず欠陥があるのだよ!もし、ガラスが割れたらどないすんね!・・ああ怖!」



d0083265_17454658.jpg

 遊歩道「渦の道」の先端にある展望室は、鳴門側の陸地から450メートル先にあり、大鳴門橋の橋桁空間いっぱいを利用した回遊式展望室です。激流渦巻く海面がスリル満点、遊覧船がまるでおもちゃのようです。


d0083265_17481335.jpg

 時間差で見物することはできなかったのですが、展望室で季節外れの阿波踊りも披露されたようです。



d0083265_1751494.jpg

 今年のお正月旅行もアッと言う間に終了ですが、好奇心にあふれた孫たちの行動や目の輝きに満足を感じる素敵な時間が貰えました。

 次回は夏休み家族旅行になりますが、その日のために健康に留意しながら元気で暮らして生きたいと思います。




by mahalotakashi | 2014-01-06 00:06 | mahalo@夢旅

お正月家族旅行

d0083265_14544822.jpg
       2014年1月1日 AM9:30


 おめでとうございます。
 今年の元旦も恒例通り、西宮廣田神社へ初詣です。

 恒例と言えば毎年続けているお正月家族旅行!今回は海外!(四国方面)(笑)に決定。

 いつものように三世代総勢11名で、ドタバタ旅行となりそうですが楽しみたいと思っています。

 1月2日~3日まで一泊二日です。よほど疲れていない限り、4日には更新させていただきますのでよろしくお願いします。


d0083265_153102.jpg

by mahalotakashi | 2014-01-02 02:02 | mahalo@夢旅

広島お好み焼き かっくん  (七面鳥の旅レポート)

           今年も本場で広島焼きをいただきましたぁ~♪

d0083265_9481516.jpg
          広島焼き

 去年の6月に七面鳥の姉2人と、3姉妹水入らずで広島一泊旅行を楽しんだのですが・・(七面鳥夫人の旅レポート)  

 再び姉たちからの誘いがあり、月曜日(24日)から火曜日まで新幹線を利用して、一泊二日の広島旅行に出かけました。

d0083265_109472.jpg
                    写真はイメージです。(掲載許可済)

 なぜいつも広島なのかと言うと、愛媛県松山市に住む次女と、明石市在住の長女、それに西宮市の七面鳥が集合するのにアクセスが最適なためです。それに観光名所も多いし、なにより食べ物が美味しいですものね。(笑)


d0083265_10183100.jpg
           グランドプリンスホテル広島(ロビー)

 今回の宿泊先は、グランドプリンスホテル広島(広島市南区元宇品町23番1号) JR広島駅新幹線口(北口)からホテルの無料シャトルバス(約30分)が利用できるので便利です。
 今回は観光と言うより、久しぶりに会ってお喋り三昧で過ごしました。


d0083265_1035129.jpg

 ランチは、ホテル1Fにあったお好み焼き屋さん。ホテルで広島焼きがいただけるなんていかにも広島らしいです。!
 イボイノシシ旦那の向こうを張って、ランチガイドに挑戦してみました!(笑)

d0083265_1185970.jpg
          海鮮広島焼き

 お店は落ち着いた感じで良かったです。観光客や地元のお客様で賑わっていました。
 七面鳥が頂いたのは、定番の広島焼き(¥900)、2人の姉はちょっと豪華な、海鮮広島焼き(¥1,250)
 たこ焼き(¥450)や、とんぺい焼き(¥650)などもあり、娘時代にもどったような気持ちで美味しく、楽しくいただけました。



店名          お好み焼き かっくん
ジャンル        お好み焼き、広島焼き
TEL・予約       082-256-1111
住所          広島県広島市南区元宇品町23-1 グランドプリンスホテル広島 1F
交通手段       JR広島駅よりタクシーで30分 元宇品口駅から1,262m
営業時間       [月~金]12:00~15:00  17:30~21:30(L.O.21:00)
             [土・日・祝]12:00~21:30(L.O.21:00)
定休日         水曜日
個室           無
禁煙・喫煙       完全禁煙
駐車場         有
空間・設備       落ち着いた空間
携帯電話        docomo
サービス        子供可、テイクアウトあり

ホームページ
 
    http://www.princehotels.co.jp/hiroshima/index.html



            【ホテルの朝食】

d0083265_11203853.jpg

d0083265_11205494.jpg


 喋り明かした翌日の朝、ホテルで朝食。その日はのんびり広島観光をさせていただきました。

d0083265_11242283.jpg

 姉妹3人が水入らずで遠慮なくお喋りができる年に一回の小旅行。旦那さまたちの理解があってこそです。
ありがとうございます。感謝の気持ちで帰路につきました。


*七面鳥夫人の口頭による説明と、彼女が撮影した写真で、イボイノシシが構成しました。




by mahalotakashi | 2013-06-27 00:01 | mahalo@夢旅