いとこ会   第5回  ◆ダンディ久太郎を忍ぶ会◆

【11月6日(日曜日)は、ブログの更新を休ませていただきます】


   今年のいとこ会は赤穂御崎に決定しました。

d0083265_14145749.jpg
去年の第4回いとこ会はイボイノシシが幹事役、シーサイドホテル舞子ビラ神戸で大いに盛り上がりましたが、今年は兵庫県の西の端、赤穂市の赤穂御崎温泉で開催されることになりました。 (11月5日(土)集合、一泊、11月6日解散)

d0083265_1420178.jpg
赤穂御崎(みさき)は、兵庫県赤穂市御崎に属し、瀬戸内海(播磨灘北西部)に面する岬。
瀬戸内海国立公園に指定された、日本百景の一つです。


散策と御崎海岸のみち(御崎)
d0083265_1429657.jpg
海岸線に奇岩や節理等の崖と磯が続く変化に富む岬で、沖に家島諸島や小豆島を望める景勝の地です。
その海岸線に沿って遊歩道が整備されており、「美しい日本の歩きたくなるみち500選」にも選ばれています。
沿道には「大石名残の松」や伊和都比売神社、一目5千本といわれる桜の林があります。


赤穂御崎灯台
d0083265_14323711.jpg
千種川河口東方に立地し、主として流紋岩質凝灰岩と流紋岩から成る小半島の南端。
半島の山頂と沖合いの御前岩に灯台があります。

西側一帯はかつて赤穂塩(天塩)の採れる塩田であった場所。現在は赤穂海浜公園となっています。
赤穂御崎温泉のエリアには保養所や旅館が並び、今回はこちらで一泊の予定です。



d0083265_14381037.jpg
赤穂御崎の東部に位置する坂越(さこし)は牡蠣(カキ)で有名なところです。

d0083265_14413153.jpg
坂越の生牡蠣(カキ)は瀬戸内の豊かな自然が育てた自慢の牡蠣。

d0083265_14394229.jpg
赤穂の海が優しく育てた牡蠣は海の香り爽やかに、身が大きく、ぷりっとふっくらしており、日本人ならではの味覚です。ぜひ食べてみたいと思っています。


赤穂御崎・赤穂御崎灯台から見た夕日
d0083265_14423849.jpg
瀬戸内海国立公園に指定された赤穂御岬・赤穂御崎公園から臨む夕陽は、日本の夕陽百選にも選定されています。

冬至をはさんだ数ヶ月が夕陽を見るには最も適しているといわれています。



d0083265_14522885.jpg
訪問者の皆様がこのブログをご覧になっているころ、団塊世代が集合する第5回いとこ会は恐らく「大いなるどんちゃん騒ぎ」になっていると思われます。

詳しくは月曜日の夜からご報告いたします。



尚、本日のブログ記事は予約投稿でUPしております







by mahalotakashi | 2011-11-05 21:21 | mahalo@夢旅