上島珈琲店 大阪証券取引所店

        落ち着いて味わえば、やはり美味しい老舗の珈琲でした。
d0083265_22301929.jpg
上島珈琲と言えばUCC!会社の会議などで必ず出されるUCC缶コーヒーで馴染んでいますが、味わうというよりは喉の渇きを癒す程度の感覚です。
今日は時間に余裕があったので、本格的で美味しい珈琲を頂こうと北浜の上島珈琲店・大阪証券取引所店へランチを兼ねて訪店してみました。

d0083265_22333717.jpg
夏日になった週末、ワイシャツの袖をまくって堺筋本町の会社から北浜へ向って歩きます。

d0083265_22372250.jpg
テクテク、テクテク、高層マンションの横手を歩くと爽やかなビル風、冬場はイヤですけどね

d0083265_22403399.jpg
堺筋本町と北浜の間は急速に開発されつつあります、付いていけないスピードです。

d0083265_2243364.jpg
15分ほどかかって北浜の証券取引所前に到着、見学に来た観光客の一団と遭遇です。

d0083265_2247381.jpg
そのまま団体の後ろに付いて取引所の中に入ります。無料で説明聞きました!ふんふんなるほどなるほど・・・そうやったんや!大阪証券取引所って!はあ~なるへそ・・・

d0083265_22502499.jpg
とても幻想的なドーム内部、イタリアへ行った時のパンテオンを思い出しました。

d0083265_22553498.jpg
大阪証券取引所ビルの「打ち出の小槌型」と称される玄関ドームの一角にある上島珈琲のお店は、広々していて快適です。

d0083265_2315410.jpg
ランチのフード類はサンドイッチがメインで、ロースカツサンドやローストビーフサンド、それにクロックムッシュなど9種類ほどが用意されていましたが、生ハム&パストラミポークと野菜のサンド(¥360)にしました。

d0083265_2323032.jpg
1種類で判断するのは難しいのですが、紙ボックスに入ったサンドイッチはまずまずのお味でした。パンもしっとりしていましたし、生ハムやポークは黒胡椒が効いており野菜も新鮮で、珈琲との相性も良かったです。

d0083265_23114234.jpg
本命の珈琲は、ブレンド(M)(¥380)にしましたが、ネルドリップ・マシンで丹念に抽出されたコーヒーは、香りが高く、コクのある深い味でした。

d0083265_23122543.jpg
歴史のある建物の中で歴史を積み重ねてきた一杯のコーヒーを静かに味わう・・・
「ああ、俺って人間なんや!エコノミックアニマルやなかったんや!」変な感動しました。

d0083265_2313627.jpg
久しぶりに味わう本格珈琲というところ、特にコーヒー通ではありませんが、美味しさは分かる気がします。
神戸市のポートアイランドに本社のある上島珈琲には兵庫県民として親しみを感じます。
1933年創業と言うから昭和8年より76年間、珈琲を売り続けているわけですよね、歴史が物語る珈琲の味と言いましょうか、不味ければこんな長い間続かないでしょう(笑)

d0083265_23172646.jpg
南側にも出入り口があり、窓際にカウンター席もあります。

d0083265_23175881.jpg
本日はそのカウンターに座り緑の並木や道行く人をぼんやり眺めながら、ゆっくりと珈琲を楽しみました。
ただ少し残念だったのは、2人の女性スタッフにスマイルが無く、マニュアル的というか事務的な対応が目立ちました。
その方が逆に煩わしく無くて良い!と思われる方もいらっしゃるでしょうけどね。




店名         上島珈琲店 大阪証券取引所店
ジャンル       コーヒー専門店、カフェ
TEL         06-6232-5105
住所         大阪府大阪市中央区北浜1-8-16 大阪証券取引所ビル1F
営業時間      [月~金]7:00~22:00 [土曜]8:00~20:00
             [日祝]8:00~18:00
定休日       不定休
ホームページ   http://www.ueshima-coffee-ten.jp



食べログ グルメブログランキング 参加してます!ぽちっとクリックで応援おねがいします。

by mahalotakashi | 2009-06-20 21:02 | mahalo@食卓